小出 あつみ

J-GLOBALへ         更新日: 09/12/02 00:00
 
アバター
研究者氏名
小出 あつみ
 
コイデ アツミ
所属
名古屋女子大学
部署
家政学部 生活環境学科
職名
准教授
学位
家政学士(名古屋女子大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
名古屋コーチンの調理方法及び添加調味料による食嗜好研究
名古屋文化短期大学   第28集    2002年
漬け込み操作による名古屋コーチンの脂肪臭の消臭効果及び嗜好性について
名古屋文化短期大学研究紀要   第29集    2003年
名古屋コーチンの年代別嗜好性及び調理性の実態調査
名古屋文化短期大学研究紀要 第30集   P68    2004年
小出あつみ 山内知子 大羽和子
日本調理科学会誌   40(6) 397-404   2007年12月
生野菜のおいしさと健康維持機能
大羽和子 小出あつみ
食品・食品添加物研究誌   212(8) 622-630

書籍等出版物

 
新版現代の調理
建帛社   2002年   
テーブルコーディネート 食空間と食卓の楽しみ方
愛智出版   1999年   
最新 調理学 理論と応用
朝倉出版   2005年   
最新 調理 基礎と応用
朝倉出版   2005年   

講演・口頭発表等

 
高齢者の咀嚼能力と調理操作の工夫について
日本家政学会第59回大会   2007年   
エミュー卵の調理特性とスポンジケーキへの応用
日本家政学会第59回大会   2007年   
幼児の食生活の現状およびデンタルケアと虫歯の関連
日本調理科学会東海・北陸支部平成19年度研究発表会   2007年   
鶏肉の熟成に伴うたんぱく質およびDPPHラジカル捕捉活性の変化
日本調理科学会平成19年度大会   2007年   
食育の観点からみた箸の持ち方と食事マナー
日本家政学会中部支部第52回大会   2007年   

Works

 
平成18年度 美味技術研究会・記念講演 「環境にやさしい食材 鶏肉の栄養と調理」
2006年
愛知万博市民パビリオンにおける講演「鶏肉の栄養と美容効果」
2005年

競争的資金等の研究課題

 
名古屋コーチンの食嗜好研究
現場即応研究
研究期間: 2002年   
鶏肉の生体調節機能・感覚(嗜好)機能向上に関する調理科学的研究
研究期間: 2006年 - 2010年
鶏肉中の機能性ジペプチドを有効に摂取できる貯蔵および調理操作に関する研究
高齢者の咀嚼に及ぼす調理操作効果
米パンの物性と嗜好性