萩原 正弥

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/21 02:52
 
アバター
研究者氏名
萩原 正弥
 
ハギワラ マサヤ
eメール
hagiwara.masayanitech.ac.jp
URL
http://hagiwara-lab.web.nitech.ac.jp/lab/
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 つくり領域
職名
教授
学位
工学修士(東京工業大学), 工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
90134840

研究分野

 
 

経歴

 
1980年4月
 - 
1987年5月
東京工業大学精密工学研究所 助手
 
1987年6月
 - 
現在
名古屋工業大学 大学院 つくり領域 教授
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1980年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 精密機械システム
 
 
 - 
1978年3月
東京工業大学 工学部 機械物理工学科
 

委員歴

 
1980年4月
 - 
1982年3月
ねじ締結調査研究委員会(実験分科会)委員
 
1983年4月
 - 
1997年3月
JIS原案作成委員会委員幹事
 
1983年4月
 - 
1985年3月
塑性域ねじ締結調査研究委員会(実験分科会)委員
 
1989年4月
 - 
1995年3月
日本工業標準調査会  委員(機械要素部会)
 
1990年4月
 - 
1998年5月
日本設備管理学会  評議員
 

受賞

 
1987年4月
- 日本機械学会賞奨励賞
受賞者: -
 
1996年4月
- 日本設備管理学会学会賞 論文賞
受賞者: -
 
1999年2月
日本ねじ研究協会 日本ねじ研究協会功績者表彰
 
2009年3月
Society for Experimental Mechanics Silver Certificate(永年会員表彰)
受賞者: Masaya Hagiwara
 
2009年11月
日本ねじ研究協会 日本ねじ研究協会功績者表彰
 

論文

 
ねじ締結体の設計システム(第1報)-強度設計プログラムの開発
丸山一男 萩原正弥
精密機械 精機学会   48(3) 317-322   1982年3月   [査読有り]
ねじ締結体の内力係数の簡易計算法-被締結部材が軸対称引張外力を受ける円筒の場合-
萩原正弥
日本機械学会論文集(C編) 日本機械学会   48(428) 622-625   1982年3月   [査読有り]
An Example of the Verification Concerning Application of Maximum Material Principle
Isamu YOSHIMOTO, Masaya HAGIWARA
Bulletin of PME (Tokyo Institute of Technology) 東京工業大学精密工学研究所   (50) 29-32   1982年8月
ねじ締結体の設計システム(第2報)-連接棒ボルトの応力解析
萩原正弥 丸山一男
精密機械 精機学会   48(10) 1305-1310   1982年10月   [査読有り]
ねじ締結体の設計システム(第3報)-連接棒ボルトの強度設計のシステム化
萩原正弥
精密機械 精機学会   49(7) 876-882   1983年7月   [査読有り]

Misc

 
ねじ締結体の設計とねじ締結の技術
萩原正弥
油圧と空気圧   17(3) 219-225   1986年5月
“ねじ部品の締付け試験方法”JIS原案について
萩原正弥
日本ねじ研究協会誌   20(11) 380-386   1989年11月
“締結用部品-受入検査”のJIS原案について
萩原正弥
日本ねじ研究協会誌   21(6) 178-184   1990年6月
ねじ締結の信頼性
萩原正弥
設計・製図   26(2) 59-65   1991年2月
“締結用部品-表面欠陥”のJIS原案について
萩原正弥
日本ねじ研究協会誌   22(7) 224-229   1991年7月

書籍等出版物

 
ねじ締結ガイドブック-設計編-
- (担当:共著)
日本ねじ研究協会   1986年4月   
ねじ締付けに関する手引書
- (担当:共著)
日本ねじ研究協会   1991年4月   
機械設計便覧(第3版)
- (担当:共著)
丸善   1992年4月   ISBN:4-621-03687-4
ねじ締結ガイドブック-設計編-(改訂版)
- (担当:共著)
日本ねじ研究協会   1994年4月   
設備管理
- (担当:共著)
日刊工業新聞社   1994年4月   ISBN:4-526-03559-9

講演・口頭発表等

 
On the Fatigue Strength of a Bolt Manufactured by Thread Rolling - Effect of Residual Stress at the Thread Root
-
9th International Conference on Experimental Mechanics   1992年8月   Society for Experimental Mechanicsほか
A New Technique in Maintenance Management based on Hierarchical Fault Classification
-
1st Annual International Conference on Industrial Engineering - Theory, Applications and Practice   1998年6月   International Journal of Industrial Engineering - Theory, Applications and Practice
Fault Diagnosis Web for Maintenance Management - Data-sharing Mechanism and Knowledge Base
Masaya HAGIWARA and Yasuyuki ISHIHARA
7th Annual International Conference on Industrial Engineering - Theory, Applications and Practice   2002年10月   International Journal of Industrial Engineering - Theory, Applications and Practice
On the Standardization of Tensile Testing for Full-size Bolts - Effects of Testing Conditions on the Yield Property
-
1st International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology   2005年6月   
Maintainability Evaluation for Manufacturing Equipment
Masaya HAGIWARA
11th Annual International Conference on Industrial Engineering - Theory, Applications and Practice   2006年10月   International Journal of Industrial Engineering, Theory, Applications and Practice

競争的資金等の研究課題

 
高強度ボルトの締結性能に関する標準化のための調査研究
通産省工業技術院: 共同研究(国内共同研究)
研究期間: 1980年4月 - 1982年3月    代表者: 北郷 薫
 ねじ締結体の疲労強度について,実験及び解析結果をもとに,設計指針を示した。
塑性域ねじ締結に関する標準化のための調査研究
通商産業省工業技術院: 共同研究(国内共同研究)
研究期間: 1983年4月 - 1986年4月    代表者: 吉本 勇
 塑性域ねじ締結された構造体(ねじ締結体)の締付け実験及び締結体の疲労試験を行い,その安全性及び信頼性の検証を行った。
61750119 空気式めねじピッチ測定用ゲージの試作
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1986年 - 1987年3月    代表者: 萩原 正弥
空気マイクロメータの原理を応用し,めねじのピッチを高精度で測定するためのゲージを試作した。
62750122 空気マイクロメータを応用しためねじ総合精度自動測定機に関する基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1987年 - 1988年3月    代表者: 萩原 正弥
空気マイクロメータの原理を応用し,めねじのピッチ及び有効径を高精度で自動測定できる測定機開発のため,測定精度の確保及びデータ処理に関する基礎研究を行った。
09450068 ねじ結合部におけるストリッピングに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1997年 - 1999年3月    代表者: 萩原 正弥
ねじ山のせん断破壊事故の原因を調べるため,静的及び動的荷重下でのねじ山の強度に及ぼすナット高さなどの影響を実験及び数値解析によって明らかにした。

特許

 
2048332 : 雌ねじのピッチ検査法及び装置
萩原正弥,小野達弘,吉本勇ほか2名
平02-010105 : 雌ねじの有効径検査装置
吉本勇,萩原正弥ほか3名
4685541 : ボルトの引張試験方法
萩原正弥,ほか4名