藤井 陽介

J-GLOBALへ         更新日: 14/07/17 19:06
 
アバター
研究者氏名
藤井 陽介
 
フジイ ヨウスケ
所属
気象庁 気象研究所
部署
海洋・地球化学研究部 第2研究室
職名
主任研究官

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
気象研究所 海洋・地球化学研究部・第2研究室 主任研究官
 
2000年4月
 - 
2012年3月
気象研究所 海洋研究部第2研究室 研究官
 

委員歴

 
2013年9月
 - 
現在
IOC-GOOS  2020年の熱帯太平洋観測システムの構築に向けたワークショップ(TPOS2020)科学組織委員会
 
2013年4月
 - 
現在
データ同化研究連絡会  事務局メンバー
 
2013年
 - 
現在
JAXA  地球圏総合診断委員会海域分科会
 
2013年
 - 
現在
JAXA  海洋観測ミッションA(COMPIRA)委員会サイエンスチーム
 
2008年
 - 
現在
GODAE Ocean View  観測システム評価タスクチーム
 

受賞

 
2008年11月
GODAE GODAE Final Symposium ポスター賞
 
2008年
気象庁 長官表彰 新たな海洋解析及び予報システムを開発し、エルニーニョ監視・予測業務及び日本近海の海況監視・予報業務に貢献した業績
受賞者: 辻野博之、藤井陽介、碓氷典久、安田珠幾、石崎士郎、高谷祐平 
 
2004年9月
GODAE GODAE Summer School ポスター賞
 

論文

 
Sugiura, N., Masuda, S., Fujii, Y., Kamachi, M., Ishikawa, Y., and Awaji, T
Mon. Wea. Rev.   142 386-400   2014年1月   [査読有り]
Kuragano, T., Y. Fujii, T. Toyoda, N. Usui, K. Ogawa, and M. Kamachi
J. Oceanogr.   70 45-62   2014年   [査読有り]
Danabasoglu, G., S. G. Yeager, D. Bailey, E. Behrens, M. Bentsen, D. Bi, A. Biastoch, C. Boning, A. Bozec, V. Canuto, C. Cassou, E. Chassignet, A. C. Coward, S. Danilov, N. Diansky, H. Drange, R. Farneti, E. Fernandez, P. G. Fogli, G. Forget, Y. Fujii, S. M. Griffies, A. Gusev, P. Heimbach, A. Howard, T. Jung, M. Kelley, W. G. Large, A. Leboissetier, J. Lu, G. Madec, S. J. Marsland, S. Masina, A. Navarra, A. J. G. Nurser, A. Pirani, D. Salas y Melia, B. L. Samuels, M. Scheinert, D. Sidorenko, A.-M. Treguier, H. Tsujino, P. Uotila, S. Valcke, A. Voldoire, and Q. Wang
Ocean Modelling   73 76-107   2014年   [査読有り]
Y. Fujii, T. Nakano, N. Usui, S. Matsumoto, H. Tsujino, M. Kamachi
J. Geophys. Res.   118 2035-2051   2013年5月   [査読有り]
T. Toyoda, Y. Fujii, T. Yasuda, N. Usui, T. Iwao, T. Kuragano, and M. Kamachi
Theoretical and Applied Mechanics Japan   61 31-48   2013年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
Fujii, Y., Cummings, J., Xue, Y., Schiller, A., Lee, T., Balmaseda, M.A., Remy, E., Masuda, S., Alves, O., Brassington, G., Cornuelle, B., Martin, M., Oke, P., Smith, G., and Yang, X.
Report of the Tropical Pacific Observing System 2020 Workshop (TPOS2020)   2 102-129   2014年6月   [依頼有り]
GCOS Rep. 184/ GOOS Rep. 206/ WCRP Rep. 6/2014
Balmaseda, M.A., Kumar, A., Andersson, E., Takaya, Y., Anderson, D., Janssen, P., Martin, M., and Fujii, Y.
Report of the Tropical Pacific Observing System 2020 Workshop (TPOS2020)   2 64-101   2014年6月   [依頼有り]
GCOS Rep. 184/ GOOS Rep. 206/ WCRP Rep. 6/2014
Fujii, Y., M. Kamachi, N. Usui, S. Matsumoto, T. Yasuda, S. Ishizaki
Proceedings of OceanObs'09: Sustained Ocean Observations and Information for Society   Annex    2010年
Balmaseda, M., Y. Fujii, O. Alves, T. Lee, M. Rienecker, T. Rosati, D. Stammer, Y. Xue, H. Freeland, M. J. McPhaden, L. Goddard, C. Coelho
Proceedings of OceanObs’09: Sustained Ocean Observations and Information for Society   1 299-315   2010年   [依頼有り]
Balmaseda, M., Y. Fujii, O. Alves, T. Awaji, D. Behringer, N. Ferry, T. Lee, M. Rienecker, T. Rosati, D. Stammer, D. Smith, and F. Molteni
Proceedings of OceanObs'09: Sustained Ocean Observations and Information for Society   2 19-26   2010年

書籍等出版物

 
データ同化. 観測・実験とモデルを融合するイノベーション
京都大学学術出版会   2009年   ISBN:978-4-87698-797-9

講演・口頭発表等

 
Visualization of ocean water mass pathways using an adjoint technique. [招待有り]
Yosuke Fujii, Norihisa Usui, Masafumi Kamachi
The 16th International Symposium on Flow Visualization   2014年6月25日   
Pathways of the North Pacific Intermediate Water identified through the tangent linear and adjoint codes of an OGCM
Yosuke Fujii, Toshiya Nakano, Norihisa Usui, Satoshi Matsumoto, Hiroyuki Tsujino, Masafumi Kamachi
JPGU2014   2014年4月29日   
Evaluation of the Tropical Pacific Observing System from the Ocean Data Assimilation Perspective [招待有り]
Fujii, Y., J. Cummings, Y. Xue, A. Schiller, T. Lee, M. Balmaseda, E. Remy, S. Masuda, O. Alves, G. Brassington, B. Comuelle, M. Martin, P. Oke, G. Smith, X. Yang
A future Sustained Tropical Pacific Ocean Observing System for Research and Forecasting   2014年1月27日   
変分法データ同化と正定値対称行列 [招待有り]
藤井陽介、碓氷典久、丹羽洋介
文部科学省数学協働プログラムワークショップ「正定対称行列をめぐるモデリング・数理・アルゴリズムの世界」   2014年1月15日   
Studies using eddy-resolving western North Pacific Ocean model and its adjoint model in JMA/MRI [招待有り]
FUJII Yosuke
Fall seminar series in University of California, Irvine   2013年11月8日   

競争的資金等の研究課題

 
準結合同化システムのプリーディング法による海洋観測システム評価研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金による若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 藤井 陽介
気候変動に伴う水産資源・海況変動予測技術の革新と実利用化
文部科学省: 気候変動適応研究推進プログラム
研究期間: 2010年10月 - 2015年3月    代表者: 淡路 敏之
凸解析を用いた東アジア縁辺海での観測データとモデルの最適統合システムの研究開発
日本学術振興会: 国際研究協力
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 蒲地政文
凸解析の理論を応用して、効率的な海洋データ同化手法を研究する。
北太平洋長期淡水化の随伴逆探索による原因解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 蒲地政文
再解析データ、及び、海洋モデルアジョイントコードを用いて、海洋再解析データに見られた北太平洋中層水の低塩化の原因について解析する。
大気海洋結合モデルを用いたENSOにおけるバリアレイヤー振動モードの役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 藤井陽介
準結合同化システムとを用いて、ENSOに対するバリアレイヤー、及び、赤道塩分場の役割について研究する。