山田 淳夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/13 16:13
 
アバター
研究者氏名
山田 淳夫
 
ヤマダ アツオ
URL
http://www.yamada-lab.t.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科 化学システム工学専攻
学位
工学修士(筑波大学), 工学博士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 物質電子化学専攻 大学院総合理工学研究科 物質電子化学専攻 准教授
 
2005年
   
 
-:ボルドー第1大学 固体化学研究所 客員教授
 
2002年
   
 
-:東京工業大学 総合理工学研究科 助教授
 
2001年
   
 
-:ソニー株式会社 フロンティアサイエンス研究所 主任研究員(兼任)
 
2000年
   
 
-:ソニー株式会社 フロンティアサイエンス研究所 研究室長
 

学歴

 
 
 - 
1990年
筑波大学 工学研究科 物理工学
 
 
 - 
1988年
筑波大学 第三学群 基礎工学類
 

Misc

 
Optimized LiFePO_4_ for Lithium Battery Cathodes
A. Yamada S. C. Chung K. Hinokuma
199th Electrochem. Soc. Meeting Abstracts   MA 01-1 51   2001年
All Solid-State Batteries Using Super Ionic Conductor, Thio-Lisicon - Electrode/Electrolyte Interfacial Design
T.Kobayashi T.Inada N.Sonoyama A.Yamada R.Kanno
MRS Proceedings Volume 835, Solid State Ionics   835 K11-1   2005年
A. Yamada M. Tanaka K. Tanaka K. Sekai
J. Power Sources   81/82 73-78   1999年
H. Huang H. Kajiura A. Yamada M. Ata
Chem. Phys. Lett.   356(5/6) 567-572   2002年
A. Yamada M. Tanaka
Mater. Res. Bull.   30(6) 715-721   1995年

書籍等出版物

 
鉄系実用正極材料:リチウム2次電池のさらなる発展に向けて
電気化学および工業物理化学   2003年   ISBN:03669297
リチウムイオン電池用正極材料の要求特性と課題および新規正極材料の開発
Materials Stage   2007年   
リチウムイオン電池の次世代正極材料
日本能率協会   2003年   
電池革新が拓く次世代電源
エヌティーエス   2006年   

講演・口頭発表等

 
Intermediate Phases in LixFePO4
2007年   

Works

 
オリビン型正極材料の研究
2003年
リチウム-窒素系水素吸蔵材料の研究
芸術活動   2004年

競争的資金等の研究課題

 
リチウムイオン電池・燃料電池等を構成する機能性材料の設計と合成。ホスト・ゲスト反応に伴う各種微視的相互作用の解析。新規な反応機構によるエネルギー貯蔵・変換材料およびデバイスの探索研究