津田 孝雄

J-GLOBALへ         更新日: 02/02/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
津田 孝雄
 
ツダ タカオ
所属
旧所属 名古屋工業大学 大学院工学研究科 しくみ領域
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学), 工学修士(名古屋大学)

経歴

 
1999年
   
 
- 名古屋工業大学工学部教授
 
1979年
 - 
1999年
 名古屋工業大学工学部助教授
 
1966年
 - 
1979年
 名古屋大学工学部助手
 
1965年
 - 
1966年
 日東紡績株式会社化繊研究所補助研究員
 

学歴

 
 
 - 
1965年
名古屋大学 工学研究科 応用化学
 
 
 - 
1963年
名古屋工業大学 工学部 工業化学
 

受賞

 
2000年
クロマト科学会 学会賞
 
1994年
論文賞
 
1980年
東海化学工業会賞
 

Misc

 
スラリー充填キラルキャピラリーカラムを用いる高速液体クロマトグラヒィーによる1-O-アルキルグリセロールの光学異性体分離
分析化学   49(12) 1033-1036   2000年
Voltage-induced variation of capacity factors for neutral solutes by using hexa-6-bromo-hexa-6-deoxy-b-cyclodextrin modified column in electrochromatography
Chromatography   22(3) 195-199   2001年
Isoelectric points estimation of proteins by electroosmotic flow: pH relationship using physically adsorbed proteins on silica gel
Chromatography   22(2) 91-95   2001年
カフェイン錠剤服用後のヒト汗中カフェイン及びその代謝物の存在確認とそれらの濃度経時変化
発汗学   8 13-19   2001年

書籍等出版物

 
楽しい化学実験 -基礎から応用へ-
丸善   1997年   
楽しい化学実験 -基礎から応用へ-VI-2章
丸善   1997年   
楽しい化学実験 -基礎から応用へ-VIII-1章
丸善   1997年   
最新の分離・精製・検出法 〜原理から応用まで〜 第1編第1章第3節4
エヌ・ティー・エス   1997年   
Electric Field Applications in Chromatography, Industrial and Chemical Processes,Chapter 1
VCH   1995年   

Works

 
HPLC(液体クロマトグラフィー)
2000年
バイオセンサーの開発
2000年
バイオセンサーの開発
2001年
希薄ガス成分の電磁弁を用いた高効率濃縮・分析法の開発,及び電磁弁特性の分析精度への依存性
2001年
その場分析のための分離分析複合システムの開発
1997年