村田 実貴生

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
村田 実貴生
 
ムラタ ミキオ
所属
青山学院大学
部署
理工学部 物理・数理学科 理工学部 物理・数理学科
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京外国語大学 日本語教育センター 非常勤講師
 
 
   
 
東京大学 大学院数理科学研究科 研究拠点形成アシスタント
 
 
   
 
日本学術振興会 特別研究員
 
 
   
 
東京大学 大学院数理科学研究科 研究拠点形成特任研究員
 
 
   
 
青山学院大学 理工学部 客員研究員
 

Misc

 
"Exact solutions with two parameters for an ultradiscrete Painlevé equation of type A6(1)"
Symmetry, Integrability and Geometry: Methods and Applications (SIGMA)   7 059 (15pp)   2011年
「符号付き超離散パンルヴェII型方程式とその特殊解の系列について」
研究集会「非線形波動研究の新たな展開―現象とモデル化―」,九州大学応用力学研究所研究集会報告   149-154   2011年
「超離散特異点閉じ込めテストと方程式の可積分性について」
三村尚之,礒島伸,薩摩順吉,A. Ramani,B. Grammaticos
研究集会報告『非線形波動研究の新たな展開―現象とモデル化―』(九州大学応用力学研究所)   23-29   2011年
「微分方程式の系統立った離散化の方法」
研究集会報告『非線形波動研究の新たな展開―現象とモデル化―』(九州大学応用力学研究所)   1-6   2011年
"Ultradiscrete Painlevé II equation and a special function solution"
S. Isojima, T. Konno, N. Mimura and J. Satsuma
Journal of Physics A: Methematical and Theoretical (Institute of Physics Publishing)   44(17) 175201 (10pp)   2011年

講演・口頭発表等

 
楕円差分Painlevé方程式と楕円超幾何方程式
日本数学会年会無限可積分セッション(共同)   2001年   
Elliptic-difference Painlevé Equation and Elliptic Hypergeometric Series
東京無限可積分セミナー(東京大学数理科学研究科)(単独)   2001年   
Sine-Gordon方程式のある超離散化
研究集会「非線形波動および非線形力学系の数理とその応用」(九州大学応用力学研究所)(共同)   2003年   
(ポスター)New Expressions for Discrete Painlevé Equations
Asymptotic Theories and Painlevé Equations(アンジェ大学)(単独)   2004年   
超離散ソリトン方程式とその解
短期共同研究「可積分系数理の展望と応用」(京都大学数理解析研究所)(共同)   2004年   

所属学協会