猿渡 洋

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/17 09:21
 
アバター
研究者氏名
猿渡 洋
 
サルワタリ ヒロシ
URL
http://www.sp.ipc.i.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
大学院情報理工学系研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)

プロフィール

音声音響信号処理、音楽情報処理、統計的信号処理、機械学習、非線形システム解析

Hiroshi Saruwatari received Ph.D. degrees from Nagoya University, Japan, in 2000, where he consistently engaged in researches on multichannel signal processing with Prof. Fumitada Itakura. His research interests include statistical speech signal processing, blind source separation (BSS), and audio enhancement. He has successfully achieved his carrier, especially on BSS researches including theoretical bridge between unsupervised learning and spatial signal processing, and development of the real-time algorithm. He has put his research into the world's first commercially available Independent-Component-Analysis-based BSS microphone in 2007. He received paper awards from IEICE in 2001 and 2006, from Telecommunications Advancement Foundation in 2004 and 2009, from IEEE-IROS2005 in 2006, and from APSIPA in 2013. He received DOCOMO Mobile Science Award in 2011, and Ichimura Award in 2013. He won the first prize in IEEE MLSP2007 BSS Competition. He has been professionally involved in various volunteer works for IEEE, IEICE, and ASJ, including chair posts of international conferences and associate editor of journals.

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授
 
2014年4月
 - 
現在
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 客員教授
 
2011年4月
 - 
現在
筑波大学 生命領域学際研究センター 客員研究員
 
2007年4月
 - 
2014年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 准教授
 
2008年
 - 
2008年
Georgia Institute of Technology (USA) School of Electrical & Computer Engineering Visiting Faculty
 
2000年4月
 - 
2007年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授
 
1999年4月
 - 
2000年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
1993年4月
 - 
1998年3月
セコム株式会社 IS研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
名古屋大学 工学研究科 電子情報博士後期課程修了
 
 
 - 
1993年3月
名古屋大学 工学研究科 電気系博士前期課程修了
 
 
 - 
1991年3月
名古屋大学 工学部 電気系学科卒
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
国際会議IWAENC2018  General Chair
 
2016年1月
 - 
現在
国際会議IWAENC2016  Technical Program Chair
 
2015年4月
 - 
現在
IEEE Transactions Audio, Speech and Language Processing  Associate Editor
 
2014年4月
 - 
現在
ASA/ASJ Joint Meeting  Technical Program Chair
 
2013年
 - 
現在
日本音響学会  理事
 

受賞

 
2017年7月
ACM Computing Reviews 21st Annual Best of Computing Notable Books and Articles 2016
 
2017年6月
電子情報通信学会 業績賞 「音響信号のブラインド音源分離に関する先駆的研究」
 
2015年4月
文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 「音響メディアにおける統計的信号処理の先駆的研究」
 
2013年10月
APSIPA ASC 2013 Best Paper Award
 
2013年4月
新技術開発財団 第45回市村学術賞・功績賞
 
2012年3月
電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
 
2011年11月
電気通信工学振興会 RIEC Award
 
2011年9月
NPO法人モバイルコミュニケーションファンド 第10回ドコモ・モバイル・サイエンス賞 基礎科学部門優秀賞
 
2009年9月
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ編集活動感謝状
 
2009年3月
電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
 
2007年8月
IEEE The First Prize of IEEE MLSP2007 Data Analysis Competition for BSS
 
2007年6月
人工知能学会 研究会優秀賞
 
2006年10月
IEEE/RSJ IROS2005 Best Application Paper Award
 
2006年7月
神戸製鋼所生産システム研究所 最優秀発明賞
 
2006年5月
電子情報通信学会 論文賞
 
2004年3月
電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
 
2000年
電子情報通信学会 平成12年度 電子情報通信学会論文賞
 
1998年
平成10年度 電気関係学会東海支部連合大会奨励賞
 

論文

 
Yuki Saito, Shinnosuke Takamichi, Hiroshi Saruwatari
IEICE Transactions on Information and Systems   E100D(8) 1925-1928   2017年8月   [査読有り]
Yoshiaki Bando, Hiroshi Saruwatari, Nobutaka Ono, Shoji Makino, Katustoshi Itoyama, Daichi Kitamura, Masaru Ishimura, Moe Takakusaki, Narumi Mae, Kouei Yamaoka, Yutaro Matsui, Yuichi Ambe, Masashi Konyo, Satoshi Tadokoro, Kazuyoshi Yoshii, Hiroshi G. Okuno
Journal of Robotics and Mechatronics   29(1) 198-212   2017年2月   [査読有り]
Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Hiroshi Sawada, Hirokazu Kameoka, Hiroshi Saruwatari
IEEE Transactions Audio, Speech and Language Processing   24(9) 1626-1641   2016年9月   [査読有り]
Shoichi Koyama, Ken'ichi Furuya, Keigo Wakayama, Suehiro Shimauchi, and Hiroshi Saruwatari
The Journal of the Acoustical Society of America   139(3) 1024-1036   2016年3月   [査読有り]
Shoichi Koyama, Kenichi Furuya, Yoichi Haneda, Hiroshi Saruwatari
IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing   9(5) 881-894   2015年8月   [査読有り]
Fine D Aprilyanti, Jani Even, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano, Satoshi Nakamura, Tomoya Takatani
Acoustical Science and Technology   36(4) 302-313   2015年7月   [査読有り]
Daichi Kitamura, Hiroshi Saruwatari, Hirokazu Kameoka, Yu Takahashi, Kazunobu Kondo, Satoshi Nakamura
IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing   23(4) 654-669   2015年4月   [査読有り]
Ryoichi Miyazaki, Hiroshi Saruwatari, Satoshi Nakamura, Kiyohiro Shikano, Kazunobu Kondo, Jonathan Blanchette, Martin Bouchard
Signal Processing (Elsevier)   102 226-239   2014年9月   [査読有り]
Robust Sound Field Reproduction against Listener's Movement Utilizing Image Sensor
Toshihide Aketo, Hiroshi Saruwatari, Satoshi Nakamura
Journal of Signal Processing   18(4) 213-216   2014年7月   [査読有り]
Depth Estimation of Sound Images Using Directional Clustering and Activation-Shared Nonnegative Matrix Factorization
Tomo Miyauchi, Daichi Kitamura, Hiroshi Saruwatari, Satoshi Nakamura
Journal of Signal Processing   18(4) 217-220   2014年7月   [査読有り]
Music signal separation based on supervised nonnegative matrix factorization with orthogonality and maximum-divergence penalties
Daichi Kitamura, Hiroshi Saruwatari, Kosuke Yagi, Kiyohiro Shikano, Yu Takahashi, Kazunobu Kondo
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E97-A(5)    2014年5月   [査読有り]
Alaryngeal speech enhancement based on one-to-many eigenvoice conversion
Hironori Doi, Tomoki Toda, Keigo Nakamura, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano
IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing   22(1) 172-183   2014年1月   [査読有り]
日本語の未知語に対する発音付与のための多対多アライメント
久保慶伍, 川波弘道, 猿渡洋, 鹿野清宏
情報処理学会論文誌   54(2) 452-462   2013年2月   [査読有り]
音声情報案内システムにおけるBag-of-Wordsを用いた無効入力の棄却
真嶋温佳, 藤田洋子, トーレスラファエル, 川波弘道, 原直, 松井知子, 猿渡洋, 鹿野清宏
情報処理学会論文誌   54(2) 443-451   2013年2月   [査読有り]
Comparison of methods for topic classification of spoken inquiries
Rafael Torres, Hiromichi Kawanami, Tomoko Matsui, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano
IPSJ Journal   54(2) 157-167   2013年2月   [査読有り]
Frédéric Mustière,Martin Bouchard,Hossein Najaf-Zadeh,Ramin Pichevar,Louis Thibault,Hiroshi Saruwatari
Signal Processing (Elsevier)   93(1) 321-325   2013年   [査読有り]
空間代表ベクトル操作法に基づくインタラクティブ音像定位コントローラの開発
鎌土記良, 宮部滋樹, 縄田寛之, 猿渡洋, 鹿野清宏
信号処理学会誌   16(5) 387-397   2012年9月   [査読有り]
Ryoichi Miyazaki,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   95-A(2) 586-590   2012年   [査読有り]
Ryo Wakisaka,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano,Tomoya Takatani
IEICE Transactions   95-A(2) 591-595   2012年   [査読有り]
Keigo Nakamura,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
Speech Communication   54(1) 134-146   2012年   [査読有り]
Ryoichi Miyazaki,Hiroshi Saruwatari,Takayuki Inoue,Yu Takahashi,Kiyohiro Shikano,Kazunobu Kondo
IEEE Transactions on Audio, Speech & Language Processing   20(7) 2080-2094   2012年   [査読有り]
Improved method of blind speech separation with low computational complexity
Kazunobu Kondo, Yu Takahashi, Seiichi Hashimoto, Hiroshi Saruwatari, Takanori Nishino, Kazuya Takeda
Advances in Acoustics and Vibration   2011(765429)    2011年   [査読有り]
Noriyoshi Kamado,Haruhide Hokari,Shoji Shimada,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   94-A(3) 907-920   2011年   [査読有り]
Hiroshi Saruwatari,Y. Ishikawa,Yu Takahashi,Takayuki Inoue,Kiyohiro Shikano,Kazunobu Kondo
IEEE Transactions on Audio, Speech & Language Processing   19(6) 1457-1466   2011年   [査読有り]
Takayuki Inoue,Hiroshi Saruwatari,Yu Takahashi,Kiyohiro Shikano,Kazunobu Kondo
IEEE Transactions on Audio, Speech & Language Processing   19(6) 1770-1779   2011年   [査読有り]
独立成分分析を導入した空間的サブトラクションアレーによるハンズフリー音声認識システムの開発
高橋祐, 猿渡洋, 鹿野清宏
電子情報通信学会論文誌D   J93-D(3) 312-325   2010年3月   [査読有り]
Yu Takahashi,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano,Kazunobu Kondo
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2010    2010年   [査読有り]
Yamato Ohtani,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   93-D(6) 1589-1598   2010年   [査読有り]
Keigo Nakamura,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   93-D(7) 1909-1917   2010年   [査読有り]
Hironori Doi,Keigo Nakamura,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   93-D(9) 2472-2482   2010年   [査読有り]
Yamato Ohtani,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   93-D(9) 2491-2499   2010年   [査読有り]
並列ICAによる雑音推定に基づくリアルタイムブラインド音源分離抽出マイクロホンの開発
稗方孝之, 池田陽平, 橋本裕志, 森田孝司, 張若愚, 高橋祐, 猿渡洋, 鹿野清宏
電子情報通信学会論文誌D   J92-D(10) 1772-1783   2009年10月   [査読有り]
Development and evaluation of pocket-size real-time blind source separation microphone
Takashi Hiekata, Yohei Ikeda, Toshiro Yanashita, Takashi Morita, Ruoyu Zhang
Acoustical Science and Technology   30(4) 297-304   2009年7月   [査読有り]
解析型二次統計量ICAとkurtosisに基づく学習区間判定を用いたリアルタイムブラインド音源抽出
藤原裕樹, 高橋祐, 橘健太郎, 宮部滋樹, 猿渡洋, 鹿野清宏, 田中章
電子情報通信学会論文誌A   J92-A(5) 314-326   2009年5月   [査読有り]
Rajkishore Prasad,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
Digital Signal Processing   19(1) 127-133   2009年   [査読有り]
Randy Gomez,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
Speech Communication   51(1) 42-57   2009年   [査読有り]
Yu Takahashi,Tomoya Takatani,Keiichi Osako,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEEE Transactions on Audio, Speech & Language Processing   17(4) 650-664   2009年   [査読有り]
Fast nonclosed-form higher-order ICA with frequency-subband selection using closed-form second-order ICA
Kentaro Tachibana, Yu Takahashi, Yoshimitsu Mori, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano, Akira Tanaka
Journal of Signal Processing   12(4) 327-330   2008年4月   [査読有り]
STRAIGHT混合励振源を用いた混合正規分布モデルに基づく最尤声質変換法
大谷大和, 戸田智基, 猿渡洋, 鹿野清宏
電子情報通信学会論文誌   J91-D(4) 1082-1091   2008年4月   [査読有り]
Tobias Cincarek,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   91-D(3) 499-507   2008年   [査読有り]
Tobias Cincarek,Hiromichi Kawanami,Ryuichi Nisimura,Akinobu Lee,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   91-D(3) 576-587   2008年   [査読有り]
Goshu Nagino,Makoto Shozakai,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   91-D(3) 607-614   2008年   [査読有り]
Yuki Yai,Shigeki Miyabe,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano,Yosuke Tatekura
IEICE Transactions   91-A(6) 1329-1336   2008年   [査読有り]
Keiichi Osako,Yoshimitsu Mori,Yu Takahashi,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   91-A(6) 1357-1361   2008年   [査読有り]
肉伝導人工音声の変換に基づく喉頭全摘出者のための音声コミュニケーション支援システム
中村圭吾, 戸田智基, 猿渡洋, 鹿野清宏
電子情報通信学会論文誌   J90-D(3) 780-787   2007年3月   [査読有り]
Panikos Heracleous,Tomomi Kaino,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2007    2007年   [査読有り]
Shigeki Miyabe,Yoichi Hinamoto,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano,Yosuke Tatekura
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2007    2007年   [査読有り]
Randy Gomez,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   90-D(2) 554-561   2007年   [査読有り]
実環境における子供音声認識のための音韻モデルおよび教師なし話者適応の評価
鮫島充, Randy Gomez, 李晃伸, 猿渡洋, 鹿野清宏
情報処理学会論文誌   47(7) 2295-2304   2006年7月   [査読有り]
Yoshimitsu Mori,Hiroshi Saruwatari,Tomoya Takatani,Satoshi Ukai,Kiyohiro Shikano,Takashi Hiekata,Youhei Ikeda,Hiroshi Hashimoto,Takashi Morita
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2006    2006年   [査読有り]
Shigeki Miyabe,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano,Yosuke Tatekura
IEICE Transactions   89-A(3) 716-726   2006年   [査読有り]
Tobias Cincarek,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   89-D(3) 962-969   2006年   [査読有り]
Randy Gomez,Akinobu Lee,Tomoki Toda,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   89-D(3) 998-1005   2006年   [査読有り]
Hiroshi Saruwatari,Toshiya Kawamura,Tsuyoki Nishikawa,Akinobu Lee,Kiyohiro Shikano
IEEE Transactions on Audio, Speech & Language Processing   14(2) 666-678   2006年   [査読有り]
Effect of central limit theorem non-compliance on blind separation of speech by negentropy maximization
Rajkishore Prasad, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano
Acoustical Science and Technology   26(6) 511-522   2005年6月   [査読有り]
Kazuki Adachi,Tomoki Toda,Hiromichi Kawanami,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   88-D(3) 519-524   2005年   [査読有り]
Satoshi Ukai,Tomoya Takatani,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano,Ryo Mukai,Hiroshi Sawada
IEICE Transactions   88-A(3) 642-650   2005年   [査読有り]
Tatsunori Asai,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   88-A(6) 1613-1618   2005年   [査読有り]
Tomoya Takatani,Satoshi Ukai,Tsuyoki Nishikawa,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   88-A(7) 1673-1682   2005年   [査読有り]
Rajkishore Prasad,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   88-A(7) 1683-1692   2005年   [査読有り]
Yosuke Tatekura,Shigefumi Urata,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   88-A(7) 1747-1756   2005年   [査読有り]
Hiroshi Saruwatari,Hiroaki Yamajo,Tomoya Takatani,Tsuyoki Nishikawa,Kiyohiro Shikano
IEICE Transactions   88-A(9) 2387-2400   2005年   [査読有り]
Shoko Araki,Shoji Makino,Robert Aichner,Tsuyoki Nishikawa,Hiroshi Saruwatari
IEICE Transactions   88-A(12) 3593-3603   2005年   [査読有り]
Rajkishore Prasad,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
Neural Processing Letters   22(3) 377-389   2005年   [査読有り]
Robots that can hear, understand and talk
Rajkishore Prasad, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano
Advanced Robotics   18(5) 533-564   2004年4月   [査読有り]
An ICA algorithm for separation of convolutive mixture of speech signals
Rajkishore Prasad, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano
International Journal of Signal Processing   1(3) 249-259   2004年   [査読有り]
Rajkishore Prasad,Hiroshi Saruwatari,Kiyohiro Shikano
IEICE Electronic Express   1(16) 495-500   2004年   [査読有り]
Hiroshi Saruwatari,Satoshi Kurita,Kazuya Takeda,Fumitada Itakura,Tsuyoki Nishikawa,Kiyohiro Shikano
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2003(11) 1135-1146   2003年   [査読有り]
Shoko Araki,Shoji Makino,Yoichi Hinamoto,Ryo Mukai,Tsuyoki Nishikawa,Hiroshi Saruwatari
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2003(11) 1157-1166   2003年   [査読有り]
Shoko Araki,Ryo Mukai,Shoji Makino,Tsuyoki Nishikawa,Hiroshi Saruwatari
IEEE Transactions on Speech and Audio Processing   11(2) 109-116   2003年   [査読有り]
Fast-convergence algorithm for blind source separation based on array signal processing
IEICE Trans. Fundamentals   E86-A(3)    2003年
相補的バックオフを用いた言語モデル融合ツールの構築
情報処理学会論文誌   43(9), 2884-2893    2002年
十分統計量を用いた教師なし話者適応および環境適応
情報処理学会論文誌   43(7), 2214-2221    2002年
MLLRを用いた音響モデルの教師なし環境雑音適応アルゴリズム
電子情報通信学会論文誌   J85-D-Ⅱ(5), 833-841    2002年
Sound reproduction system including adaptive compensation of temperature fluctuation effect for broad-band sound control
IEICE Trans. Fundamentals   E85-A(8)    2002年
周波数軸伸縮を用いた混合正規分布モデルに基づく声質変換法
電子情報通信学会論文誌   J84-D(10), 2181-2189    2001年
Direction of Arrival Estimation Using Nonlinear Microphone Array
IEICE Trans. Fundamentals   E84-A(4), 999-1010    2001年
An Iterative Inverse Filter Design Method for the Multichannel Sound Field Reproduction System
IEICE Trans. Fundamentals   E84-A(4), 991-998    2001年
Speech Enhancement Using Nonlinear Microphone Array Based on Noise Adaptive Complementary Beamforming
IEICE Trans. Fundamentals   E83-A(5), 866-876    2000年
Speech Enhancement Using Nonlinear Microphone Array Based on Complementary Beamforming
IEICE Trans. Fundamentals   E82-A(8), 1501-1510    1999年
Synthetic Aperture Sonar in Air Medium Using a Nonlinear Sidelobe Canceller
Electronics and Communications in Japan, Part 3 Fundamental Electronic Science, J. Wiley & Sons, Inc.   82(12), 13-25    1999年
非線形サイドローブキャンセラを用いた合成開口空中ソーナ
電子情報通信学会論文誌   J81-A(5), 815-826    1998年
グレーティングローブ抑圧技術を用いた合成開口空中ソーナ
日本音響学会誌   53(5), 372-382    1997年
Blind source separation of acoustic signals based on multistage ICA combining frequency-domain ICA and time-domain ICA
IEICE Trans. Fundamentals   (accepted) 

書籍等出版物

 
Musical-noise-free blind speech extraction based on higher-order statistics analysis
Hiroshi Saruwatari, Ryoichi Miyazaki (担当:分担執筆, 範囲:章分担)
Audio Source Separation (S. Makino Ed.), Springer   2017年   
Determined blind source separation with independent low-rank matrix analysis
Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Hiroshi Sawada, Hirokazu Kameoka, Hiroshi Saruwatari (担当:分担執筆, 範囲:章分担)
Audio Source Separation (S. Makino Ed.), Springer   2017年   
ブラインド音源分離
猿渡 洋 (担当:分担執筆, 範囲:項目分担 pp.386-387)
音響キーワードブック、コロナ社   2016年3月   
音響の波動論とデジタルモデル基礎
猿渡 洋 (担当:分担執筆, 範囲:項目分担 pp.523-527)
機械力学ハンドブック 朝倉書店   2015年   
音源分離
猿渡 洋 (担当:分担執筆, 範囲:項目分担 pp.533-535)
機械力学ハンドブック, 朝倉書店   2015年   
音源分離(章)
猿渡 洋 (担当:分担執筆, 範囲:項目分担)
ロボット工学事典, 朝倉書店   2015年   
Statistical analysis and evaluation of blind speech extraction algorithms
Hiroshi Saruwatari, Ryoichi Miyazaki (担当:分担執筆, 範囲:章分担)
Advances in Modern Blind Source Separation Techniques: Theory and Applications (G. Naik and W. Wang Eds.), Springer   2014年   
Blind source separation for speech application under real acoustic environment
Hiroshi Saruwatari, Yu Takahashi (担当:分担執筆, 範囲:章分担)
Idependent Component Analysis for Audio and Biosignal Applications (G. Naik Ed.), InTech Publishing   2012年   
SIMO-model-based blind source separation -principle and its applications-
Hiroshi Saruwatari, Tomoya Takatani, Kiyohiro Shikano (担当:分担執筆, 範囲:章分担)
Blind Speech Separation (S. Makino et al. Eds.), Springer   2007年   

講演・口頭発表等

 
(招待講演)ブラインド音源分離 ~時空間スモールデータの非ガウス・低ランクモデリングとその最適化の数理~ [招待有り]
猿渡 洋
人工知能学会合同研究会2017   2017年11月25日   
(招待講演)ブラインド音源分離再考 ~時空間の非ガウス・スパース・低ランクモデリング~ [招待有り]
猿渡 洋
日本音響学会2017年春季研究発表会   2017年3月15日   
(招待講演)Flexible microphone array based on multichannel nonnegative matrix factorization and statistical signal estimation [招待有り]
Hiroshi Saruwatari, Kazuma Takata, Nobutaka Ono, Shoji Makino
The 22nd International Congress on Acoustics (ICA2016)   2016年9月   
(招待講演)統計的バイノーラル信号表現とその音源分離への応用 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会電気音響研究会   2015年7月3日   
(招待講演) Statistical-model-based speech enhancement with musical-noise-free properties [招待有り]
猿渡 洋
2015 IEEE International Conference on Digital Signal Processing (DSP2015)   2015年7月   
猿渡 洋
音学シンポジウム2014   2014年5月   
USTREAMでの公開URL:
http://www.ustream.tv/recorded/47998612
(招待講演)Information-geometric optimization in nonlinear noise reduction systems [招待有り]
Hiroshi Saruwatari
2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2013)   2013年11月   
(招待講演)高次統計量追跡に基づくブラインド信号抽出およびその高品質化 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会電気音響研究会   2013年6月   
(招待講演)これからの応用音響研究のあり方について [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会電気音響研究会パネル討論セッション   2013年6月   
(招待講演)Sound-localization-preserved binaural MMSE STSA estimator with explicit and implicit binaural cues [招待有り]
Hiroshi Saruwatari
20th European Signal Processing Conference (EUSIPCO2012)   2012年8月   
(招待講演)音声強調処理における高次統計量の利用 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会電気音響研究会   2012年5月   
(招待講演)Recent advances on noise reduction and source separation technology for robot audition [招待有り]
Hiroshi Saruwatari
2011 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2011)   2011年9月   
(招待講演)音声信号処理における雑音抑圧技術の最新動向 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会音声研究会   2011年1月   
(招待講演)Blind speech extraction combining ICA-based noise estimation and less-musical-noise nonlinear post processing [招待有り]
Hiroshi Saruwatari
2010 Asilomar Conference on Signals, Systems, and Computers, California   2010年11月   
(招待講演)Improvement of speech recognition performance for spoken-oriented robot dialog system using end-fire array [招待有り]
Hiroshi Saruwatari
2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2010),   2010年10月   
(招待講演)音響信号処理における高次統計量の利用-音源分離から音質制御まで- [招待有り]
猿渡 洋
日本音響学会東海支部技術講演会   2010年3月   
(招待講演)Source adaptive blind signal extraction using closed-form ICA for hands-free robot spoken dialogue system [招待有り]
猿渡 洋
2009 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2009)   2009年4月   
(招待講演)Hnds-free speech recognition challenge for real-world speech dialogue systems [招待有り]
猿渡 洋
2009 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2009)   2009年4月   
(招待講演)音声信号処理で実現可能な音声対話技術やロボットコミュニケーション [招待有り]
猿渡 洋
センシング技術応用研究会・第160回研究例会   2008年3月   
(招待講演)バイノーラル再生 vs. トランスオーラル再生 -将来の覇者は?-
猿渡 洋
URCF音響分科会主催セミナー   2008年3月   
(招待講演)ブラインド音源分離技術とその最新研究動向について [招待有り]
猿渡 洋
第22回 信号処理シンポジウム   2007年11月   
(招待講演)Directivity-dependency-reduced blind source separation integrating ICA, beamforming and binary masking [招待有り]
猿渡 洋
2007 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2007)   2007年10月   
(招待講演)MLSP 2007 data analysis competition: two-stage blind source separation combining SIMO-model-based ICA and binary masking [招待有り]
猿渡 洋
2007 IEEE International workshops on Machine Learning for Signal Processing (MLSP2007)   2007年8月   
(招待講演)リアルタイムブラインド音源分離モジュールの開発 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会2007年総合大会   2007年3月   
(招待講演)Beyond the ICA: new blind acoustic sound separation in real world via SIMO-ICA [招待有り]
猿渡 洋
2006 Acoustic Society of America/Japan Joint Meeting   2006年11月   
(招待講演)Real-time blind separation of acoustic signals using SIMO-model-based independent component analysis [招待有り]
猿渡 洋
Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006)   2006年9月   
(招待講演)Robust sound field reproduction using multi-channel inverse filtering with secondary source selection and enhancement [招待有り]
猿渡 洋
9th Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC IX 2006)   2006年6月   
(招待講演)アレー信号処理に基づく音声認識向け雑音抑圧技術 [招待有り]
猿渡 洋
電気関係学会関西支部連合大会   2005年11月   
(招待講演)マイクロホンアレーを用いた音声処理‐その原理と最新研究動向について‐ [招待有り]
猿渡 洋
音声実用化研究NEDO先導研究技術分科会   2005年10月   
(招待講演)Blind binaural sound separation: concept and its application to spatial sound synthesis [招待有り]
Hiroshi Saruwatari
第二回音空間HRTF徹底討論ワークショップ   2005年7月   
(招待講演)Blind separation and deconvolution of MIMO-FIR system with colored inputs based on SIMO-model-based ICA [招待有り]
猿渡 洋
2005 IEEE AP-S International Symposium on Antennas and Propagation   2005年7月   
(招待講演)Speech enhancement based on blind source separation in car environments [招待有り]
猿渡 洋
2005 International Workshop on Realworld Multimedia Corpora in Mobile Environment (RWCinME2005)   2005年4月   
(招待講演)音響信号のブラインド音源分離 -その最新研究動向について- [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会2005年総合大会 多チャンネル音響信号処理シンポジウム   2005年3月   
(招待講演)SIMO-model-based ICA - concept and its applications - [招待有り]
猿渡 洋
18th International Congress on Acoustics (ICA2004)   2004年4月   
(招待講演)Pitch recognition for successive musical cords using short-term estimation method for peak frequencies [招待有り]
猿渡 洋
2004 International Symposium on Musical Acoustics (ISMA2004)   2004年4月   
(招待講演)SIMO-model-based blind acoustic signal separation: concept and its application [招待有り]
猿渡 洋
Special Workshop in MAUI (SWIM)   2004年1月   
(招待講演)Blind source separation of acoustic signals based on multistage independent component analysis [招待有り]
猿渡 洋
2002 Summer Meeting of Acoustical Society of Korea   2002年8月   
(招待講演)音声・音響信号を対象としたブラインド音源分離 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会DSP研究会   2002年3月   
(招待講演)雑音適応型相補的指向特性形成法に基づく非線形マイクロホンアレーを用いた音声強調 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会音声研究会   2001年9月   
(招待講演)時間領域ICAと周波数領域ICAを併用した多段ICAによるブラインド音源分離 [招待有り]
猿渡 洋
日本神経回路学会第11回全国大会   2001年9月   
(招待講演)アレー信号処理を用いたブラインド音源分離の基礎 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会EA・SP研究会   2001年4月   
(招待講演)Evaluation of noise adaptive nonlinear microphone array under reverberant conditions [招待有り]
猿渡 洋
VII West Pacific Regional Acoustics Conference (WESTPRAC VII 2000)   2000年10月   
(招待講演)音声・音響信号を対象としたアレー信号処理 [招待有り]
猿渡 洋
電子情報通信学会DSP研究会   1999年12月   

Misc

 
八田 俊之, 猿渡 洋, 鹿野 清宏, 梅本 敏孝
日本高専学会誌 : journal of the Japan Association for College of Technology   17(3) 17-22   2012年7月
本研究では,周波数領域独立成分分析(FDICA)におけるパーミュテーション問題の確率統計モデルに基づく新たな解決法を提案する.この提案法は,独立成分分析(ICA)に基づく雑音抑圧を利用するハンズフリー電話のような,ハンズフリー音声処理システムに適用されるものである.FDICAでは,各周波数帯域において分離信号の出力順序に不定性がある.この問題をパーミュテーション問題といい,これにより雑音推定性能は著しく劣化する可能性がある.パーミュテーション問題解決の従来法として,音源の到来方位(DOA)...
原 直, 川波 弘道, 猿渡 洋, 鹿野 清宏
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2012(1) 1-6   2012年7月
本論文では携帯端末用の音声情報案内システム開発に向けたネットワークサービスソフトウェアの開発について検討する.このソフトウェアは2002年11月よりコミュニティセンターに設置されたたけまるくんシステムを基礎としている.本システムは,音声認識,対話管理,テキスト音声合成を統合したシステムである.WWWサイト開発者にも使いやすいような,Software-as-a-Service (SaaS) を目指すとともに,熟練した開発者や研究者にも使いやすいパッケージとしての展開を検討する.
真嶋 温佳, 藤田 洋子, トーレス ラファエル, 川波 弘道, 原 直, 松井 知子, 猿渡 洋, 鹿野 清宏
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2012(7) 1-6   2012年7月
実環境音声情報案内システムでは,雑音等の非音声やユーザ同士の背景会話など,システムへの入力として不適切な入力が存在する.これらの入力はシステムの誤作動・誤認識の原因となるので,無効入力として棄却して応答処理を行わないことが重要である.一般に,有効入力と無効入力との識別にはGMM (Gaussian Mixture Model) による方法など,音響的な情報に基づく方法が用いられることが多い.しかし,入力データに含まれる言語的な情報を使うことにより,システムのタスクも考慮した,より高精度な有...
金原 涼美, 宮崎 亮一, 猿渡 洋, 鹿野 清宏, 近藤 多伸
電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   112(76) 67-72   2012年6月
本稿では,高次統計量に基づくミュージカルノイズ評価尺度を用いて,事前SNRの推定に判定帰還型推定法を用いたいくつかの雑音抑圧手法について,ミュージカルノイズ発生量の理論解析を行った結果を述べる.先行研究において,ミュージカルノイズ評価尺度を用いて,スペクトル減算法におけるミュージカルノイズ発生量の理論解析が行われた.しかし,例えば最小平均二乗誤差規範短時間振幅スペクトル推定法などの高品質な雑音抑圧手法については,この尺度を用いた解析を行うことが出来なかった.これらの手法には事前SNRの推定...

Works

 
実環境におけるブラインド音源分離の研究(NTT)
2001年 - 2003年
車室内音声認識システムのための雑音除去技術に関する共同研究(日産)
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 猿渡 洋
本研究では、新しい統計モデリングおよび高次統計量追跡による能動的声質制御技術の確立、およびその自律カスタムメイド音声コミュニケーション拡張システムへの応用に関して研究を行うことを目的とする。具体的な実証システムとして、高次統計量追跡による高品質ブラインド音源分離に基づく両耳補聴システムや、統計量追跡による声質制御可能な発声補助システムを開発し、その有効性を実証する。本年度は、以下の4項目に関して研究を遂行した。(1)実環境における聴覚障害者の音響環境を模擬するため、両耳補聴器に関する基礎デ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 河原 英紀
世界最先端の音声分析変換合成方式と聴覚末梢系におけ信号処理の数理モデル、統計的音声変換技術、音源分離技術を総合的に連携させることにより、聴覚障害者および喉頭摘出者などの障害者支援技術を開発した。また、人間の聴覚との整合性の良い音声処理技術の新しい基本アルゴリズムの開発により、音声コミュニケーションの研究と様々な操作による拡張のために広く利用することのできる研究基盤を確立した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 鹿野 清宏
音声としてのメディアを拡張する二つの新しい技術(1)声を出さなくても音声によるコミュニケーションが可能となる非可聴つぶやきという静かな音声メディアと、(2)騒音下における歪なしでの音源分離SIMO-ICAの研究を発展させ、企業への技術移転を行った。また、公共機関に音声情報案内システム「たけまるくん」を設置して、実環境での音声認識技術が利用可能であることを実証した。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 鹿野 清宏
H17年度に収録した28人からなり、異なる4時期で発声した非可聴つぶやき声(NAM)個人認証データベースをもとにNAMによる話者認証の研究を進めた。さらに、27人の詐称者のNAMを収録して、NAM個人認証データベースを完成するとともに評価を行った。NAMにより個人認証の研究で、研究を担当した小島麻里子(M2)が、暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS2006論文賞を受賞した。(1)Hl7年度に収録した28名のN削個人認証データベースに加えて、27名の詐称者のN削個人認証データベースの収...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 鹿野 清宏
当初計画では、下記の項目の研究を行うことを述べている。1.雑音除去信号処理、高精度音韻モデルおよび環境・話者適応アルゴリズム、2.自由な発話を受け付けるタスク対応言語モデル、3.ユーザにマイクを意識させないハンズフリー音声認識、4.音声対話システムを使いやすくするためのヒューマンファクターの把握、これらの研究を、実験室内に音声認識システムを構築して研究するだけでなく、実環境に、音声認識システムを設置してアルゴリズムの有効性やヒューマンファクターの把握に努める。1.の話者・環境の同時適応を行...

特許

 
信号抽出方法および信号抽出装置、信号抽出プログラムとそのプログラムを記録した記録媒体
2002-072111
センサ入力系における信号入力方法と信号入力装置
2002-70573
超音波計測装置
平09-237958