野崎 京子

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/27 14:53
 
アバター
研究者氏名
野崎 京子
 
ノザキ キョウコ
URL
http://www.chembio.t.u-tokyo.ac.jp/chembio/labs/nozaki/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科 化学生命工学専攻
職名
教授
学位
京都大学工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1999年
京都大学工学部 助手
 
1999年
 - 
2002年
京都大学大学院工学研究科 助教授
 
2002年
 - 
2003年
東京大学大学院工学系研究科助教授
 
2000年
 - 
2003年
科学技術振興事業団さきがけ研究員(変換と制御)
 

学歴

 
 
 - 
1991年
京都大学 工学研究科 工業化学
 
 
 - 
1986年
京都大学 工学部 工業化学科
 

委員歴

 
2001年
 - 
2002年
日本化学会  近畿支部支部幹事
 
2009年
   
 
有機合成化学協会  協会誌編集委員
 
2008年
   
 
高分子学会  常任理事
 

受賞

 
1998年
日本化学会進歩賞
 
1992年
井上研究奨励賞
 
2003年
高分子学会Polymer Journal 論文賞
 
2003年
有機合成指向有機金属化学(OMCOS)賞
 
2004年
高分子学会Willey賞
 

論文

 
Kusumoto S, Tatsuki T, Nozaki K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   54(43) 12538   2015年10月   [査読有り]
Nakano R, Nozaki K
Journal of the American Chemical Society   137(34) 10934-10937   2015年9月   [査読有り]
Shintani R, Takagi C, Ito T, Naito M, Nozaki K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   54(34) 9743   2015年8月   [査読有り]
Shintani R, Kurata H, Nozaki K
Chemical communications (Cambridge, England)   51(57) 11378-11381   2015年7月   [査読有り]
Kusumoto S, Tatsuki T, Nozaki K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   54(29) 8458-8461   2015年7月   [査読有り]

Misc

 
Makoto Yamashita, Kyoko Nozaki
Topics in Organometallic Chemistry   49    2015年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2015. This chapter focuses on the chemistry of boryl anions. The first section gives a brief history of boryl anion before the first isolated boryl anion equivalent, boryllithium, emerged. Synthesis ...
Koji Nakano, Kyoko Nozaki, Kyoko Nozaki, Tamejiro Hiyama
Methylenation Macromolecules   34, 6325-6332 6325-6332   2001年8月
Signals of 13C NMR spectra of poly[cyclohexene oxide-alt-carbon dioxide] in a carbonyl region split into two parts: 153.7 and 153.3-153.1 ppm. To assign these signals, isotactic and syndiotactic model dimers and tetramers were synthesized. The sig...
Kazushi Hosoi, Kyoko Nozaki, Kyoko Nozaki, Tamejiro Hiyama
Proc. Japan Acad   78, Ser. B, 154-160 154-160   2002年6月
Alkenyldimethyl(2-thienyl)silanes underwent the cross-coupling reaction with organic halides mediated by tetrabutylammonium fluoride and a palladium catalyst under extremely mild conditions to afford alkenyl-coupled products in good to excellent y...
Takuya Kochi, Kenji Yoshimura, Shusuke Noda, Kyoko Nozaki
Polymer Preprints, Japan   55 2701-2702   2006年12月
Reaction conditions for copolymerization of ethylene and methyl acrylate with 2 or 3 to afford highly linear copolymers were screened. Lowering the temperature of the copolymerization reaction led to an increase in molecular weight. Terminating en...
Kyoko Nozaki
Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   65 1108-1112   2007年1月
Palladium-catalyzed alternating copolymerization of olefins with carbon monoxide has been successfully applied to new substrates, namely, 3-perfluoroalkyl-substituted 1-propene (1) and vinyl acetate. The key to success was the choice of ligands. T...

書籍等出版物

 
Asymmetric Carbonylations, K. Nozaki and I. Ojima, In Catalytic Asymmetric Synthesis, Second Edition, I
Ojima Ed., John Wiley & Sons, New York   2000年   
Hydrocarbonylation of Carbon–Carbon Double Bonds, K. Nozaki, In Comprehensive Asymmetric Catalysis; E. Jacobsen, A. Pfaltz, H. Yamamoto Eds
Springer, Berlin   1999年   

講演・口頭発表等

 
Development of New Catalytic Reactions Toward Utilization of Renewable Resources [招待有り]
野崎 京子
Lectures in Modern Chemistry Winter/Spring 2015   2015年2月24日   
Development of new catalytic reactions toward utilization of renewable resources [招待有り]
野崎 京子
University of Victoria セミナー   2015年2月23日   

Works

 
有機金属を用いたポリマーの合成
2002年
主領キラル液晶ポリケトンの合成と物性
2000年 - 2001年
キラルポリケトンの配座研究
1997年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
キラル反応場の設計による新規不斉触媒反応の開発
科学研究費補助金
研究期間: 1992年   
新規高機能不斉ヒドロホルミル化触媒の開発と生理活性物質合成への応用
科学研究費補助金
研究期間: 1994年 - 1995年
アセチレン結合のダブル官能基化反応の開発
研究期間: 1994年   
オレフィン類と一酸化炭素の不斉リビング共重合
科学研究費補助金
研究期間: 1995年   
オレフィン類と1酸化炭素の不斉リビング共重合
科学研究費補助金
研究期間: 1996年   

特許

 
ペルフルオロアルキル基を側鎖に有するスピロケタール構造単位を持つポリマーおよびその製造方法
特許公開2002−265595
光学活性高分子液晶化合物
特許公開2002−020483
ビニル基を有するホスフィン誘導体、それをモノマーとするポリマー及びそれらの遷移金属錯体
特許公開2000−281691
光学活性ポリカーボネートおよびその製造方法
特許公開2000−256454
光学活性高分子担持ロジウム錯体を用いる光学活性アルデヒドの製造方法
特許公開2000−256248