菊澤 律子

J-GLOBALへ         更新日: 09/09/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
菊澤 律子
 
キクサワ リツコ
URL
http://www.minpaku.ac.jp/english/staff/kikusawa/
所属
国立民族学博物館
部署
先端人類科学研究部
職名
助教授
学位
PhD(ハワイ大学(アメリカ合衆国)), 文学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
 国立民族学博物館 助教授
 
2002年
 - 
2005年
アジア・アフリカ言語文化研究所 助教授
 
1995年
 - 
2000年
アジア・アフリカ言語文化研究所 助手
 
2005年
 - 
現在
アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員
 
1997年
 - 
2002年
国立民族学博物館 共同研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年
ハワイ大学 言語学部 言語学
 
 
 - 
1995年
東京大学 人文科学研究科 言語学
 
 
 - 
1995年
東京大学  言語学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2013年
European Research Council (referee in research project reviews)
 
2006年
   
 
- Language Documentation and Conservation (編集理事)
 
2005年
 - 
2009年
People and Culture in Oceania (編集責任者)
 
2005年
 - 
2009年
日本オセアニア学会(評議員・理事)
 
2006年
 - 
2012年
国際オーストロネシア言語学会 (運営委員)
 

受賞

 
2005年
第四回日本オセアニア学会賞
 
2008年
日本学術振興会賞
 
2009年
Ralph Chikato Honda Distinguished Scholar Award
 

Misc

 
A new view of the Proto Oceanic pronominal system
Oceanic Linguistics 42(1)   161-186    2003年
The two genitive clitic pronoun positions in some Extra-Formosan languages: problems in determining their historical development
Papers from the Seminar Brunei Darussalam-Jepun "Kajian Brunei-Borneo," University of Brunei Darussalam.   pp. 20    2003年
Did Proto-Oceanians cultivate Cyrtosperma taro?
People and Culture in Oceania 19   1-26    2003年
(with Lawrence A. Reid) A Talubin text with a wordlist and grammatical notes
Journal of Asian and African Studies 65   89-148    2003年
Prefixed undergoer verbs in the Fijian languages and their historical development
Rongorongo Studies   12(2):43-55    2002年

書籍等出版物

 
The development of some Indonesian pronominal systems.
In Barry J. Blake and Kate Burridge (eds, with Jo Taylor), Historical linguistics 2001: selected papers from the 15th International Conference on Historical Linguistics, Melbourne, 13-17 August 2001. Current Issues in Linguistics Theory 237. Amsterda・・・   2003年   
In Barry J. Blake and Kate Burridge (eds, with Jo Taylor), Historical linguistics 2001: selected papers from the 15th International Conference on Historical Linguistics, Melbourne, 13-17 August 2001. Current Issues in Linguistics Theory 237. Ams...
「オセアニアのタロ—名称にもとづく系譜の特定—」
吉田集而・堀田満・印東道子(編)『イモとヒト:人類の生存を支えた根栽農耕—その起源と展開』平凡社   2003年   
Proto Central Pacific ergativity: its reconstruction and development in the Fijian, Rotuman and Polynesian languages
Canberra: Pacific Linguistics   2002年   
『標準フィジー語入門』 Tokyo: ILCAA, pp.161.
東京:アジア・アフリカ言語文化研究所   1999年   
(with Apolonia Tamata) 『フィジー語-日本語学習辞書』
東京:アジア・アフリカ言語文化研究所   1999年   

Works

 
Transitivity and Ergativity in Syntactic Typology
1997年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
オーストロネシア諸語の比較統語論的研究
その他の研究制度
研究期間: 2001年 - 2005年
先史オセアニアにおけるタロイモと食文化に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1998年 - 2003年
オーストロネシア諸語の現地調査に基づく記述研究
その他の研究制度
研究期間: 2002年 - 2007年