関 智宏

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/30 15:33
 
アバター
研究者氏名
関 智宏
 
セキ トモヒロ
eメール
sekihannan-u.ac.jp
所属
同志社大学
部署
商学部 商学科
学位
経営学(修士)(*神戸商科大学*), 経営学(博士)(兵庫県立大学)
科研費研究者番号
40434865

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
阪南大学 経営情報学部 経営情報学科 教授
 
2006年4月
 - 
2009年3月
 阪南大学経営情報学部専任講師
 
2009年4月
   
 
 阪南大学経営情報学部准教授
 
2010年4月
   
 
 阪南大学大学院企業情報研究科准教授 兼担
 
2011年4月
   
 
Imperial College London Business School Visiting Scholar
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
神戸商科大学 商経学部 国際商学科(中退:飛び級)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
神戸商科大学 大学院経営学研究科修士課程 経営学専攻(中小企業論)
 
2002年4月
 - 
2006年3月
神戸商科大学 大学院経営学研究科博士後期課程 経営学専攻(中小企業論)
 

書籍等出版物

 
世代交代期の中小企業経営
日本中小企業学会編 (担当:共著, 範囲:サプライヤー関係下での中小企業の発展―関係レント概念を手がかりとして―)
同友館   2011年7月   
現代中小企業の新機軸
永山利和編著 (担当:共著, 範囲:産業集積における中小製造企業―大阪の産業集積の特徴と中小製造企業の存立展望―)
同友館   2011年6月   
現代中小企業の発展プロセス―サプライヤー関係、下請制、企業連携―
関智宏
ミネルヴァ書房   2011年4月   
産地の変貌と人的ネットワーク―旭川家具産地の挑戦―
粂野博行編著 (担当:共著, 範囲:人的つながりの活用による独立開業と企業発展―株式会社匠工芸からの独立開業企業のケースを中心に―)
御茶の水書房   2010年3月   
現代企業論
関智宏・中條良美 (担当:共編者, 範囲:企業の諸形態、企業の競争)
実教出版   2008年11月   
公設試験研究機関と中小企業
植田浩史・本多哲夫編著 (担当:共著, 範囲:連携による新産業創出を目指す兵庫県立工業技術センター、企業支援の明確なミッションをもつ滋賀県工業技術総合センター)
創風社   2006年12月   
新連携時代の中小企業
日本中小企業学会編 (担当:共著, 範囲:中小企業連携の事業システムと競争力)
同友館   2006年6月   
「縮小」時代の産業集積
植田浩史編著 (担当:共著, 範囲:中小企業連携の効果とベンチャー化―アドック神戸をケースとして―)
創風社   2004年9月   
アジア新時代における中小企業
日本中小企業学会編 (担当:共著, 範囲:地域ベンチャー企業のイノベーション―中小企業による「地域」からのベンチャー的参入行動―)
同友館   2004年6月   
中小企業のベンチャー・イノベーション
佐竹隆幸編著 (担当:共著, 範囲:企業間関係に基づく中小企業の存立と行動、「中小企業問題」の展開)
ミネルヴァ書房   2002年12月   

論文

 
サプライヤー関係を通じた価値創出と中小企業―中小サプライヤーのケース・スタディ―
関智宏
財団法人機械振興協会経済研究所『新しい調達システムによるモノづくり競争力基盤の再構築―わが国における潜在的技術優位の活用を目指して―』(機械工業経済研究報告書H22-3)   185-197   2011年3月   [招待有り]
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   46(2) 139-153   2011年3月
サプライヤー関係における再編問題―自動車産業における下請再編成を中心に―
関智宏
財団法人機械振興協会経済研究所『次世代自動車が及ぼす自動車産業の構造変化とモノづくり企業の発展戦略』(機械工業経済研究報告書H21-3)   35-49   2010年3月   [招待有り]
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   45(3) 259-271   2010年3月
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   45(2) 107-118   2010年3月
関 智宏, 石澤 雄一郎
阪南論集, 社会科学編   45(1) 131-145   2009年10月
サプライヤー関係のダイナミズム―「エグジット/ボイス」理論からみた日本の液晶パネル市場と家電メーカーの動向―
関智宏
財団法人機械振興協会経済研究所『デジタル家電産業におけるグローバル活動の新展開と国際競争力』(機械工業経済研究報告書H20-2)   39-64   2009年3月   [招待有り]
関 智宏, 梅村 仁
阪南論集, 社会科学編   44(2) 159-170   2009年3月
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   44(2) 25-43   2009年3月
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   44(1) 191-205   2008年10月
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   44(1) 173-190   2008年10月
関 智宏, 立見 淳哉
阪南論集, 社会科学編   44(1) 19-35   2008年10月
中堅中小企業の企業間関係におけるデジタル化と政策的課題
関智宏, 丹沢安治
財団法人機械振興協会経済研究所『中堅中小企業のデジタル化によるモノづくり基盤の強化』(機械工業経済研究報告書H19-5)   47-66   2008年3月   [招待有り]
関 智宏
阪南論集, 社会科学編   43(1) 1-19   2007年10月
サプライヤー関係の変化と中小企業の存立―「エグジット/ボイス」理論からみた中小サプライヤーの存立と行動―
関智宏
財団法人機械振興協会経済研究所『グローバル展開期のモノづくり基盤強化に向けた新しい方向性』(機械工業経済研究報告書H18-5)   117-132   2007年3月   [招待有り]
関 智宏, 池田 潔, 山口 隆英
商大論集   57(4) 317-336   2006年3月
関 智宏, 山口 隆英, 池田 潔
商大論集   57(2) 79-95   2005年10月
中小企業の経営革新と経営成果
関智宏
星陵台論集   38(2) 133-153   2005年9月
中小企業連携の事業システムと中小企業の存立―ワット神戸をケースとして―
関智宏
星陵台論集   38(2) 111-131   2005年9月
植田 浩史, 松永 桂子, 田中 幹大, 関 智宏
調査季報   74 27-49   2005年8月   [招待有り]
今日の小規模製造業は、国内製造業が量的な「縮小」局面を迎えているなかで、厳しい状況にある。本稿では、まず2002年度に実施された「大阪市製造業実態調査」(全数調査)のデータを利用して、①売上額の推移に規模別の差が大きい、②経営課題、経営上の問題点でも規模による差が大きい、③廃業予定企業の割合が小規模製造業は高い、④ネットワーク、産学連携への関心が低い、といった特徴を確認した。その上で、われわれが行ってきたさまざまな事例調査を用いて、小規模製造業の事業継承、技能継承、新規事業展開、ネットワー...
ベンチャー・マネジメントとソーシャル・キャピタル―株式会社レーブドゥシェフのケース・スタディ―
関智宏
星陵台論集   37(3) 17-33   2005年1月
事業創造とベンチャー経営・支援―神戸市内のベンチャー企業の調査から―
関智宏
星陵台論集   37(2) 93-111   2004年9月
中小企業のイノベーション―中小企業のベンチャー的参入行動のケース・スタディ―
関智宏
星陵台論集   36(3) 69-93   2004年1月
中小企業のベンチャー的参入行動―Christensen,C.M.の破壊的イノベーションに関する考察を中心にして―
神戸商科大学大学院研究会
星陵台論集   36(2) 75-94   2003年9月
変容期における日本の企業間関係と中小企業の存立―「レント」からみた日本中小企業の存立問題―
神戸商科大学大学院研究会
星陵台論集   36(1) 41-59   2003年6月

委員歴

 
2006年4月
 - 
2007年3月
兵庫県中小企業団体中央会  経営ビジョン策定委員会小委員会委員
 
2006年4月
 - 
2008年9月
大阪府中小企業家同友会  ビジョン委員会ワーキンググループ委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
財団法人機械振興協会  「中堅・中小企業における技術・技能・ノウハウのデジタル化に関する調査研究」検討委員会委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
財団法人機械振興協会  「デジタル家電産業等におけるグローバル活動の新展開と国際競争力に関する調査研究」検討委員会委員
 
2008年7月
 - 
2008年11月
尼崎市  労働福祉センター・労働福祉会館指定管理者選定委員会委員長
 
2008年11月
 - 
現在
兵庫県中小企業家同友会  経営環境改善委員会委員
 
2008年11月
 - 
2011年3月
財団法人大阪府生活衛生指導センター  後継者育成支援協議会会長
 
2009年4月
 - 
2010年6月
アドック神戸ドゥー  顧問
 
2009年4月
 - 
2010年3月
財団法人機械振興協会  「次世代自動車向け部品産業の構築過程における企業の発展戦略に関する調査研究」検討委員会委員
 
2009年4月
 - 
現在
大阪府中小企業家同友会  憲章推進本部アドバイザー
 
2009年9月
 - 
2011年3月
財団法人大阪府生活衛生指導センター  経営改善生産性向上協議会会長
 
2009年10月
 - 
2011年3月
社会保険労務士総合研究機構  研究プロジェクト「個性ある中小企業の経営理念と労務管理」研究分担者
 
2010年4月
 - 
2011年3月
財団法人機械振興協会  「電子部品及び機械部品の調達システムと取引関係の変化」検討委員会委員
 
2010年6月
 - 
現在
アドック神戸  顧問
 
2010年6月
 - 
現在
労務理論学会  幹事
 
2010年11月
 - 
現在
日本中小企業学会  幹事
 
2010年11月
 - 
2011年3月
豊岡市商工会  江原駅周辺地域商業活性化促進委員会委員
 

受賞

 
2005年3月
神戸商科大学 上河賞
 
2011年3月
財団法人商工総合研究所 中小企業研究奨励賞準賞 粂野博行編著『産地の変貌と人的ネットワーク―旭川家具産地の挑戦―』御茶の水書房
 

担当経験のある科目