斧田 宏明

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/02 10:30
 
アバター
研究者氏名
斧田 宏明
 
オノダ ヒロアキ
URL
http://www2.kpu.ac.jp/life_environ/mat_chem/index.html
所属
京都府立大学
部署
大学院 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻
学位
博士(工学)(神戸大学), 修士(工学)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 講師
 
2008年3月
 - 
現在
Kyoto Prefectural University Faculty of Life and Environmental Sciences Associate Professor
 
2007年7月
 - 
2008年3月
東京工業大学 資源化学研究所 特別研究員
 
2007年7月
 - 
2008年3月
Tokyo Institute of Technology Chemical Resources Laboratory Researcher
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都大学大学院 工学研究科 研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 分子集合科学専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 応用化学専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
Kobe University Graduate School, Division of Natural Science and Technology Master course
 
1993年4月
 - 
1997年3月
神戸大学 工学部 応用化学科
 

受賞

 
2016年6月
日本希土類学会 奨励賞(足立賞)
 
2012年6月
無機マテリアル学会 永井記念奨励賞
 
2008年6月
日本無機リン化学会 奨励賞
 

論文

 
Iron, copper, and nickel removal with calcium hydrogen phosphates and calcium pyrophosphates in solution
Hiroaki Onoda, Kohei Sasaki
Universal Journal of Materials Science   5(3) 59-63   2017年   [査読有り]
Surface Modification of Titanium Dioxide for Novel White Pigment with Condensed Phosphoric Acid Treatment
Hiroaki Onoda, Aki Matsukura
European Chemical Bulletin   6(4) 140-144   2017年   [査読有り]
Synthesis of novel green phosphate pigments in imitation of natural ores
Hiroaki Onoda, Kyosei Sugimoto
Journal of Asian Ceramic Societies   5(2) 123-126   2017年   [査読有り]
Influence of pH-control in Phosphoric Acid Treatment of Zinc Oxide
Hiroaki Ondoa, Manami Chemel
Cerâmica   63(366) 197-202   2017年   [査読有り]
Preparation of Gel Lanthanum - Cerium Phosphates and Their Fluorescence Properties
Hiroaki Onoda, Rikuya Suzuki
Materials Research Innovations   21(4) 206-209   2017年   [査読有り]

Misc

 
希土類リン酸塩の合成とその機能性
斧田 宏明
希土類   69 1-7   2016年11月
希土類リン酸塩の熱的性質
斧田 宏明
Phosphorus Letter   84 5-11   2015年
光触媒活性をもたないリン酸チタン白色顔料の作製
斧田 宏明
Journal of Inorganic Materials Society, Japan   22(Jan) 42-46   2015年
希土類置換による遷移金属リン酸塩顔料の耐酸、耐塩基性の改善
斧田 宏明
Journal of Inorganic Materials Society, Japan   20(Jan) 62-67   2013年
酸塩基化合物の添加による高表面積リン酸塩の作製
斧田 宏明
Journal of Inorganic Materials Society, Japan   18(March) 102-106   2011年

書籍等出版物

 
Phosphate; Sources, Properties, and Applications
斧田 宏明 (担当:分担執筆, 範囲:Catalytic activity of ortho- and condensed phosphates)
NOVAScience Publishers   2012年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
希土類元素の沈殿回収
研究期間: 2013年   
化粧品用新規無機白色顔料の作製
研究期間: 2008年   
無機化合物焼結体の作製とその導電性評価
研究期間: 2005年   
無機顔料の耐酸,耐塩基性の改善と光学特性
研究期間: 2002年   
表面酸性質を利用した触媒及び吸着剤の開発
研究期間: 1997年   

特許

 
リン酸イオン含有廃液を用いたリン酸金属塩粒子の製造方法
特開2007-284271