爲我井 秀行

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/16 11:56
 
アバター
研究者氏名
爲我井 秀行
 
タメガイ ヒデユキ
学位
博士(理学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
90293034

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 文理学部化学科 准教授
 
1994年5月
 - 
1995年8月
東京工業大学生命理工学部生命理学科研究生
 
1995年9月
 - 
1997年2月
海洋科学技術センター(現独立行政法人海洋研究開発機構)研究員補
 
1997年3月
 - 
1998年3月
東京工業大学理学部化学科助手
 
1998年4月
 - 
2003年3月
東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京工業大学 理学部 化学科
 
 
 - 
1994年
東京工業大学大学院 理工学研究科 化学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 平成25年度専門調査員
 
2007年
   
 
極限環境微生物学会  幹事
 
2003年
   
 
極限環境微生物学会  学会誌編集委員
 
2003年
 - 
2007年
極限環境微生物学会  極限シンポジウム委員(2005年から委員長)
 
2002年
 - 
2005年
極限環境微生物学会  学会ホームページ管理者補佐
 

論文

 
アミノグリコシド抗生物質生合成に関与する糖質環化酵素20 kDaサブユニットの生理的意義の解明に向けての発現系構築
為我井秀行、澤田博司、青木里恵、平川暖果、飯野熙彦
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   45 363-366   2010年3月   [査読有り]
Physiological role of two dissimilatory nitrate reductases in the deep-sea denitrifier Pseudomonas sp. strain MT-1
Ikeda, E., Andou, S., Iwama, U., Kato, C., Horikoshi, K. and Tamegai, H.
73 896-900   2009年4月   [査読有り]
高圧下への蛋白質の適応
加藤千明、佐藤孝子、阿部文快、大前英司、為我井秀行、仲宗根薫
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー (第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム抄録集)   2 45-53   2008年
The narQP genes for a two-component regulatory system from the deep-sea bacterium Shewanella violacea DSS12
Tamegai, H., Chikuma, S., Ishii, M., Nakasone, K. and Kato, C.
19 308-312   2008年   [査読有り]
Identification and diversity of putative aminoglycoside-biosynthetic aminotransferase genes from deep-sea environmental DNA
Aoki, R., Nagaya, A., Arakawa, S., Kato, C. and Tamegai, H.
72 1388-1393   2008年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
極限環境生命 - 生命の起源を考え,その多様性に学ぶ -
伊藤政博、道久則之、鳴海一成、東端啓貴、為我井秀行、國枝武和、伊藤隆、佐藤孝子、中村聡 (担当:共著)
コロナ社   2014年10月   ISBN:978-4-339-06747-7
ライフサイエンス系の基礎英語テクニカルターム集
飯田孝(編著)、池川繁男、伊藤順子、宇根瑞穂、為我井秀行、三田村邦子 (担当:共著)
三共出版   2008年   
Molecular biology of the model piezophile, Shewanella violacea DSS12 in "High-pressure microbiology"
Kato, C., Sato, T., Nakasone, K. and Tamegai, H. (担当:共著, 範囲:305-317)
2008年   
Protein adaptation to high-pressure environments, in "Protein Adaptation in Extremophiles. Molecular Anatomy and Physiology of proteins series"
Kato, C., Sato, T., Abe, F., Ohmae, E., Tamegai, H., Nakasone, K., Siddiqui, K.S. and Thomas, T. (担当:共著, 範囲:167-191)
2008年   
大学基礎・専門課程の化学実験マニュアル
日本大学文理学部化学科編 (担当:共著, 範囲:248-258)
共立出版   2004年   

講演・口頭発表等

 
好冷好圧性細菌 Shewanella violacea DSS12におけるD-アミノ酸脱水素酵素の生理的役割
重末奈津江、平田航生、白石泰雅、渡邉翔太、小田真弓、谷川実、西村克史、為我井秀行、加藤千明
第15回極限環境生物学会年会   2014年11月   
Shewanella amazonensis のシトクロムc4の発現系構築と活性測定
緑川亮太、大毛淑恵、寺部智成、三本木至宏、為我井秀行
第15回極限環境生物学会年会   2014年11月   
インド洋深海底泥より単離されたAlcanivorax属細菌
石坂光、能木裕一、山形武靖、永井尚生、為我井秀行
第15回極限環境生物学会年会   2014年11月   
深海脱窒細菌のシトクロム組成と生育圧力の関係
榛村惟、加藤千明、掘越弘毅、為我井秀行
第15回極限環境生物学会年会   2014年11月   
好圧性細菌Shewanella violacea DSS12からのD-アミノ酸脱水素酵素の精製
平田航生、重末奈津江、白石泰雅、渡邉翔太、小田真弓、谷川実、為我井秀行、加藤千明、西村克史
第87回日本生化学会大会   2014年10月   

競争的資金等の研究課題

 
マリアナ海溝に生育していた脱窒細菌のエネルギー代謝と高圧環境適応機構
研究期間: 2014年 - 2017年

特許

 
2004-089151 : L-グルタミン:2-デオキシ-scyllo-イノソースアミノ基転移酵素のポリペプチド、当該ポリペプチドをコードする遺伝子