小野寺 丈尚太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/02 20:55
 
アバター
研究者氏名
小野寺 丈尚太郎
 
オノデラ ジョウナオタロウ
eメール
onoderajjamstec.go.jp
URL
http://www.jamstec.go.jp/res/ress/onoderaj/
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
地球環境観測研究開発センター
職名
主任研究員
学位
修士(理学)(九州大学), 博士(理学)(九州大学)
ORCID ID
0000-0001-6942-2285

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構 地球環境観測研究開発センター 主任研究員
 
2012年10月
 - 
2014年3月
海洋研究開発機構 地球環境変動領域 研究員
 
2010年4月
 - 
2012年9月
海洋研究開発機構 地球環境変動領域 外来研究員(学振PD)
 
2007年4月
 - 
2010年3月
高知大学 海洋コア総合研究センター 研究員
 
2006年10月
 - 
2007年3月
九州大学 理学府 博士研究員(学振PD)
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
信州大学 理学部 地質科学科
 
2001年4月
 - 
2003年3月
九州大学 理学府 地球惑星科学専攻 修士課程
 
2003年4月
 - 
2006年9月
九州大学 理学府 地球惑星科学専攻 博士課程
 

受賞

 
2012年3月
日本海洋学会 岡田賞 西部北太平洋と北極海の珪質植物プランクトン群集と古海洋環境復元に関する研究
 

論文

 
Y. Kato, J. Onodera, I. Suto, A. Teraishi, K. Takahashi, K. Takahashi
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   125-126 29-37   2016年3月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd.Late Pliocene-Pleistocene fossil diatom assemblages from Ocean Drilling Program (ODP) Leg 145 Hole 884B in the western subarctic Pacific were investigated to improve the diatom biostratigraphy. Moreover, the paleoceanographic r...
Shinya Iwasaki, Shinya Iwasaki, Kozo Takahashi, Kozo Takahashi, Yoshiyuki Kanematsu, Hirofumi Asahi, Jonaotaro Onodera, A. C. Ravelo
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   125-126 145-154   2016年3月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd.Site U1341 in the southern Bering Sea was drilled and cored down to 600 meters below sea-floor (mbsf) during Integrated Ocean Drilling Program (IODP) Expedition 323, covering a nearly complete record of the last 4.3 million yea...
Jonaotaro Onodera, Kozo Takahashi, Ryoma Nagatomo
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   125-126 8-17   2016年3月   [査読有り]
© 2013 Elsevier Ltd.The biostratigraphy and datum levels of diatoms, silicoflagellates, and ebridians are presented at Site U1341 drilled by the IODP Expedition 323 on the western slope of Bowers Ridge in the Bering Sea. Identified biostratigraphi...
A. Teraishi, I. Suto, J. Onodera, K. Takahashi
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   125-126 18-28   2016年3月   [査読有り]
© 2013.Integrated Ocean Drilling Program (IODP) Expedition 323 was dedicated to reconstruct the details of the Pliocene-Pleistocene paleoenvironmental conditions of the Bering Sea. In this study, fossil diatom assemblages from Hole U1343E were inv...
Naoya Yokoi, Kohei Matsuno, Mutsuo Ichinomiya, Atsushi Yamaguchi, Shigeto Nishino, Jonaotaro Onodera, Jun Inoue, Takashi Kikuchi
Biogeosciences   13 913-923   2016年2月   [査読有り]
© 2016 Author(s).Recent studies indicate an increase in atmospheric turbulence in the Chukchi Sea due to the recent drastic sea-ice reduction during summer months. The importance of the effects of this atmospheric turbulence on the marine ecosyste...

Misc

 
木元克典, 小野寺丈尚太郎, 西野茂人, 原田尚美, 池上隆仁, 松野孝平, 佐々木理
日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集   2016 52   2016年9月
渡邉英嗣, 小野寺丈尚太郎, 小野寺丈尚太郎, 伊東素代, 西野茂人, 菊地隆
日本海洋学会大会講演要旨集   2016 243   2016年8月
渡邉英嗣, 小野寺丈尚太郎, 小野寺丈尚太郎, 伊東素代, 西野茂人, 菊地隆
日本海洋学会大会講演要旨集   2016 298   2016年3月
藤原周, 西野茂人, 平譯享, 鈴木光次, 小野寺丈尚太郎, 伊藤史紘, 川口悠介, 菊地隆
日本海洋学会大会講演要旨集   2016 191   2016年3月
小野寺丈尚太郎, 小野寺丈尚太郎, TENGBERG Anders, TENGBERG Anders, ATAMANCHUK Dariia, 西野茂人, 渡邉英嗣, 伊東素代, 菊地隆, 小栗一将, 原田尚美
日本海洋学会大会講演要旨集   2016 190   2016年3月

競争的資金等の研究課題

 
西部北極海の海氷減少と海洋渦が生物ポンプに与える影響評価
日本学術振興会: 基盤研究(A)一般
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 小野寺 丈尚太郎
北太平洋、ベーリング海、北極海における植物プランクトン生態系の気候変動への応答
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2012年9月    代表者: 小野寺 丈尚太郎
珪質鞭毛藻およびエブリディアン化石を用いた北極海における第三紀始新世の高解像度古海洋復元
公益財団法人日本科学協会: 笹川科学研究助成金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 小野寺 丈尚太郎
北極海および北太平洋における珪質植物プランクトン群集と古海洋環境復元
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 小野寺 丈尚太郎