坂本 雅典

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/20 19:43
 
アバター
研究者氏名
坂本 雅典
 
サカモト マサノリ
所属
京都大学
学位
理学修士(九州大学), 工学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都大学 
 
 
   
 
筑波大学 数理物質科学研究科 助教
 
2005年
   
 
大阪大学 産業科学研究所 新産業創造物質基盤技術研究センター ソフト材料基盤研究グループ(真嶋哲朗教
 
 
   
 
授) 特任助教
 

学歴

 
 
 - 
2005年
大阪大学 工学研究科 
 
 
 - 
2003年
九州大学 理学部 科学研究科
 

受賞

 
2005年
放射線討論会 ポスター賞
 

論文

 
Photoinduced Carrier Dynamics of Nearly Stoichiometric Oleylamine-protected Copper Indium Sulfide Nanoparticles and Nanodisks
M. Sakamoto, L. Chen, M. Okano, D. M. Tex, Y. Kanemitsu, and T. Teranishi
J. Phys. Chem. C   119 11100-11105   2015年   [査読有り]
Determination of a Localized Surface Plasmon Resonance Mode of Cu7S4 Nanodisks by Plasmon Coupling
L. Chen, M. Sakamoto, R. Sato, and T. Teranishi
Faraday Discuss.   181 355-364   2015年   [査読有り]
Radio-frequency Capacitance Spectroscopy of Metallic Nanoparticles
J. C. Frake, S. Kano, C. Ciccarelli, J. Griffiths, M. Sakamoto, T. Teranishi, Y. Majima, C. G. Smith, and M. R. Buitelaar
Sci. Rep.   5 10858   2015年   [査読有り]
Chemically Assembled Double-Dot Single-Electron Transistors Analyzed by the Orthodox Model Considering Offset Charges
S. Kano, K. Maeda, D. Tanaka, M. Sakamoto, T. Teranishi, and Y. Majima
J. Appl. Phys.   (118) 134304(1-6)   2015年   [査読有り]
Light as a Construction Tool of Metal Nanoparticles: Synthesis and Mechanism (Review)
M. Sakamoto, M. Fujitsuka, and T. Majima
J. Photochem. Photobiol. C, 10, 33-56      2009年   [査読有り]

Misc

 
ポルフィリン平面配位金クラスターにおける高速光電子移動
坂本 雅典 ,田中大介、寺西利治
日本化学会第93春季年会(2013) ,慶應義塾大学 日吉キャンパス、矢上キャンパス      2012年3月   [査読有り]
Ultrafast Charge Separation/Recombination of Porphyrin Face-Coordinated Au Cluster
坂本 雅典 ,田中大介、寺西利治
IACIS ,仙台国際センター      2012年5月   [査読有り]
Size Control of Gold Nanoparticles Using Rigid Bidentate Ligands
坂本 雅典 ,田中大介、寺西利治
Gold2012 ,京王プラザホテル      2012年9月   [査読有り]
ZnS-Auヘテロ接合ナノ粒子の合成とそのキャリアダイナミクスの解明
坂本 雅典 ,池田 飛展・古部 昭広・寺西 利治
光化学討論会 ,東京工業大学 大岡山キャンパス      2012年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
ポルフィリン平面配位金クラスターにおける高速光電子移動
日本化学会第93春季年会(2013)   2012年3月26日   慶應義塾大学 日吉キャンパス、矢上キャンパス
Ultrafast Charge Separation/Recombination of Porphyrin Face-Coordinated Au Cluster
IACIS   2012年5月16日   
Size Control of Gold Nanoparticles Using Rigid Bidentate Ligands
Gold2012   2012年9月7日   
ZnS-Auヘテロ接合ナノ粒子の合成とそのキャリアダイナミクスの解明
光化学討論会   2012年9月14日   東京工業大学 大岡山キャンパス

競争的資金等の研究課題

 
2波長2レーザーを用いた三次元光加工技術の開発
補助金
研究期間: 2007年 - 2008年
フレキシブル材料の三次元加工は電子機器の高機能、小型、軽量化等の機能向上のうえで欠くことのできない重要な技術と考えられている。
私は、独自の原理に基づいた三次元光加工技術を研究している。この技術は2つのレーザーの交点において有機分子を段階励起して不安定化学種の励起状態を作成し、その光化学反応によって金属ナノ粒子を形成するというものである。交点を動かすことによって媒体中に自在に金属ナノ粒子を作成することができる他、レーザー強度を調整することにより、空孔やトンネルを作成することができる。
金クラスターの成長過程および光反応性の研究
金クラスターは発光や触媒活性等の様々な有益な性質を示し、多くの注目を集めている。しかしながら、不安定な金属クラスターの合成は困難であり、その方法は限られていた。
私は高分子薄膜中で金イオンを光化学的に還元することによって、直径2 nm以下の金クラスターを選択的に合成することに成功した。また、単一分子蛍光顕微鏡を用いて金クラスターの形成過程および反応性をその場観測することにより、クラスターの成長過程に関する知見を得ることに成功した。同時に高分子中で作成された金クラスターの励起状態が酸素に対し...

特許

 
金属ナノ粒子、金属ナノ線、金属ナノコンポジットの作成方法
特願2005-231923
金属ナノ粒子の高速、高効率生成法
特願2005-234392
媒体中に二つまたは複数の金属からなる合金もしくはコアシェル等の多様な構造を持つ金属ナノ粒子を形成する方法
特願2005-372786
金属ナノ粒子の形成方法
特願 2006-121694
媒体中に金属ナノ粒子を形成する方法
特願 2007-28166.