島 典広

J-GLOBALへ         更新日: 13/04/02 18:40
 
アバター
研究者氏名
島 典広
 
シマ ノリヒロ
URL
https://www.researchgate.net/profile/Norihiro_Shima/
所属
東海学園大学
部署
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科
職名
准教授
学位
博士(医学)(名古屋大学), 修士(体育)(大阪体育大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東海学園大学 スポーツ健康科学部 准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東海学園大学 人間健康学部 准教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東海学園大学 人間健康学部 助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
鹿屋体育大学 体育学部 助教
 
2003年1月
 - 
2007年3月
鹿屋体育大学 体育学部 助手
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
名古屋大学大学院 医学研究科 健康社会医学専攻 健康増進運動科学講座
 
1997年1月
 - 
1997年12月
The University of Western Ontario  Graduate School of Kinesiology (Exchange program) 
 
1995年4月
 - 
1998年3月
大阪体育大学大学院 体育学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
天理大学 体育学部 体育学科
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
愛知県みよし市  保健対策推進協議会
 
2011年
 - 
現在
日本トレーニング指導者協会  調査・研究委員会
 

受賞

 
2009年
トレーニング科学研究賞(日本トレーニング科学会)
 

Misc

 
Shima Norihiro
Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc   2012 5607-5609   2012年8月   [査読有り]
高石 鉄雄, 島 典広, 冨岡 徹, 西井 匠, 鋤柄 悦子, 坂野 睦, 本多 智美, 松浦 美緒, 木谷 亜耶, 石原 健吾, 脊山 洋右
日本生理人類学会誌   17(2) 73-81   2012年5月   [査読有り]
高石 鉄雄, 鋤柄 悦子, 島 典広, 冨岡 徹, 西井 匠
日本生理人類学会誌   17(2) 83-93   2012年5月   [査読有り]
天野 雅斗, 島 典広
東海学園大学研究紀要. 自然科学研究編   0(17) 3-10   2012年3月   [査読有り]
金 興烈, 黒須 雅弘, 島 典広
東海学園大学研究紀要. 自然科学研究編   0(17) 25-37   2012年3月
安藤 佳代子, 桜井 伸二, 島 典広
東海学園大学研究紀要. 自然科学研究編   0(17) 127-133   2012年3月   [査読有り]
島 典広
体育の科学   62(1) 20-23   2012年1月   [依頼有り]
小川 まどか, 島 典広, 太田 洋一, 河端将司, 図子浩二
Journal of training science for exercise and sport   24(1) 69-75   2012年   [査読有り]
菅野昌明,島 典広,長谷川 裕,江橋 博
日本健康体力栄養学会誌   15(2) 14-22   2010年12月   [査読有り]
安藤 佳代子,島 典広
東海学園大学研究紀要, 自然科学研究編   16 3-8   2011年3月   [査読有り]
金 興烈,岡本敦, 島典広
東海学園大学研究紀要, 自然科学研究編   16 25-37   2011年3月   [査読有り]
Otsuka Y, Shima N, Ohta Y,Yabe K
International Journal of Sport and Health Science   9 49-53   2011年   [査読有り]
Ohta Y, Shima N, Yabe K
Journal of Electromyography and Kinesiology   20(5) 1007-1013   2010年10月   [査読有り]
島典広,安藤佳代子,新海宏成,岡本敦
東海学園大学紀要 人文学・健康科学研究編   15(B) 183-188   2010年3月   [査読有り]
Ohta Y, Shima N, Yabe K.
Journal of Biomechanics   43(5) 998-1001   2010年   [査読有り]
Kawabata M, Shima N, Hamada H, Nakamura I, Nishizono H.
European Journal of Applied Physiology   109(2) 279-286   2010年
Ohta Y, Shima N, Yabe K.
Journal of Electromyography and Kinesiology   19(3) E154-E161   2009年   [査読有り]
河端 将司, 加賀谷 善教, 島 典広, 西薗 秀嗣
体力科學   57(2) 225-233   2008年4月   [査読有り]
Otsuka Y, Shima N, Moritani T, Okuda K, Yabe K
European Journal of Applied Physiology   104(1) 75-78   2008年   [査読有り]
前川 亮子, 島 典広, 山本 正嘉
ウォーキング研究   (11) 239-246   2007年
Ohta Y, Shima N, Yabe K
International Journal of Sport and Health Science   5 63-70   2007年   [査読有り]
Cao ZB, Maeda A, Shima N, Kurata H, Nishizono H.
Journal of Physiological Anthropalogy   26(3) 325-332   2007年   [査読有り]
Shima N, McNeil CJ, Rice CL.
Muscle & Nerve   35(3) 371-378   2007年   [査読有り]
Cao ZB, Maeda A, Shima N, Kurata H, Nishizono H.
International Journal of Sport and Health Science   5 147-156   2007年   [査読有り]
Shima N, Rice CL, Ota Y, Yabe K.
European Journal of Applied Physiology   96(1) 17-23   2006年   [査読有り]
宮村 實晴, 石田 浩司, 片山 敬章, 島 典広, 松尾 宏, 佐藤 耕平
東海学園大学研究紀要. 人文学・健康科学研究編   10 45-56   2005年3月
前川 亮子, 島 典広, 山本 正嘉
ウォーキング研究   (9) 187-194   2005年
Shima N, Maeda A, Hirohashi K.
International Journal of Sports Medicine   26(6) 476-480   2005年   [査読有り]
Miyamura M, Ishida K, Katayama K, Shima N, Matsuo H, Sato K
The Japanese Journal of Physiology   54(5) 499-503   2004年10月   [査読有り]
Miyamura M, Ishida K, Katayama K, Sato Y, Morotome Y, Shima N, Matsuo H, Sato K
The Japanese Journal of Physiology   53(1) 17-24   2003年2月   [査読有り]
Maeda A, Shima N, Nishizono H, Kurata H, Higuchi S, Motohashi Y.
Journal of Physiological Anthropalogy and Applied Human Science   22(6) 279-283   2003年   [査読有り]
Tsuruike M, Koceja DM, Yabe K, Shima N.
Clinical Neurophysiology   114(5) 945-953   2003年   [査読有り]
Katayama K, Sato Y, Shima N, Qiu JC, Ishida K, Mori S, Miyamura M
European Journal of Applied Physiology   87 187-191   2002年6月   [査読有り]
Takaishi T, Sugiura T, Katayama K, Sato Y, Shima N, Yamamoto T, Moritani T.
Medicine and Science in Sports and Exercise   34(4) 520-528   2002年3月   [査読有り]
Shima N, Ishida K, Katayama K, Morotome Y, Sato Y, Miyamura M.
European Journal of Applied Physiology   86(2) 287-294   2002年   [査読有り]
Katayama K, Shima N, Sato Y, Qiu J, Ishida K, Mori S, Miyamura M
High Altitude Medicine & Biology   2(4) 501-508   2001年12月   [査読有り]
Katayama K, Sato Y, Morotome Y, Shima N, Ishida K, Mori S, Miyamura M
Journal of Applied Physiology   90(4) 1431-1440   2001年4月   [査読有り]
Miyamura M, Ishida K, Katayama K, Sato Y, Shima N
Adv Exp Med Biol   499 357-362   2001年   [査読有り]
島典広, 廣橋賢次, 矢部京之助
関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   11 5-6   2001年   [査読有り]
Katayama K, Sato Y, Morotome Y, Shima N, Ishida K, Mori S, Miyamura M
Journal of Applied Physiology   88(4) 1221-1227   2000年4月   [査読有り]
Lazowski DA, Ecclestone NA, Myers AM, Paterson DH, Tudor-Locke C, Fitzgerald C, Jones G, Shima N, Cunningham DA.
Journal of Gerontology: MEDICAL SCIENCES   54(12) M621-M628   1999年   [査読有り]
島典広, 上勝也
大阪体育大学紀要   28, 51-60    1997年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Relationship of muscle fatigue and muscle activity on functional performance tasks in older adults
7th World Congress on Aging and Physical Activity   2008年   
Effect of postactivation potentiation on endurance time in the dorsiflexors
13th Annual Congress of the European College of Sport Science   2008年   
異なる等張性の筋収縮様式および負荷強度が血圧応答に及ぼす影響
日本体育学会第58回大会   2007年   
Mechanomyographic and electromyographic responses to maximal concentric contractions of dorsiflexors in young and old men
American College of Sports Medicine 54th Annual Meeting   2007年   
活動後増強による筋パワー向上効果
第19回日本バイオメカニクス学会大会   2006年   
Mechanomyographic and electromyographic responses to intermittent voluntary fatigue in human dorsiflexors
American College of Sports Medicine 53rd Annual Meeting   2006年   
後期高齢者の活動後増強からみた筋収縮特性
第13回日本運動生理学会大会   2005年   
Blood pressure response on different muscle contraction type and angular velocity.
2005 NSCA National Conference   2005年   
異なる筋収縮様式・角速度での等速性運動が血圧応答に及ぼす影響
第59回日本体力医学会大会   2004年   
神経筋機能からみたトレーニング効果の評価法
第18回日本バイオメカニクス学会大会   2004年   
Cross education of muscular strength during unilateral resistance training in older adults.
6th World Congress on Aging and Physical Activity   2004年   
最大筋力発揮後のH反射に及ぼす関節角度の影響
第54回日本体育学会大会   2003年   
短距離疾走能力と股関節筋力発揮特性との関係
第11回日本運動生理学会大会   2003年   
運動習慣のある頚髄損傷者の動脈のスティフネス
第12回日本車椅子スポーツ研究集会   2003年   
最大筋力発揮後のTwitch Potentiationに及ぼす関節角度の影響
第53回日本体育学会大会   2002年   
脈波伝播速度からみた陸上長距離選手の特徴
第57回日本体力医学会大会   2002年   
筋音図法を用いた神経刺激によるTwitch Potentiationの分析
第17回日本バイオメカニクス学会大会   2002年   
車椅子スポーツ選手の血管径および血流量の特性
第11回日本車椅子スポーツ研究集会   2002年   
等尺性最大筋力の規定要因に関する電気生理学的研究
東海体育学会第47回大会   1999年   
筋力トレーニングがTwitch Potentiationに及ぼす影響
日本運動生理学会第7回大会[日本体育学会第50回記念大会]   1999年   
第54回日本体力医学会大会   1999年   
Muscular cross education based on voluntary activation and contractile properties during unilateral strength training and detraining.
European College of Sports Science 4th Annual Congress   1999年   
The effect of athletes’ mechanically stable ankle joints on the latency of peroneal muscles
American College of Sports Medicine 45th Annual Meeting   1998年   
An assessment protocol for older adults participating in community physical activity programs
Canadian Society for Exercise Physiology 5th Annual Meeting   1997年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
活動後増強による筋力・筋パワー向上効果
2005年
腰部サポーターが身体に及ぼす効果について
2007年
人工芝の種類が身体・筋機能に及ぼす影響
2008年