高田 達之

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 02:53
 
アバター
研究者氏名
高田 達之
 
タカダ タツユキ
所属
立命館大学
部署
薬学部創薬科学科
職名
教授
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学立命館大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
東北大学大学院 農学研究科 
 

論文

 
Yoshinori Okamoto, Naoko Yoshida, Toru Suzuki, Nobuhiro Shimozawa, Maki Asami, Tomonari Matsuda, Nakao Kojima, Anthony C. F. Perry & Tatsuyuki Takada
Sci. Rep.   6:19134    2016年1月
Higaki S., Shimada M., Koyama Y., Fujioka Y., Sakai N., Takada T.
In Vitro Cell Dev Biol Anim.   51 763-768   2015年
Okamoto Y, Tobe T, Ueda K, Takada T, Kojima N
J. Toxicol. Sci.   40(2) 235-242   2015年
PRDM14 promotes active DNA demethylation through the Ten-eleven translocation (TET) mediated base excision repair pathway.
Okashita N., Kumaki Y., Ebi K., Nishi M., Okamoto Y., Nakayama M., Hashimoto S., Nakamura, T., Sugasawa K., Kojima K., Takada T.,Okano M., and *Seki, Y.
Development   (141) 269-280   2014年
Effects of genistein, kaempferol and daidzein on neural differentiation of mouse embryonic stem cells.
Okamoto Y., Ushida M., Taniguchi Y., Takada T., Kojima N.
J. Res. Inst. Meijo Univ.   12 81-90   2013年

書籍等出版物

 
遺伝子発現の制御を測定する新手法
岡本誉士典、高田達之
化学   2016年7月   
多機能細胞から脂肪細胞への運命決定メカニズム
The lipid, 19, 13-18 (2008)   2008年   
カニクイザルES細胞とその遺伝子改変ザル作製への利用
バイオインダストリー   2005年   

講演・口頭発表等

 
琵琶湖固有魚のin vitro精子分化系を用いた化学物質の影響解析
第19回日本内分泌撹乱化学物質学会   2016年12月8日   
琵琶湖固有種ホンモロコ(Gnathopogon caerulescens)における雌雄生殖細胞低温保存の試み
第109回日本繁殖生物学会   2016年9月12日   
マウス初期胚におけるDNAメチル化動態の定量解析
第109回日本繁殖生物学会   2016年9月12日   
生殖細胞特異的にVenusを発現する琵琶湖固有種ホンモロコ(Gnathopogon caerulescens)作出の試み
平成28年度日本水産学会秋季大会   2016年9月10日   
幹細胞生物学を利用した固有魚種保存と環境科学研究
鹿児島大学大学院連合農学研究科、分野別セミナー   2016年2月29日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ES, iPS細胞を用いた環境バイオセンサーの開発
科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成21年度「シーズ発掘試験A(発掘型)」
研究期間: 2009年 - 2009年