東 昇

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/22 18:56
 
アバター
研究者氏名
東 昇
 
ヒガシ ノボル
所属
京都府立大学
部署
文学部 歴史学科
職名
准教授
学位
史学修士(京都府立大学), 博士(比較社会文化)(九州大学)

プロフィール

文化情報学という新しい分野を広げています。歴史、文化遺産、アーカイブズ、博物館、情報など様々なテーマを考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
2002年
 愛媛県歴史文化博物館 学芸員
 
2002年
 - 
2008年
 九州国立博物館 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年
九州大学 比較社会文化研究科 日本社会文化
 
 
 - 
1996年
京都府立大学 文学研究科 史学
 
 
   
 
岡山大学 文 史学
 

書籍等出版物

 
東 昇
吉川弘文館   2016年3月   ISBN:4642034730
幕府領、肥後国高浜村の庄屋上田家伝来の古文書を分析。寛政~明治期にいたる庄屋日記に着目し地域情報という新視点から村社会を追究
東 昇
交隣舎出版企画   2014年4月   ISBN:4990687078
長野仁・東昇 (担当:共著)
国書刊行会   2007年5月   ISBN:4336048460
舞鶴幼稚園130年のあゆみ-受けつぐ文化遺産-
東 昇 (担当:編者)
京都府立大学文学部歴史学科文化情報学研究室、舞鶴市立舞鶴幼稚園創立130周年実行委員会   2014年10月   
京都地域情報・文化遺産データベースの展開・活用-「郡村誌」の地図化と二ノ瀬・岡崎を事例に-
東 昇 (担当:編者)
京都府立大学文学部歴史学科文化情報学研究室   2014年3月   
東 昇 (担当:編者)
京都府立大学文学部歴史学科文化情報学研究室   2013年3月   
東 昇, 竹中 友里代 (担当:共編者)
京都府立大学文学部歴史学科   2011年3月   
東 昇, 竹中 友里代 (担当:共編者)
京都府立大学文学部歴史学科   2010年3月   
東 昇 (担当:編者)
京都府立大学文学部歴史学科   2009年4月   
東 昇, 桜井 久次郎 (担当:編者)
大洲史談会   2000年   

Misc

 
対馬藩における文化九年「毎日記」の引用・書き分けと職務
東 昇
幕藩政アーカイブズの総合的研究   225-246   2015年2月
山城国相楽郡湯船村の近世・近代山論絵図群
東 昇
和束地域の歴史と文化遺産   47-65   2015年3月
近世石清水八幡宮の神人文書と文書認識―分散管理と情報共有の視点から
東昇
国文学研究資料館編『アーカイブズの構造認識と編成記述』   319-344   2014年3月
「温故集」の編纂と大洲藩士
東 昇
温古   (37) 5-14   2015年3月   [依頼有り]
明治前期下鴨村における歴史・神社・古跡・名勝の記録-明治16年「郡村誌」調査-
東 昇
京都名所記の誕生-京都府立総合資料館所蔵古典籍活用と「国際京都学」へのアプローチ   38-40   2015年3月
京都地域情報・文化遺産データベースの展開と活用−「郡村誌」と愛宕郡統計地図−
東昇
アクター成果報告書『京都地域情報・文化遺産データベースの展開・活用−「郡村誌」の地図化と二ノ瀬・岡崎を事例に−』   1-9   2014年3月
東 昇
京都府立大学学術報告. 人文   (65) 105-124   2013年12月
東 昇
アート・ドキュメンテーション研究   (20) 37-48   2013年3月   [査読有り]
災害における資料救済と資料所在情報 −「歴史資料保存ネット・わかやま」の活動を通して−
東昇
『熊野の信仰と景観』   24-29   2013年
地域環境史誌編纂と地域情報データベースの事例
東昇
GEO-COMMUNICATION Working Paper   (7)    2013年
天草信仰関係史料集・海外文献史料集編集、解説編
東昇
天草市教育委員会編『崎津・今富の集落調査報告書』史料編   162   2013年
天草における潜伏キリシタンの実態
東昇
天草市教育委員会編『崎津・今富の集落調査報告書』集落編   30-42   2013年
京都地域情報・文化遺産データベースの企画−目録データと歴史資料−
東昇
アクター成果報告書『京都地域情報・文化遺産データベースの企画・展開・活用−明治期の「郡村誌」と近世村町別文書一覧−』   1-27   2013年
市辺天満宮の石燈籠と万暦礎の掟
東昇
『城陽市域の地域文化遺産−神社・街道の文化遺産と景観−』   61-62   2013年
近代における青谷地区の梅栽培と梅林の歴史形成―城陽地域の「村誌」編纂と物産―
東昇
『城陽市域の地域文化遺産−神社・街道の文化遺産と景観−』   264-274   2013年
城陽地域の「村誌」の情報化
東昇
『城陽市域の地域文化遺産−神社・街道の文化遺産と景観−』   275-304   2013年
東 昇
京都府立大学学術報告. 人文   64 127-150   2012年12月
藩の産物調査と土産・名物・献上
東昇
水本邦彦編『環境の日本史4 人々の営みと近世の自然』   223-245   2012年
近世村落行政における地域情報と庄屋日記 ―肥後国天草郡高浜村上田家を事例に―
東昇
松原弘宣・水本邦彦編『日本史における情報伝達』   188-223   2012年
Seashore Villages in Amakusa: Takahama and Sakitsu. A Comparative Study of Population Registers and Disaster Management in the 19th Century, Kyushu, Japan.
村山聡・東昇
Populazione e Storia   (1)    2012年   [査読有り]

委員歴

 
2014年5月
 - 
現在
津山市  津山市史執筆者
 
2012年
 - 
現在
天草市崎津・今富集落調査報告書調査員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
長崎県宗家文庫史料絵図類等調査委員会
 

講演・口頭発表等

 
明治期の郡村誌 京都と長崎
東昇
数理地理モデリング研究会   2015年3月17日   数理地理モデリング研究会
堂奥の現地調査と区有文書調査でみえてきたこと
東昇
舞鶴堂奥現地調査報告会   2015年3月1日   舞鶴市教育委員会・京都府立大学文学部歴史学科
対馬宗家と安徳天皇陵
東昇
国境の島 対馬市民総ガイド化計画   2015年2月22日   
「海が道だったころの物語」〜天草の南蛮文化 崎津編〜
東昇
歴史講演会   2015年1月13日   天草市商工会天草支部
安徳天皇陵の謎に迫る
東昇
朝日カルチャー公開講座   2014年12月13日   朝日カルチャー京都
舞鶴幼稚園130年のあゆみ−文化遺産を伝えるために−
東昇
舞鶴市立舞鶴幼稚園130周年記念式典講演   2014年11月1日   舞鶴市教育委員会
19世紀前期肥後国天草郡における疱瘡流行と対策
東昇
数理地理モデリング研究会   2014年10月11日   数理地理モデリング研究会
天草は昔、海が道だった アルメイダと高浜村の船商売
東昇
歴史講演会   2014年8月27日   天草市商工会天草支部
江戸時代の家族とキリシタン−宗門改帳から読み解く−
東昇
京都スカイ大学   2014年6月3日   京都スカイ大学
近世・近代の久世郡の村と産物 明治17年の「久世郡村誌」
東昇
入門宇治地域学 歴史発見   2014年5月17日   宇治市民大学
青谷の梅林と城陽の産物
東昇
城陽・青谷の文化遺産と歴史−京都府立大学の地域研究の報告会−   2014年3月9日   京都府立大学文学部歴史学科
近世の庄屋日記と地域情報−天草郡高浜村上田宜珍の記録−
東昇
例会テーマ「史料の生成を考える」   2013年12月14日   日本史研究会
対馬宗家の文書管理と収納別検索 −文書管理史研究とデータベース
東昇
第3回秋季研究発表会   2010年   アート・ドキュメンテーション学会
九州国立博物館の情報とミュージアム・ドキュメンテーション
東昇
第17回アート・ドキュメンテーション学会年次大会   2006年   アート・ドキュメンテーション学会
九州国立博物館の情報提供と活用の実際
東昇
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター   2006年   
Religious registration in pre-modern Japan
東昇
European Social Science History ConferenceEuropean Social Science History 5   2004年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
対馬宗家文書の世界
九州国立博物館(東 昇)   Webサービス   2006年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 東 昇
近代移行期における地域情報とその蓄積過程に関する比較制度研究「
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 村山聡
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 東 昇
本研究では近世日本における宗門改制度の意味と役割について検討した。本研究課題は,近世を通じて,全国で,ほぼすべての人々が共通に経験した唯一の制度といえる宗門改制度が,幕藩体制の中でどのような意義を持つか分析するものである。昨年度に引き続き,最大のキリスト教信者が存在した九州地域を中心に資料調査を実施した。長崎歴史文化博物館をはじめ,九州大学附属図書館記録資料館九州文化史研究部門,九州大学付属図書館六本松分館檜垣文庫,天草アーカイブズ,西南学院大学博物,八代市博物館,大村市立史料館,奄美市立...

社会貢献活動

 
京都地域情報・文化遺産データベースの展開と活用
【報告書執筆】  2013年5月 - 2014年3月
京都地域情報・文化遺産データベースの企画・展開・活用
【報告書執筆】  2012年5月 - 2013年3月
城陽市域の地域文化遺産
【報告書執筆】  2011年5月 - 2013年3月
丹後・宮津の街道と信仰
【報告書執筆】  2011年5月 - 2012年3月
八幡地域の古文書・石造物・景観
【報告書執筆】  2010年5月 - 2011年3月
八幡地域の古文書と石清水八幡宮の絵図
【報告書執筆】  2009年5月 - 2010年3月
南山城・宇治地域を中心とする歴史遺産・文化的景観の研究
【報告書執筆】  2008年5月 - 2009年3月