鶴 宏史

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 14:50
 
アバター
研究者氏名
鶴 宏史
 
ツル ヒロフミ
所属
武庫川女子大学
部署
文学部 教育学科
職名
准教授
学位
修士(社会福祉学)(旧大阪府立大学), 博士(社会福祉学)(大阪府立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
武庫川女子大学 文学部教育学科 准教授
 
2002年5月
 - 
2003年3月
近畿大学豊岡短期大学通信教育部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年9月
頌栄短期大学専攻科 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2009年3月
神戸親和女子大学発達教育学部福祉臨床学科 講師
 
2003年4月
 - 
2010年9月
桃山学院大学社会学部社会福祉学科 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2010年9月
常磐会短期大学幼児教育科 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2013年3月
帝塚山大学現代生活学部こども学科 講師
 
2013年9月
 - 
2016年3月
同志社女子大学 現代社会学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2001年
大阪府立大学 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻
 
 
 - 
2010年
大阪府立大学 人間社会学研究科 社会福祉学専攻
 
 
 - 
1999年
大阪府立大学 社会福祉学部 
 

論文

 
保育者の保育困難感の背景と保育者支援の視点に関する研究
寺見陽子・春豊子・山口照代・鶴宏史
神戸松蔭女子学院大学教職支援センター年報   (2) 51-58   2017年8月
保育所を利用する保護者が保育士に悩みを相談する条件-保護者へのインタビューを通して-
鶴宏史・中谷奈津子・関川芳孝
教育学研究論集(武庫川女子大学大学院文学研究科教育学専攻)   (12) 31-38   2017年3月   [査読有り]
写真を用いた園内研修の方法-武庫川女子大学附属保育園の取り組み-
鶴宏史・大槻伸子・大中美咲
学校教育センター年報(武庫川女子大学学校教育センター)   (2) 135-140   2017年3月   [査読有り]
保育所における生活課題を抱える保護者への支援の課題-保育ソーシャルワーク研究の文献レビューを通して-
鶴宏史・中谷奈津子・関川芳孝
教育学研究論集(武庫川女子大学大学院文学研究科教育学専攻)   (11) 1-8   2016年3月   [査読有り]
障がい児保育における保育所と保護者・専門機関の連携のあり方-事例研究を通して
田村みどり・堀千代・鶴宏史
常磐会短期大学紀要   (43) 83-92   2015年3月   [査読有り]
保育所における生活課題を抱える保護者への支援―保護者支援・保護者対応に関する文献調査から―
中谷奈津子・鶴宏史・関川芳孝
大阪府立大学紀要(人文・社会科学)   63 35-45   2015年3月
DVDを用いた子どもとのかかわり記録作成の効果Ⅱ
清水益治・小椋たみ子・鶴宏史・松尾純代
帝塚山大学現代生活学部紀要   (10) 123-137   2014年2月
障害児保育の専門性の向上を目指した研修型コンサルテーションに関する基礎的研究-一自治体の事例研究を通して
鶴 宏史
帝塚山大学現代生活学部紀要   (9) 93-103   2013年2月
DVDを用いた子どもとのかかわり記録作成の効果
清水益治・小椋たみ子・松尾純代・鶴宏史
帝塚山大学現代生活学部紀要   (9) 53-64   2013年2月
保育教材に関する一考察-視覚障がいのある子どもと絵本との出会いから保育教材を考える
礒沢淳子・堀千代・鶴宏史・唐戸清美・曽田満子
常磐会短期大学紀要   (40) 23-33   2012年3月
保育所・幼稚園における巡回相談に関する研究動向
鶴宏史
帝塚山大学現代生活学部紀要   (8) 113-126   2012年2月
3歳未満児のままごと場面、読み聞かせ場面での保育士の働きかけ行動
小椋たみ子・清水益治・鶴宏史・南憲治
帝塚山大学現代生活学部紀要   (8) 47-62   2012年2月
保育所における保育課程作成に関する研究
清水益治・小椋たみ子・鶴宏史・南憲治
帝塚山大学現代生活学部紀要   (7) 117-132   2011年2月
3歳未満児の「言葉の領域」についての保育士の信念
小椋たみ子・清水益治・鶴宏史・南憲治
帝塚山大学現代生活学部紀要   (7) 95-116   2011年2月
障害のある子どもと家族への支援に関する一考察
鶴宏史
神戸親和女子大学福祉臨床学科紀要   (7) 51-58   2010年
保育領域における家族援助の視座
鶴宏史
神戸親和女子大学福祉臨床学科紀要   (6) 49-61   2009年
保育所とソーシャルワーク;今後の課題
鶴宏史
兵庫社会福祉士   (10) 110-119   2009年
アメリカにおける保育者の倫理綱領の策定過程に関する研究-我が国の保育領域の専門職倫理研究および実践の課題
鶴宏史
神戸親和女子大学研究論叢   (41) 109-120   2008年
はじめての実習における保育援助についてⅡ-保育所実習と施設実習の比較を通して-
田中千恵・鶴宏史
神戸親和女子大学児童教育学研究   (27) 40-49   2008年
Special Needs Care and Training System for the Children in their preschool years with Developmental Disabilities:Support System and Roles of "Frontline" in the Province of British Columbia
Naoka ONO , Hirofumi TSURU , Tadashi ANDOH
Bulletin of Social Welfare Kobe Shinwa Women's University   (5) 27-37   2008年
SNSを用いた保育士・幼稚園教諭養成のためのオンライン学習支援コミュニティの構築と運用
太田和志・中植正剛・鴨谷真知子・鶴宏史
情報コミュニケーション学会誌   3(2) 25-28   2008年   [査読有り]
女子大学生の代理懐胎に対する意識-代理懐胎を支持する根拠と反対する根拠-
鶴宏史
神戸親和女子大学児童教育学研究・教育専攻科紀要   (26/11(合併号)) 153-171   2007年
社会・家族の変化と子どもの社会性発達
鶴宏史・安藤忠
福祉臨床学科紀要   (4) 61-70   2007年
家族政策研究(その1)-家族政策の概念と今後の課題に関する考察-
鶴宏史
『神戸親和女子大学教育専攻科紀要』   (10) 33-41   2006年
保育ソーシャルワークの実践モデルに関する考察(その1)-保育ソーシャルワーク試論(3)-
鶴宏史
『神戸親和女子大学福祉臨床学科紀要』   (3) 65-78   2006年
保育現場におけるリスクマネジメントに対する職員の意識強化に関する試論
前田佳代子・鶴宏史
『神戸親和女子大学福祉臨床学科紀要』   (3) 99-107   2006年
非言語的コミュニケーションの学習-他者の観察を通して何を学ぶのか-
鶴宏史
『神戸親和女子大学教育専攻科紀要』   (9) 69-82   2005年
子どもの自発性を重視した障害児保育実践-家族・他機関との連携を視野に入れた事例-
鶴宏史
『神戸親和女子大学児童教育学研究』   (24) 30-48   2005年
子育て支援における援助初期の面接技法に関する考察(事例編)-保育ソーシャルワーク試論(2)-
鶴宏史
神戸親和女子大学福祉臨床学科紀要   (2) 55-65   2005年3月
生殖医療をめぐる議論と課題-生殖補助医療(技術)を中心に-
鶴宏史
神戸親和女子大学教育専攻科紀要   (8) 19-29   2004年3月
統合保育における応用行動分析の適用-不適応行動の改善事例-
鶴宏史
神戸親和女子大学児童教育学研究   (23) 49-60   2004年3月
子育て支援における援助初期の面接技法に関する考察-保育ソーシャルワーク試論(1)-
鶴宏史
神戸親和女子大学福祉臨床学科紀要   (創刊号) 49-56   2004年3月
親の障害児受容に関する一考察-「段階モデル」およびその批判研究のレビューを中心に-
鶴宏史
オープン・カレッジ研究   (2) 203-214   1999年11月

Misc

 
子育て支援員研修に係る「指導略案」及び「標準的な履修・指導内容の教材例」
一般社団法人教育支援人材認証協会
平成27年度厚生労働省委託事業「子育て支援員研修の充実等に関する調査研究事業報告書」      2016年3月
本報告は、厚生労働省の「子育て支援員研修の研修内容の留意点について」から標準的な履修・指導内容を整理し、講義のポイントをまとめた指導略案と、標準的な履修・指導内容のモデルを調査研究したものである。筆者は、地域子育て支援コースの利用者支援事業(基本型)の「地域資源の把握」「地域資源の概要」を担当した(203~204、209~212頁)
倫理と保育者(第2版) 第3章(資料解題)
鶴 宏史
教育学研究論集(武庫川女子大学大学院文学研究科教育学専攻)   (11) 57-64   2016年3月
全米乳幼児教育協会(NAEYC)倫理綱領および責任声明(2005年改訂版 2011年更新版)(資料解題)
鶴 宏史
教育学研究論集(武庫川女子大学大学院文学研究科教育学専攻)   (9)    2014年5月
スウェーデンのカリキュラム―現在の就学前保育システムの目標(OECD(2004)『5つの保育カリキュラムの概要』より)(翻訳)
泉千勢監訳,三ツ石行宏・林悠子・鶴宏史
社会問題研究   57(2) 179-187   2008年
アメリカの保育者の倫理綱領および責任声明-全米乳幼児教育協会(NAEYC)の公式声明(2005年改訂版)-(翻訳)
鶴宏史
社会問題研究   57(1) 179-197   2007年

書籍等出版物

 
子育て支援員研修テキスト
一般社団法人教育支援人材認証協会監修、子育て支援員研修テキスト刊行委員会編集 (担当:分担執筆, 範囲:「対人援助の価値と倫理」「地域資源の概要」「地域資源の把握」(36-40、166-168、175-178頁))
中央法規   2017年9月   
社会福祉
倉石哲也・小崎恭弘編 (担当:共著, 範囲:「社会福祉と子ども家庭福祉」「社会福祉の制度と実施体制」)
ミネルヴァ書房   2017年7月   ISBN:978-4-623-07927-8
実践を創造する 保育原理
豊田和子編 (担当:共著, 範囲:「保育の基本」)
みらい   2016年3月   ISBN:978-4-86015-364
保育者論
矢藤誠慈郎・天野珠路編 (担当:共著, 範囲:「保育者の役割」「保育士の倫理」)
中央法規   2015年9月   ISBN:978-4-8058-5207-1
よくわかる家庭支援論 第2版
橋本真紀・山縣文治編 (担当:分担執筆, 範囲:「家庭支援における保育者の役割」「家庭支援における保育者の倫理」「家庭支援の対象」)
ミネルヴァ書房   2015年4月   ISBN:978-4-6230-7342-9
保育ソーシャルワークの世界-理論と実践-
日本保育ソーシャルワーク学会編 (担当:共著, 範囲:「保育ソーシャルワークの価値と倫理」)
晃洋書房   2014年11月   ISBN:978-4-7710-2585
保育現場で役立つ相談援助・相談支援
西尾祐吾監修、立花直樹・安田誠人編 (担当:分担執筆, 範囲:第2編第1部第2章「保育の特質と保育者の専門性を生かした支援」(140‐146頁))
晃洋書房   2013年4月   ISBN:978-4-7710-2439-7
子育ち・子育て支援学
寺見陽子編著 (担当:分担執筆, 範囲:39-40頁,131-140頁)
保育出版社   2011年   ISBN:978-4-93879593-1
保育における相談援助・相談支援-いま保育者に求められるもの
西尾祐吾監修、安田誠人・立花直樹編 (担当:分担執筆, 範囲:第2編第1部第2章「保育の特性と保育者の専門性を生かした支援」(124-130頁))
晃洋書房   2011年   ISBN:978-4-7710-2266-9
保育の心理学Ⅱ
無藤隆・清水益治編 (担当:分担執筆, 範囲:第11章「基本的生活習慣の獲得と発達援助」(93-101頁))
北大路書房   2011年   ISBN:978-4-7628-2743-3
里親ってなんだろう-地域における子育て支援を考える-
田中希世子・松山清編著 (担当:分担執筆, 範囲:第2部第1章「里親制度について」(2-8頁))
あいり出版   2010年   ISBN:978-4-901903-28-8
鶴 宏史
あいり出版   2009年1月   ISBN:4901903098
安藤 忠, 中新井 澪子, 和知 富士子, 鶴 宏史, 米倉 裕希子, 川原 佐公 (担当:共著, 範囲:第1章「子どもの社会性発達の危機」(1-10頁),第2章第5節第1項「項目Aとマーラーの母子関係」(25-27頁),第6章第1節「応用行動分析」(87-94,99頁))
建帛社   2008年4月   ISBN:476793222X
諏訪田克彦・鶴宏史・田中希世子編著 (担当:共編者, 範囲:第1章「さぁ、はじめよう!社会福祉士ってなんだろう(7-30頁))
あいり出版   2008年3月   ISBN:4901903004
新版 家族援助
成清美治・高橋紀代香編 (担当:分担執筆, 範囲:第2章「家族と家族支援」(24‐34頁))
学文社   2007年   ISBN:978-4-7620-1637-0
ここが知りたい!実習に関する100の質問-保育所・幼稚園・施設実習読本
神戸親和女子大学発達教育学部児童教育学科編 (担当:分担執筆)
あいり出版   2005年   ISBN:978-4-87984-907-3

講演・口頭発表等

 
The leadership of directors and supports for parents at the day-care centers in Japan
EECERA 2016 Conference Dublin, Ireland   2016年9月   
保育所における生活課題を抱える保護者への支援(6)
中谷奈津子・鶴宏史・関川芳孝
日本保育学会第69回大会(於:東京学芸大学)   2016年5月7日   
保育所における生活課題を抱える保護者への支援(5)
鶴宏史・中谷奈津子・関川芳孝
日本保育学会第69回大会(於:東京学芸大学)   2016年5月7日   
保育所保育士の専門性向上のためのコンサルテーション・モデルの構築-障害児担当保育士を対象とした研修のプログラム評価-
鶴 宏史
日本保育ソーシャルワーク学会第2回研究大会(於:関西福祉科学大学)   2015年11月22日   
保育者の保育不安と保育者支援3
永井マリア・寺見陽子・山口照代・春豊子・鶴宏史
日本保育学会第68回大会(於:椙山女学園大学)   2015年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
生活課題を抱える保護者への保育所の組織的支援と研修プログラムの開発
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中谷奈津子
保育所における生活困難の早期発見・早期対応と保育所の組織運営に関する研究
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中谷奈津子
本研究は、保育所における生活困難の早期発見・早期対応と、保育所内外の組織運営のあり方の関連を明らかにするものである。平成25年度は、文献調査を踏まえ、「生活困難に関する相談のしやすさ」を明らかにするための保護者インタビュー、及び大規模調査に向けた予備調査を行った。平成26年度は、文献調査の知見について学会報告を行い、予備調査についての詳細な分析を行った。予備調査からは、家庭の生活困難を早期に発見し対応するための園内の役割項目を抽出した。それらの抽象度を可能な限りそろえ70項目に整理した後、...
ゆたかなことばを育む乳幼児期の保育内容の研究
財団法人こども未来財団助成: 児童関連サービス調査研究等事業
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 小椋たみ子

社会貢献活動

 
保育所新任保育士研修
【講師】  兵庫県社会福祉協議会社会福祉研修所  2012年
兵庫県下(神戸市・姫路市除く)の一年目の保育所保育士を対象に、保育所の役割や保育士の価値・知識・技術を意欲的に学べるように企画された研修である。
八尾市障がい児保育巡回指導員
【講師, 助言・指導】  八尾市  2010年4月 - 現在
大阪市八尾市の民間保育所を対象に、在籍する障害児の保育の手立てについて助言・指導を実施している。
八尾市ファミリーサポートセンター事業安全マニュアル検討会議委員
【その他】  八尾市  2011年8月15日 - 2011年11月30日