花野井 歳弘

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
花野井 歳弘
 
ハナノイ トシヒロ
URL
http://www.is.kyusan-u.ac.jp/~hananoi/
所属
九州産業大学
部署
情報科学部 情報科学科
職名
教授
学位
博士(工学)(信州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1968年
東京工業大学  電気工学専攻
 
 
 - 
1966年
東京工業大学 工学部 電気工学科
 

受賞

 
2009年
情報システム教育コンテスト(ISECON2008)にて産学協同実践賞受賞、タイトル”産学協同実践教育「プロジェクトベース設計演習」高度化の取組み”
 
2009-03

Misc

 
OCR専用プロセッサ
情報処理   8(4) 376-380   1977年
加重相関による単一字体印刷文字の認識(共著)
信学論(D)   56-D(10) 545-55   1973年
文字認識のための相関法の一改良-相補的特徴抽出の提案(共著)
信学論(D)   J67-D(2) 224-231   1984年
Model H-8959 Optical Character Reader "jointly worked"
Hitachi Review   22(8) 341-347   1973年
An Improved Correlation Method for Character Recognition-A Proposal of Reciprocal Feature Extraction "jointly worked"
Systems Computers Controls   15(4) 29-38   1984年

書籍等出版物

 
情報処理ハンドブック(共著)
オーム社   1988年   
コンピュータソフトウェア事典(共著)
丸善株式会社   1990年   
モノ造りの足跡 -IT社会を支える情報端末誕生秘話(共著)
日本工業出版   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
自動認識機械
その他の研究制度
研究期間: 1968年 - 2007年
文字認識の研究
研究期間: 2068年   
図形検証法による手書き文字認識、可変閾値法による活字認識をOCRに実用化
印鑑照合方式の研究
研究期間: 1985年 - 1987年
欠け、ノイズ重畳など不完全な印影に対しても、点対称である性質を利用して正確な中心点を得る
産学協同実践的演習「プロジェクトベース設計演習」
補助金
研究期間: 2004年   
IT企業の現役技術者をインストラクタに迎え、現実の開発プロジェクトを体験させる教育。経済産業省の支援を受けて開発。以後改良を加え5年間継続実施中。ISECON2008にて産学協同実践賞を受賞
道路標識自動認識の研究
研究期間: 2004年   
野外道路標識の自動認識。特に重要な前処理として、適応型色抽出方式の開発、および欠けあるいはノイズの重畳した不完全な標識画像の正確な位置正規化方式の開発。

特許

 
陰極線管の自動光量調節装置
792100
シートの二重送り検出装置
799149
可変閾値法による文字認識装置
895103
検出装置
936419
帳票の位置検出装置
948779