白井 重範

J-GLOBALへ         更新日: 16/01/20 15:32
 
アバター
研究者氏名
白井 重範
 
シライ シゲノリ
所属
國學院大學
部署
文学部 外国語文化学科
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
國學院大學 文学部 教授
 
2007年4月
 - 
2015年3月
國學院大學 文学部 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
國學院大學 文学部 助教授
 
2003年4月
 - 
2011年3月
東京女子大学 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学 教養学部 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2005年3月
國學院大學 文学部 専任講師
 
2001年4月
 - 
2003年3月
和光大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2003年
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
 
 
 - 
2000年
埼玉大学 文化科学研究科 日本・アジア研究専攻
 
 
 - 
1997年
二松学舎大学 文学部 中国文学科
 

論文

 
茅盾『夜読偶記』論-文化部長の戦略-
白井 重範
國學院雑誌   115(11) 89-107   2014年11月   [査読有り]
茅盾小説の「主題先行」批判をめぐって
白井 重範
國學院雑誌   114(9) 1-15   2013年9月   [査読有り]
不甲斐なさをかみしめる―茅盾小説における「不能」男性の系譜―
白井 重範
季刊中国   (110) 74-84   2012年9月   [招待有り]
「現代文学」研究の遺産
白井 重範
麦灯   (26) 105-130   2012年2月
茅盾小説の世界構造――1930年代の都市・農村イメージ
白井 重範
中国研究月報   65(11) 3-17   2011年11月   [査読有り]

Misc

 
日本「實證派」的研究傳統
白井 重範
人間思想   (11) 224-230   2015年12月   [依頼有り]
不革命についての言い訳
白井 重範
葦牙   (40) 243-249   2014年7月
『中国嫁日記』に思う
白井 重範
葦牙   (38) 74-78   2012年7月
随想録――ブログ記事より
白井 重範
葦牙ジャーナル   (95) 2-9   2011年8月
「漠然」とした「友好」の図
白井 重範
葦牙ジャーナル   (76) 2-7   2008年6月

書籍等出版物

 
「作家」茅盾論――二十世紀中国小説の世界認識
白井 重範
汲古書院   2013年7月   ISBN:978-4-7629-6506-7
茅盾の代表作を読み解きながら、彼の「作家」としてのパーソナリティを独立させて論じる。序章:本書の方針、第1章:『幻滅』論、第2章:『動揺』論(附資料:『漢口民国日報』鍾祥県に関する記事」一九二七年五―六月)、第3章:茅盾小説における運命認識――『動揺』論補遺、第4章:『追求』論、第5章:茅盾と銭杏邨――革命文学論戦再考、第6章:『子夜』私論、第7章:茅盾小説の世界構造――一九三〇年代の都市・農村イメージ、第8章:「作家精神」の特質――「疎外」と「不能」男性、あとがき。全321頁+人名索引。
左翼文学的時代――日本“中国三十年代文学研究会”論文選
白井 重範 (担当:共編者, 範囲:論文「“黒暗”与“光明”的矛盾」および「編後記」)
北京大学出版社   2011年11月   ISBN:978-7-301-16208-8
王風氏と共編。執筆者(寄稿者)は下記の通り。佐治俊彦、芦田肇、下出鉄男、丸山昇、近藤龍哉、小島久代、尾崎文昭、江上幸子、小谷一郎、下出宣子、白井重範、代田智明、佐藤普美子、加藤三由紀、西野由希子(以上、敬称略)。

講演・口頭発表等

 
光明與黒暗的闘争-関於茅盾的“作家精神”的誕生 [招待有り]
白井 重範
左翼文学的時代国際学術研討会   2005年11月   
茅盾の作家精神における北欧神話の影響について
白井 重範
日本現代中国学会第50回全国学術大会   2000年10月   

競争的資金等の研究課題

 
文化大革命と中国の知識人
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 佐治 俊彦
文化大革命の文化史的再考
科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 佐治 俊彦