砂月 幸成

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:11
 
アバター
研究者氏名
砂月 幸成
 
スナツキ ユキナリ
所属
岡山大学
部署
自然生命科学研究支援センター
職名
助教
学位
博士(理学)(熊本大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学自然生命科学研究支援センター 助教
 
1998年
 - 
2000年
 生研機構 博士研究員
 
2002年
 - 
2003年
 岡山大学 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年
熊本大学 自然科学研究科 
 
 
 - 
1993年
熊本大学 理学部 化学科
 

Misc

 
Yukinari Sunatsuki, Yukana Kishima, Tamami Kobayashi, Tomoka Yamaguchi, Takayoshi Suzuki, Masaaki Kojima, J. Krzystek and Markku R. Sundberg
CHEMICAL COMMUNICATIONS   47(32) 9149-9151   2011年
「Yukinari Sunatsuki」「Sho Miyahara」「Yuu Sasaki」「Takayoshi Suzuki」「Masaaki Kojima」「Naohide Matsumoto」
CrystEngComm   14(20) 6377-6380   2012年
Yukinari Sunatsuki, Kunihiro Fujita, Hisashi Maruyama, Takayoshi Suzuki, Hiroyuki Ishida, Masaaki Kojima, and Robert Glaser
Crystal Growth & Design   14(8) 3692-3695   2014年
「砂月幸成」「小島正明」「松本尚英」
日本結晶学会誌   53(3) 186-192   2011年
スピンクロスオーバー現象による記録素子と表示素子
「砂月幸成」「松本尚英」
化学   56(11) 64-65   2001年

講演・口頭発表等

 
イミダゾール基を含む三脚型鉄(II)、(III)錯体のスピン平衡と脱プロトン挙動
第 50 回錯体化学討論会   2000年   
自然分晶する三脚型金属錯体の結晶型、絶対配置、CDパターンの関係
第 50 回錯体化学討論会   2000年   
三脚型鉄(II)、(III)錯体のイミダゾールプロトンの脱離による電子状態の変化
日本化学会九州支部・同中国四国支部合同大会   2000年   
三脚型金属(II)錯体のラセミ混合物における結晶系、絶対配置、CDパターンの関係
日本化学会九州支部・同中国四国支部合同大会   2000年   
非等価型銅錯体を錯体配位子とする銅-ガドリニウム錯体の合成と磁性
日本化学会九州支部・同中国四国支部合同大会   2000年   

Works

 
可逆的に分解―再構築が可能な分子ケージの創出とその機能に関する研究
2011年 - 2014年
二核鉄(II)三重らせん錯体に基づく三次元水素結合集積化錯体系の構築とその応用
2015年 - 2018年

競争的資金等の研究課題

 
二核鉄(II)三重らせん錯体に基づく三次元水素結合集積化錯体系の構築とその応用
科学研究費補助金
研究期間: 2015年   
可逆的に分解―再構築が可能な分子ケージの創出とその機能に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2011年   
新奇スピンクロスオーバー錯体の合成、構想、磁性に関する研究
研究期間: 2002年   
多核金属錯体の構造と磁性
研究期間: 2002年