鵜林 尚靖

J-GLOBALへ         更新日: 11/06/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
鵜林 尚靖
 
ウバヤシ ナオヤス
URL
http://danae.minnie.ai.kyutech.ac.jp/member/teachers/ubayashi/
所属
旧所属 九州工業大学 大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
2003年
(株)東芝
 
2003年
   
 
-   九州工業大学情報工学部知能情報工学科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1999年
東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム科学系
 
 
 - 
1982年
広島大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
2008年
   
 
APSEC 2008 (15th Asia-Pacific Software Engineering Conference)  プログラム委員
 
2008年
   
 
UML&FM'08 (First International workshop UML and Formal Methods)  プログラム委員
 
2008年
   
 
AOSD 2009 (8th International Conference on Aspect-Oriented Software Development)  Demonstrations Co-Chair
 
2008年
   
 
情報処理学会 組込みシステム研究会 組込みシステムシンポジウム ESS2008  MDDロボットチャレンジ審査委員
 

受賞

 
2003年
山下記念研究賞
 

Misc

 
契約によるクラスとアスペクト間の影響解析(共著)
日本ソフトウェア科学会誌 コンピュータソフトウェア   24(2) 133-149
コンテキストベース・プロダクトライン開発とVDM++の適用(共著)
情報処理学会論文誌   48(8) 2492-2507   2007年
情報フロー・ダイアグラムによる組込みソフトウェア非正常系の要求分析の一手法(共著)
情報処理学会論文誌   48(9) 2894-2903   2007年
Metamodel Access Protocols for Extensible Aspect-Oriented Modeling(jointly worked)
International Transactions on Systems Science and Applications   1(1) 93-101   2006年
Design and Implementation of an Aspect Instantiation Mechanism(jointly worked)
Transactions on Aspect-Oriented Software Development   1(1) 259-292   2006年

書籍等出版物

 
Objects as Actors Assuming Roles in the Environment(jointly worked)
Software Engineering for Multi-Agent Systems V   2007年   

Works

 
拡張可能なドメイン専用言語に関する研究
2004年 - 2006年
拡張可能なドメイン専用言語に関する研究
2004年 - 2006年
信頼性の高いコンポーネント技術の研究
2001年 - 2005年
拡張可能なドメイン専用言語に関する研究
2004年 - 2006年
信頼性の高いコンポーネント技術の研究
2001年 - 2005年