片桐 保昭

J-GLOBALへ         更新日: 10/04/02 00:00
 
アバター
研究者氏名
片桐 保昭
 
カタギリ ヤスアキ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 歴史文化論講座
職名
大学院生(博士課程),大学院生(博士課程)
学位
修士(環境科学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
   
 
-  北海道大学大学院博士課程学生
 
2003年
 - 
2004年
 ヒューマンアカデミー札幌校デザインカレッジ、ゲームカレッ
 
 
   
 
ジ非常勤講師
 
2004年
 - 
2005年
 札幌科学技術専門学校環境工学科非常勤講師
 
2007年
   
 
 北海道教育大学岩見沢校非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1992年
北海道大学 環境科学研究科 環境保全学専攻
 
 
 - 
1990年
北海道大学 水産学部 漁業学科漁業工学専攻
 

委員歴

 
2004年11月
 - 
2005年2月
市立小樽美術館大畠裕展実行委員会委員(2004年11月1日〜2005年2月28日)
 

Misc

 
山口昌男氏の(仮説)書物の神話学会場計画レポート
小樽市立文学館報   (23) 16-19   2001年
Shaping Experiences of Landscape and Soundscape Design
KATAGIRI, Yasuaki
Journal of the Graduate School of Letters   2 75-87   2007年
Open Spaces of Traditional Societies
KATAGIRI, Yasuaki & MITSUE, Masahiro
Journal of Landscape Architecture in Asia   2 39-44   2006年
道内の交通街づくりにける行政と市民活動の関係 −地方鉄道存続活動の場合−
武田泉, 片桐保昭、森久保夏樹
北海道生涯学習研究(北海道教育大学生涯学習研究センター紀要)   7 103-113   2007年
風景研究における実践論的アプローチ
片桐保昭
北海道大学大学院文学研究科研究論集   7    2007年

書籍等出版物

 
爽快なリズムの建築
「市原有徳 新世紀へ」展図録   2001年   

講演・口頭発表等

 
文学作品に表出した北海道景観イメージの変遷
日本造園学会関東支部大会   1996年   
近代文学作品における小樽市内景観の記述
日本造園学会北海道支部大会   1997年   
現象学的手法による観光地としての小樽市港湾都市風景における意味と物語
日本造園学会北海道支部大会   1998年   
社会的遠心空間としての漠然とした空間
日本造園学会北海道支部会   2003年   
トルナーレ日本橋浜町のサウンドスケープデザイン
日本造園学会北海道支部大会   2005年   

Works

 
経験のデザイン
2002年
小樽市立文学館特別展「小樽・札幌喫茶店物語」会場の計画、設計、施行、現場管理
芸術活動   2002年
小樽市立文学館特別展「山口昌男氏の(仮説)書物の神話学」会場の計画、設計、施行、現場管理
芸術活動   2001年
小樽市立文学館特別展「小樽・札幌喫茶店物語」会場の計画、設計、施行、現場管理
2002年
小樽市立文学館特別展「山口昌男氏の(仮説)書物の神話学」会場の計画、設計、施行、現場管理
2001年

競争的資金等の研究課題

 
オープンスペースの成立に関わる文化人類学的研究
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2007年
ランドスケープデザインにおける新手法の開発
研究期間: 2007年 - 2009年
ランドスケープ,サウンドスケープ表現の実践とプロデュース
共同研究
研究期間: 2005年 - 2009年
ランドスケープデザインにおける科学技術の人類学
研究期間: 2006年 - 2008年