中村 信行

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
中村 信行
 
ナカムラ ノブユキ
URL
http://yebisu.ils.uec.ac.jp/nakamura/index.html
所属
電気通信大学
部署
コヒーレント光量子科学研究機構レーザー新世代研究センター
職名
准教授
学位
博士(理学)(電気通信大学)
科研費研究者番号
50361837

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1997年1月
日本学術振興会 特別研究員
 
1997年2月
 - 
2001年12月
科学技術振興事業団多価冷イオンプロジェクト 研究員
 
2002年4月
 - 
2003年6月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
核融合科学研究所 客員准教授
 
2015年10月
 - 
2018年10月
中国西北師範大学 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
栃木県立足利高等学校  
 
 
 - 
1991年3月
上智大学 理工学部 物理学科
 
 
 - 
1996年9月
電気通信大学 電気通信学研究科 電子物性工学専攻
 

委員歴

 
2002年
 - 
2007年
原子衝突研究協会  運営委員
 
2004年
 - 
2007年
原子衝突研究協会  幹事
 
2005年5月
 - 
2006年4月
日本物理学会  原子・分子分科 世話人
 
2010年
 - 
2011年
原子衝突研究協会  運営委員
 
2013年
 - 
2014年
原子衝突学会  運営委員
 

受賞

 
2002年8月
原子衝突研究協会若手奨励賞
 

論文

 
Solar wind charge exchange in laboratory – Observation of forbidden X-ray transitions
Naoki Numadate, Hirofumi Shimaya, Takuya Ishida, Kunihiro Okada, Nobuyuki Nakamura, Hajime Tanuma
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   --(--) -----   2017年5月   [査読有り]
Extreme ultraviolet spectroscopy of highly charged xenon and barium with a compact electron beam ion trap
Safdar Ali, Nobuyuki Nakamura
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   --(--) -----   2017年4月   [査読有り]
Relativistic many-body calculation of energies, multipole transition rates, and lifetimes in tungsten ions
U. I. Safronova, M. S. Safronova, and N. Nakamura
Physical Review A   95 042510   2017年4月   [査読有り]
Visible spectra of highly charged holmium ions observed with a compact electron beam ion trap
Takayuki Nakajima, Kunihiro Okada, Michiharu Wada, Vladimir A. Dzuba, Marianna S. Safronova, Ulyana I. Safronova, Noriaki Ohmae, Hidetoshi Katori, Nobuyuki Nakamura
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   --(--) -----   2017年4月   [査読有り]
Resonant excitation of Fe14+ observed with a compact electron beam ion trap
Takashi Tsuda, Erina Shimizu, Safdar Ali, Hiroyuki A. Sakaue, Daiji Kato, Izumi Murakami, Hirohisa Hara, Tetsuya Watanabe, Nobuyuki Nakamura
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   --(--) -----   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
多価イオン生成の方法
坂上裕之、中村信行
プラズマ・核融合学会誌   83(8) 671   2007年8月
多価イオン原子過程の基礎と拡がる応用研究
中村信行
プラズマ・核融合学会誌   83(8) 658   2007年8月
低速多価イオンの発生
中村信行
真空   48(8) 466-470   2005年   [査読有り]
ナノプロセス用電子ビーム多価イオン源の開発
櫻井誠, 中嶌史晴, 福本卓典, 中村信行, 大谷俊介, 益子信郎
J. Vac. Soc. Jpn.   48 317-320   2005年   [査読有り]
Studies of Highly Charged Ions Using an Electron Beam Ion Trap
Nobuyuki Nakamura, Hiroshi Shimizu and Shunsuke Ohtani
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn   49 229   2001年   [査読有り]

書籍等出版物

 
原子分子物理学ハンドブック
中村信行 (担当:共著, 範囲:第4.1章 多価イオン)
朝倉書店   2012年2月   
Handbook for Highly Charged Ion Spectroscopic Research
Nobuyuki Nakamura
Taylor & Francis   2011年10月   

講演・口頭発表等

 
Line Analysis of Extreme Ultraviolet Spectra from Highly Charged Molybdenum in the 22-30 nm Region
Safdar Ali, Hiroyuki Kato, Nobuyuki Nakamura
日本物理学会 第72回年次大会   2017年3月19日   
EBITを用いた多価イオン発光スペクトルの可視、VUV及びEUV分光測定
坂上裕之, 中村信行, 加藤太治, 村上泉
日本物理学会 第72回年次大会   2017年3月19日   
4f開殻重元素イオンの可視域発光スペクトルの観測
村田隼一, 中島貴之, 中村信行
日本物理学会 第72回年次大会   2017年3月19日   
タングステンイオンW VII-XIVの可視・EUV領域発光スペクトルの観測
三田百恵, 村上泉, 加藤太治, 坂上裕之, 中村信行
日本物理学会 第72回年次大会   2017年3月19日   
CoBIT中のFe14+イオンのEUV発光線強度における共鳴励起効果
加藤太治, 坂上裕之, 村上泉, 津田峻志, 中村信行
日本物理学会 第72回年次大会   2017年3月19日   

競争的資金等の研究課題

 
プラズマ中のタングステン発光構造への二電子性再結合過程の寄与の解明
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 村上泉
多価イオンにおける超長寿命準安定状態のポピュレーションキネティクス
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中村信行
太陽および天体プラズマに関連する多価イオンの分光研究
研究期間: 2015年9月 - 2017年9月
タングステン多価イオン可視禁制線のモデリングと核融合プラズマ計測への応用
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 加藤太治