梁 松

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 02:56
 
アバター
研究者氏名
梁 松
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
准教授

経歴

 
2000年4月
 - 
2004年4月
名古屋大学 大学院多元数理科学研究科 助手
 
2001年
 - 
2002年
ボン大学
 
2003年
 - 
2004年
ボン大学
 
2004年4月
 - 
2008年3月
東北大学 大学院情報科学研究科 助教授(准教授)
 
2005年
 - 
2005年
ボン大学
 

論文

 
A stochastic process with a Stochastic Hamiltonian equation phase and a Uniform Motion phase (確率論シンポジウム : RIMS研究集会報告集)
梁, 松
数理解析研究所講究録   1855 28-35   2013年10月
A mechanical model of Markov processes
S., Kusuoka;S., Liang
RIMS Kokyuuroku   Bessatsu B6 167--176   2008年1月   [査読有り]
A remark on the nonequivalence of the time-zero Tex-measure with the free field measure
S., Albeverio;S., Liang
Markov Processes and Related Fields   14(1) 159--164   2008年1月   [査読有り]
Laplace approximations for large deviations of diffusion processes on Euclidean spaces
LIANG, Song
Journal of the Mathematical Society of Japan   57(2) 557-592   2005年4月   [査読有り]
Consider a class of uniformly elliptic diffusion processes { X_t }t ≥ 0 on Euclidean spaces \bm{R}d . We give an estimate of EP_x \bigl[ exp (T ¶hi ({1}/{T} ∈t_0^T δX_t dt)) \big| X_T =y \bigr] as T → ∞ ...
Kusuoka, Shigeo;Liang, Song
STOCHASTIC ANALYSIS AND APPLICATIONS   30(3) 493-528   2012年1月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
拡散過程の古典力学系による導出
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 梁松
結晶確率モデルの古典力学系による導出
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 梁松
結晶確率モデルのハミルトン力学系による導出及びそれにおける相対効果の影響
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 梁 松
結晶確率モデルのハミルトン力学系による導出およびそれにおける相対効果の影響
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 梁松