竹田 誠

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/02 07:36
 
アバター
研究者氏名
竹田 誠
 
タケダ マコト
URL
http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-vir3.html
所属
厚生労働省 国立感染症研究所
職名
部長
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
横浜市立大学大学院大阪府立大学

プロフィール

資格等: 
医師
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本小児科学会 小児科専門医
医師会認定産業医
http://www.natureasia.com/ja-jp/nrdp/interview/contents/5

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
横浜市立大学大学院 連携大学院 客員教授
 
2009年7月
 - 
現在
国立感染症研究所 ウイルス第三部 部長
 
2014年
 - 
2015年
国立感染症研究所
 
2003年9月
 - 
2009年8月
九州大学大学院医学研究院 ウイルス学 助手→講師→助教授→准教授
 
2000年9月
 - 
2003年8月
ノースウェスタン大学/ハワードヒューズ医学研究所 生化学分子生物学細胞生物学講座 博士研究員
 
1998年4月
 - 
2000年8月
国立感染症研究所 エイズ研究センター/ウイルス製剤部 研究員
 
1995年5月
 - 
1998年3月
東京大学医科学研究所 ウイルス感染分野 特別研究学生/研究生
 
1992年6月
 - 
1995年4月
信州大学医学部附属病院 小児科 医師
 
1993年10月
 - 
1995年3月
市立岡谷病院 小児科 医師
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1996年3月
信州大学大学院医学研究院  小児科学
 
1986年4月
 - 
1992年3月
信州大学 医学部 医学科
 
1982年4月
 - 
1986年3月
大阪府立北野高等学校  
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
現在
日本ウイルス学会  理事
 
2013年9月
 - 
2014年3月
厚生科学審議会感染症分科会感染症部会 風しんに関する小委員会
 
2013年4月
 - 
現在
厚生労働省  麻しん排除認定会議
 
2015年
 - 
現在
日本臨床ウイルス学会  幹事
 
2012年5月
 - 
2012年9月
厚生科学審議会感染症分科会感染症部会  麻しんに関する小委員会
 
2011年11月
 - 
2016年3月
世界保健機関WHO  SAGE Working Group on Measles and Rubella Vaccines
 
2009年9月
 - 
現在
厚生労働省  麻しん対策推進会議
 

受賞

 
2006年11月
日本ウイルス学会 杉浦奨励賞 麻疹ウイルス遺伝子操作系の確立と複製および病原性発現の分子基盤の解析
 
2007年6月
イスクラ厚生事業団 多ケ谷勇記念ワクチン研究イスクラ奨励賞 麻疹ワクチンの研究
 

論文

 
Tahara M, Bürckert JP, Kanou K, Maenaka K, Muller CP, Takeda M
Viruses   8(8)    2016年8月   [査読有り]
Yamamoto M, Matsuyama S, Li X, Takeda M, Kawaguchi Y, Inoue JI, Matsuda Z
Antimicrobial agents and chemotherapy      2016年8月   [査読有り]
Sakai K, Ami Y, Nakajima N, Nakajima K, Kitazawa M, Anraku M, Takayama I, Sangsriratanakul N, Komura M, Sato Y, Asanuma H, Takashita E, Komase K, Takehara K, Tashiro M, Hasegawa H, Odagiri T, Takeda M
Scientific reports   6 29430   2016年7月   [査読有り]
Rota PA, Moss WJ, Takeda M, de Swart RL, Thompson KM, Goodson JL
Nature reviews. Disease primers   2 16049   2016年7月   [査読有り]
Aoki Y, Matoba Y, Tanaka S, Yahagi K, Itagaki T, Katsushima F, Katsushima Y, Takeda M, Mizuta K
Infectious diseases (London, England)   48(7) 524-529   2016年7月   [査読有り]
Mulders MN, Rota PA, Icenogle JP, Brown KE, Takeda M, Rey GJ, Ben Mamou MC, Dosseh AR, Byabamazima CR, Ahmed HJ, Pattamadilok S, Zhang Y, Gacic-Dobo M, Strebel PM, Goodson JL
MMWR. Morbidity and mortality weekly report   65(17) 438-442   2016年5月   [査読有り]
Okamoto K, Mori Y, Komagome R, Nagano H, Miyoshi M, Okano M, Aoki Y, Ogura A, Hotta C, Ogawa T, Saikusa M, Kodama H, Yasui Y, Minagawa H, Kurata T, Kanbayashi D, Kase T, Murata S, Shirabe K, Hamasaki M, Kato T, Otsuki N, Sakata M, Komase K, Takeda M
Journal of clinical virology : the official publication of the Pan American Society for Clinical Virology   80 98-101   2016年5月   [査読有り]
Okamoto K, Ami Y, Suzaki Y, Otsuki N, Sakata M, Takeda M, Mori Y
Virology   491 89-95   2016年4月   [査読有り]
Yamaoka Y, Matsuyama S, Fukushi S, Matsunaga S, Matsushima Y, Kuroyama H, Kimura H, Takeda M, Chimuro T, Ryo A
Frontiers in microbiology   7 509   2016年   [査読有り]
Katoh H, Nakatsu Y, Kubota T, Sakata M, Takeda M, Kidokoro M
Journal of virology   89(23) 12026-12034   2015年12月   [査読有り]
Katoh H, Kubota T, Ihara T, Maeda K, Takeda M, Kidokoro M
Emerging infectious diseases   22(4) 703-706   2016年4月   [査読有り]
Seki F, Someya K, Komase K, Takeda M
Vaccine   34(1) 7-12   2015年11月   [査読有り]
Iwata-Yoshikawa N, Fukushi S, Fukuma A, Suzuki T, Takeda M, Tashiro M, Hasegawa H, Nagata N
Japanese journal of infectious diseases      2016年3月   [査読有り]
Kimura H, Saitoh M, Kobayashi M, Ishii H, Saraya T, Kurai D, Tsukagoshi H, Shirabe K, Nishina A, Kozawa K, Kuroda M, Takeuchi F, Sekizuka T, Minakami H, Ryo A, Takeda M
Scientific reports   5 11648   2015年7月   [査読有り]
Ayata M, Tanaka M, Kameoka K, Kuwamura M, Takeuchi K, Takeda M, Kanou K, Ogura H
Virology   487 141-149   2016年1月   [査読有り]
Sakai K, Sekizuka T, Ami Y, Nakajima N, Kitazawa M, Sato Y, Nakajima K, Anraku M, Kubota T, Komase K, Takehara K, Hasegawa H, Odagiri T, Tashiro M, Kuroda M, Takeda M
Journal of virology   89(9) 5154-5158   2015年2月   [査読有り]
Esumi M, Ishibashi M, Yamaguchi H, Nakajima S, Tai Y, Kikuta S, Sugitani M, Takayama T, Tahara M, Takeda M, Wakita T
Hepatology (Baltimore, Md.)   61 438-447   2015年2月   [査読有り]
Katoh H, Kubota T, Kita S, Nakatsu Y, Aoki N, Mori Y, Maenaka K, Takeda M, Kidokoro M
Journal of virology      2014年12月   [査読有り]
Otani S, Ayata M, Takeuchi K, Takeda M, Shintaku H, Ogura H
Virology   462-463 91-97   2014年8月   [査読有り]
Sakata M, Otsuki N, Okamoto K, Anruku M, Nagai M, Takeda M, Mori Y
Journal of virology      2014年7月   [査読有り]
Takahashi T, Arima Y, Kinoshita H, Kanou K, Saitoh T, Sunagawa T, Ito H, Kanayama A, Tabuchi A, Nakashima K, Yahata Y, Yamagishi T, Sugawara T, Ohkusa Y, Matsui T, Arai S, Satoh H, Tanaka-Taya K, Komase K, Takeda M, Oishi K
Western Pacific surveillance and response journal : WPSAR   5 31-33   2014年4月   [査読有り]
Sakai K, Ami Y, Tahara M, Kubota T, Anraku M, Abe M, Nakajima N, Sekizuka T, Shirato K, Suzaki Y, Ainai A, Nakatsu Y, Kanou K, Nakamura K, Suzuki T, Komase K, Nobusawa E, Maenaka K, Kuroda M, Hasegawa H, Kawaoka Y, Tashiro M, Takeda M
Journal of virology      2014年3月   [査読有り]
An Outbreak of Acute Respiratory Infections due to Human Respiratory Syncytial Virus in a Nursing Home for the Elderly in Ibaraki, Japan, 2014.
Doi I, Nagata N, Tsukagoshi H, Komori H, Motoya T, Watanabe M, Keta T, Kawakami M, Tsukano T, Honda M, Ishioka T, Takeda M, Ryo A, Kuroda M, Oishi K, Kimura H
Japanese journal of infectious diseases   67 326-328   2014年   [査読有り]
Nakatsu Y, Matsuoka M, Chang TH, Otsuki N, Noda M, Kimura H, Sakai K, Kato H, Takeda M, Kubota T
PloS one   9 e94999   2014年   [査読有り]
Otsuki N, Nakatsu Y, Kubota T, Sekizuka T, Seki F, Sakai K, Kuroda M, Yamaguchi R, Takeda M
PloS one   8 e82343   2013年12月   [査読有り]
Takaki H, Takeda M, Tahara M, Shingai M, Oshiumi H, Matsumoto M, Seya T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   191 4740-4747   2013年11月   [査読有り]
Abe M, Tahara M, Sakai K, Yamaguchi H, Kanou K, Shirato K, Kawase M, Noda M, Kimura H, Matsuyama S, Fukuhara H, Mizuta K, Maenaka K, Ami Y, Esumi M, Kato A, Takeda M
Journal of virology   87 11930-11935   2013年11月   [査読有り]
Krumm SA, Takeda M, Plemper RK
The Journal of biological chemistry   288 29943-29953   2013年10月   [査読有り]
Ikeno S, Suzuki MO, Muhsen M, Ishige M, Kobayashi-Ishihara M, Ohno S, Takeda M, Nakayama T, Morikawa Y, Terahara K, Okada S, Takeyama H, Tsunetsugu-Yokota Y
Frontiers in microbiology   4 298   2013年10月   [査読有り]
Ito M, Iwasaki M, Takeda M, Nakamura T, Yanagi Y, Ohno S
Journal of virology   87 9633-9642   2013年9月   [査読有り]
Sakai K, Yoshikawa T, Seki F, Fukushi S, Tahara M, Nagata N, Ami Y, Mizutani T, Kurane I, Yamaguchi R, Hasegawa H, Saijo M, Komase K, Morikawa S, Takeda M
Journal of virology   87 7170-7175   2013年6月   [査読有り]
Nakatsu Y, Ma X, Seki F, Suzuki T, Iwasaki M, Yanagi Y, Komase K, Takeda M
Journal of virology   87 4683-4693   2013年4月   [査読有り]
Tahara M, Ohno S, Sakai K, Ito Y, Fukuhara H, Komase K, Brindley MA, Rota PA, Plemper RK, Maenaka K, Takeda M
Journal of virology   87(6) 3583-3586   2013年3月   [査読有り]
Nakayama T, Sawada A, Kubo H, Kaida A, Tanaka T, Shigemoto N, Komase K, Takeda M
Microbiology and immunology   57(3) 246-251   2013年3月   [査読有り]
Tahara M, Ito Y, Brindley MA, Ma X, He J, Xu S, Fukuhara H, Sakai K, Komase K, Rota PA, Plemper RK, Maenaka K, Takeda M
Journal of virology   87(1) 666-675   2013年1月   [査読有り]
Sakai K, Nagata N, Ami Y, Seki F, Suzaki Y, Iwata-Yoshikawa N, Suzuki T, Fukushi S, Mizutani T, Yoshikawa T, Otsuki N, Kurane I, Komase K, Yamaguchi R, Hasegawa H, Saijo M, Takeda M, Morikawa S
Journal of virology   87(2) 1105-1114   2013年1月   [査読有り]
Otsuki N, Sekizuka T, Seki F, Sakai K, Kubota T, Nakatsu Y, Chen S, Fukuhara H, Maenaka K, Yamaguchi R, Kuroda M, Takeda M
Virology   435(2) 485-492   2013年1月   [査読有り]
Nakayama T, Sawada A, Kubo H, Kaida A, Tanaka T, Shigemoto N, Komase K, Takeda M
Microbiology and immunology   57(3) 246-251   2013年1月   [査読有り]
Brindley MA, Takeda M, Plattet P, Plemper RK
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109 E3018-27   2012年10月   [査読有り]
Mitsuki YY, Terahara K, Shibusawa K, Yamamoto T, Tsuchiya T, Mizukoshi F, Ishige M, Okada S, Kobayashi K, Morikawa Y, Nakayama T, Takeda M, Yanagi Y, Tsunetsugu-Yokota Y
Journal of virology   86(13) 7227-7234   2012年7月   [査読有り]
Takeda M, Tahara M, Nagata N, Seki F
Frontiers in microbiology   2 279   2012年1月   [査読有り]
Saitoh M, Takeda M, Gotoh K, Takeuchi F, Sekizuka T, Kuroda M, Mizuta K, Ryo A, Tanaka R, Ishii H, Takada H, Kozawa K, Yoshida A, Noda M, Okabe N, Kimura H
PloS one   7 e50660   2012年   [査読有り]
(Japanese review article) [Two different receptors for wild type measles virus].
Tahara M, Takeda M
Uirusu   61 249-255   2011年12月   [査読有り]
Seki F, Yamada K, Nakatsu Y, Okamura K, Yanagi Y, Nakayama T, Komase K, Takeda M
Journal of virology   85(22) 11871-11882   2011年11月   [査読有り]
Rota PA, Brown K, Mankertz A, Santibanez S, Shulga S, Muller CP, Hübschen JM, Siqueira M, Beirnes J, Ahmed H, Triki H, Al-Busaidy S, Dosseh A, Byabamazima C, Smit S, Akoua-Koffi C, Bwogi J, Bukenya H, Wairagkar N, Ramamurty N, Incomserb P, Pattamadilok S, Jee Y, Lim W, Xu W, Komase K, Takeda M, Tran T, Castillo-Solorzano C, Chenoweth P, Brown D, Mulders MN, Bellini WJ, Featherstone D
The Journal of infectious diseases   204 Suppl 1 S514-23   2011年7月   [査読有り]
Bankamp B, Takeda M, Zhang Y, Xu W, Rota PA
The Journal of infectious diseases   204(Supplement 1) S533-S548   2011年7月   [査読有り]
Kubota T, Matsuoka M, Xu S, Otsuki N, Takeda M, Kato A, Ozato K
The Journal of biological chemistry   286(10) 8165-8175   2011年3月   [査読有り]
Otsuki N, Abo H, Kubota T, Mori Y, Umino Y, Okamoto K, Takeda M, Komase K
Vaccine   29 1863-1873   2011年2月   [査読有り]
Detection of various respiratory viruses in patients with influenza-like illness before and after emergence of the 2009 pandemic H1N1 influenza virus in Okinawa.
Nakamura M, Taira K, Tsukagoshi H, Itokazu K, Nidaira M, Okano S, Kudaka J, Noda M, Takeda M, Kimura H
Japanese journal of infectious diseases   64 87-89   2011年   [査読有り]
First detection of measles virus genotype g3 in a Japanese woman: an imported case.
Tanaka T, Yokoi H, Kobayashi K, Iwanade H, Noguchi Y, Mitsui Y, Okamoto A, Saitoh M, Noda M, Takeda M, Okabe N, Kimura H
Japanese journal of infectious diseases   64 262-263   2011年   [査読有り]
Matsuyama S, Nagata N, Shirato K, Kawase M, Takeda M, Taguchi F
Journal of virology   84(24) 12658-12664   2010年12月   [査読有り]
Ayata M, Takeuchi K, Takeda M, Ohgimoto S, Kato S, Sharma LB, Tanaka M, Kuwamura M, Ishida H, Ogura H
Journal of virology   84(21) 11189-11199   2010年11月   [査読有り]
Senoh M, Ghosh-Banerjee J, Ramamurthy T, Hamabata T, Kurakawa T, Takeda M, Colwell RR, Nair GB, Takeda Y
Microbiology and immunology   54(9) 502-507   2010年9月   [査読有り]
Shirogane Y, Takeda M, Tahara M, Ikegame S, Nakamura T, Yanagi Y
The Journal of biological chemistry   285(27) 20882-20890   2010年7月   [査読有り]
Meng X, Nakamura T, Okazaki T, Inoue H, Takahashi A, Miyamoto S, Sakaguchi G, Eto M, Naito S, Takeda M, Yanagi Y, Tani K
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   18(3) 544-551   2010年3月   [査読有り]
Ikegame S, Takeda M, Ohno S, Nakatsu Y, Nakanishi Y, Yanagi Y
Journal of virology   84(1) 372-379   2010年1月   [査読有り]
Nakatsu Y, Takeda M, Iwasaki M, Yanagi Y
Journal of virology   83(22) 11996-12001   2009年11月   [査読有り]
Iwasaki M, Takeda M, Shirogane Y, Nakatsu Y, Nakamura T, Yanagi Y
Journal of virology   83(20) 10374-10383   2009年10月   [査読有り]
Yasukawa K, Oshiumi H, Takeda M, Ishihara N, Yanagi Y, Seya T, Kawabata S, Koshiba T
Science signaling   2 ra47   2009年8月   [査読有り]
(Japanese review article) [Propagation strategies of measles virus].
Takeda M, Yanagi Y
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   54 908-912   2009年6月   [査読有り]
Kato S, Ohgimoto S, Sharma LB, Kurazono S, Ayata M, Komase K, Takeda M, Takeuchi K, Ihara T, Ogura H
Vaccine   27 3838-3848   2009年6月   [査読有り]
Chaipan C, Kobasa D, Bertram S, Glowacka I, Steffen I, Tsegaye TS, Takeda M, Bugge TH, Kim S, Park Y, Marzi A, Pöhlmann S
Journal of virology   83(7) 3200-3211   2009年4月   [査読有り]
Takeda M, Ohno S, Tahara M, Takeuchi H, Shirogane Y, Ohmura H, Nakamura T, Yanagi Y
Journal of virology   82(23) 11979-11984   2008年12月   [査読有り]
Shirogane Y, Takeda M, Iwasaki M, Ishiguro N, Takeuchi H, Nakatsu Y, Tahara M, Kikuta H, Yanagi Y
Journal of virology   82(17) 8942-8946   2008年9月   [査読有り]
Nakatsu Y, Takeda M, Ohno S, Shirogane Y, Iwasaki M, Yanagi Y
Journal of virology   82(17) 8296-8306   2008年9月   [査読有り]
Takeda M
The Journal of clinical investigation   118 2386-2389   2008年7月   [査読有り]
Tahara M, Takeda M, Shirogane Y, Hashiguchi T, Ohno S, Yanagi Y
Journal of virology   82(9) 4630-4637   2008年5月   [査読有り]
Hashiguchi T, Kajikawa M, Maita N, Takeda M, Kuroki K, Sasaki K, Kohda D, Yanagi Y, Maenaka K
Journal of virological methods   149 171-174   2008年4月   [査読有り]
Hashiguchi T, Kajikawa M, Maita N, Takeda M, Kuroki K, Sasaki K, Kohda D, Yanagi Y, Maenaka K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104(49) 19535-19540   2007年12月   [査読有り]
Takeda M, Tahara M, Hashiguchi T, Sato TA, Jinnouchi F, Ueki S, Ohno S, Yanagi Y
Journal of virology   81(21) 12091-12096   2007年11月   [査読有り]
(Japanese review article) [Measles virus entry and cellular receptors].
Yanagi Y, Takeda M, Ohno S
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   52 1088-1094   2007年8月   [査読有り]
Tahara M, Takeda M, Seki F, Hashiguchi T, Yanagi Y
Journal of virology   81(6) 2564-2572   2007年3月   [査読有り]
Ohno S, Ono N, Seki F, Takeda M, Kura S, Tsuzuki T, Yanagi Y
Journal of virology   81(4) 1650-1659   2007年2月   [査読有り]
Nakatsu Y, Takeda M, Ohno S, Koga R, Yanagi Y
Journal of virology   80(23) 11861-11867   2006年12月   [査読有り]
Nakatsu Y, Takeda M, Kidokoro M, Kohara M, Yanagi Y
Journal of virological methods   137 152-155   2006年10月   [査読有り]
Yanagi Y, Takeda M, Ohno S
The Journal of general virology   87(10) 2767-2779   2006年10月   [査読有り]
Takeda M, Nakatsu Y, Ohno S, Seki F, Tahara M, Hashiguchi T, Yanagi Y
Journal of virology   80(9) 4242-4248   2006年5月   [査読有り]
(Japanese review article) [Reverse genetics for measles virus].
Takeda M, Yanagi Y
Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica   97 140-145   2006年5月   [査読有り]
(Review article) Measles virus receptors and tropism.
Yanagi Y, Takeda M, Ohno S, Seki F
Japanese journal of infectious diseases   59 1-5   2006年2月   [査読有り]
Tahara M, Takeda M, Yanagi Y
Journal of virology   79(24) 15218-15225   2005年12月   [査読有り]
Takeda M, Ohno S, Seki F, Nakatsu Y, Tahara M, Yanagi Y
Journal of virology   79(22) 14346-14354   2005年11月   [査読有り]
Takeuchi K, Takeda M, Miyajima N, Ami Y, Nagata N, Suzaki Y, Shahnewaz J, Kadota S, Nagata K
Journal of virology   79(12) 7838-7844   2005年6月   [査読有り]
Takeda M, Ohno S, Seki F, Hashimoto K, Miyajima N, Takeuchi K, Yanagi Y
Virus research   108 161-165   2005年3月   [査読有り]
Ohno S, Ono N, Takeda M, Takeuchi K, Yanagi Y
The Journal of general virology   85(10) 2991-2999   2004年10月   [査読有り]
Miyajima N, Takeda M, Tashiro M, Hashimoto K, Yanagi Y, Nagata K, Takeuchi K
The Journal of general virology   85(10) 3001-3006   2004年10月   [査読有り]
Takeda M
Uirusu   54(1) 9-15   2004年6月   [査読有り]
Takeda M, Leser GP, Russell CJ, Lamb RA
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100(25) 14610-14617   2003年12月   [査読有り]
Tanabe M, Kurita-Taniguchi M, Takeuchi K, Takeda M, Ayata M, Ogura H, Matsumoto M, Seya T
Biochemical and biophysical research communications   311(1) 39-48   2003年11月   [査読有り]
Wild-type measles virus induces large syncytium formation in primary human small airway epithelial cells by a SLAM(CD150)-independent mechanism.
Takeuchi K, Miyajima N, Nagata N, Takeda M, Tashiro M
Virus research   94 11-16   2003年7月   [査読有り]
Influenza B virus BM2 protein has ion channel activity that conducts protons across membranes.
Mould JA, Paterson RG, Takeda M, Ohigashi Y, Venkataraman P, Lamb RA, Pinto LH
Developmental cell   5 175-184   2003年7月   [査読有り]
Takeuchi K, Kadota SI, Takeda M, Miyajima N, Nagata K
FEBS letters   545(2/3) 177-182   2003年6月   [査読有り]
Paterson RG, Takeda M, Ohigashi Y, Pinto LH, Lamb RA
Virology   306(1) 7-17   2003年2月   [査読有り]
(Review article) Toward understanding the pathogenicity of wild-type measles virus by reverse genetics.
Takeuchi K, Takeda M, Miyajima N
Japanese journal of infectious diseases   55 143-149   2002年10月   [査読有り]
Hashimoto K, Ono N, Tatsuo H, Minagawa H, Takeda M, Takeuchi K, Yanagi Y
Journal of virology   76(13) 6743-6749   2002年7月   [査読有り]
Takeuchi K, Takeda M, Miyajima N, Kobune F, Tanabayashi K, Tashiro M
Journal of virology   76(10) 4891-4900   2002年5月   [査読有り]
Influenza a virus M2 ion channel activity is essential for efficient replication in tissue culture.
Takeda M, Pekosz A, Shuck K, Pinto LH, Lamb RA
Journal of virology   76 1391-1399   2002年2月   [査読有り]

Misc

 
ウイルス分野における次世代シークエンサーの有用性 インフルエンザウイルスのHAストーク領域糖鎖欠失とプロテアーゼ特異性の変化
酒井 宏治, 竹田 誠
臨床とウイルス   44(2) S32-S32   2016年5月
竹田誠, 酒井宏治, 關文緒
感染症   46(2) 44-48,53-56-48,53   2016年3月
イヌジステンパーウイルス(CDV)は、従来、ネコ目(食肉目)の動物の中でも、特にイヌ科の動物に強い病原性を示すと考えられてきた。しかしながら、近年、ネコ目の動物種全体に広く感染がみられており、さらにはネコ目以外の動物、特に霊長目の動物でも致死的な流行が確認されている。そのために、人への感染拡大の可能性も心配されている。CDVは、SLAMを受容体として用いて、宿主の免疫細胞に感染するが、イヌならびにサルのSLAMは利用できるが、ヒトのSLAMは利用できないことが示された。そのため、CDVがヒ...
呼吸病ウイルスの病原性発現に関わる宿主プロテアーゼTMPRSS2の意義
酒井 宏治, 中島 典子, 駒瀬 勝啓, 竹田 誠
臨床とウイルス   44(2) S60-S60   2016年5月
臨床検体からのウイルス分離株の同定が困難であった経験から
水田 克巳, 松嵜 葉子, 竹田 誠
臨床とウイルス   44(2) S97-S97   2016年5月
大槻紀之, 坂田真史, 岡本貴世子, 竹田誠, 森嘉生
日本小児科学会雑誌   120(2) 213-213   2016年2月
2015年に国内で流行したムンプスウイルスの分子系統学的解析
木所 稔, 成相 絵里, 後藤 慶子, 中田 恵子, 佐野 貴子, 安藤 克幸, 柴田 ちひろ, 竹田 誠, 庵原 俊昭
臨床とウイルス   44(2) S99-S99   2016年5月
金井瑞恵, 砂川富正, 神谷元, 奥野英雄, 多屋馨子, 大石和徳, 竹田誠, 北島博之
日本小児科学会雑誌   120(2) 274-274   2016年2月
Hiroshi Katoh, Toru Kubota, Toshiaki Ihara, Ken Maeda, Makoto Takeda, Minoru Kidokoro
Emerging Infectious Diseases   22 703-706   2016年4月
© 2016, Centers for Disease Control and Prevention (CDC). All rights reserved. Recently, a new paramyxovirus closely related to human mumps virus (MuV) was detected in bats. We generated recombinant MuVs carrying either or both of the fusion and h...
石川雄規, 松尾直也, 津吹政可, 加藤大志, 竹田誠, 常盤広明, 常盤広明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th(3) ROMBUNNO.29AB-PM272-193   2016年3月
イヌジステンパーウイルスの流行と宿主域の拡大
竹田 誠, 酒井 宏治, 關 文緒
感染症   46(2) 44,53-48,53   2016年3月
イヌジステンパーウイルス(CDV)は、従来、ネコ目(食肉目)の動物の中でも、特にイヌ科の動物に強い病原性を示すと考えられてきた。しかしながら、近年、ネコ目の動物種全体に広く感染がみられており、さらにはネコ目以外の動物、特に霊長目の動物でも致死的な流行が確認されている。そのために、人への感染拡大の可能性も心配されている。CDVは、SLAMを受容体として用いて、宿主の免疫細胞に感染するが、イヌならびにサルのSLAMは利用できるが、ヒトのSLAMは利用できないことが示された。そのため、CDVがヒ...
中島勝紘, 中島勝紘, 酒井宏治, 北沢実乃莉, 北沢実乃莉, SANGSRIRATANAKUL Natthanan, SANGSRIRATANAKUL Natthanan, 安楽正輝, 網康至, 駒瀬勝啓, 竹原一明, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 330-330   2015年8月
TEH Angeline Ping Ping, 平井卓哉, 山口良二, 酒井宏治, 關文緒, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 338-338   2015年8月
松島勇紀, 清水智美, 駒根綾子, 石川真理子, 清水英明, 塚越博之, 水越文徳, 土井育子, 松尾千秋, 三崎貴子, 木村博一, 竹田誠, 岡部信彦
神奈川県感染症医学会プログラム・抄録集   79th 18   2016年
風疹ウイルスワクチン株の温度感受性を規定する分子生物学的基盤の解明
大槻 紀之, 坂田 真史, 岡本 貴世子, 竹田 誠, 森 嘉生
日本小児科学会雑誌   120(2) 213-213   2016年2月
2012-2014年出生の先天性風疹症候群児フォローアップ調査(暫定情報)
金井 瑞恵, 砂川 富正, 神谷 元, 奥野 英雄, 多屋 馨子, 大石 和徳, 竹田 誠, 北島 博之
日本小児科学会雑誌   120(2) 274-274   2016年2月
ヒトメタニューモウイルスサブタイプA2株のTMPRSS2による活性化(Activation of human metapneumovirus subtype A2 strain by TMPRSS2)
Sangsriratanakul Natthanan, 酒井 宏治, 高木 翼, 北沢 実乃莉, 中島 勝紘, 安楽 正輝, 駒瀬 勝啓, 竹原 一明, 竹田 誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 346-346   2015年8月
北沢実乃莉, 北沢実乃莉, 酒井宏治, 関塚剛史, 中島勝紘, 中島勝紘, 網康至, 安楽正輝, 中島典子, 久保田耐, 駒瀬勝啓, 竹原一明, 長谷川秀樹, 田代眞人, 黒田誠, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 329-329   2015年8月
竹田誠, 駒瀬勝啓
生体の科学   66(4) 309-312   2015年8月
【新興・再興感染症と感染症対策】 ウイルス 麻疹 近年の歩みとこれからの課題
竹田 誠, 駒瀬 勝啓
生体の科学   66(4) 309-312   2015年8月
【新興・再興感染症と感染症対策】 ウイルス 麻疹 近年の歩みとこれからの課題
竹田 誠, 駒瀬 勝啓
生体の科学   66(4) 309-312   2015年8月
加藤大志, 中津祐一郎, 久保田耐, 竹田誠, 木所稔
日本細胞生物学会大会要旨集   67th 157-157   2015年6月
H3N2インフルエンザAウイルスのHAタンパク質糖鎖欠失によるTMPRSS2非依存的なウイルス増殖
北沢 実乃莉, 酒井 宏治, 関塚 剛史, 中島 勝紘, 網 康至, 安楽 正輝, 中島 典子, 久保田 耐, 駒瀬 勝啓, 竹原 一明, 長谷川 秀樹, 田代 眞人, 黒田 誠, 竹田 誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 329-329   2015年8月
木所稔, 駒瀬勝啓, 竹田誠
臨床とウイルス   43(2) S68-S68   2015年5月
カモ由来H7N1インフルエンザ分離株の性状解析
中島 勝紘, 酒井 宏治, 北沢 実乃莉, Sangsriratanakul Natthanan, 安楽 正輝, 網 康至, 駒瀬 勝啓, 竹原 一明, 竹田 誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 330-330   2015年8月
駒瀬勝啓, 竹田誠
臨床とウイルス   43(2) S65-S65   2015年5月
イヌジステンパーウイルスのマウス脳接種とマウスネクチン4発現Vero細胞の感受性についての検討
Teh Angeline Ping Ping, 平井 卓哉, 山口 良二, 酒井 宏治, 關 文緒, 竹田 誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 338-338   2015年8月
【国境を越える重症新興・再興感染症】 麻疹排除へ向けて
竹田 誠, 駒瀬 勝啓
化学療法の領域   31(6) 1326-1332   2015年5月
麻疹は伝染力が非常に強く、しかも致死率の高い感染症であるが、効果、安全性ともに非常に優れたワクチンが開発されている。世界保健機関(WHO)が中心となって麻疹を排除するための活動が世界中で行われている。かつて麻疹の流行国であったわが国でも近年の対策によって患者数は激減し、麻疹排除の達成あるいはそれに近い状態になったと考えられている。すでに、わが国では麻疹ウイルスの継続的な伝播は起こっておらず、海外で感染してわが国で発症したと考えられる輸入症例や、それらの症例にともなう地域的な小流行が目立つよ...
宮本優介, 福原秀雄, 竹田誠, 前仲勝実
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   15th 115   2015年5月
Activation of human metapneumovirus subtype A2 strain by TMPRSS2(和訳中)
Sangsriratanakul Natthanan, 酒井 宏治, 高木 翼, 北沢 実乃莉, 中島 勝紘, 安楽 正輝, 駒瀬 勝啓, 竹原 一明, 竹田 誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158回 346-346   2015年8月
麻疹に関する最新の話題 試験管の中の小さなことから世界排除計画まで
竹田 誠
大阪小児科医会会報   (172) 29-31   2015年1月
北沢実乃莉, 酒井宏治, 田原舞乃, 安部昌子, 中島勝紘, 網康至, 中島典子, 安楽正輝, 駒瀬勝啓, 長谷川秀樹, 竹原一明, 田代眞人, 加藤篤, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157th 540-540   2014年8月
今井徳俊, 田所高志, 吉田康貴, 喜多俊介, 黒木喜美子, 橋口隆生, 柳雄介, 竹田誠, 福原秀雄, 前仲勝実
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   15th 114   2015年5月
中島勝紘, 酒井宏治, 網康至, 中島典子, 北沢実乃莉, 高下恵美, 久保田剛, 安楽正輝, 駒瀬勝啓, 長谷川秀樹, 竹原一明, 小田切孝人, 田代眞人, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157th 410-410   2014年8月
竹田誠, 安楽正輝
ムンプスに関する重大なワクチンギャップを抜本的に解決するための研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   28-33   2015年
酒井宏治, 網康至, 田原舞乃, 久保田耐, 安楽正輝, 中島典子, 関塚剛史, 駒瀬勝啓, 長谷川秀樹, 黒田誠, 河岡義裕, 田代眞人, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157th 419-419   2014年8月
宮野真輔, 木多村知美, ANONH Xeuatvongsa, PHENGTA Vongphrachanh, 森嘉生, 駒瀬勝啓, 竹田誠, 蜂矢正彦
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   19th 172   2015年
安楽正輝, 安楽正輝, 網康至, 木所稔, 村野けい子, 青木なつ子, 梁明秀, 竹田誠
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   19th 99   2015年
竹田誠, 酒井宏治
日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集   47th 204   2015年
駒瀬勝啓, 大園強, 緑川圭, 三柴雅昭, 渡辺創, 永田明義, 梅木和宣, 竹田誠
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   19th 170   2015年
木所稔, 加藤大志, 村野けい子, 青木なつ子, 永田典代, 須崎百合子, 安楽正輝, 竹田誠, 長谷川秀樹, 網康至
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   19th 98   2015年
竹田誠
新興・再興感染症研究事業の総合的推進に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   24-32   2015年
TMPRSS2は、インフルエンザの病原性発現に必須の宿主プロテアーゼである
竹田 誠, 中島 典子, 河岡 義裕, 酒井 宏治, 黒田 誠, 長谷川 秀樹, 田代 眞人
感染症学雑誌   88(5) 750-750   2014年9月
竹田誠, 木村博一, 古川紗耶, 塚越博之, 土井育子, 松島勇紀, 清水英明, 岡部信彦, 石井晴之, 倉井大輔, 皿谷健, 岡崎薫, 楠英樹, 石岡大成, 野田雅博, 関塚剛, 黒田誠
麻疹ならびに風疹排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室検査に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   140-144   2015年
竹田誠
麻疹ならびに風疹排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室検査に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   1-24   2015年
竹田誠, 駒瀬勝啓
化学療法の領域   31(6) 1326-1332   2015年5月
H. Abo, K. Okamoto, M. Anraku, N. Otsuki, M. Sakata, J. Icenogle, Q. Zheng, T. Kurata, T. Kase, K. Komase, M. Takeda, Y. Mori
Journal of Virological Methods   207 73-77   2014年1月
Rubella virus is the causative agent of rubella. The symptoms are usually mild, and characterized by a maculopapular rash and fever. However, rubella infection in pregnant women sometimes can result in the birth of infants with congenital rubella ...
竹田誠
日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集   46th 117   2014年
多屋馨子, 佐藤弘, 奥野英雄, 新井智, 神谷元, 八幡裕一郎, 伊東宏明, 福住宗久, 砂川富正, 駒瀬勝啓, 竹田誠, 大石和徳
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   18th 141   2014年
東端将哲, 福原秀雄, 逢坂文那, 橋口隆生, 柳雄介, 竹田誠, 児玉耕太, 齊藤貴士, 前仲勝実
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 204   2014年10月
森川茂, 吉河智城, 谷口怜, 福士秀悦, 西條政幸, 酒井宏治, 竹田誠, 河合康洋, 山田靖子, 朴ウンシル, 鈴木道雄, 木村昌伸, 今岡浩一, 久保田菜美, 齋藤隆一, 水谷浩志, 丸山啓二, 古谷哲也, 水谷哲也
動物由来感染症の対応に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   9-21   2014年
永田典代, 岩田奈織子, 鈴木忠樹, 高橋健太, 佐多徹太郎, 長谷川秀樹, 網康至, 久保田耐, 加藤篤, 田代眞人, 竹田誠, 木所稔
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 361   2014年10月
竹田誠
麻疹ならびに風疹排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室検査に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   1-54   2014年
岩田奈織子, 福士秀悦, 福間藍子, 鈴木忠樹, 竹田誠, 田代眞人, 長谷川秀樹, 永田典代
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 353   2014年10月
竹田誠, 駒瀬勝啓
感染症   44(6) 206-208,217,211-213-208,211   2014年11月
麻疹は、致死率も比較的高く、伝染力の非常に強いウイルス感染症であるが、優れたワクチンがあり、麻疹を世界規模でなくしていこうという取り組みが進められている。わが国でも近年の対策により、2009年以降、患者数は劇的に少なくなった。ワクチン施策の強化による集団免疫の向上により、日本に定着していたウイルス株による患者の発生がみられなくなり、海外で感染し、日本に持ち込まれたと考えられる輸入麻疹症例(日本人が海外へ行って罹患して帰国する場合や、外国人が日本に来て発症し、伝播させる場合など)が、多数報告...
竹田誠, 駒瀬勝啓
国内の病原体サーベイランスに資する機能的なラボネットワークの強化に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   85-88   2015年
竹田誠, 木所稔, 大槻紀之
麻疹ならびに風疹排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室検査に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   147-151   2014年
大槻紀之, 坂田真史, 花田賢太郎, 岡本貴世子, 安楽正輝, 竹田誠, 森嘉生
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 319   2014年10月
竹田誠
千里ライフサイエンスセミナー講演要旨集   2014 14-17   2014年
安楽正輝, 坂田真史, 大槻紀之, 岡本貴世子, 永井美智, 竹田誠, 梁明秀, 森嘉生
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 251   2014年10月
竹田誠, 駒瀬勝啓, 森嘉生, 木所稔
ワクチンの品質確保のための国家検定制度の抜本的改正に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   39-48   2014年
木所稔, 落合仁, 渡辺正博, 竹田誠, 庵原俊昭
臨床とウイルス   42(2) S89-S89   2014年5月
竹田誠, 中島典子, 河岡義裕
日本化学療法学会総会プログラム・講演抄録   62nd(Suppl.A) 246-246   2014年5月
池野翔太, 寺原和孝, 駒瀬勝啓, 竹田誠, 森川裕子, 竹山春子, 横田(恒次)恭子, 横田(恒次)恭子
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 204   2014年10月
平本貴史, 田原舞乃, 山口沙織, 坂本千香, 小野宏彰, 小原洋志, 竹田誠, 谷憲三朗
再生医療   14 259   2015年2月
木所稔, 落合仁, 渡辺正博, 竹田誠, 庵原俊昭
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   18th 135   2014年
竹田誠, 中島典子, 水田克巳
臨床とウイルス   42(2) S74-S74   2014年5月
依田芽生, 福原秀雄, 武田森, 三尾和弘, PLATTET Philippe, 竹田誠, 前仲勝実
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 218   2014年10月
竹田誠, 井上直樹, 染谷健二, 岡本貴世子
小児臓器移植前後におけるワクチン接種の安全性と有効性に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   8-10   2014年
加藤大志, 喜多俊介, 久保田耐, 中津祐一郎, 前仲勝実, 木所稔, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 220   2014年10月
竹田誠, 久保田耐, 染谷健二, 安楽正輝
ムンプスに関する重大なワクチンギャップを抜本的に解決するための研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   30-34   2014年
坂田真史, 岡本貴世子, 大槻紀之, 安楽正輝, 永井美智, 竹田誠, 森嘉生
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 252   2014年10月
岡部信彦, 駒瀬勝啓, 砂川富正, 竹田誠, 多屋馨子, 中野貴司, 蜂矢正彦, 蜂矢正彦, 三崎貴子, 吉倉廣, 渡瀬博俊, 渡瀬博俊
日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   18th 140   2014年
吉田康貴, 酒井宏治, 喜多俊介, 福原秀雄, 柳雄介, 竹田誠, 前仲勝実
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 219   2014年10月
竹田誠, 木村博一, 調恒明, 齋藤美香, 小澤邦壽, 石井晴之, 倉井大輔, 皿谷健, 竹内史比古, 関塚剛史, 黒田誠, 加納和彦, 村田祥子, 戸田昌一, 岡本玲子
麻疹ならびに風疹排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室検査に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   138-141   2014年
木所稔, 落合仁, 渡辺正博, 青木なつ子, 竹田誠, 庵原俊昭
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 206   2014年10月
酒井宏治, 網康至, 田原舞乃, 久保田耐, 安楽正輝, 中島典子, 高下恵美, 関塚剛史, 駒瀬勝啓, 信澤枝里, 小田切孝人, 前仲勝実, 黒田誠, 長谷川秀樹, 河岡義裕, 田代眞人, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd 155   2014年10月
【2013年 感染症の流行と新展開】 感染症トピックス ウイルス 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染症
松山 州徳, 竹田 誠
Medical Technology   41(12) 1282-1285   2013年12月
中津祐一郎, 竹田誠
臨床とウイルス   41(4) 196-204   2013年10月
大谷早苗, 綾田稔, 竹内薫, 竹田誠, 小倉壽
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 316   2013年10月
坂田真史, 鈴木忠樹, 大槻紀之, 岡本貴世子, 竹田誠, 森嘉生
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 385   2013年10月
PRATAKPIRIYA Watanyoo, 關文緒, 大槻紀之, 酒井宏治, 福原秀雄, 片本宏, 平井卓哉, TECHANGAMSUWAN Somporn, LAN Nguyen, 前仲勝実, 竹田誠, 山口良二
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156th 215-215   2013年8月
酒井宏治, 關文緒, 網康至, 染谷健二, 田原舞乃, 大槻紀之, 西條政幸, 森川茂, 山口良二, 駒瀬勝啓, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 228   2013年10月
竹田誠, 小川知子, 七種美和子, 皆川洋子, 安井善宏, 加瀬哲男, 田中智之, 庵原俊昭, 駒瀬勝啓
臨床とウイルス   41(2) S48-S48   2013年5月
酒井宏治, 關文緒, 網康至, 西條政幸, 森川茂, 山口良二, 駒瀬勝啓, 竹田誠
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156th 277-277   2013年8月
大槻紀之, 中津祐一郎, 久保田耐, 関塚剛, 關文緒, 酒井宏治, 黒田誠, 山口良二, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 228   2013年10月
駒瀬勝啓, 竹田誠, 庵原俊昭, 皆川洋子, 安井善宏, 山下照夫, 改田厚, 秋吉京子
臨床とウイルス   41(2) S56-S56   2013年5月
佐藤亮, 福原秀雄, 竹田誠, 前仲勝実, 前仲勝実
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 419   2013年10月
内野清子, 三好龍也, 田中智之, 駒瀬勝啓, 竹田誠
臨床とウイルス   41(2) S51-S51   2013年5月
森嘉生, 坂田真史, 岡本貴世子, 大槻紀之, 安楽正輝, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 384   2013年10月
木所稔, 庵原俊昭, 中山哲夫, 竹田誠
臨床とウイルス   41(2) S102-S102   2013年5月
田原舞乃, 酒井宏治, 駒瀬勝啓, 前仲勝実, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 225   2013年10月
岡本貴世子, 森嘉生, 落合雅樹, 庵原俊昭, 大槻紀之, 海野幸子, 竹田誠, 駒瀬勝啓
臨床化学   42(2) 146-150   2013年4月
風疹罹患歴のある成人ボランティアの血清をプールし、抗風疹IgG国内標準血清候補(JPN'03)とした。民間検査施設等の協力を得てJPN'03の抗体価を抗風疹IgG抗体国際標準品(RUBI-1-94)とともに測定し、平行線定量法で国際標準品に対する相対抗体価を算出、統計処理しJPN'03の相対抗体価を100国際単位(IU)/mLとした。また、ボランティアから収集したパネル血清候補の国際標準品に対する相対抗体価をELISA法で測定し、国際単位による値付けを行った。並行して風疹HI抗体価を測定し...
陳甦ルイ, 福原秀雄, 伊藤由梨, 酒匂幸, 橋口隆生, 梶川瑞穂, 柳雄介, 竹田誠, 前仲勝実
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 315   2013年10月
竹田誠
月刊アレルギーの臨床   33(442) 386-387   2013年4月
内野清子, 三好龍也, 岡山文香, 芝田有理, 田中智之, 森嘉生, 駒瀬勝啓, 竹田誠
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 386   2013年10月
加藤大志, 齋加志津子, 久保田耐, 網康至, 須崎百合子, 加藤篤, 竹田誠, 木所稔
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 230   2013年10月
池野翔太, 池野翔太, 鈴木基臣, 鈴木基臣, 寺原和孝, 石毛真行, 駒瀬勝啓, 竹田誠, 森川裕子, 中山哲夫, 柳雄介, 竹山春子, 横田恭子
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   61st 313   2013年10月
犬の中枢神経系に発現するネクチン-4(Nectin-4 expressing cells in canine central nervous system)
Pratakpiriya Watanyoo, Techangamsuwan Somporn, Radtanakatikanon Araya, 平井 卓哉, Nguyen Lan, 竹田 誠, 山口 良二
日本獣医学会学術集会講演要旨集   156回 215-215   2013年8月
駒瀬勝啓, 竹田誠
臨床と微生物   39(6) 656-662   2012年11月
麻疹、風疹、ムンプスは、特徴的な症状を示す代表的なワクチン予防可能疾患であるが、一般に流行が減少したときには診断は困難になるといわれている。本稿では麻疹、風疹、ムンプスの検査診断法の現状について解説した。(著者抄録)

書籍等出版物

 
臨床検査法提要 改訂第34版
竹田 誠 (担当:分担執筆, 範囲:臨床微生物検査)
金原出版株式会社   2015年4月   
戸田新細菌学(改訂34版)
竹田 誠 (担当:分担執筆, 範囲:オルトミクソウイルス科、パラミクソウイルス科、ラブドウイルス科、フィロウイルス科、ボルナウイルス科、コロナウイルス科)
南山堂   2013年5月   
知ってほしい麻しん、風しんQ&A(改訂版)
竹田 誠 (担当:監修)
日本予防医学協会   2013年3月   
目で見る微生物学
竹田 誠 (担当:監修, 範囲:ウイルス感染症)
医学映像教育センター   2011年12月   
知ってほしい麻しん、風しんQ&A
竹田 誠 (担当:監修)
日本予防医学協会   2011年3月   
分子予防環境医学 生命科学研究の予防・環境医学への統合
關 文緒、竹田 誠 (担当:分担執筆, 範囲:麻疹ウイルス)
本の泉社   2010年12月   
医科ウイルス学(改訂3版)
竹田 誠、柳 雄介 (担当:分担執筆, 範囲:パラミクソウイルス科)
2009年2月   
戸田新細菌学(改訂33版)
竹田 誠 (担当:分担執筆, 範囲:オルトミクソウイルス科、パラミクソウイルス科、ラブドウイルス科、フィロウイルス科、ボルナウイルス科、コロナウイルス科)
南山堂   2007年3月   
微生物感染学—新しい感染の科学—
竹田 誠、柳 雄介 (担当:分担執筆, 範囲:麻疹ウイルス)
南山堂   2005年9月   

講演・口頭発表等

 
麻疹(はしか)の排除はどこまで進んだか [招待有り]
竹田 誠
第6回日本微生物学連盟フォーラム「人類は感染症を克服できるか」   2016年4月23日   
麻疹ウイルスの特性とウイルスサーベイランスの必要性 [招待有り]
竹田 誠
NPO法人医師と団塊シニアの会、麻疹排除記念講演会、麻疹排除への道のりと今後   2016年1月23日   
Recent progress, current situation and future prospects of measles and rubella in Japan
竹田 誠
The 9th Japan-China-Korea Forum for Communicable Disease Control and Prevention   2015年11月28日   
インフルエンザウイルス生体内活性化におけるHA糖鎖と宿主プロテアーゼTMPRSS2の役割 [招待有り]
竹田 誠
第9回CBI学会FMO研究会、合理的創薬でウイルス感染症を抑え込む~リレンザ®開発者からのメッセージ~   2015年5月13日   
国内海外の麻しん風しんの状況、予防接種の優れた効果と対策の難
竹田 誠
学校における感染症予防に関する研修会   2015年2月13日   
国内、海外における風疹ウイルスの分子疫学の現状 [招待有り]
竹田 誠
第28回公衆衛生情報研究協議会   2015年1月29日   
麻疹に関する最新の話題:試験管の中の小さなことから世界排除計画まで [招待有り]
竹田 誠
第175回大阪小児科医会学術集会   2014年12月22日   
麻疹・風疹・おたふくかぜ、身近な感染症の予防と治療 [招待有り]
竹田 誠
日本ウイルス学会市民公開講座   2014年11月9日   
呼吸器ウイルスに挑んだ二人の英雄の話
竹田 誠
国立感染症研究所一般公開、サイエンスカフェ   2014年10月4日   
麻疹ウイルスならびにその関連ウイルスの最 [招待有り]
竹田 誠
千里ライフサイエンスセミナー 免疫・感染症シリーズ第5回 話題のウイルス感染症の正体とその対策   2014年10月4日   
呼吸器ウイルスに関する新しい知見:MERSコロナウイルス [招待有り]
竹田 誠
第21回福岡呼吸器感染症研究会   2014年7月24日   
呼吸器感染症ウイルスの病原性発現理解が拓くワクチン開発と創薬への道 [招待有り]
竹田 誠
北海道大学:創薬ネットワークセミナー   2013年10月17日   
麻疹、風疹の国内ならびに海外の動向 [招待有り]
竹田 誠
平成25年度地方衛生研究所全国協議会近畿支部ウイルス部会研究会   2013年9月20日   
麻疹の国内、世界最新事情:流行、ワクチン、研究 [招待有り]
竹田 誠
第33回広島小児アレルギー研究会   2013年2月21日   
わが国の麻疹風疹対策—麻疹風疹検査診断と注意点:世界の麻疹風疹事情と日本の取り組み [招待有り]
竹田 誠
小山地区医師会講演会   2013年2月19日   
The virological, biochemical, and structural evidence for sustainability of the single serotype nature of measles virus. [招待有り]
竹田 誠
2nd Osong Symposium on Infectious Diseases (OSID2012)   2012年9月26日   
麻疹対策の現状と課題(日本) [招待有り]
竹田 誠
中華人民共和国「国家級公衆衛生政策計画管理プロジェクト」予防接種事業セミナー   2012年8月15日   
麻疹制圧、麻疹ウイルス研究の今 [招待有り]
竹田 誠
第5回小児感染症専門医育成フォーラム   2012年7月28日   
Measles virus escapes from neutralization at the cost of SLAM-binding activity. [招待有り]
Tahara M, Ma XM, He JL, Ito Y, Fukuhara H, Brindley MA, Sakai K, Yanagi Y, Komase K, Plemper RK, Rota PA, Maenaka K, Takeda M
Atlanta Area 5th Paramyxer   2011年12月2日   
麻しんについての最前線−世界からの排除計画から試験管の中の小さなことまで− [招待有り]
竹田 誠
平成23年度臨床衛生検査技師研修会(長野)   2011年10月21日   
Analyses of recombinant SSPE-derived SI strain generated from cloned cDNAs usuing an efficient reverse genetics system.
Seki F, Yamada K, Nakatsu Y, Okamura K, Yanagi Y, Komase K, and Takeda M
2nd Measles Virus Mini-Symposium   2011年7月15日   
Measles control in Japan [招待有り]
竹田 誠
The 4th China-Korea-Japan forum on communicable disease control and prevention in China   2010年11月24日   
Taking action towards elimination of measles in Japan
Takeda M, Tahara M, and Komase K
The 7th Taiwan-Japan Symposium on Immunization and Travel Medicine   2010年9月9日   
Training Course III, Virology [招待有り]
竹田 誠
The 10th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2010年9月7日   
麻疹の伝染力の分子基盤 [招待有り]
竹田 誠
日本ウイルス学会北海道支部 第44回夏期シンポジウム   2010年7月24日   
Current progress towards measles elimination in Japan [招待有り]
Takeda M
The Third Japan-China-Korea Forum on Communicable Disease Control and Prevention   2009年11月   
Virological and technical aspects in our battle against measles virus [招待有り]
Takeda M
Measles laboratory diagnosis for the project of JICA Japan-China vaccine preventable diseases control project   2009年9月   
麻疹ウイルスの病原性発現の分子機構 [招待有り]
竹田 誠
第5回 肝免疫・フロンティア   2009年4月18日   
Measles virus has an intrinsic ability to infect both immune and polarized epithelial cells via two distinctive mechanisms [招待有り]
Takeda M, Hashiguchi T, Tahara M and Yanagi Y
The 8th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2008年9月   
麻疹(はしか)が簡単にうつるわけ:インフルエンザと似てること、エイズと似てないこと [招待有り]
竹田 誠
第7回 みちのくウイルス塾   2008年7月20日   
Measles virus optimizes the balance of virus assembly and cell-cell fusion to spread well in different cell types
Takeda M, Tahara M, and Yanagi Y
Measles virus mini-symposium   2007年9月   
Mechanism of measles virus infection in SLAM-negative cells: A novel pathway to spread efficiently in human lung carcinoma cells
Takeda M, Tahara M, Hashiguchi T, Ohno S, and Yanagi Y
Workshop on Replication and Cell Biology of Negative Strand RNA Viruses   2007年9月   
麻疹ウイルス:ゲノム操作法の新技術とベクター開発への応用 [招待有り]
竹田 誠
日本発のワクチン開発をめざして、アジュバント、投与法、そしてベクターからのワクチンイノベーション   2007年2月7日   
Mechanism of measles virus infection in SLAM-negative cells: A novel pathway to spread efficiently in human lung carcinoma cells.
Workshop on Replication and Cell Biology of Negative Strand RNA Viruses.   2007年   
麻疹ウイルス遺伝子操作が解き明かすこと:あなたは麻疹ウイルスを知っていますか [招待有り]
竹田 誠
九州大学母子総合研究リサーチコアカンファレンス   2006年9月5日   
Generation of measles virus having segmented RNA genome
Takeda M, Hashiguchi T, Nakatsu Y, Ohno S, Seki F, Tahara M, and Yanagi Y
13th International Conference on Negative Strand Viruses   2006年6月   
遺伝子操作手法を用いた麻疹ウイルスの複製と病原性解析 [招待有り]
竹田 誠
第2回 ウイルス学キャンプin湯河原   2005年6月25日   
Regulation of viral gene expression by measles virus long untranslated region
Takeda M, Ohno S, Seki F, Nakatsu Y, Tahara M, and Yanagi Y
13th IUMS International Congress of Virology   2005年7月   
麻疹ウイルスに学ぶ —われわれはウイルスを知っているかー [招待有り]
竹田 誠
第21回諏訪小児科談話会   2004年7月17日   
Role for the lipid raft in the influenza virus life cycle
Takeda M, Russell CJ, Schmitt AP, Leser GP, Ohigashi Y, Paterson RG, and Lamb RA
22nd Annual Meeting of American Society for Virology   2003年7月   
Raft association of hemagglutine correlates with production of infectious influenza virus
Takeda M, Russell CJ, Schmitt AP, Leser GP, Paterson RG, and Lamb RA
12th IUMS International Congress of Virology   2002年8月   
Raft association of hemagglutine correlates with production of infectious influenza virus
Takeda M, Russell CJ, Schmitt AP, Leser GP, Paterson RG, and Lamb RA
21st Annual Meeting of American Society for Virology   2002年7月   
Association of the P gene mutations with measles virus adaptation to Vero cells
Takeda M, Takeuchi K, Miyajima N, Tashiro M, Kobune F, Nagata N, Ami Y, and Nagai Y
11th IUMS International Congress of Virology   1999年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
中東呼吸器症候群、新興インフルエンザ等に対する新規診断法ならびに革新的治療法の開発研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 竹田 誠
病原体による宿主脂質ハイジャック機序の解明と創薬への応用
日本医療研究開発機構: AMED-CREST 革新的先端研究開発支援事業ユニットタイプ「画期的医薬品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明」
研究期間: 2015年10月 - 2020年3月    代表者: 花田賢太郎
迅速・網羅的病原体ゲノム解析法を基盤とした感染症対策ネットワーク構築に関する研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 黒田 誠
小児の肝移植患者におけるワクチン接種の安全性・有効性に関する研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 齋藤 昭彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 竹田 誠
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 竹田 誠
ムンプスに関する重大なワクチンギャップを抜本的に解決するための研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2014年9月 - 2018年3月    代表者: 木所 稔
麻疹ならびに風疹排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室検査に関する研究
日本医療研究開発機構: 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 竹田 誠
国内の病原体サーベイランスに資する機能的なラボネットワークの強化に関する研究
厚生労働省科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 宮崎 義継
広域スペクトラムウイルス性肺炎治療剤創製のための研究
武田科学振興財団: 2014年度ビジョナリーリサーチ継続助成(ホップ)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 竹田 誠
ワクチンの品質確保のための国家検定制度の抜本的改正に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 渡邉 治雄
腎、リウマチ、消化器疾患などで免疫抑制薬使用中の患児における、麻疹、風しん、水痘、ムンプスなどを含む感染症の実態調査とその予防法の確立
成育医療研究開発費
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 伊藤 秀一
ワクチンにより予防可能な疾患に対する予防接種の科学的根拠の確立及び対策の向上に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 大石 和徳
新興・再興感染症研究事業の総合的推進に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 宮川 昭二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 竹田 誠
膜タンパク型セリンプロテアーゼによるインフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、ヒトメタニューモウイルスの膜融合タンパク質活性化機構を解析する。細胞内でプロテアーゼが働く場所と、ウイルス膜タンパクと会合する機構の解明を目指す。膜タンパク型セリンプロテアーゼノックアウトマウスやプロテアーゼ感受性変異組換えウイルスを利用して肺炎発症における膜タンパク型セリンプロテアーゼの病原性発現における重要性を解明する。(1)TMPRSS2による開裂性を決めるウイルス膜タンパク質アミノ酸残基の特定や...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 竹田 誠
本研究では、多数の外来性遺伝子を搭載でき、また、標的とする表面抗原に対する抗体とを混ぜ併せることで、目的とする細胞種へ感染(標的化)できるウイルスベクターを開発することを目的としている。(1)Fc受容体を発現する細胞を用いて、麻疹ウイルスの抗体依存的感染の可能性を解析し、麻疹ウイルスが抗体とFc受容体を介して細胞へ感染できることを明らかにした。(2)多遺伝子搭載非増殖型ウイルスベクターの作成と、そのベクターを用いてiPS細胞の作製を試みた。F遺伝子欠損(非増殖型)麻疹ウイルスベクターの作成...
広域スペクトラムウイルス性肺炎治療剤創製のための研究
武田科学振興財団: 2011年度ビジョナリーリサーチ助成
研究期間: 2011年       代表者: 竹田 誠
麻疹ウイルスのADE依存的中枢神経細胞感染機構
金原一郎記念医学医療振興財団: 基礎医学医療研究助成
研究期間: 2011年       代表者: 竹田 誠
インフルエンザウイルスを活性化する膜タンパク型宿主セリンプロテアーゼの基質特異性に関する研究
持田記念医学薬学振興財団: 第29回(平成23年度)持田記念研究助成金
研究期間: 2011年       代表者: 竹田 誠
早期麻疹排除及び排除状態の維持に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 竹田 誠
小児臓器移植前後におけるワクチン接種の安全性と有効性に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 齋藤 昭彦
重症呼吸器ウイルス感染症のサーベイランス・病態解明及び制御に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 木村 博一
ワクチン戦略による麻疹および先天性風疹症候群の排除、およびワクチンで予防可能疾患の疫学並びにワクチンの有用性に関する基礎的臨床的研究
厚生労働科学研究費補助金: 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究
研究期間: 2009年9月 - 2010年3月    代表者: 岡部 信彦
上皮間葉転換系を用いたRNAウイルス上皮感染機構の解析
上原記念生命科学財団: 平成21年度研究助成金
研究期間: 2009年       代表者: 竹田 誠
膜貫通型プロテアーゼによるウイルス膜融合能活性化の解析
武田科学振興財団: 2009 年度 医学系研究奨励<基礎>
研究期間: 2009年       代表者: 竹田 誠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 竹田 誠
本研究では,麻疹ウイルスの上皮細胞感染に関与する宿主因子、ならびにインフルエンザウイルスが上皮で効率良く増殖するための宿主因子を明らかにすることを目的とした。麻疹ウイルスは、伝染力が最も強いウイルスのひとつであるが、これまで免疫系細胞に選択的に感染すると考えられてきた。しかし,最近のわれわれの研究から、麻疹ウイルスが、免疫系細胞に加えてtight junctionを形成する上皮細胞(極性上皮細胞)にも感染する能力を持つことが明らかになった。極性上皮細胞を間葉様の細胞へ変換する転写抑制因子S...
再生医療用新型理想ウイルスベクターの開発
科学技術振興機構: 地域イノベーション創出総合支援事業 平成2 0 年度「シーズ発掘試験」A(発掘型)
研究期間: 2008年 - 2009年3月    代表者: 竹田 誠
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 竹田 誠
ウイルスは、特定の細胞に感染し、効率的に遺伝子発現を行い、条件によっては細胞傷害を起こすことなく持続感染を引き起こす。すなわちウイルスは、効率的に外部から新たな遺伝子を導入できるベクターである。このようなウイルスの性質を利用して開発されたベクターを用いて実際に、遺伝子治療や癌治療の臨床試験が行われている。しかしながら、現状では、どのウイルスベクターも長所と短所を併せ持ち、理想的なベクターが開発されたとは言い難い。本研究では、モノネガウイルスのゲノムを分節化するという斬新な発想で開発した新型...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 竹田 誠
麻疹に対しては、特異的な治療法がなく、ワクチン接種による予防が重要である。有効な弱毒生ワクチンが開発されているが、生ワクチンの弱毒化の分子基盤は分かっていない。本研究では、麻疹ウイルス(マイナス鎖RNAウイルス)を人工的に改変する技術を用いて、麻疹ウイルスワクチン株の弱毒化とウイルスポリメラーゼの機能との関係について解析を行った。麻疹ウイルスのゲノムにはN,P,M,F,H,Lの6つの遺伝子がコードされている。このうちPとLのふたつの遺伝子がウイルスポリメラーゼをコードしている。病原性を保持...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 柳 雄介
麻疹(ましん、はしか)は発熱、発疹、免疫抑制、時に脳炎を起こす小児の重要なウイルス感染症である。麻疹ウイルスが病気を起こすメカニズムを明らかにするために、ウイルスの受容体であるヒトSLAM分子を発現する遺伝子改変マウスを作製した。このマウスは、ヒトで見られる麻疹ウイルスの感染、免疫抑制作用、毒力を非常によく再現し、優れた動物モデルとなることが示された。様々な組換えウイルスを感染させることにより、病態の解析が容易となった。
新規ウイルス遺伝子操作系を用いたヒトメタニューモウイルス肺炎の分子基盤の解析
内藤記念科学振興財団: 第39回(2007年度)内藤記念科学奨励金(研究助成)
研究期間: 2007年       代表者: 竹田 誠
Keystone Symposia, Cell Biology of Virus Entry, Replication and Pathogenesis参加
日本抗生物質学術協議会: ファイザー感染症研究助成 海外派遣助成
研究期間: 2006年       代表者: 竹田 誠
Conference on Negative Strand Viruses参加
ライフサイエンス振興財団: 国際交流(研究集会)援助
研究期間: 2006年       代表者: 竹田 誠
IUMS XIIIth International Congress of Virology参加
日本学術振興会: 国際学会等派遣事業
研究期間: 2005年       代表者: 竹田 誠
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 竹田 誠
細胞の脂質二重膜は、膜蛋白の単純な二次元の溶媒ではなく、様々な脂質ドメインを構成することにより多彩な機能を発揮する複雑な構造体である。申請者らは、これまでにインフルエンザウイルスの糖蛋白は、それら脂質ドメインへの親和性を持つことによりウイルス粒子中に効率的に取り込まれる仕組みをもち、ウイルスが高い感染能を獲得するのに貢献していることを明らかにした。本研究では、さらにウイルス膜糖蛋白の脂肪酸修飾の意義を検討するとともに、インフルエンザウイルスに加えて麻疹ウイルスについて解析を行ない以下の点を...