藤代 一成

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
藤代 一成
 
フジシロ イッセイ
eメール
fujiics.keio.ac.jp
URL
http://fj.ics.keio.ac.jp/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部情報工学科
職名
教授
学位
理学博士(東京大学), 工学修士(筑波大学)
科研費研究者番号
00181347

プロフィール

1960年生.1985年筑波大学大学院博士課程工学研究科電子・情報工学専攻修士号取得退学.1988年理学博士(東京大学).東京大学理学部情報科学科助手(1985~1988年),筑波大学電子・情報工学系助手・講師(1988~1991年),お茶の水女子大学理学部情報科学科助教授・教授(1991~2004年),東北大学流体科学研究所教授(2004~2009年)を経て,2009年より慶應義塾大学理工学部情報工学科教授,2015年特選塾員,現在に至る.米国ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校コンピュータサイエンス学科客員教授(1994~1995年).応用可視化デザインや知的環境マルチモーダルメディアの実現に関する研究に従事.原著論文250編.The Most Cited Paper Award for the Journal Graphical Models 2004-2006 (Elsevier Science),平成18年度情報処理学会論文賞,平成21年度芸術科学会国際CG大賞最優秀賞,平成28年度画像電子学会最優秀論文賞を含む受賞29件.編著書37編のうち,主なものにCAD/CAM(丸善,1990年,編著),コンピュータビジュアリゼーション(共立出版,2000年,共編著),ビジュアル情報処理―CG・画像処理入門―,コンピュータグラフィックス(画像情報教育振興協会,2004/2014年,編集委員長),等.IEEE Computer Graphics and Applications誌(Vol. 28, No. 5, 2008,Vol. 35, No. 6, 2015)を含む国内外の学術誌ゲスト編集・監修7編,論説86編.IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (1999~2003), Computers & Graphics (2003~2013), Visual Informatics (2016~)他の国際学術誌エディタ.IEEE SCIVISおよびIEEE PacificVisの常任運営委員.International Workshop on Volume Graphics 2003/2005 (Tokyo/Stony Brook),IEEE Shape Modeling International 2006 (Matsushima),IEEE Pacific Visualization 2008/2014 (Kyoto/Yokohama), Cyberworlds 2013 (Yokohama),ACM VRACAI 2014/2015(Shenzhen/Kobe), TopoInVis 2017 (Tokyo), CG International 2017 (Yokohama)をはじめとする関連国際会議大会・プログラム委員長24件,プログラム委員126件等.情報知識学会理事,画像電子学会理事・副会長・評議員・代議員・VC委員会委員長,芸術科学会理事・副会長・評議員,可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会初代主査・理事,他を歴任.現在,画像電子学会会長,画像情報教育振興協会評議員,情報科学国際交流財団理事.IEEE, Computer Society,ACM,SIGGRAPH,Eurographics,CGS,情報処理学会,電子情報通信学会,日本計算工学会,日本バーチャルリアリティ学会,映像情報メディア学会各会員.

経歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
東京大学 理学部 助手
 
1988年4月
 - 
1989年2月
筑波大学 電子・情報工学系 助手
 
1989年2月
 - 
1991年3月
筑波大学 電子・情報工学系 講師
 
1991年4月
 - 
1998年7月
お茶の水女子大学 理学部 助教授
 
1994年2月
 - 
1995年1月
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校 コンピュータサイエンス学科 客員教授
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年3月
筑波大学 第三学群 情報学類
 
1983年4月
 - 
1985年3月
筑波大学 工学研究科 電子・情報工学
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
2017年2月
画像電子学会  学会誌映像表現・芸術科学フォーラム2016特集号(46巻1号)編集委員会委員長
 
2016年6月
 - 
2017年6月
画像関連学会連合会  代議員
 
2016年6月
 - 
2017年6月
画像電子学会  会長
 
2016年2月
 - 
2016年7月
画像電子学会  学会誌ビジュアルコンピューティング特集号(45巻3号)編集委員会委員長
 
2015年9月
 - 
2016年3月
画像電子学会  映像表現・芸術科学フォーラム2016共同実行委員長
 

受賞

 
2015年1月
慶應義塾 特選塾員(特第14-18号) Japan
受賞者: 藤代一成
 
2009年2月
IEEE Computer Society Certificate of appreciation
受賞者: FUJISHIRO Issei
 
2007年1月
Elsevier Science The Most Cited Paper Award for the Journal Graphical Models (2004-2006)
受賞者: TAKAHASHI Shigeo, TAKESHIMA Yuriko, FUJISHIRO Issei
 
2015年7月
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰
 
学振では学術研究の将来を担う研究者の養成・確保を目的とした特別研究員事業を行っており,その選考に際しては適正・公平な審査に努めている.その審査は,専門的見地から3段階で行われるが,第一段の書面審査はすべての審査の基盤となるものである.その質を高めていくため,同会議学術システム研究センターにおいて,審査終了後書面審査結果の検証を行い,その結果を翌年度の専門委員の選考に適切に反映している.さらに平成21年度より,検証結果に基づき,書面審査における有意義な審査意見を付した専門委員を表彰することと...
2010年3月
芸術科学会 平成21年度CG国際大賞最優秀賞 Applying manifold learning to plotting approximate contour trees, IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, 15(6):1185-1192, November/December 2009.
受賞者: 高橋 成雄,藤代 一成,岡田 真人
 
多様体学習理論を用いた多次元離散データの微分位相構造解析に関する研究論文に対して

論文

 
SAWADA Naoko, NAKAYAMA Masanori, YUN Hsiang-Yun, UEMURA Makoto, FUJISHIRO Issei
CGI'17 Proceedings of the Computer Graphics International Conference   14-1-14-6   2017年6月   [査読有り]
Astronomers have been observing blazars to solve the mystery of the relativistic jet. A technique called TimeTubes uses a 3D volumetric tube to visualize the time-dependent multivariate observed datasets and allows astronomers to interactively ana...
スペクトル楽派の作曲家を対象とした音響加工過程に関する視覚分析手法の提案
¥item 高倉~優理子,中山~雅紀,小島~有利子,¥藤代:藤代 一成
情報処理学会研究報告   2017-MUS-115(36) 1-6   2017年6月
2017年6月17-18日にお茶の水女子大学(東京都文京区)で開催された音学シンポジウム2017(第115回 音楽情報科学研究会)のポスタ発表.
YUN Hsiang-Yun, NIIBE Yusuke, WATANABE Kazuho, TAKAHASHI Shigeo, UEMURA Makoto, FUJISHIRO Issei
Proceedings of IEEE Paci ficVis 2017   305-309   2017年4月   [査読有り]
Datasets obtained through recently advanced measurement techniques tend to possess a large number of dimensions. This leads to explosively increasing computation costs for analyzing such datasets, thus making formulation and verification of scient...
SAWADA Naoko, NAKAYAMA Masanori, YUN Hsiang-Yun, UEMURA Makoto, FUJISHIRO Issei
Proceedings of IEEE Paci ficVis 2017   336-337   2017年4月   [査読有り]
Blazars are active galactic nuclei whose relativistic jets ejected from the central black hole are pointing toward the Earth. Astronomers have attempted to classify blazars, whereas it is difficult to analyze the time-dependent multivariate datase...
Selection of localized audio track based on eye-tracking technologies with application to musical art gallery
SHIMIZU Fumiya, FUJISHIRO Issei
Proceedings of the 5th International Workshop on Image Electronics and Visual Computing (IEVC2017)      2017年3月   [査読有り]
Many methods using eye tracking have been proposed for realizing interfaces for everyday device including digital signage and HMD. Such visual interfaces have a potential to be utilized as audio interface. We herein intend to allow the viewer to s...

Misc

 
FUJISHIRO Issei, SOURIN Alexei
Computers & Graphics   64 1-1   2017年5月   [依頼有り]
This is the guest editors' foreword to the special issue on 2016 International Conference on Cyberworlds, which was held in Chongqing, China in September 28-30, 2016. The volume has 74 pages, consisting of six best full papers selected from the co...
方向性のある紙繊維シートの破断
篠崎 紗衣子,中山 雅紀,藤代 一成
情報処理学会第79回全国大会講演論文集   4 143-144   2017年3月
紙の繊維には向きがあり,力を加えるとその向きによって変形が異なる.例えば繊維の向きと平行に紙の両端を引っ張れば破れ目は真っ直ぐになりやすいのに対し,繊維の向きと垂直に引っ張れば破れ目は不規則な輪郭を構成する.これまでのCGでは,紙の繊維がもつ方向性による変形の違いは再現できていなかった.そこで本研究では,まず2次元の紙の繊維モデルに縦横の方向性をもたせて配置し,それぞれの繊維を交点の位置でつなげ繊維のシートを生成する.そして繊維の伸び,繊維同士の剥がれにくさを考慮し,その紙を両端から引っ張...
繊維階層の微細構造をもつ糸を用いた織物の生成
都甲 裕太朗,池田 泰成,藤代 一成
情報処理学会第79回全国大会講演論文集   4 141-142   2017年3月
近年コンピュータの発展により,ゲームやアプリケーションにおいて衣服の表現が見直されるようになった.布のモデリングでは,CT スキャナを使用することで,1 本1本の糸を繊維レベルで作成する研究も報告されている.しかし,現在の織物を作成する手法では,糸の毛羽立ちまで考慮さておらず,毛羽によって生じる隙間の表現ができていない.そこで本研究は,毛羽立ちによる柔らかさの表現を目的とする.具体的には,前述の研究で作成された繊維にもう 1 段階細かな毛羽を追加し,より現実の構造に近い糸を再現した.さらに...
解剖学的構造をもつ手の陰的モデリング
中田 聖人,藤代 一成
情報処理学会第79回全国大会講演論文集   4 91-92   2017年3月
手は,人体のなかでも外界と最も頻繁にインタラクションするため,きわめて誘目性の高い部位であり,近年のVRの進歩に伴い,よりリアルな動きが求められている.一般的な手のCGモデルは,表面メッシュと,そのメッシュを動かすための概念的な骨格を与えるボーンから構成されているものが多い.そのため,手の筋肉や腱等の動きに伴って生じる外見のリアルな変化を,メッシュとボーンとの重みづけだけから再現するのはきわめて困難である.そこで本研究では,骨や筋肉,腱といった手の内部構造をスカラ関数として表現し,そのよう...
TimeTubes:多次元時系列ブレーザー観測データの視覚的融合による不確実性の緩和
澤田 奈生子,中山 雅紀,Hsiang-Yun Wu,植村 誠,藤代 一成
情報処理学会第79回全国大会講演論文集   4 85-86   2017年3月
天文学者は長期間,ブレーザーとよばれる天体を観測してきた.ブレーザーの分類には,観測された多次元時系列データの変化を解析する必要がある.天文学者は専ら散布図とアニメーションを組み合わせて利用してきたが,それらだけではデータを詳細に解析することは困難である.我々は先行研究で,TimeTubesとよばれる,相異なる時間依存変数の相関をインタラクティブに解析できる新しい可視化手法を提案した.本研究では,複数の観測所からの同一天体データを融合することにより,TimeTubesで扱うデータ自体が誤差...

書籍等出版物

 
藤代 一成,奥富 正敏 (担当:分担執筆, 範囲:CG系編集委員長,3-8(ボリュームレンダリング),9-1(CGと画像処理の融合))
東京・画像情報教育振興協会   2017年3月   ISBN:978-4-903474-57-1
CGおよび画像処理の本格的入門書.旧版を13年ぶりに全面改訂.CG/画像処理エンジニア検定ベーシックに準拠.
Proceedings of the 5th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing (IEVC2017)
KODAMA Mei, NAGAHASHI Hiroshi, FUJISHIRO Issei, MINH Dam Quang, TANAKA Kiyoshi (担当:共編者, 範囲:General Chair)
IIEEJ, Tokyo, Japan   2017年3月   
These are Proceedings of the 5th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing, which was held in FPT University, Da Nang, Vietnam on March 1--3, 2017.
Proceedings of Seventh International Workshop on Topology-Based Methods in Visualization (TopoInVis2017)
CARR Hamish, FUJISHIRO Issei, SADLO Filip, TAKAHASHI Shigeo (担当:共編者, 範囲:Woroshop Co-Chair)
Keio University, Mita, Tokyo, Japan   2017年2月   
These are proceedings of Seventh International Workshop on Topology-Based Methods in Visualization, which was held in Keio University, Mita Campus on February 27-28, 2017.
Proceedings of NICOGRAPH International 2016
MAO Xiaoyang, JIN Xiaogang, MURA Gianluca, LI Jianjun, FUJISHIRO Issei (担当:共編者, 範囲:Conference Co-chair)
CPS   2016年7月   ISBN:978-1-5090-2305-9
These are proceedings of SAS NICOGRAPH International 2016, which was held in Hangzhou, China during 6-8 July 2016.
Fujishrio served as co-chair for the conference. All the papers are available also through IEEE Explorer.
FUJISHIRO Issei, PAN Zhigeng, THALMANN Nadia Magnenat, OSHITA Masaki, YANG Xubo, YANG Hyun Seung, SPENCER Sptephen N. (担当:共編者, 範囲:Conference Chair)
ACM, New York, NY, USA   2015年10月   ISBN:978-1-4503-3940-7
VRCAI is an annual ACM SIGGRAPH-sponsored international conference on virtual reality continuum and its applications in industry. VRCAI 2015 took place during October 30th to November 1st in Kobe, co-located with ACM SIGGRAPH Asia 2015. These proc...

講演・口頭発表等

 
Panel [招待有り]
ITOH Takayuki, KOYAMADA Koji, FUJISHIRO Issei, LIU Shixia, YUAN Xiaoru, ZHANG Jinwan, CHEN Li
The First Chinese-Japanese Joint Visualization Workshop   2017年7月24日   Peking University
This panel focuses mainly on possible collaborative research between China and Japan.
FUJISHIRO Issei
The First Chinese-Japanese Joint Visualization Workshop   2017年7月24日   Peking University
Innovative Areas called “Initiative for High-Dimensional Data-Driven Science through Deepening of Sparse Modeling” (http://sparse-modeling.jp/index_e.html). In this project, I have been heading a planned visualization research project with a prima...
可視化の数理—注目と誘目のサイエンス— [招待有り]
藤代 一成
日本計算工学会 不確かさのモデリング・シミュレーション法に関する研究会第10回会合   2017年7月4日   日本計算工学会
通常の投影型ディスプレイを用いてボリュームデータを可視化するには,フィールド値に色や反騰明度を割り当てて投影変換するしかない.その際に生じるモデリングやシミュレーション・計測データ解釈の不確実さをできる限り取り除き,重要な特徴を解析者に注目させ,また誘目するための離散微分位相幾何学アプローチの概要を紹介した.
堀井 絵里, 藤代 一成
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2017   2017年6月24日   画像電子学会・情報処理学会・映像情報メディア学会
本研究では,管楽器を演奏するキャラクタの吹奏アニメーションを,音楽に容易に同期させるため,音源から自動的に運指のアニメーションを生成することを目指す.より具体的には,ウインドシンセサイザを用いて作成したMIDI 音源を解析することにより,吹奏の情報を得る.得られた情報をキャラクタの指や腕,および管楽器のピストンやスライドに適用することにより,運指が音源に同期した,自然な吹奏アニメーションを実現する.ポスタNo.41として発表.
篠崎紗衣子, 中山 雅紀, 藤代 一成
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2017   2017年6月23日   画像電子学会・情報処理学会・映像情報メディア学会
本発表では,2 次元平面上に縦横の方向性をもたせた繊維を配置し,繊維同士をつなげて繊維のシート(紙繊維シート)を生成する.さらにシートにはシートを充填する填料,繊維の回転に反発するヒンジばねのモデルを組み込み,シートに力が加えられたときこれらに発生する力学的な作用を考慮して破断のシミュレーションを行う.ポスタNo.33として発表.

Works

 
その他   2017年5月
2016年11月29日(日).私学の雄,早稲田大学と慶應義塾大学が神宮球場でも,秩父宮ラグビー場でもなく2016年後期CG-ARTS検定の場で熱き戦いを繰り広げた.これまでも,毎年各校で受験していたが,奇しくも,今回は早慶理工学部3年生それぞれ40人の学生が「CGエンジニア検定エキスパート」を受験した.本レポートは,「CG-ARTS検定 華の早慶戦」と題し,担当教員の早稲田大学森島教授,慶應義塾大学藤代教授にその結果を見ながら,戦いの総括をしていただいた.
5.3 主専攻指導教員から送る言葉
藤代一成   その他   2017年3月
岡田 真人   その他   2015年8月 - 2015年8月
今話題の情報処理技術・スパースモデリング.スパースとは「すかすか」,「少ない」を意味し,少ない情報から全体像を的確にあぶり出すという,まるで名探偵のような数式だ.MRIの撮影時間を3分の1に短縮し,過去の津波到達範囲の判別につながる方法を開発.さらにはブラックホールの正体にも迫ろうとしている.複雑な事がらをスパース(すかすか)にすることで本質を浮かび上がらせるという魔法の数式に迫る(番組紹介).関連する科研費新学術領域計画研究の一つとして可視化班の研究テーマが紹介された.
五十嵐 悠紀   その他   2015年5月
計算法科学データ可視化分析統合環境を開発する科研費基盤研究(A)の目的と計算法科学の社会的インパクトについてわかりやすく紹介した.
五十嵐 悠紀   その他   2015年5月
2015年3月に,全面的に改訂・出版された書籍「コンピュータグラフィックス」の内容とその狙いについて,編集委員長の立場からわかりやすく説明した.

競争的資金等の研究課題

 
スパースモデリングを促進する可視化基盤の強化
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2013年7月 - 2018年3月    代表者: 藤代一成
本研究は,スパースモデリングにより抽出されたデータの十数から数十次元の説明変数を,可視化を用いてさらに2,3,4 次元まで圧縮し,所与の問題を記述する物理スペースにおけるデータの振舞いを視覚的に理解させる情報スペースに変換する基盤技術を構築する.ここでは,そのデータ解析処理に対し明示的に解析者の視覚的フィードバックを取り込み,スパースモデリングに基づく高次元データの解析処理において,人の対話処理が可能となるHuman-in-the-Loop を実現し,データ駆動科学に対し大幅な促進を図る.
スパースモデリングと高次元データ駆動科学創成への支援と広報
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2013年7月 - 2018年3月    代表者: 岡田真人
とどまることを知らない計測技術の向上が大量の高次元観測データを日々生み続けている.また,生命情報科学のように,各論的なデータ科学が推進される中,天文学における高次元データ解析手法が,全く対象とスケールの異なる生命科学でも有効に働くような状況に遭遇する.こうした多様な視点の導入は様々な場面で革新的展開を生み出す原動力となっている.本計画研究では,多様な視点の導入による革新的展開を引き起こす方法論として,スパースモデリングに着目する.右図下のように,理科第2分野に属する生物学・地学の幅広い分野...
計算法科学データ分析可視化統合環境の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 藤代一成
本研究では,計算法科学データ分析可視化統合環境を開発する.まず殺傷事件に限定して,その捜査・鑑定から裁判に至るライフサイクル全体を対象とした法科学オントロジーを定義する.次に,専用の法医学マークアップ言語を設計し,そのオーサリングツールとブラウザを開発する.これにより鑑定タスクは標準化され,解剖や現場検証に跨がる複雑な証拠データ間の相互関係を明らかにする分析可視化が自動的に実行される.さらに過去の事案に関する膨大な法科学データとその出自をリポジトリ化し,個人情報の秘匿性を保持しつつ,統計的...
「似合う」への計算論的アプローチ-視線・生体情報と統計学習に基づく衣服の評価法
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 茅暁陽
本研究は,大量の衣服のなかから個人に最も「似合う」ものを自動選択する技術の開発を目的とする.ある衣服が特定の個人に似合うか否かは,体型,嗜好,着心地,流行,職業など様々な要因が複雑に絡むため,これを包括的に評価できる工学的方法はこれまで確立されていなかった.我々は,「似合う」という関係が,本来二つ以上の相異なる要因同士が互いに調和する状態をさす点に着目し,この調和関係を事例データから機械学習する計算論的アプローチを新たに提案する.
トリックアート原理に基づく簡易マルチディスプレイ3次元映像表示環境の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 藤代一成
安価ながら効果的な3次元表示を可能にするディスプレイシステムの開発は,今日のビジュアルコンピューティング分野におけるきわめて重要な課題の一つである.本研究では,近年大きく注目されている3次元トリックアートの錯視効果に着目し,市販の狭額タブレット画面を2枚L字状に配置し,内蔵カメラで追跡するユーザ視線に合わせ表示コンテンツをリアルタイムに微調整するだけで,個人を対象とした3次元映像表示を手軽に実現できる環境を提案する.試験的に実装するシステム2例に対して視線追跡評価実験を行い,被験者が表示対...