清末 知宏

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/11 10:20
 
アバター
研究者氏名
清末 知宏
 
キヨスエ トモヒロ
所属
学習院大学
部署
理学部 生命科学科
職名
教授
学位
博士(理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
現在
学習院大学 理学部 生命科学科 教授
 
2007年
 - 
2009年
香川大学 研究推進機構 総合生命科学研究センター 准教授
 
2003年
 - 
2007年
香川大学 総合生命科学実験センター 助教授
 
2000年
 - 
2003年
香川大学 遺伝子実験施設 助教授
 
2000年
 - 
2003年
岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 客員助教授
 

学歴

 
1987年
 - 
1992年
筑波大学大学院  生物科学研究科 生物学専攻
 
1983年
 - 
1987年
筑波大学 第二学群 生物学類
 

受賞

 
2011年
日本ナス科・ウリ科ゲノム合同国際シンポジウム 優秀ポスター発表賞
 
2001年
日本植物細胞分子生物学会 奨励賞
 
1988年
日本工業新聞 独創性を拓く先端技術学生論文 最優秀賞・文部大臣賞
 

Misc

 
Miyazaki, Y., Jikumaru, Y., Takase, T., Saitoh, A., Sugitani, A., Kamiya, Y., and Kiyosue, T.
Plant Cell Rep.   35(2) 455-467   2016年   [査読有り]
Takase, T., Miyazaki, T., Yasuhara, M., Mitsui, S., and Kiyosue, T.
Plant Biotech.   32 273-280   2015年   [査読有り]
Saitoh, A., Takase, T., Kitaki, H., Miyazaki, Y., and Kiyosue, T.
Plant Signal. Behav.   10 e1071752   2015年   [査読有り]
Gene expression profile of Arabidopsis plants that overexpress ZEITLUPE/ LOV KELCH PROTEIN1: up-regulation of auxin-inducible genes in hypocotyls
Saitoh, A., Takase, T., Kitaki, H., and Kiyosue, T.
Plant Biotech.   32 257-261   2015年   [査読有り]
Overexpression of LOV KELCH PROTEIN 2 confers dehydration tolerance and is associated with enhanced expression of dehydration-inducible genes in Arabidopsis thaliana
Miyazaki, Y., Abe, H., Takase, T., Kobayashi, M., and Kiyosue, T.
Plant Cell Rep.   34 843-852   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
光と生命の事典「ZTL/LKP2/FKF1光受容体」
朝倉書店   2016年   
植物の百科事典「植物のはたらき 調節機構 外因光(光屈性)、温度、湿度」
朝倉書店   2009年   
ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー「植物の概日時計、花成時期制御とユビキチン」
共立出版   2006年   
植物のシグナルトランスダクションー分子機構と実験法ー 「ディファレンシャルスクリーニングを用いたcDNAのクローニング」
東京化学同人   1997年   
蛋白質核酸酵素 「植物におけるプロリン合成と水ストレス耐性」
共立出版   1997年   

講演・口頭発表等

 
CLEペプチドオルソログの分子進化に関わる因子の検索
平川有宇樹、千代田夏実、打田直行、清末知宏
日本植物学会第81回大会   2017年9月8日   
シロイヌナズナ早咲き変異体ef1の解析
高瀬智敬、矢作道枝、清末知宏
日本植物学会第80回大会   2016年   
シロイヌナズナ新規花成抑制因子EF1の機能解析
高瀬智敬、矢作道枝、清末知宏
第34回 日本植物細胞分子生物学会   2016年   
明所・高温条件でのZEITLUPEによる胚軸伸長促進について
齋藤彩、高瀬智敬、清末知宏
第34回 日本植物細胞分子生物学会   2016年   
青色光受容体ZTLがシロイヌナズナの胚軸伸長に及ぼす影響
第56回 日本植物生理学会年会   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
シロイヌナズナ花成抑制遺伝子(EF1)のマイクロトムへの導入
筑波大学「形質転換植物デザイン研究拠点」共同利用・共同研究: 
研究期間: 2016年 - 2017年
シロイヌナズナ光周性花芽形成時期制御遺伝子によるジャガイモの塊茎形成制御
筑波大学「形質転換植物デザイン研究拠点」共同利用・共同研究: 
研究期間: 2010年 - 2012年
高等植物の塩・乾燥ストレス耐性の概日リズムによる制御
ソルト・サイエンス研究財団: 
研究期間: 2008年 - 2009年
時計遺伝子制御による植物への乾燥ストレス耐性の付与
南海育英会教育研究助成: 
研究期間: 2007年 - 2008年
高等植物の概日リズム制御による乾燥ストレス耐性植物の作出
香川大学地域貢献推進経費(学長裁量経費): 
研究期間: 2007年 - 2008年

特許

 
特許第5228169号 : 植物の塊茎形成を制御するための塊茎形成制御ベクター、塊茎形成が制御された植物の製造方法および植物
清末知宏、小倉康裕、乾秀之
特許第4452876号 : LKP2部分cDNAを用いた遺伝子導入による植物体の種子収量、乾燥重量の制御
清末知宏
Atty.Docket No.02307O-086100US, UC Case No. 98-251-1 : Nucleic acid that control seed and fruit development in plants.
Fischer, R.L., Ohad, N., Kiyosue, T., Yadegari, R., Margossian, L., Harada,J., Goldberg R.B.