古石 誉之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/27 21:48
 
アバター
研究者氏名
古石 誉之
 
フルイシ タカユキ
所属
星薬科大学
部署
薬学部 薬品物理化学教室
職名
助教
学位
修士(薬学)(星薬科大学), 博士(薬学)(日本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年6月
 - 
2017年5月
Julius-Maximilians-Universität Würzburg Chair for Drug Formulation and Delivery, Institute for Pharmacy and Food Chemistry Visiting Scientist
 
2011年4月
 - 
現在
星薬科大学 薬学部 薬品物理化学教室 助教
 
2010年4月
 - 
2011年3月
日本大学 薬学部 薬学科 薬剤学ユニット 助教
 
2004年4月
 - 
2010年3月
日本大学  薬学部 生物薬学科 薬剤学研究室 助手
 
2001年11月
 - 
2004年3月
トーアエイヨー株式会社  研究部 製剤技術センター 製剤研究課  研究員
 

学歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
星薬科大学 大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
星薬科大学 薬学部 薬学科
 

受賞

 
2017年9月
日本薬学会関東支部 第61回日本薬学会関東支部大会優秀口頭発表賞 双性イオンを用いたEpalrestatの共結晶化と光安定性の改善
受賞者: 梅田大貴、Okky Dwichandra Putra、郡司美穂子、 古石誉之、福澤薫、植草秀裕、米持悦生
 
2016年11月
Asian Crystallographic Association Best Poster Award, the 14th Conference of the Asian Crystallographic Association Structural Characterization and Physicochemical Properties Evaluation of Epalrestat-Caffeine Cocrystal
受賞者: Daiki Umeda, Okky D. Putra, Mihoko Gunji, Hiromasa Nagase, Takayuki Furuishi, Kaori Fukuzawa, Hidehiro Uekusa, Etsuo Yonemochi
 
2015年10月
日本薬学会関東支部 優秀ポスター賞 計算化学を用いたCyclomaltononaose(δ-CD)とコール酸類縁化合物との相互作用の解析
受賞者: 福地理沙、田嶋沙也佳、小高玄渡、柴崎賢司、塚本真依、矢賀祐介、郡司美穂子、遠藤朋宏、古石誉之、長瀬弘昌、米持悦生
 
2013年4月
星薬科大学 大谷記念賞 シクロデキストリンを用いたエパルレスタットの溶解性および経皮吸収性の向上
 

論文

 
Putra Okky Dwichandra, Umeda Daiki, Nugraha Yuda Prasetya, Furuishi Takayuki, Nagase Hiromasa, Fukuzawa Kaori, Uekusa Hidehiro, Yonemochi Etsuo
CRYSTENGCOMM   19(19) 2614-2622   2017年5月   [査読有り]
Furuishi T, Takahashi S, Ogawa N, Gunji M, Nagase H, Suzuki T, Endo T, Ueda H, Yonemochi E, Tomono K
European journal of pharmaceutical sciences : official journal of the European Federation for Pharmaceutical Sciences   106 79-86   2017年5月   [査読有り]
Katsura S, Yamada N, Nakashima A, Shiraishi S, Gunji M, Furuishi T, Endo T, Ueda H, Yonemochi E
Chemical & pharmaceutical bulletin   65(4) 373-380   2017年   [査読有り]
Okky Dwichandra Putra, Takayuki Furuishi, Etsuo Yonemochi, Katshuhide Terada, Hidehiro Uekusa
Crystal Growth and Design   16 3577-3581   2016年7月
© 2016 American Chemical Society.An interesting multicomponent crystal consisting of drug-drug combination was synthesized. The multidrug crystals consisted of antidiabetic drugs glicalzide and metformin. Single crystal X-ray structure analysis re...

Misc

 
EpalrestatとCaffeineの共結晶の構造と物理化学的特性の検討
梅田 大貴, Putra Okky D., 郡司 美穂子, 長瀬 弘昌, 古石 誉之, 福澤 薫, 植草 秀裕, 米持 悦生
日本薬学会年会要旨集   137年会(2) 252-252   2017年3月
コール酸類との包接複合体形成に基づくCyclomaltononaose(δ-CD)生成率の改善
郡司 美穂子, 西岡 夏生, 小高 玄渡, 渡邉 茉莉子, 遠藤 朋宏, 古石 誉之, 福澤 薫, 米持 悦生
日本薬学会年会要旨集   137年会(2) 261-261   2017年3月
ベンズブロマロンとイソニコチンアミドの分子複合体化の検討
浜口 慧太朗, 古石 誉之, 郡司 美穂子, 遠藤 朋宏, 福澤 薫, 長瀬 弘昌, 米持 悦生
日本薬学会年会要旨集   137年会(2) 263-263   2017年3月
崩壊助剤タンニン酸を用いたOD錠の製剤設計
水上 明仁, 山本 芹菜, 角田 陽祐, 中島 宣明, 島谷 隆夫, 郡司 美穂子, 古石 誉之, 福澤 薫, 米持 悦生
日本薬学会年会要旨集   137年会(4) 55-55   2017年3月
バルサルタンとアテノロールからなる非晶質複合体の経皮吸収製剤の処方最適化
畠 菜々望, 瀧谷 拓人, 香野 隼汰, 渡辺 みのり, 古石 誉之, 郡司 美穂子, 福澤 薫, 米持 悦生
日本薬学会年会要旨集   137年会(4) 64-64   2017年3月

講演・口頭発表等

 
Effect of β-cyclodextrin derivatives on the dissolution behavior and skin permeation of the epalrestat
Takayuki Furuishi, Noriko Ogawa, Mihoko Gunji, Toyofumi Suzuki, Tomohiro Endo, Lorenz Meinel, Kazuo Tomono, Etsuo Yonemochi
2nd European Conference on Pharmaceutics   2017年4月4日   
Transdermal absorption of a non-crystalline mixture between flurbiprofen and lidocaine
Takayuki Furuishi, Mihoko Gunji, Kaori Fukuzawa, Lorenz Meinel, Etsuo Yonemochi
21st Annual Meeting CRS - German Local Chapeter   2017年3月2日   
Structural Characterization and Physicochemical Properties Evaluation of Epalrestat-Caffeine Cocrystal
Daiki Umeda, Okky D. Putra, Mihoko Gunji, Hiromasa Nagase, Takayuki Furuishi, Kaori Fukuzawa, Hidehiro Uekusa, Etsuo Yonemochi
The 14th Conference of the Asian Crystallographic Association   2016年12月7日   
EPR-CAFの共結晶の物理化学的特性と構造評価
梅田大貴、Okky D. Putra、郡司美穂子、長瀬弘昌、古石誉之、福澤薫、遠藤朋宏、植草秀裕、米持悦生
オレオナノサイエンス部会シンポジウム2016   2016年11月13日   
バルサルタン/アテノロール非晶質複合体による経皮吸収性の改善
畠菜々望、瀧谷拓人、利根川諒、香野隼汰、渡辺みのり、古石誉之、郡司美穂子、遠藤朋宏、福澤薫、米持悦生
オレオナノサイエンス部会シンポジウム2016   2016年11月13日   

競争的資金等の研究課題

 
セサミノールの可用性および安定性を両立する製剤化検討
星薬科大学: 平成25年度星薬科大学先導的プロジェクト
研究期間: 2013年9月 - 2014年8月    代表者: 古石 誉之
シクロデキストリンを用いたエパルレスタットの溶解性および経皮吸収性の向上
星薬科大学: 平成25年度星薬科大学大谷記念賞
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 古石 誉之
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 古石 誉之
新規イオン液体型分子複合体の作製を,非ステロイド性消炎鎮痛剤と局所麻酔薬との組み合わせでスクリーニングを行ったところ,フルルビプロフェンとリドカインとの組み合わせにおいて,室温で液体状態を保つことができる化合物を得ることができた.この液体状態の組み合わせについて,熱分析(DSC)を用いて測定したところ,単味由来の吸熱ピークは消失し,-12℃付近にガラス転移点が確認できた.また,FTIRを用いて測定したところ,フルルビプロフェンのカルボキシル基に由来するピークがシフトする様子が観察された.次...
カプリル酸モノグリセリドおよびミリスチン酸イソプロピルが非麻薬性鎮痛剤の経皮吸収性に与える影響
日本大学薬学部校友会: 4. 平成20年度日本大学薬学部校友会研究奨励金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 古石 誉之

特許

 
古石 誉之, 伴野 和夫, 鈴木 豊史, 深水 啓朗, 國増 宏二
古石 誉之, 伴野 和夫, 鈴木 豊史, 深水 啓朗, 國増 宏二
古石 誉之, 伴野 和夫, 鈴木 豊史, 深水 啓朗, 國増 宏二
古石 誉之, 伴野 和夫, 鈴木 豊史, 深水 啓朗
古石 誉之, 伴野 和夫, 鈴木 豊史, 深水 啓朗
深水 啓朗, 伴野 和夫, 鈴木 豊史, 古石 誉之
古石 誉之, 南 邦弘, 箕輪 貴志, 小峰 美穂, 木村 邦彦
古石 誉之, 南 邦弘, 箕輪 貴志, 小峰 美穂, 木村 邦彦