大野 和則

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:27
 
アバター
研究者氏名
大野 和則
 
オオノ カズノリ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/474fd6a045ba0bd54573a3c32ad18f79.html
所属
東北大学
部署
未来科学技術共同研究センター 産業連携促進研究プロジェクト
職名
助教
学位
博士(工学)(筑波大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2009年
   
 
2009 IEEE Annual Workshop on Safety, Security and Rescue Robots (SSRR 2009)  プログラム委員(アジア地区)
 
2009年
   
 
日本ロボット学会  「レスキューロボット」特集号編集員
 
2007年
 - 
2008年
日本ロボット学会特集号「ロボットの3次元環境認識と行動生成」  特集号担当委員
 
2008年
 - 
2009年
ROBOMEC2009プログラム委員  委員
 

受賞

 
2008年
競基弘賞
 
2005年
日本ロボット学会研究奨励賞
 
2009年
The 13th RoboCup World Championship Certificate (2009)
 
2006年
FANシンポジウム ベストプレゼンテーション賞
 
2007年
RoboCupRescue Robot League SICE International Award (Best mobility)
 

Misc

 
レスキューロボットの研究開発と性能評価
大野和則
日本機械学会誌 社団法人日本機械学会      2007年
Dense 3D Map Building based on LRF data and Color Image Fusion
Kazunori Ohno, Satoshi Tadokoro
Proc. of IEEE/RSJ Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems   1774-1779   2005年
投光型距離センサを用いた三次元SLAM
大野 和則・竹内 栄二朗・坪内 孝司
26(4) 306-309   2008年
Real-Time Robot Trajectory Estimation and 3D Map Construction using 3D Camera
Kazunori Ohno, Takafumi Nomura, Satoshi Tadokoro
IEEE/RSJ Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems      2006年
"Semi-autonomous Control System of Rescue Crawler Robot Having Flippers for Getting Over Unknown-Steps,"
Kazunori Ohno, Shouich Morimura, Satoshi Tadokoro, Eiji Koyanagi and Tomoaki Yoshida
Proc. of IEEE/RSJ Inc. Conf. on Intelligent Robots and Systems      2007年

講演・口頭発表等

 
クローラ型ロボットのための分布触覚センサ第5報:センサの校正と段差接触位置の計測
第25回日本ロボット学会学術講演会   2007年   
フリッパ付きクローラロボットのための分布的接触センサの開発と接触力検出性能の評価
第25回日本ロボット学会学術講演会   2007年   
移動障害物の存在する環境下で静止物体の密な三次元形状を短時間に計測可能な三次元スキャナの開発
第25回日本ロボット学会学術講演会   2007年   
フリッパ付きクローラロボットの半自律に向けた接触センシングの構想
ROBOMEC07   2007年   
クローラの半自律不整地踏破のための実時間三次元地形計測に基づくフリッパ制御則の検討
ROBOMEC07   2007年   

Works

 
RoboCupRescue2007世界大会 総合2位
2007年
RoboCupRescue2007世界大会 モビリティ部門優勝
2007年
自律と操縦が融合したインテリジェント立ち乗り電動モビリティシステ
2007年 - 2012年
閉鎖空間内を高速移動計測マッピングするRTシステム
2006年 - 2011年
「屋外を走行する自律移動体の自己位置計測手法の定式化に関する研究」
2003年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
ロボットの自律知能
その他の研究制度
研究期間: 2005年 - 2009年
レスキューロボット
その他の研究制度
研究期間: 2006年 - 2010年