小金澤 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:28
 
アバター
研究者氏名
小金澤 雅之
 
コガネザワ マサユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/bad7ea2d675586abe674eedc6aca3d82.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 脳機能解析構築学講座 脳機能遺伝分野
職名
准教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年
   
 
日本動物学会  理事
 
2015年
   
 
日本比較生理生化学会  編集委員会委員
 
2012年
 - 
2016年
日本動物学会東北支部  庶務幹事
 
2011年
 - 
2015年
日本比較生理生化学会  評議員
 
2008年
   
 
日本味と匂学会  評議員
 

Misc

 
Koganezawa M., Kimura K., Yamamoto D.
Current Biology   26 1395-1403   2016年
Genes and circuits of courtship behaviour in Drosophila males
Yamamoto, D., Koganezawa, M.
Nature Reviews Neuroscience   14 681-692   2013年
Yasemin B. Yilmazer, Masayuki Koganezawa, Kosei Sato, Jinhua Xu & Daisuke Yamamoto
Nature Communications   7    2016年
Neuroethology of male courtship in Drosophila: from the gene to behavior
Yamamoto D., Sato K., Koganezawa M.
Journal of Comparative Physiology A   200 251-264   2014年
in vivo optical recording of brain interneuron activities from a Drosophila male on a treadmill
Kohatsu, S., Koganezawa, M., Yamamoto, D.
Genetically Encoded Functional Indicators Humana Press Springer   103-112   2012年

書籍等出版物

 
Methods in Molecular Biology, vol.1068, Tohara K Ed.
Springer   2013年   
Pheromone Signaling: Methods in Molecular Biology
2013年   
昆虫ミメティックス〜昆虫の設計に学ぶ〜
NTS   2008年   

講演・口頭発表等

 
セロトニンによるショウジョウバエ経験依存的求愛行動の調節とその神経基盤
新学術領域「適応回路シフト」第4回領域会議   2016年   
Sexually dimorphic neural circuitry that functions as a switch for courtship versus aggression in Drosophila.
The 22nd International Congress of Zoology   2016年   
求愛と攻撃の相反性を実現するショウジョウバエ脳内神経回路
2016年度行動遺伝学研究会「個体の繋がりの分子進化研究」   2016年   
Central brain neurons controlling courtship and aggression in Drosophila melanogaster.
JSCPB 2016 Tokyo(日本比較生理生化学会第38回年会)   2016年   
ショウジョウバエの攻撃と求愛の切替を行う脳内神経回路
平成28年度日本動物学会東北支部大会   2016年   

Works

 
動物のスケールフリー行動の一般性とその基本原理の探索
2009年 - 2011年
精神薬理学と数理行動学の融合によるスケールフリー行動発現の中枢機構の探索
2007年 - 2008年
スケールフリー行動発現の分子・神経基盤の解明
2005年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
ショウジョウバエ求愛行動の神経行動学
研究期間: 2006年   
動物のスケールフリー行動
研究期間: 2001年   
昆虫の化学感覚の分子メカニズム
研究期間: 1993年