塩入 諭

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:28
 
アバター
研究者氏名
塩入 諭
 
シオイリ サトシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0d113a875cb88ba1e431e8c8adeee021.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 人間情報システム研究部門 高次視覚情報システム研究室 高次視覚情報システム研究分野
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2008年
   
 
日本視覚学会  会長
 
2007年
   
 
Asia Pacific Conference on Vision 2008  共同議長
 
1999年
 - 
2007年
日本視覚学会  庶務幹事
 
2003年
 - 
2006年
映像情報メディア学会  ヒューマンインターフェース研究部会委員長
 
1996年
 - 
1999年
日本光学会  視覚研究グループ庶務幹事
 

受賞

 
2003年
応用物理学会光学論文賞受賞
 
2000年
映像情報メディア学会丹生高柳著述賞受賞
 
1999年
照明学会論文賞受賞
 
1988年
Fight for Sight ARVO '87 Best Poster Award
 

Misc

 
Motion in depth based on inter-ocular velocity differences
Satoshi SHIOIRI Hirotaka Saisho and Hirohisa YAGUCHI
Vision Research   40(19) 2565-2572   2000年
Measuring attention using flash-lag effect
Shioiri, S., Yamamoto, K., Oshida, H., Matsubara, K., and Yaguchi, H.
Journal of Vision      2010年
ISI produces reverse apparent motion
Satoshi SHIOIRI and Patrick CAVANAGH
Vision Research   30(5) 757-768   1990年
Motion mechanisms with different spatiotemporal characteristics identified by an MAE technique with superimposed gratings
Shioiri, S., Matsumiya, K.
Journal of Vision   9(5) 1-15   2009年
Ichiro Kuriki, Shingo Nakamura, Pei Sun, Kazumichi Matsumiya, Kenichi Ueno, Keiji Tanaka, Satoshi Shioiri and Kang Cheng.
IEICE Trans. A   E94-A(2) 473-479   2011年

書籍等出版物

 
視覚II
朝倉書店   2007年   
Three-Dimensional Television, Video, and Display Technologies
Springer, Berlin   2002年   
視覚情報ハンドブック,日本視覚学会編
朝倉書店   2000年   
3次元画像と人間の科学
オーム社   2000年   
眼球運動の実験心理学
名古屋大学出版会   1993年   

講演・口頭発表等

 
Isolation of binocular cues for motion in depth
Asia-Pacific Conference on Vision   2011年   
Effects of a seen hand on visuo-haptic motion processing
Asia-Pacific Conference on Vision   2011年   
Spatiotemporal characteristics for the depth from luminance contrast
Asia-Pacific Conference on Vision   2011年   
Contextual cuing effect with self motion
Association for the Scientific Study of Consciousness   2011年   
Eye movement differences between implicit and explicit contextual cuing effects
Association for the Scientific Study of Consciousness   2011年   

Works

 
視覚的注意の捕獲現象の研究
2002年 - 2003年
奥行運動に対する両眼立体視特性の検討
2000年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
視覚処理の階層性と並列性
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2004年
視覚の意識的処理と無意識的処理
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2004年
視覚的注意特性の評価とモデル化
脳科学研究
研究期間: 1994年 - 1994年
視覚の意識的処理と無意識的処理の役割
視覚処理の多くは,意識されない処理の結果と考えられるが,注意の介在など明らかに意識過程の影響も存在する,両者の違いがどこにあるかについていかに研究するかは,脳研究の大きな問題であると考える.我々は主に心理物理学的手法での研究を進めているが,他の様々なアプローチとの協調的研究ができることが望ましい.
視覚的注意モデルを利用した映像,視環境評価
様々な映像,視環境,対象(高齢者,障害者など)における注意,視線の移動を評価できる人間の視覚的注意のモデル化を試みる.