松宮 一道

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:28
 
アバター
研究者氏名
松宮 一道
 
マツミヤ カズミチ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b66208903142d8dc4575655a2e549639.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 ブレインウェア研究開発施設 認識・学習システム研究室
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2001年
カナダ・ヨーク大学視覚研究所 博士研究員
 
2002年
 - 
2003年
東京工業大学像情報工学研究施設 研究機関研究員
 
2004年
 - 
2005年
ATR人間情報科学研究所 専任研究員
 
2014年
   
 
- 東北大学電気通信研究所 准教授
 
2007年
 - 
2014年
東北大学電気通信研究所 助教
 

学歴

 
 
 - 
2000年
東京工業大学 総合理工学研究科 物理情報工学専攻
 

委員歴

 
2013年
   
 
第10回アジア環太平洋視覚会議実行委員会  会計
 
2014年
   
 
映像情報メディア学会編集委員会  部門委員
 
2008年
   
 
映像情報メディア学会  映像情報メディア学会誌の臨時論文査読委員
 
2006年
   
 
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  現地世話人
 
2012年
 - 
2013年
日本光学会  幹事
 

受賞

 
2017年
第13回(平成28年度)日本学術振興会賞
 
2016年
石田實記念財団・研究奨励賞
 
2012年
日本視覚学会・鵜飼論文賞
 
2010年
日本視覚学会ベストプレゼンテーション賞
 
2010年
Distinguished Contributed Paper of the 2010 Society for Information Display (SID) International Symposium
 

Misc

 
空間知覚の理解へ向けて-イアン・ハワード先生の研究から学ぶこと-
近江雅雄,金子寛彦,松宮一道,佐藤雅之
VISION   25(4) 167-175   2013年
Moving one’s own body part induces a motion aftereffect anchored to the body part
Matsumiya K, Shioiri S
Current Biology   24(2) 165-169   2014年
2008年光学界の進展(15. 視覚光学)
松宮一道
光学   38(4) 197-199   2009年
Seeing a haptically explored face: visual facial expression aftereffect from haptic adaptation to a face
Matsumiya K
Psychological Science   24(10) 2088-2098   2013年
見たいものと見えるもの〜動きの知覚について〜
塩入 諭,松宮一道
映像情報メディア学会誌   60(7) 1018-1023   2006年

書籍等出版物

 
映像情報メディア工学総合大事典
2010年   
講座 感覚・知覚の科学② 視覚Ⅱ
朝倉書店   2008年   
アクティブ・ビジョン—眼球運動の心理・神経科学
北大路書房   2006年   

講演・口頭発表等

 
サッカード後のターゲットブランクによる視覚輝度経路の選択的促進
第8回多感覚研究会   2016年   
L字型画面における速度表示が観察者の映像認知に及ぼす影響
第18回日本感性工学会大会   2016年   
Correlation analysis of EEG signals for divided attention
平成28年度電気関係学会東北支部連合大会   2016年   
Implicit learning of a penalty rule in visual search
平成28年度電気関係学会東北支部連合大会   2016年   
脳活動の共分散構造解析を用いたユニーク色情報の生起部位に関する検討
日本視覚学会2016年夏季大会   2016年   

Works

 
視線行動に基づいた心の中の身体の可視化と身体適正化を支援する基盤技術の創成
2016年 - 2020年
歩容意図行動モデルに基づいた人物行動解析と心を写す情報環境の構築
2010年 - 2016年
自己身体表象を考慮した人間のマルチモーダル感覚知覚処理機構の解明とモデル化:視覚と触覚のインタラクション
2010年 - 2013年
自動車運転時の空間認知エラーに関する研究
2002年 - 2003年
Size constancy in face discrimination: synthetic faces & principal components
2002年

競争的資金等の研究課題

 
視線行動に基づいた心の中の身体の可視化と身体適正化を支援する基盤技術の創成
JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2016年 - 2019年
行動発現に内在する眼球運動と関連した視覚処理機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2016年 - 2018年
人間的判断の実現に向けた新概念脳型LSI創出事業
研究期間: 2013年   
異種感覚情報の統合による手の自己所有感覚生成機構の解明とモデル化
その他の研究制度
研究期間: 2011年 - 2013年
顔の表情認知における異種感覚統合
その他の研究制度
研究期間: 2011年 - 2012年