今井 貴雄

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/26 02:42
 
アバター
研究者氏名
今井 貴雄
 
イマイ タカオ
所属
慶應義塾大学
部署
医学部生理学
職名
助教
学位
博士(理学)(大阪大学), 修士(工学)(横浜国立大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
日本学術振興会特別研究員(DC1)
 
2000年4月
 - 
2001年3月
大阪大学医学部教務補佐員
 
2001年4月
 - 
2003年12月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2004年1月
   
 
医学部生理学教室 助手
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
大阪大学 基礎工学研究科 生物工学専攻
 

委員歴

 
1995年4月
   
 
日本分子生物学会  会員
 
 
   
 
日本神経化学会  会員
 
 
   
 
日本RNA学会  会員
 
 
   
 
日本発生生物学会  会員
 

論文

 
'Origin of higher affinity to RNA of the N-terminal RNA binding domain than that of the C-terminal one of a mouse neural protein, musashi1, as revealed by comparison of their structures, modes of interaction, surface electrostatic potentials, and backbone
'Miyanoiri Y, Kobayashi H, Imai T, Watanabe M, Nagata T, Uesugi S, Okano H, Katahira M.'
Journal of Biolological Chemistry   278(48) 41309-41315   2003年8月
今井 貴雄
STEM CELLS AND DEVELOPMENT   23(18) 2250-2261   2014年9月
Regulation of PSCA expression by m-Numb in the stomach
今井 貴雄
FASEB JOURNAL   28(1) 407-421   2014年4月

Misc

 
RNA結合タンパク質による遺伝子制御と神経発生・神経機能
今井 貴雄岡野 栄之
細胞工学 6月号特集「神経細胞特異的な翻訳制御:鍵を握るRNA結合タンパク質/mRNA輸送/non-coding RNA」   31(6) 668-674   2012年   [依頼有り]
Musashi, Hu, RNA結合タンパク質による神経幹細胞制御
河原 裕憲今井 貴雄赤松 和土岡野 栄之
実験医学 増刊「ここまで進んだ幹細胞研究と再生医療2006」   24(2) 155-161   2006年   [依頼有り]
神経系の細胞における遺伝子発現の転写後調節
今井 貴雄岡野 栄之
渡辺公綱・志村令郎 編「RNA研究の最前線」   171-178   2000年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
'Musashi is required for asymmetric cell division of Drosophila sensory organ precursor cells, and possibly modified asymmetrically in non-neural precursor cell.'
'Takao Imai, Masataka Okabe, Hironori Kawahara, Keiko Nakao, Hideyuki Okano'
Japanese Drosophila Research Conference   2003年7月30日   日本ショウジョウバエ研究会
Musashi蛋白質の翻訳後修飾と神経系前駆細胞の非対称性分裂
'今井貴雄, 岡部正隆, 河原裕憲, 澤井(中尾)啓子, 岡野 栄之'
第2回科学技術振興事業団(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「生物の発生・分化・再生」公開国際シンポジウム   2003年5月   
哺乳類の神経発生におけるRNA結合蛋白質Musashiの機能解析
'芝田晋介, 榊原 伸一, 今井貴雄, 岡野ジェイムス洋尚, 岡野栄之'
第2回科学技術振興事業団(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「生物の発生・分化・再生」公開国際シンポジウム   2003年5月   
Roles of RNA-binding protein Musashi family in mammalian CNS development.
'Shinsuke Shibata, Shin-ichi Sakakibara, Takao Imai, Hirotaka J Okano and Hideyuki Okano'
2003年RNA学会年会 国際シンポジウム同時開催   2003年11月25日   日本RNA学会
小脳purkinje細胞におけるip3 receptor type 1mRNAの樹状突起への局在化機構
飯島崇利,今井貴雄,木村友喜,高月香菜子,川原茂敬,Bernstein Akan,桐野豊,岡野ジェイムス洋尚,岡野栄之
第25回日本分子生物学会   2002年12月   

競争的資金等の研究課題

 
RNA結合蛋白質Musashi1の下流標的遺伝子m-numbと幹細胞環境因子
慶應義塾大学医学部生理学教室: 慶應義塾大学医学部研究奨励費
研究期間: 2004年7月 - 2005年3月
神経幹細胞におけるMusashi1の機能解析
慶應義塾大学医学部生理学教室: 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月

特許

 
特許第3566941 : MusashiによるNumbタンパク質発現抑制剤
今井貴雄、徳永暁憲、吉田哲、御子柴克彦、中福雅人、岡野栄之