下村 武史

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
下村 武史
 
シモムラ タケシ
URL
http://www.tuat.ac.jp/~simo/
所属
東京農工大学
部署
工学研究院 応用化学部門 工学研究院 応用化学部門
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1997年
:学術振興会・特別研究員
 
1997年
 - 
1999年
:東京大学大学院工学系研究科・助手
 
1999年
 - 
2005年
:東京大学大学院新領域創成科学研究科・助手
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学 工学系研究科 物理工学専攻
 

Misc

 
Chemical Adsorption of Poly(3-alkylthiophene) on Au Using Self-Assembling Technique
T. Iida, Y. Sakai, T. Shimomura, T. Nakamura and K. Ito
Japanese Journal of Applied Physics   46(46) L1126-L1128   2007年
導電性高分子ナノファイバーのトポロジー制御と電子性キャリアの輸送現象
下村武史
機能材料   30(7) 44-49   2010年
Conductivity measurement of indivisual poly(3,4-ethylendioxythiophene)/poly(styrenesulfonate) nanowires on nanoelectrodes using manipulation with an atomic force microscope
S. Samitsu, T. Shimomura, K. Ito, M. Fujimori, S. Heike, T. Hashizume
Applied Physics Letters   86(23) 233103-1-233103-3   2005年
T. Shimomura, T. Akai, M. Fujimori, S. Heike, T. Hashizume and K. Ito
Synthetic Metals   153(1-3) 497-500   2005年
S. Samitsu, T. Iida, M. Fujimori, S. Heike, T. Hashizume, T. Shimomura and K. Ito
Synthetic Metals   152(1-3) 497-500   2005年

書籍等出版物

 
Advanced Macromolecular and Supramolecular Materials and Processes・Structure and function of polymeric inclusion complex of molecular nanotubes and polymer chains
Kluwer Academic Publishers   2002年   
Nonlinear Dielectric Phenomena in Complex Liquids・Measurement method of electric birefringence spectrum in frequency domain
Kluwer Academic Publishers   2004年   
界面・コロイドナノテクノロジー分子エレクトロニクスナノ分析・分子エレクトロニクス:分子素子を創って組み上げる(溶液中で組み上げる)
丸善   2004年   
最新 導電性高分子 全集・分子配線材料としての導電性高分子の要求特性と実用例
技術情報協会   2007年   
有機エレクトロニクスにおける分子配向技術・分子被覆導線の電子機能と集積化
シーエムシー   2007年   

講演・口頭発表等

 
導電性分子ネックレスの伝導測定
学振分子ナノテクノロジー第174委員会   2006年   
STM/AFMを用いた高分子の観察とその物性測定
高分子基礎物性研究会   2000年   
Measurement method for two-dimensional response function of electric birefringence in frequency domain
NATO Advanced Research Workshop: Nonlinear Dielectric Phenomena in Complex Liquids   2003年   
分子ナノチューブを用いた超分子構造形成と機能
第52回高分子学会年次大会   2003年   
分子配線材料としての導電性高分子
ナノバイオテクノロジーワークショップ   2003年   

Works

 
導電性高分子ナノファイバーを用いた透明導電不織布の開発
2009年6月 - 2010年3月
新しい情報処理プラットフォームのためのアクティブ原子配線網に関する研究
芸術活動   

競争的資金等の研究課題

 
導電性高分子ナノワイヤ1本のFET特性
研究期間: 2005年 - 2006年
分子被覆導線1本の電気物性
研究期間: 1999年   
DNA1本の電気物性
研究期間: 2002年   
非線形電気複屈折緩和測定装置の開発とソフトマテリアル系への応用
研究期間: 1994年   
ナノマテリアルを用いた新規デバイスの開発