竹内 昌治

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/07 11:53
 
アバター
研究者氏名
竹内 昌治
 
タケウチ ショウジ
URL
http://www.hybrid.iis.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
生産技術研究所
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京大学 生産技術研究所 教授
 
2003年5月
 - 
2014年3月
東京大学 生産技術研究所 助教授(07年4月、准教授)
 
2001年9月
 - 
2003年4月
東京大学 生産技術研究所 講師
 

論文

 
Yoshida S, Teshima T, Kuribayashi-Shigetomi K, Takeuchi S
Advanced healthcare materials   5(4) 415-420   2016年2月   [査読有り]
Oritani Y, Okitsu T, Nishimura E, Sai M, Ito T, Takeuchi S
Biochemical and biophysical research communications   470(3) 753-758   2016年2月   [査読有り]
Yoshida S, Teshima T, Kuribayashi-Shigetomi K, Takeuchi S
Advanced healthcare materials   5(4) 500   2016年2月   [査読有り]
Onoe H, Kato-Negishi M, Itou A, Takeuchi S
Advanced healthcare materials      2016年2月   [査読有り]
Kazayama Y, Teshima T, Osaki T, Takeuchi S, Toyota T
Analytical chemistry   88(2) 1111-1116   2016年1月   [査読有り]
Yasuga H, Kawano R, Takinoue M, Tsuji Y, Osaki T, Kamiya K, Miki N, Takeuchi S
PloS one   11(2) e0149667   2016年   [査読有り]
Habasaki S, Lee WC, Yoshida S, Takeuchi S
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   11(48) 6391-6396   2015年12月   [査読有り]
Hsiao AY, Okitsu T, Teramae H, Takeuchi S
Advanced healthcare materials      2015年12月   [査読有り]
Miura S, Sato K, Kato-Negishi M, Teshima T, Takeuchi S
Nature communications   6 8871   2015年11月   [査読有り]
Lee WC, Kim K, Park J, Koo J, Jeong HY, Lee H, Weitz DA, Zettl A, Takeuchi S
Nature nanotechnology   10(5) 423-428   2015年5月   [査読有り]
Yoshida S, Morimoto Y, Tonooka T, Takeuchi S
Journal of neuroscience methods   243 63-67   2015年3月   [査読有り]
Onoe H, Takeuchi S
Drug discovery today   20(2) 236-246   2015年2月   [査読有り]
Hsiao AY, Okitsu T, Onoe H, Kiyosawa M, Teramae H, Iwanaga S, Kazama T, Matsumoto T, Takeuchi S
PloS one   10(3) e0119010   2015年   [査読有り]
Tokuda T, Takahashi M, Uejima K, Masuda K, Kawamura T, Ohta Y, Motoyama M, Noda T, Sasagawa K, Okitsu T, Takeuchi S, Ohta J
Biomedical optics express   5(11) 3859-3870   2014年11月   [査読有り]
Sato K, Takeuchi S
Angewandte Chemie (International ed. in English)   53(44) 11798-11802   2014年10月   [査読有り]
Tonooka T, Sato K, Osaki T, Kawano R, Takeuchi S
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   10(16) 3275-3282   2014年8月   [査読有り]
Miura S, Banno T, Tonooka T, Osaki T, Takeuchi S, Toyota T
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   30(27) 7977-7985   2014年7月   [査読有り]
Teshima T, Onoe H, Aonuma H, Kuribayashi-Shigetomi K, Kamiya K, Tonooka T, Kanuka H, Takeuchi S
Advanced materials (Deerfield Beach, Fla.)   26(18) 2850-2856   2014年5月   [査読有り]
Teshima T, Onoe H, Kuribayashi-Shigetomi K, Aonuma H, Kamiya K, Ishihara H, Kanuka H, Takeuchi S
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   10(5) 912-921   2014年3月   [査読有り]
Kawano R, Tsuji Y, Kamiya K, Kodama T, Osaki T, Miki N, Takeuchi S
PloS one   9(7) e102427   2014年   [査読有り]
Kato-Negishi M, Morimoto Y, Onoe H, Takeuchi S
Advanced healthcare materials   2(12) 1564-1570   2013年12月   [査読有り]
Morimoto Y, Kato-Negishi M, Onoe H, Takeuchi S
Biomaterials   34(37) 9413-9419   2013年12月   [査読有り]
Tsuji Y, Kawano R, Osaki T, Kamiya K, Miki N, Takeuchi S
Analytical chemistry   85(22) 10913-10919   2013年11月   [査読有り]
Kodama T, Osaki T, Kawano R, Kamiya K, Miki N, Takeuchi S
Biosensors & bioelectronics   47 206-212   2013年9月   [査読有り]
Kim SH, Yoshizawa S, Takeuchi S, Fujii T, Fourmy D
The Analyst   138(16) 4663-4669   2013年8月   [査読有り]
Collard D, Kim SH, Osaki T, Kumemura M, Kim B, Fourmy D, Fujii T, Takeuchi S, Karsten SL, Fujita H
Drug discovery today   18(11-12) 552-559   2013年6月   [査読有り]
Onoe H, Okitsu T, Itou A, Kato-Negishi M, Gojo R, Kiriya D, Sato K, Miura S, Iwanaga S, Kuribayashi-Shigetomi K, Matsunaga YT, Shimoyama Y, Takeuchi S
Nature materials   12(6) 584-590   2013年6月   [査読有り]
Tsuji Y, Kawano R, Osaki T, Kamiya K, Miki N, Takeuchi S
Lab on a chip   13(8) 1476-1481   2013年4月   [査読有り]
Hirayama K, Okitsu T, Teramae H, Kiriya D, Onoe H, Takeuchi S
Biomaterials   34(10) 2421-2427   2013年3月   [査読有り]
Morimoto Y, Tanaka R, Takeuchi S
Advanced healthcare materials   2(2) 261-265   2013年2月   [査読有り]
Heo YJ, Takeuchi S
Advanced healthcare materials   2(1) 43-56   2013年1月   [査読有り]
Kawano R, Tsuji Y, Sato K, Osaki T, Kamiya K, Hirano M, Ide T, Miki N, Takeuchi S
Scientific reports   3 1995   2013年   [査読有り]
Oyama Y, Osaki T, Kamiya K, Kawano R, Honjoh T, Shibata H, Ide T, Takeuchi S
Lab on a chip   12(24) 5155-5159   2012年12月   [査読有り]
Kumemura M, Collard D, Yoshizawa S, Wee B, Takeuchi S, Fujita H
Chemphyschem : a European journal of chemical physics and physical chemistry   13(14) 3308-3312   2012年10月   [査読有り]
Ota S, Kitagawa H, Takeuchi S
Analytical chemistry   84(15) 6346-6350   2012年8月   [査読有り]
Kiriya D, Kawano R, Onoe H, Takeuchi S
Angewandte Chemie (International ed. in English)   51(32) 7942-7947   2012年8月   [査読有り]
Kojima N, Takeuchi S, Sakai Y
Biomaterials   33(18) 4508-4514   2012年6月   [査読有り]
Matsui H, Takeuchi S, Osada T, Fujii T, Sakai Y
Lab on a chip   12(10) 1857-1864   2012年4月   [査読有り]
Maeda K, Onoe H, Takinoue M, Takeuchi S
Advanced materials (Deerfield Beach, Fla.)   24(10) 1340-1346   2012年3月   [査読有り]
Kiriya D, Ikeda M, Onoe H, Takinoue M, Komatsu H, Shimoyama Y, Hamachi I, Takeuchi S
Angewandte Chemie (International ed. in English)   51(7) 1553-1557   2012年2月   [査読有り]
Sasaki H, Kawano R, Osaki T, Kamiya K, Takeuchi S
Lab on a chip   12(4) 702-704   2012年2月   [査読有り]
Kuribayashi-Shigetomi K, Onoe H, Takeuchi S
PloS one   7(12) e51085   2012年   [査読有り]
Iwai K, Tan WH, Ishihara H, Takeuchi S
Biomedical microdevices   13(6) 1089-1094   2011年12月   [査読有り]
Kojima N, Takeuchi S, Sakai Y
Biomaterials   32(26) 6059-6067   2011年9月   [査読有り]
Ota S, Suzuki H, Takeuchi S
Lab on a chip   11(15) 2485-2487   2011年8月   [査読有り]
Heo YJ, Shibata H, Okitsu T, Kawanishi T, Takeuchi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(33) 13399-13403   2011年8月   [査読有り]
Evenou F, Hamon M, Fujii T, Takeuchi S, Sakai Y
Biotechnology progress   27(4) 1146-1153   2011年7月   [査読有り]
Takinoue M, Takeuchi S
Analytical and bioanalytical chemistry   400(6) 1705-1716   2011年6月   [査読有り]
Kawano R, Osaki T, Sasaki H, Takinoue M, Yoshizawa S, Takeuchi S
Journal of the American Chemical Society   133(22) 8474-8477   2011年6月   [査読有り]
Yamamoto N, Komori K, Montagne K, Matsui H, Nakayama H, Takeuchi S, Sakai Y
Journal of bioscience and bioengineering   111(4) 454-458   2011年4月   [査読有り]
Osaki T, Yoshizawa S, Kawano R, Sasaki H, Takeuchi S
Analytical chemistry   83(8) 3186-3191   2011年4月   [査読有り]
Eun YJ, Utada AS, Copeland MF, Takeuchi S, Weibel DB
ACS chemical biology   6(3) 260-266   2011年3月   [査読有り]
Matsunaga YT, Morimoto Y, Takeuchi S
Advanced materials (Deerfield Beach, Fla.)   23(12) H90-4   2011年3月   [査読有り]
Kato-Negishi M, Tsuda Y, Onoe H, Takeuchi S
Biomaterials   31(34) 8939-8945   2010年12月   [査読有り]
Takinoue M, Onoe H, Takeuchi S
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   6(21) 2374-2377   2010年11月   [査読有り]
Hiyama S, Moritani Y, Gojo R, Takeuchi S, Sutoh K
Lab on a chip   10(20) 2741-2748   2010年10月   [査読有り]
Kawano R, Osaki T, Sasaki H, Takeuchi S
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   6(19) 2100-2104   2010年10月   [査読有り]
Shibata H, Heo YJ, Okitsu T, Matsunaga Y, Kawanishi T, Takeuchi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(42) 17894-17898   2010年10月   [査読有り]
Teshima T, Ishihara H, Iwai K, Adachi A, Takeuchi S
Lab on a chip   10(18) 2443-2448   2010年9月   [査読有り]
Misawa N, Mitsuno H, Kanzaki R, Takeuchi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(35) 15340-15344   2010年8月   [査読有り]
Tamaru S, Ikeda M, Shimidzu Y, Matsumoto S, Takeuchi S, Hamachi I
Nature communications   1 20   2010年5月   [査読有り]
Cheng X, Yegan Erdem E, Takeuchi S, Fujita H, Ratner BD, Böhringer KF
Lab on a chip   10(8) 1079-1085   2010年4月   [査読有り]
Tsuda Y, Morimoto Y, Takeuchi S
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   26(4) 2645-2649   2010年2月   [査読有り]
Bally M, Vörös J, Takeuchi S
Lab on a chip   10(3) 372-378   2010年2月   [査読有り]
Hajj B, De Reguardati S, Hugonin L, Le Pioufle B, Osaki T, Suzuki H, Takeuchi S, Mojzisova H, Chauvat D, Zyss J
Biophysical journal   97(11) 2913-2921   2009年12月   [査読有り]
Osaki T, Suzuki H, Le Pioufle B, Takeuchi S
Analytical chemistry   81(24) 9866-9870   2009年12月   [査読有り]
Morimoto Y, Tan WH, Tsuda Y, Takeuchi S
Lab on a chip   9(15) 2217-2223   2009年8月   [査読有り]
Hiyama S, Gojo R, Shima T, Takeuchi S, Sutoh K
Nano letters   9(6) 2407-2413   2009年6月   [査読有り]
Morimoto Y, Tan WH, Takeuchi S
Biomedical microdevices   11(2) 369-377   2009年4月   [査読有り]
Suzuki H, Le Pioufle B, Takeuchi S
Biomedical microdevices   11(1) 17-22   2009年2月   [査読有り]
Ota S, Yoshizawa S, Takeuchi S
Angewandte Chemie (International ed. in English)   48(35) 6533-6537   2009年   [査読有り]
Collard D, Takeuchi S, Fujita H
Drug discovery today   13(21-22) 989-996   2008年11月   [査読有り]
Lam L, Sakakihara S, Ishizuka K, Takeuchi S, Arata HF, Fujita H, Noji H
Biomedical microdevices   10(4) 539-546   2008年8月   [査読有り]
Suzuki H, Takeuchi S
Analytical and bioanalytical chemistry   391(8) 2695-2702   2008年8月   [査読有り]
Tan WH, Takeuchi S
Lab on a chip   8(2) 259-266   2008年2月   [査読有り]
Le Pioufle B, Suzuki H, Tabata KV, Noji H, Takeuchi S
Analytical chemistry   80(1) 328-332   2008年1月   [査読有り]
Lam L, Sakakihara S, Ishizuka K, Takeuchi S, Noji H
Lab on a chip   7(12) 1738-1745   2007年12月   [査読有り]
Funakoshi K, Suzuki H, Takeuchi S
Journal of the American Chemical Society   129(42) 12608-12609   2007年10月   [査読有り]
[Membrane protein analysis with MEMS technologies].
Takeuchi S
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   52(4) 323-328   2007年4月   [査読有り]
Suzuki H, Tabata KV, Noji H, Takeuchi S
Biosensors & bioelectronics   22(6) 1111-1115   2007年1月   [査読有り]
Tan WH, Takeuchi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104(4) 1146-1151   2007年1月   [査読有り]
Funakoshi K, Suzuki H, Takeuchi S
Analytical chemistry   78(24) 8169-8174   2006年12月   [査読有り]
Tan WH, Takeuchi S
Lab on a chip   6(6) 757-763   2006年6月   [査読有り]
Suzuki H, Tabata KV, Noji H, Takeuchi S
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   22(4) 1937-1942   2006年2月   [査読有り]
Takeuchi S, DiLuzio WR, Weibel DB, Whitesides GM
Nano letters   5(9) 1819-1823   2005年9月   [査読有り]
Takeuchi S, Ziegler D, Yoshida Y, Mabuchi K, Suzuki T
Lab on a chip   5(5) 519-523   2005年5月   [査読有り]
Tresset G, Takeuchi S
Analytical chemistry   77(9) 2795-2801   2005年5月   [査読有り]
Rondelez Y, Tresset G, Tabata KV, Arata H, Fujita H, Takeuchi S, Noji H
Nature biotechnology   23(3) 361-365   2005年3月   [査読有り]
Rondelez Y, Tresset G, Nakashima T, Kato-Yamada Y, Fujita H, Takeuchi S, Noji H
Nature   433(7027) 773-777   2005年2月   [査読有り]
Suzuki H, Tabata K, Kato-Yamada Y, Noji H, Takeuchi S
Lab on a chip   4(5) 502-505   2004年10月   [査読有り]
Yokokawa R, Takeuchi S, Fujita H
The Analyst   129(9) 850-854   2004年9月   [査読有り]
Tresset G, Takeuchi S
Biomedical microdevices   6(3) 213-218   2004年9月   [査読有り]
Atsuta K, Noji H, Takeuchi S
Lab on a chip   4(4) 333-336   2004年8月   [査読有り]
Takeuchi S, Shimoyama I
IEEE transactions on bio-medical engineering   51(1) 133-137   2004年1月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 竹内 昌治
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 竹内 昌治
平成24年度は(1)パリレン上での細胞のパターン、(2)細胞を播種したマイクロプレートの駆動力の組み込みを行った。パリレン上での細胞のパターンについては、PDMS を用いてマイクロプレート上にてフィブロネクチンのパターンを作ることにより、接着した細胞の配向を任意に決定することに成功した。また、折りたたむ前に異種細胞を添加することで二種類の細胞からなる三次元構造の構築に成功した。マイクロプレートの駆動力については、磁場応答性を示す、鉄・ニッケル合金(パーマロイ)を組み込んだマイクロプレートの...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 竹内 昌治
本研究では、膜超分子モータの機能解明の効率化を可能とする実験プラットフォームを、マイクロ・ナノ加工技術を利用して実現することを目的とした。まず、マイクロ・ナノ加工技術を利用して、小型チップ上に再現性よく、安定して脂質膜を再構成できる計測プラットフォームの実現を試みた。マイクロ加工により、小孔のサイズを調整し、平面膜の安定化に挑戦した。さらに、小孔を独立にアレイ化し、異種の膜タンパク質の膜電流計測、物質輸送イメージングを選択的行えるシステムを開発した。加えて、マイクロ流体デバイス技術の特長を...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 竹内 昌治
本研究の目的は、我々がこれまでに発案したダイナミックマイクロアレイを利用して、細胞の網羅的な解析が可能なマイクロ流体システムを実現することである。一万個レベルの細胞のアレイ化を実現するために、まずは、細胞サイズのビーズのアレイ化を検討した。さらに取り出しに細胞へのダメージを軽減させるためのデザインを検討した。これまでには、レーザの照射によりバブルを発生させていたが、熱に拠るダメージが危惧されてきた。そのため、バブル発生源をサンプルから遠ざける機構を検討した。また、ここでは、我々が考案したプ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 竹内 昌治
本研究では、直径の揃ったリポソームを効率的に作成するデバイスを検討した。第一に、従来法を含めてリポソームの調整に関して検討した。リポソームの作成には、従来、水和法と呼ばれる方法が用いられてきた。まず、脂質をクロロホルムなどの揮発性の有機溶媒に混入させ、ガラス面にたらした後、有機溶媒を完全に乾燥させ脂質だけの膜にする。その後、水を徐々に加えることによって、脂質膜をガラス面から引き剥がし、リポソーム膜を作成するという手法であった。また、エレクトロフォーメーションと呼ばれる、リン脂質膜で覆われた...

特許

 
大崎 寿久, 川野 竜司, 佐々木 啓孝, 竹内 昌治, 栗林 香織
川野 竜司, 大崎 寿久, 佐々木 啓孝, 竹内 昌治, 吉澤 聡子, 瀧ノ上 正浩
竹内 昌治, 尾上 弘晃, 桐谷 乃輔, 浜地 格, 池田 将
竹内 昌治, 尾上 弘晃, 松永 行子, 桐谷 乃輔, 五條 理保, 根岸 みどり
川野 竜司, 大崎 寿久, 佐々木 啓孝, 竹内 昌治, 辻 祐太郎, 三木 則尚
竹内 昌治, 松永 行子, 森本 雄矢
竹内 昌治, タン ウェイ ヒョン, 岩井 孝介
野地 博行, 竹内 昌治, ギョーム トレッセ, ヤニック ロンデレーズ, 田端 和仁, 藤田 博之
山田 祐樹, 檜山 聡, 竹内 昌治, 尾上 弘晃
矢菅 浩規, 川野 竜司, 三木 則尚, 竹内 昌治, 大崎 寿久, 神谷 厚輝
山田 祐樹, 檜山 聡, 竹内 昌治, 大久保 達也, 板橋 慶治
竹内 昌治, 根岸 みどり, 尾上 弘晃, 岩永 進太郎
辻 祐太朗, 川野 竜司, 大崎 寿久, 神谷 厚輝, 三木 則尚, 竹内 昌治
外岡 大志, 竹内 昌治, 川野 竜司, 佐藤 幸治, 大崎 寿久
松井 等, 酒井 康行, 竹内 昌治, 藤井 輝夫
額賀 理, 山本 敏, 田端 和仁, 杉山 正和, 竹内 昌治
小山 由利子, 本庄 勉, 大崎 寿久, 神谷 厚輝, 竹内 昌治
柴田 秀彬, 竹内 昌治, 許 允禎
額賀 理, 山本 敏, 田端 和仁, 杉山 正和, 竹内 昌治
檜山 聡, 栗林 香織, 尾上 弘晃, 竹内 昌治
竹内 昌治, 尾上 弘晃, 瀧ノ上 正浩, 前田 一輝, 稲森 貴一
藤井 輝夫, 金 秀▲弦▼, 竹内 昌治, フルミー ドミニク, 吉澤 聡子
川野 竜司, 大崎 寿久, 佐々木 啓孝, 竹内 昌治, 吉澤 聡子, 瀧ノ上 正浩
竹内 昌治, 尾上 弘晃, 松永 行子, 桐谷 乃輔, 五條 理保, 根岸 みどり
竹内 昌治, 下山 雄土, 尾上 弘晃, 松永 行子
川野 竜司, 大崎 寿久, 佐々木 啓孝, 竹内 昌治, 辻 祐太郎, 三木 則尚
大崎 寿久, 川野 竜司, 佐々木 啓孝, 竹内 昌治, 栗林 香織
藤井 輝夫, 酒井 康行, 竹内 昌治, 木村 啓志, 中村 寛子, 服部 秀志, 赤井 智紀
竹内 昌治, 尾上 弘晃, 桐谷 乃輔, 浜地 格, 池田 将
松井 等, 酒井 康行, 藤井 輝夫, 竹内 昌治, 津田 行子
佐々木 啓孝, 川野 竜司, 大崎 寿久, 竹内 昌治, 尾上 弘晃
竹内 昌治, 松永 行子, 森本 雄矢
竹内 昌治, 倉員 智瑛, 木村 啓志, 藤井 輝夫, 酒井 康行
柴田 秀彬, 川西 徹朗, 竹内 昌治, 津田 行子
竹内 昌治, タン ウェイ ヒョン, 岩井 孝介