庄子 康

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/09 14:15
 
アバター
研究者氏名
庄子 康
 
ショウジ ヤスシ
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/formac/forpol/
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 環境資源学部門 森林管理保全学分野
職名
准教授
学位
博士(農学)(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
北海道大学大学院農学研究院 准教授
 
2007年
 - 
2008年
北海道大学大学院農学研究院 助教
 
2005年
 - 
2006年
北海道大学大学院農学研究科 助手
 
2003年
 - 
2005年
日本学術振興会 特別研究員PD 日本学術振興会特別研究員
 
2000年
 - 
2002年
日本学術振興会 特別研究員DC2 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
北海道大学 農学研究科  環境資源学専攻 
 
 
 - 
1999年
北海道大学 農学研究科  林学専攻 
 
 
 - 
1997年
北海道大学 農学部  森林科学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
北海道 北海道政策評価委員会 委員
 
2014年
 - 
現在
環境省 知床世界自然遺産地域 適正利用・エコツーリズム検討会議 ワーキンググループ 特別委員
 
2012年
 - 
現在
林野庁 林野公共事業事業評価技術検討会 委員
 
2013年
 - 
2013年
環境省 国立公園等整備事業適正執行懇談会 委員
 
2010年
 - 
2013年
環境省 知床世界自然遺産地域 適正利用・エコツーリズム検討会議 ワーキンググループ委員
 

受賞

 
2007年
林業経済学会奨励賞
 

論文

 
Voluntary Contributions to Hiking Trail Maintenance: Evidence From a Field Experiment in a National Park, Japan
Kubo, T., Shoji, Y., Takahiro, T. and Kuriyama, K.
Ecological Economics   144 124-128   2018年2月   [査読有り]
Citizens promote the conservation of flagship species more than ecosystem services in wetland restoration
Senzaki, M., Yamaura, Y., Shoji1, Y., Kubo, T. and Nakamura, F.
Biological Conservation   214 1-5   2017年10月   [査読有り]
Demand for bear viewing hikes: Implications for balancing visitor satisfaction with safety in protected areas.
Kubo, T. and Shoji, Y.
Journal of Outdoor Recreation and Tourism   16 44-49   2016年12月   [査読有り]
Public segmentation based on the risk perception of brown bear attacks and management preferences
Kubo, T. and Shoji, Y.
European Journal of Wildlife Research   62(2) 203-210   2016年   [査読有り]
How many broad-leaved trees are enough in conifer plantations? The economy of land sharing, land sparing, and quantitative targets
Yamaura, Y., Shoji, Y., Mitsuda, Y., Utsugi, H., Tsuge, T., Kuriyama, K. and Nakamura, F.
Journal of Applied Ecology   53(4) 1117-1126   2016年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Barry C. Field(著)庄子康・柘植隆宏・栗山浩一(共訳)
日本評論社   2016年   ISBN:9784535557987
愛甲哲也・庄子康・栗山浩一(編著)
築地書館   2016年   ISBN:9784806715160
Why people visit zoos: An empirical approach using the travel cost method for the Higashiyama Zoo, Nagoya, Japan. In Aquatic Biodiversity Conservation and Ecosystem Service: Asia-Pacific Biodiversity Observation Network (Ecological Research Monographs)
Kohsaka, R., Naganawa, K and Shoji, Y.(分担執筆)
Springer   2016年   ISBN:9811007780
環境の価値をはかる(第8章)「シリーズ現代の生態学(日本生態学会編)・第4巻生態学と社会科学の接点(巌佐庸・佐竹暁子編著)」
三谷羊平・庄子康(分担執筆)
共立出版   2014年   ISBN:4320057422
栗山浩一・柘植隆宏・庄子 康(共著)
勁草書房   2013年   ISBN:9784326503728

Misc

 
Conservation of the mixed conifer-broadleaf forests of Hokkaido University Forest in northern Japan for educational development
Koike, T., Shoji, Y., Uemura, S. and Shibata, H.
Studies and Materials of the Forest Culture Centre   16 81-107   2017年   [査読有り]
ベスト・ワースト・スケーリングによる知床国立公園の魅力の定量評価
柘植隆宏・庄子康・愛甲哲也・栗山浩一
甲南経済学論集   56(3-4) 59-78   2016年   [査読有り]
国立公園とその費用負担(特集・「国立公園の過去、現在、そして未来~国立公園指定80周年を迎えて~)
庄子康
ランドスケープ研究   78(3) 238-239   2014年   [依頼有り]
野生動物管理における環境経済学の意義と役割
久保雄広・庄子康
環境経済政策研究   7(1) 34-36   2014年   [査読有り]
東山動物園における生態展示の環境教育的な効果を探る―来者による会話のテキストマイニング分析結果の比較から―
香坂玲・長縄香穂・冨吉満之・松岡光・庄子康
椙山人間学研究   9 222-242   2013年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
The Value of Leisure Time of Weekends and Long Holidays: The Multiple Discrete–Continuous Extreme Value (MDCEV) Choice Model with Triple Constraints
栗山浩一・庄子康・柘植隆宏
日本経済学会2017年度春季大会   2017年6月25日   
野生動物保全と外来種管理に対する人々の認識:アマミノクロウサギとネコに着目して
豆野皓太・久保雄広・庄子康
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
沖縄県やんばる地域における入域料の導入可能性
金岡武蔵・藤野正也・栗山浩一・庄子康
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
国立公園の費用負担に対する選好の多様性:ベスト・ワーストスケーリングによる評価
庄子康・豆野皓太・久保雄広・柘植隆宏・愛甲哲也・栗山浩一
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
国立公園利用と時間価値─週末と長期休暇の訪問行動分析─
栗山浩一・庄子康・柘植隆宏
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
人工林における保残伐の費用便益分析:大規模実証実験と熟議型貨幣評価の結果から
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 庄子 康
我が国における自然環境施策の社会経済への影響評価分析に関する研究
環境省: 環境経済の政策研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 栗山 浩一
人口減少、気候変動下におけるグリーンインフラ-生物多様性・防災・社会的価値評価
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 中村 太士
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 尾崎 研一
持続的地域社会構築の核としての自然保護地域の評価・計画・管理・合意形成手法の開発
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 土屋 俊幸