深潟 康二

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
深潟 康二
 
フカガタ コウジ
URL
http://kflab.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部機械工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学), TeknD(スウェーデン王立工科大学(KTH)), TeknL(スウェーデン王立工科大学(KTH))
科研費研究者番号
80361517

研究分野

 
 

経歴

 
2000年10月
 - 
2001年3月
工業技術院 機械技術研究所 開放的融合研究特別研究員
 
2001年4月
 - 
2003年3月
産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 第1号非常勤研究員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院工学系研究科 助手
 
2007年4月
 - 
2011年3月
慶應義塾大学 理工学部 専任講師
 
2011年4月
 - 
2015年3月
慶應義塾大学 理工学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年9月
東京大学 工学系研究科 システム量子工学専攻
 
 
 - 
2000年4月
スウェーデン王立工科大学(KTH) Teknisk Physik研究科 Mekanik専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本流体力学会  代議員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本機械学会 流体工学部門 技術委員会 学術表彰WG  委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本機械学会 流体工学部門 技術委員会 講演会WG  主査
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本機械学会 第2回メカジョ未来フォーラム実行委員会  幹事
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本混相流学会  評議員
 

受賞

 
2014年6月
International Symposium on Electrohydrodynamics 2014 Best Poster Paper Award Numerical simulation of a low-Reynolds number flow around a square cylinder controlled using plasma actuators
受賞者: Y. Anzai, H. Naito, and K. Fukagata
 
2013年11月
日本機械学会流体工学部門 日本機械学会流体工学部門 一般表彰(フロンティア表彰) Japan
受賞者: 深潟 康二
 
流れの制御,特に壁乱流の摩擦抵抗低減に関して,基礎理論の構築や進行波を用いた革新的な制御手法の研究を行い,この分野の発展を牽引する先駆的な業績を挙げた.
2013年2月
日本流体力学会 日本流体力学会 論文賞
受賞者: 深潟 康二,岩本 薫,笠木 伸英
 
Contribution of Reynolds stress distribution to the skin friction in wall-bounded flows (Phys. Fluids 14, L73-L76, 2002)
2008年2月
日本流体力学会 日本流体力学会 竜門賞 Japan
受賞者: 深潟 康二
 
Contribution of Reynolds stress distribution to the skin friction in wall-bounded flows (Phys. Fluids 14, L73-L76, 2002)
2006年10月
日本機械学会流体工学部門 日本機械学会流体工学部門 一般表彰(貢献表彰)
受賞者: 深潟 康二
 

論文

 
H. Kor, M. Badri Ghomizad, and K. Fukagata
J. Fluid Sci. Technol.   12 JFST0011   2017年5月   [査読有り]
Y. Anzai, K. Fukagata, P. Meliga, E. Boujo, and F. Gallaire
Phys. Rev. Fluids   2 043901   2017年4月   [査読有り]
K. Uchino, H. Mamori, and K. Fukagata
J. Therm. Sci. Technol.   12 JTST0003   2017年2月   [査読有り]
S. Watanabe, H. Mamori, and K. Fukagata
Fluid Dynamics Research   49 025501   2017年1月   [査読有り]
Y. Kametani, K. Fukagata, R. Örlü, and P. Schlatter
Journal of Turbulence   17 913-929   2016年8月   [査読有り]
<p>A series of large-eddy simulations of spatially developing turbulent boundary layers with uniform blowing at moderate Reynolds numbers (based on free-stream velocity, U, and momentum thickness, θ) up to Reθ ≈ 2500 were pe...

Misc

 
小特集:「プラズマアクチュエータの動向:6. まとめ」
野々村 拓,瀬川 武彦,深潟 康二,松野 隆,清水 一男,白石 裕之
プラズマ・核融合学会誌   91(10) 671-673   2015年10月
小特集:「プラズマアクチュエータの動向:3. 基礎的な流れ場に対する実験的・数値的研究」
深潟 康二,青野 光,藤井 孝藏,山田 俊輔,石川 仁,松野 隆
プラズマ・核融合学会誌   91(10) 657-660   2015年10月
小特集:「プラズマアクチュエータの動向:1. はじめに」
野々村 拓,瀬川 武彦,深潟 康二,松野 隆,清水 一男,白石 裕之
プラズマ・核融合学会誌   91(10) 648-650   2015年10月
連載講座:「高度物理刺激と生体応答(4)-- 第3章 力学刺激による細胞応答と応用 その2 --」
高木 周,古川 克子,深潟 康二,牛田 多加志,藏田 耕作
機械の研究   67(11) 957-967   2015年10月
H. Naito and K. Fukagata
Phys. Rev. E   90 069902   2014年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
細胞療法・再生医療のための培養システム(紀ノ岡・酒井編)
古川 克子,深潟 康二,牛田 多加志 (担当:共著, 範囲:第13章 旋回培養による軟骨再生)
CMC出版   2010年1月   
乱流工学ハンドブック(笠木・河村・長野・宮内編)
深潟 康二 (担当:共著, 範囲:§19.3.5 状態フィードバック制御)
朝倉書店   2009年11月   
乱流構造規範型制御、最適制御、準最適制御など、乱流制御のための様々なフィードバック制御について解説した。
N. Kasagi and K. Fukagata (担当:共著, 範囲:Chap. 10: The FIK identity and its implication for turbulent skin friction control)
World Scientific, Singapore   2006年1月   ISBN:978-981-256-470-2
第10章“The FIK identity and its implication for turbulent skin friction control” (pp. 297-324)を担当。レイノルズせん断応力と摩擦抵抗の間に成り立つ恒等式(FIK恒等式)の導出過程の詳細と乱流制御研究への応用例について解説した。

講演・口頭発表等

 
Direct numerical simulation of drag reduction with uniform blowing over a two-dimensional roughness
E. Mori, M. Quadrio, and K. Fukagata
European Drag Reduction and Flow Control Meeting - EDRFCM 2017   2017年4月6日   
一様および離散配置のプラズマアクチュエータを用いた翼のはく離制御 [招待有り]
金子 凜太郎, 深潟 康
日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム   2017年3月18日   
セラミック平板プラズマアクチュエータにより誘起される流れの計測 [招待有り]
猪澤 優介, 深潟 康二
日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム   2017年3月18日   
プラズマアクチュエータによる抗力と揚力の自在な制御の試み [招待有り]
椋本 翔太, 深潟 康二
日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム   2017年3月18日   
Investigation of nanosecond dielectric barrier discharge plasma actuator of different voltage polarity [招待有り]
W. Hua and K. Fukagata
日本機械学会流体工学部門 A-TS 05-24研究会「プラズマアクチュエータ研究会」第4回シンポジウム   2017年3月18日   

競争的資金等の研究課題

 
ペナルティレスを目指した自動境界層制御技術の研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 石川(徳川)直子
圧力勾配下にある境界層の摩擦抵抗低減に関する研究
JAXA共同研究
研究期間: 2015年7月 - 2018年3月
流れの制御を用いた空力音低減手法に関する研究
鉄道総研共同研究
研究期間: 2015年6月 - 2018年3月
モスキート法によるポリマー光導波路作製方法の流体力学的最適化
慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
航空機主翼の乱流摩擦抵抗低減に関する基礎的研究
JAXA共同研究
研究期間: 2013年8月 - 2015年3月