野副 朋子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/11 02:51
 
アバター
研究者氏名
野副 朋子
URL
http://mgu-cfla.cc-town.net/files/8114/5810/8902/30.pdf
所属
明治学院大学
部署
教養教育センター
職名
専任講師

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
明治学院大学 教養教育センター 専任講師
 
2006年4月
 - 
現在
東京大学 農学生命科学研究科 特任研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
東京大学 農学生命科学研究科 農学国際専攻
 

受賞

 
2015年11月
平成27年度(第14回)日本農学進歩賞 ムギネ酸類分泌の分子機構に関する研究
 
2015年10月
(公財)浦上食品・食文化振興財団 財団設立30周年記念研究助成(研究室立上支援大賞) 植物工場における作物の品質向上を目指した、ムギネ酸類・ニコチアナミン分泌を 介した鉄移行と鉄恒常性維持の分子メカニズムの解明
 
2015年4月
第33回日本土壌肥料学会奨励賞受賞 ムギネ酸類分泌の分子機構に関する研究
 
2011年7月
BioIron Travel bursary
 
2010年6月
15th International Symposium on Iron Nutrition and Interactions in Plants Poster award Localization of nicotianamine synthase 2 in rice
 

論文

 
T. Nozoye, M. Otani, T. Senoura, H. Nakanishi, N.K. Nishizawa
Plant and Soil      2016年12月   [査読有り]
M. Suzuki, T. Nozoye, S. Nagasaka, H. Nakanishi, N.K. Nishizawa, S. Mori
Soil Science and Plant Nutrition   62 481-488   2016年10月   [査読有り]
The Phytosiderophore Efflux Transporter TOM2 Is Involved in Metal Transport in Rice.
Nozoye T, Nagasaka S, Kobayashi T, Sato Y, Uozumi N, Nakanishi H, Nishizawa NK.
J Biol Chem.   290(46) 27688-27699   2015年10月   [査読有り]
Genomics Data   5 97-99   2015年5月   [査読有り][招待有り]
◎Ito S, Nozoye T, Sasaki E, Imai M, Shiwa Y, Shibata-Hatta M, Ishige T, Fukui K, Ito K, Nakanishi H, Nishizawa NK, Yajima S, Asami T.
PLoS One.      2015年3月   [査読有り]

Misc

 
Rice nicotianamine synthase localizes to particular vesicles for proper function
Tomoko Nozoye, Kyoko Tsunoda, Seiji Nagasaka, Khurram Bashir, Michiko Takahashi, Takanori Kobayashi, Hiromi Nakanishi, Naoko K. Nishizawa
17th International Symposium on Iron Nutrition and Interactions in Plants      2014年6月
The efflux transporters of mugineic acid phytosiderophores (TOM) family involved in metal transport in graminaceous plant.
Tomoko Nozoye, Seiji Nagasaka, Takanori Kobayashi, Michiko Takahashi, Yuki Sato, Yoko Sato, Nobuyuki Uozumi,Hiromi Nakanishi, Naoko K. Nishizawa
Genome Assisted Biology of Crops & Model Plant Systems meeting      2014年4月
ムギネ酸トランスポーターの発見
野副朋子,中西啓仁,西澤直子
化学と生物   52(1) 15-22   2014年1月   [査読有り]
Transcriptomic analyses of maize ys1 and ys3 mutants reveal maize iron homeostasis.
Tomoko Nozoye, Hiromi Nakanishi, Naoko K. Nishizawa
XVII International Plant Nutrition colloquium      2013年7月
Isolation and characterization of efflux Transporter Of Mugineic acids (TOM) in graminaceous plants.
Tomoko Nozoye, Seiji Nagasaka, Takanori Kobayashi, Michiko Takahashi, Hiromi Nakanishi, Yuki Sato, Nobuyuki Uozumi, Naoko K. Nishizawa
International workshop on Plant Membrane Biology XVI      2013年3月

書籍等出版物

 
ムギネ酸発見への軌跡
森敏,西澤直子編 (担当:分担執筆, 範囲:ムギネ酸と私(196-205頁))
NPO法人WINEP(植物鉄栄養研究会)   2014年4月   

講演・口頭発表等

 
植物の金属キレーターニコチアナミン及びムギネ酸類の分泌機構
第40回日本鉄バイオサイエンス学会   2016年9月10日   
Overexpression of barley nicotianamine synthase 1 (HvNAS1) confer tolerance to Fe deficiency on calcareous soil in soybean and sweet potato.
Tomoko Nozoye, Takeshi Senoura, Suyoen Kim, Yuske Kakei, Michiko Takahashi, Motoyasu Otani, Hiromi Nakanishi, Naoko K. Nishizawa
18th International Symposium on Iron Nutrition and Interaction in Plants   2016年5月30日   
ニコチアナミン合成酵素の高発現はダイズとサツマイモの鉄欠乏耐性を増強する
第56回日本植物生理学会   2015年3月17日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ムギネ酸類・ニコチアナミン分泌を介した鉄移行と鉄恒常性維持の分子メカニズムの解明
日本学術振興会: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
ムギネ酸類・ニコチアナミン分泌を介した鉄移行と鉄恒常性維持の分子メカニズムの解明
科研費: 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
植物工場における作物の品質向上を目指した、ムギネ酸類・ニコチアナミン分泌を 介した鉄移行と鉄恒常性維持の分子メカニズムの解明
(公財)浦上食品・食文化振興財団: 
研究期間: 2016年3月 - 2019年3月