津本 浩平

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/14 13:37
 
アバター
研究者氏名
津本 浩平
 
ツモト コウヘイ
URL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/phys-biochem/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
東京大学医科学研究所 疾患プロテオミクスラボラトリー

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授
 
2012年4月
 - 
現在
東京大学生産技術研究所 教授
 
2010年5月
 - 
現在
東京大学医科学研究所 疾患プロテオミクスラボラトリー 教授
 
1995年
 - 
2001年
 東北大学助手(大学院工学研究科)
 
2001年
 - 
2002年
 東北大学講師(大学院工学研究科)
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東京大学 工学系研究科 化学生命工学
 
 
 - 
1991年
東京大学  工業化学科
 
 
 - 
1993年
東京大学  工業化学専攻
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本生化学会  関東支部幹事(H26~現在)
 
2014年
 - 
現在
JST  さきがけ研究領域(一細胞)アドバイザー
 
2014年
 - 
現在
文部科学省(AMED)  革新的バイオ医薬品基盤技術開発推進事業推進委員
 
2013年
 - 
現在
日本DDS学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本生化学会  代議員,評議員
 
2012年
 - 
現在
産業技術総合研究所健康工学研究部門  評価委員
 
2011年
 - 
現在
日本蛋白質科学会  理事
 
2013年
 - 
2015年3月
JST  JST-CRDSライフサイエンス・医療分野俯瞰委員
 
2014年
 - 
2014年
特許庁  特許動向調査委員会委員(抗体医薬)
 
2003年
   
 
Chemistry2003)実行委員・プログラム委員
 
2003年
   
 
平成14~15年 ISBC2003(International Symposium of Biomolecular
 
2001年
   
 
平成13年 化学展「2001年なぞとき体験の旅」企画実行委員
 
 
   
 
平成20年~現在 日本化学会フロンティア生命化学研究会 庶務担当幹事 
 
 
   
 
平成18年~現在 Journal of Biochemistry(日本生化学会欧文誌)Associate Editor
 
 
   
 
平成17年~20年 日本蛋白質科学会庶務担当理事
 
 
   
 
平成20年 日本蛋白質科学会年会 組織委員
 
 
   
 
平成19年 日本生物物理学会年会 実行委員
 
 
   
 
平成18~19年 日本化学会生命化学研究会 幹事
 
 
   
 
平成16~17年 日本生物物理学会誌(生物物理)編集委員
 
 
   
 
平成14年 第25回日本分子生物学会年会プログラム委員
 
 
   
 
平成14~15年 日本化学会生体機能関連化学部会若手幹事
 
 
   
 
平成13~16年 日本生化学会誌(生化学)プラナー
 
 
   
 
平成12年 日本生物物理学会年会実行委員
 
 
   
 
平成 9~14年 日本生化学会東北支部幹事
 

受賞

 
2012年2月
日本学術振興会 第8回日本学術振興会賞
 
2002年
日本生化学会奨励賞
 
2000年
日本化学会生体機能関連化学部会講演賞
 
2000年
青葉工学振興会研究奨励賞
 
2001年
アメリカ蛋白質科学会ポスター賞
 

論文

 
Kawato T, Mizohata E, Meshizuka T, Doi H, Kawamura T, Matsumura H, Yumura K, Tsumoto K, Kodama T, Inoue T, Sugiyama A
Journal of bioscience and bioengineering   119(6) 642-647   2015年6月   [査読有り]
Chigira T, Nagatoishi S, Tsumoto K
Biochemical and biophysical research communications      2015年6月   [査読有り]
Takei T, Tsumoto K, Okonogi A, Kimura A, Kojima S, Yazaki K, Takei T, Ueda T, Miura K
Protein science : a publication of the Protein Society   24(5) 883-894   2015年5月   [査読有り]
Apellániz B, Rujas E, Serrano S, Morante K, Tsumoto K, Caaveiro JM, Jiménez MÁ, Nieva JL
The Journal of biological chemistry   290(21) 12999-13015   2015年5月   [査読有り]
Sadhukhan N, Muraoka T, Ui M, Nagatoishi S, Tsumoto K, Kinbara K
Chemical communications (Cambridge, England)   51(40) 8457-8460   2015年5月   [査読有り]
Akiba H, Tsumoto K
Journal of biochemistry      2015年5月   [査読有り]
Tashima T, Nagatoishi S, Sagara H, Ohnuma SI, Tsumoto K
Biochemical and biophysical research communications      2015年5月   [査読有り]
Ota C, Noguchi S, Tsumoto K
Biopolymers   103(4) 237-246   2015年4月   [査読有り]
Akiba H, Sumaoka J, Tsumoto K, Komiyama M
Analytical chemistry   87(7) 3834-3840   2015年4月   [査読有り]
Morante K, Caaveiro JM, Tanaka K, González-Mañas JM, Tsumoto K
The Journal of biological chemistry   290(17) 10850-10861   2015年4月   [査読有り]
Kiyoshi M, Caaveiro JM, Kawai T, Tashiro S, Ide T, Asaoka Y, Hatayama K, Tsumoto K
Nature communications   6 6866   2015年4月   [査読有り]
Nakayama T, Mizohata E, Yamashita T, Nagatoishi S, Nakakido M, Iwanari H, Mochizuki Y, Kado Y, Yokota Y, Satoh R, Tsumoto K, Fujitani H, Kodama T, Hamakubo T, Inoue T
Protein science : a publication of the Protein Society   24(3) 328-340   2015年3月   [査読有り]
Krayukhina E, Tsumoto K, Uchiyama S, Fukui K
Journal of pharmaceutical sciences   104(2) 527-535   2015年2月   [査読有り]
Totoki S, Yamamoto G, Tsumoto K, Uchiyama S, Fukui K
Journal of pharmaceutical sciences   104(2) 618-626   2015年2月   [査読有り]
Tanaka K, Caaveiro JM, Morante K, González-Mañas JM, Tsumoto K
Nature communications   6 6337   2015年2月   [査読有り]
Ui M, Harima K, Takei T, Tsumoto K, Tabata KV, Noji H, Endo S, Akiyama K, Muraoka T, Kinbara K
Molecular bioSystems   10(12) 3199-3206   2014年12月   [査読有り]
Sato R, Obonai T, Tsumura R, Tsumoto K, Koga Y, Yasunaga M, Matsumura Y
Cancer science   105(12) 1631-1637   2014年12月   [査読有り]
Ogino A, Sano E, Ochiai Y, Yamamuro S, Tashiro S, Yachi K, Ohta T, Fukushima T, Okamoto Y, Tsumoto K, Ueda T, Yoshino A, Katayama Y
Oncology letters   8(6) 2469-2474   2014年12月   [査読有り]
Arakawa T, Tsumoto K, Ejima D
Biochimica et biophysica acta   1844(11) 2032-2040   2014年11月   [査読有り]
Tsumoto K, Hagihara Y, Saerens D
Biochimica et biophysica acta   1844(11) 1889-1890   2014年11月   [査読有り]
Muraoka T, Endo T, Tabata KV, Noji H, Nagatoishi S, Tsumoto K, Li R, Kinbara K
Journal of the American Chemical Society   136(44) 15584-15595   2014年11月   [査読有り]
Nakakido M, Aikawa C, Nakagawa I, Tsumoto K
Journal of biochemistry   156(3) 155-162   2014年9月   [査読有り]
Walters RH, Bhatnagar B, Tchessalov S, Izutsu K, Tsumoto K, Ohtake S
Journal of pharmaceutical sciences   103(9) 2673-2695   2014年9月   [査読有り]
Daigo K, Nakakido M, Ohashi R, Fukuda R, Matsubara K, Minami T, Yamaguchi N, Inoue K, Jiang S, Naito M, Tsumoto K, Hamakubo T
Science signaling   7(343) ra88   2014年9月   [査読有り]
Yanaka S, Ueno T, Shi Y, Qi J, Gao GF, Tsumoto K, Sugase K
The Journal of biological chemistry   289(35) 24680-24690   2014年8月   [査読有り]
Takei T, Tsumoto K, Yoshino M, Kojima S, Yazaki K, Ueda T, Takei T, Arisaka F, Miura K
Biopolymers   102(3) 260-272   2014年5月   [査読有り]
Tashiro S, Caaveiro JM, Wu CX, Hoang QQ, Tsumoto K
Biochemistry   53(14) 2218-2220   2014年4月   [査読有り]
Kudo S, Caaveiro JM, Goda S, Nagatoishi S, Ishii K, Matsuura T, Sudou Y, Kodama T, Hamakubo T, Tsumoto K
Biochemistry   53(11) 1742-1752   2014年3月   [査読有り]
Kiyoshi M, Caaveiro JM, Miura E, Nagatoishi S, Nakakido M, Soga S, Shirai H, Kawabata S, Tsumoto K
PloS one   9(1) e87099   2014年   [査読有り]
Fukunaga A, Tsumoto K
Protein engineering, design & selection : PEDS   26(12) 773-780   2013年12月   [査読有り]
Moriwaki Y, Terada T, Caaveiro JM, Takaoka Y, Hamachi I, Tsumoto K, Shimizu K
Biochemistry   52(49) 8866-8877   2013年12月   [査読有り]
Ito T, Tsumoto K
Protein science : a publication of the Protein Society   22(11) 1542-1551   2013年11月   [査読有り]
Miyafusa T, Caaveiro JM, Tanaka Y, Tsumoto K
FEBS letters   587(23) 3824-3830   2013年11月   [査読有り]
Tokunaga M, Mizukami M, Yamasaki K, Tokunaga H, Onishi H, Hanagata H, Ishibashi M, Miyauchi A, Tsumoto K, Arakawa T
Applied microbiology and biotechnology   97(19) 8569-8580   2013年10月   [査読有り]
Matsunaga R, Abe R, Ishii D, Watanabe S, Kiyoshi M, Nöcker B, Tsuchiya M, Tsumoto K
Journal of structural biology   183(3) 484-494   2013年9月   [査読有り]
Vu NT, Moriwaki Y, Caaveiro JM, Terada T, Tsutsumi H, Hamachi I, Shimizu K, Tsumoto K
Protein science : a publication of the Protein Society   22(7) 942-953   2013年7月   [査読有り]
Miyafusa T, Caaveiro JM, Tanaka Y, Tanner ME, Tsumoto K
Bioscience reports   33(3)    2013年6月   [査読有り]
Matsui T, Nambu S, Ono Y, Goulding CW, Tsumoto K, Ikeda-Saito M
Biochemistry   52(18) 3025-3027   2013年5月   [査読有り]
Takei T, Hasegawa K, Imada K, Namba K, Tsumoto K, Kuriki Y, Yoshino M, Yazaki K, Kojima S, Takei T, Ueda T, Miura K
Biochemistry   52(16) 2810-2820   2013年4月   [査読有り]
Yoshimura C, Miyafusa T, Tsumoto K
Bioorganic & medicinal chemistry   21(5) 1109-1115   2013年3月   [査読有り]
Kobe A, Caaveiro JM, Tashiro S, Kajihara D, Kikkawa M, Mitani T, Tsumoto K
Journal of medicinal chemistry   56(5) 2155-2159   2013年3月   [査読有り]
Yumura K, Ui M, Doi H, Hamakubo T, Kodama T, Tsumoto K, Sugiyama A
Protein science : a publication of the Protein Society   22(2) 213-221   2013年2月   [査読有り]
Harada K, Yamashita E, Nakagawa A, Miyafusa T, Tsumoto K, Ueno T, Toyama Y, Takeda S
Biochimica et biophysica acta   1834(1) 284-291   2013年1月   [査読有り]
Matsunaga R, Yanaka S, Nagatoishi S, Tsumoto K
Nature communications   4 2211   2013年   [査読有り]
Hisada Y, Yasunaga M, Hanaoka S, Saijou S, Sugino T, Tsuji A, Saga T, Tsumoto K, Manabe S, Kuroda J, Kuratsu J, Matsumura Y
Scientific reports   3 2604   2013年   [査読有り]
Sano E, Tashiro S, Tadakuma H, Takei T, Ueda T, Tsumoto K
Journal of cellular biochemistry   113(12) 3823-3834   2012年12月   [査読有り]
Tashiro S, Tsumoto K, Sano E
Journal of biotechnology   160(3-4) 202-213   2012年8月   [査読有り]
Kudo S, Caaveiro JM, Miyafusa T, Goda S, Ishii K, Matsuura T, Sudou Y, Kodama T, Hamakubo T, Tsumoto K
Molecular bioSystems   8(8) 2050-2053   2012年8月   [査読有り]
Miyafusa T, Caaveiro JM, Tanaka Y, Tsumoto K
The Biochemical journal   443(3) 671-680   2012年5月   [査読有り]
Abe R, Caaveiro JM, Kozuka-Hata H, Oyama M, Tsumoto K
The Journal of biological chemistry   287(20) 16477-16487   2012年5月   [査読有り]
Ui M, Tanaka Y, Araki Y, Wada T, Takei T, Tsumoto K, Endo S, Kinbara K
Chemical communications (Cambridge, England)   48(39) 4737-4739   2012年5月   [査読有り]
Nishina T, Komazawa-Sakon S, Yanaka S, Piao X, Zheng DM, Piao JH, Kojima Y, Yamashina S, Sano E, Putoczki T, Doi T, Ueno T, Ezaki J, Ushio H, Ernst M, Tsumoto K, Okumura K, Nakano H
Science signaling   5(207) ra5   2012年1月   [査読有り]
Oshima K, Nakashima T, Kakuta Y, Tsumoto K, Kimura M
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(6) 1252-1255   2012年   [査読有り]
Kozuka-Hata H, Nasu-Nishimura Y, Koyama-Nasu R, Ao-Kondo H, Tsumoto K, Akiyama T, Oyama M.
PLoS One   7(8) e43398   2012年   [査読有り]
CaCO3/Chitin hybrids: recombinant acidic peptides based on a peptide extracted from the exoskeleton of a crayfish controls the structures of the hybrids.
Faraday Discuss.   159 483-494   2012年   [査読有り]
Kawai T, Caaveiro JM, Abe R, Katagiri T, Tsumoto K
FEBS letters   585(22) 3533-3537   2011年11月   [査読有り]
Yoshino A, Tashiro S, Ogino A, Yachi K, Ohta T, Fukushima T, Watanabe T, Katayama Y, Okamoto Y, Sano E, Tsumoto K
International journal of oncology   39(3) 529-542   2011年9月   [査読有り]
Nagatoishi S, Isono N, Tsumoto K, Sugimoto N
Biochimie   93(8) 1231-1238   2011年8月   [査読有り]
Nagatoishi S, Isono N, Tsumoto K, Sugimoto N
Chembiochem : a European journal of chemical biology   12(12) 1822-1826   2011年8月   [査読有り]
Moriwaki Y, Caaveiro JM, Tanaka Y, Tsutsumi H, Hamachi I, Tsumoto K
Biochemistry   50(34) 7311-7320   2011年8月   [査読有り]
Kudou M, Ejima D, Sato H, Yumioka R, Arakawa T, Tsumoto K
Protein expression and purification   77(1) 68-74   2011年5月   [査読有り]
Ishii D, Abe R, Watanabe S, Tsuchiya M, Nöcker B, Tsumoto K
Journal of molecular biology   408(5) 832-838   2011年5月   [査読有り]
Suzuki T, Kim M, Kozuka-Hata H, Watanabe M, Oyama M, Tsumoto K, Yamamoto T
Biochemical and biophysical research communications   409(1) 70-74   2011年5月   [査読有り]
Yanaka S, Sano E, Naruse N, Miura K, Futatsumori-Sugai M, Caaveiro JM, Tsumoto K
The Journal of biological chemistry   286(10) 8085-8093   2011年3月   [査読有り]
Ui M, Tanaka Y, Tsumuraya T, Fujii I, Inoue M, Hirama M, Tsumoto K
Molecular bioSystems   7(3) 793-798   2011年3月   [査読有り]
Kudou M, Yumioka R, Ejima D, Arakawa T, Tsumoto K
Protein expression and purification   75(1) 46-54   2011年1月   [査読有り]
Chemical and pharmacological chaperones: application for recombinant protein production and protein folding diseases.
Rajan RS, Tsumoto K, Tokunaga M, Tokunaga H, Kita Y, Arakawa T
Current medicinal chemistry   18(1) 1-15   2011年   [査読有り]
An approach to rational ligand-design based on a thermodynamic analysis.
Ui M, Tsumoto K
Recent patents on biotechnology   4(3) 183-188   2010年11月   [査読有り]
Sasajima Y, Iwasaki R, Tsumoto K, Kumagai I, Ihara M, Ueda H
Journal of immunological methods   361(1-2) 57-63   2010年9月   [査読有り]
Shinohara M, Guo JX, Mori M, Nakashima T, Takagi H, Nishimoto E, Yamashita S, Tsumoto K, Kakuta Y, Kimura M
Biochemical and biophysical research communications   400(3) 346-351   2010年9月   [査読有り]
Arakawa T, Futatsumori-Sugai M, Tsumoto K, Kita Y, Sato H, Ejima D
Protein expression and purification   71(2) 168-173   2010年6月   [査読有り]
Kumano S, Iida K, Ishihara K, Murakoshi M, Tsumoto K, Ikeda K, Kumagai I, Kobayashi T, Wada H
FEBS letters   584(11) 2327-2332   2010年6月   [査読有り]
Gene expression profiling predicts response to temozolomide in malignant gliomas.
Yoshino A, Ogino A, Yachi K, Ohta T, Fukushima T, Watanabe T, Katayama Y, Okamoto Y, Naruse N, Sano E, Tsumoto K
International journal of oncology   36(6) 1367-1377   2010年6月   [査読有り]
Yanaka S, Kudou M, Tanaka Y, Sasaki T, Takemoto S, Sakata A, Hattori Y, Koshi T, Futaki S, Tsumoto K, Nakashima T
Protein engineering, design & selection : PEDS   23(5) 415-421   2010年5月   [査読有り]
Yumioka R, Tsumoto K, Arakawa T, Ejima D
Protein expression and purification   70(2) 218-223   2010年4月   [査読有り]
Non-denaturing solubilization of inclusion bodies.
Tsumoto K, Abe R, Ejima D, Arakawa T
Current pharmaceutical biotechnology   11(3) 309-312   2010年4月   [査読有り]
Step-wise refolding of recombinant proteins.
Tsumoto K, Arakawa T, Chen L
Current pharmaceutical biotechnology   11(3) 285-288   2010年4月   [査読有り]
Abe R, Caaveiro JM, Kudou M, Tsumoto K
Molecular bioSystems   6(4) 677-679   2010年4月   [査読有り]
Yokota A, Tsumoto K, Shiroishi M, Nakanishi T, Kondo H, Kumagai I
The Journal of biological chemistry   285(10) 7686-7696   2010年3月   [査読有り]
Futatsumori-Sugai M, Tsumoto K
Biochemical and biophysical research communications   391(1) 931-935   2010年1月   [査読有り]
Yokoo N, Togashi T, Umetsu M, Tsumoto K, Hattori T, Nakanishi T, Ohara S, Takami S, Naka T, Abe H, Kumagai I, Adschiri T
The journal of physical chemistry. B   114(1) 480-486   2010年1月   [査読有り]
Temperature and salt concentration alter base-sequence selectivity of a duplex DNA-binding protein.
Nagatoishi S, Tanaka Y, Kudou M, Tsumoto K
Molecular bioSystems   6(1) 98-101   2010年1月   [査読有り]
[Rational fragment-design method based on a thermodynamic analysis].
Tsumoto K, Ui M
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   129(11) 1311-1317   2009年11月   [査読有り]
Kageyama Y, Murayama M, Onodera T, Yamada S, Fukada H, Kudou M, Tsumoto K, Toyama Y, Kado S, Kubota K, Takeda S
Biochemistry   48(42) 10129-10135   2009年10月   [査読有り]
Sakamoto S, Caaveiro JM, Sano E, Tanaka Y, Kudou M, Tsumoto K
Journal of molecular biology   389(5) 880-894   2009年6月   [査読有り]
To be excluded or to bind, that is the question: Arginine effects on proteins.
Nakakido M, Kudou M, Arakawa T, Tsumoto K
Current pharmaceutical biotechnology   10(4) 415-420   2009年6月   [査読有り]
Suzuki N, Tsumoto K, Hajicek N, Daigo K, Tokita R, Minami S, Kodama T, Hamakubo T, Kozasa T
The Journal of biological chemistry   284(8) 5000-5009   2009年2月   [査読有り]
Activation of Leukemia-associated RhoGEF by G13 with significant conformational rearrangements in the interface
Nobuchika Suzuki, Kouhei Tsumoto, Nicole Hajicek, Kenji Daigo, Reiko Tokita, Shiro Minami,Tatsuhiko Kodama, Takao Hamakubo, Tohru Kozasa
J. Biol. Chem.      2009年
Chihiro Motozono, Saeko Yanaka, Kouhei Tsumoto, Masafumi Takiguchi, and Takamasa Ueno
J. Immunol.   182(9) 5528-5536   2009年
Abe R, Kudou M, Tanaka Y, Arakawa T and Tsumoto K.
Biochemical and Biophysical Research Communications   381(3) 306-310   2009年
Okuro K, Kinbara K, Tsumoto K, Ishii N and Aida T.
Journal of American Chemical Society   131(5) 1626-1627   2009年
Mutsumi Futatsumori-Sugaia, Ryota Abea, Masato Watanabe, Motonori Kudou, Tadashi Yamamoto, Daisuke Ejima, Tsutomu Arakawa and Kouhei Tsumoto
Protein Expression and Purification   67(2) 148-155   2009年
Miyafusa T, Tanaka Y, Kuroda M, Ohta T, Tsumoto K
Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications   64(Pt 6) 512-515   2008年6月   [査読有り]
Mihoko Ui, Yoshikazu Tanaka, Takeshi Tsumuraya, Ikuo Fujii, Masayuki Inoue, Masahiro Hirama, and Kouhei Tsumoto
J. Biol. Chem.   283(28) 19440-19447   2008年
Makabe K, Nakanishi T, Tsumoto K, Tanaka Y, Kondo H, Umetsu M, Sone Y, Asano R, Kumagai I.
J. Biol. Chem.   283(2) 1156-1166   2008年
Hattori T, Umetsu M, Nakanishi T, Tsumoto K, Ohara S, Abe H, Naito M, Asano R, Adschiri T, Kumagai I.
Biochem Biophys Res Commun.   365(4) 751-757   2008年
Critical contribution of VH-VL interaction to reshaping of an antibody: the case of humanization of anti-lysozyme antibody, HyHEL-10.
Nakanishi T, Tsumoto K, Yokota A, Kondo H, Kumagai I.
Protein Sci.   17 261-270   2008年
Tsumoto K, Yokota A, Tanaka Y, Ui M, Tsumuraya T, Fujii I, Kumagai I, Nagumo Y, Oguri H, Inoue M, Hirama M.
J. Biol. Chem.   283(18) 12259-12266   2008年
A helical string of alternately connected three-helix bundles for the cell wall-associated adhesion protein Ebh from Staphylococcus aureus.
Tanaka Y, Sakamoto S, Kuroda M, Goda S, Gao YG, Tsumoto K, Hiragi Y, Yao M, Watanabe N, Ohta T, Tanaka I.
Structure   16 488-496   2008年

Misc

 
凍結乾燥 創薬への応用(最終回)
大竹聡敏,伊豆津健一,津本浩平
PHARM TECH JAPAN   31(1)    2015年
凍結乾燥 創薬への応用
津本 浩平
PHARM TECH JAPAN    30(2)    2014年
化合物の“質”を評価する新しいスクリーニング系
長門石曉、津本浩平
実験医学 研究成果を薬につなげるアカデミア創薬の戦略と実例      2014年
タンパク質ハンドリング試薬としてのアルギニン:作用機序の解明と医薬品生産への応用
津本 浩平
PHARM TECH JAPAN   29(10)    2013年
スプレードライ 製剤への応用
大竹聡敏,伊豆津健一,津本浩平
PHARM TECH JAPAN   29(10)    2013年
物理化学的スクリーニング技術による創薬戦略と展望
長門石曉、津本浩平
技術レポート2023 (日本能率協会総合研究所)      2013年
The Mechanism of Transformation of FraC, a Pore Forming Toxin.
Tanaka K, Morante K, Caaveiro JM, Gonzalez-Manas JM, Tsumoto K.
PF News   31 18-21   2013年
タンパク質化学を基にした創薬開発
津本 浩平
実験医学   30 842-849   2012年
表面プラズモン共鳴
津本 浩平
Drug Delivery System   27 47-49   2012年
等温滴定型カロリメトリー
長門石曉、津本浩平
ぶんせき   645-651   2012年
抗体の安定性向上技術
津本 浩平
BIOINDUSTRY   28 28-34   2011年
タンパク質相互作用解析:等温滴定型熱量測定と表面プラズモン共鳴
津本 浩平
生物工学   89 391-394   2011年
タンパク質工学
津本 浩平
遺伝子工学      2011年
Solvent Interactions with Proteins and Other Macromolecules
Satoshi Ohtake, Yoshiko Kita, Kouhei Tsumoto, Tsutomu Arakawa
Amino Acids, Peptides and Proteins in Organic Chemistry Volume 5 - Analysis and Function of Amino Acids and Peptides   273-356   2011年   [査読有り]
抗体会合体の定量的評価の課題
津本浩平、江島大輔、荒川力
抗体医薬のための細胞構築と培養技術      2010年
抗原抗体相互作用の熱力学的制御
津本 浩平
生体機能関連化学部会ニュースレター      2010年
[Recognition mechanism for poly-cyclic ether toxin by anti-ciguatoxin antibody].
Ui M, Tsumoto K
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   54(9) 1182-1189   2009年7月   [査読有り]
相互作用の熱力学情報に基づく低分子リガンド設計
津本浩平、宇井美穂子
薬学雑誌   129 1311-1317   2009年
抗原抗体相互作用の熱力学的解析:特異性と親和性
津本浩平、宇井美穂子
熱測定   36 205-215   2009年
アルギニンによる蛋白質ハンドリング
工藤基徳、津本浩平
ペプチドニュースレター   72 9-11   2009年
[Solvent modulation of chromatography].
Arakawa T, Ejima D, Tsumoto K, Gagnon P
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   80(1) 45-51   2008年1月   [査読有り]
アミノ酸を利用したクロマトグラフィー
工藤基徳、津本浩平
月刊バイオインダストリー      2008年
クロマトグラフィーにおける溶媒制御
Arakawa T, Ejima D, Tsumoto K, Gagnon P.
生化学   80 45-51   2008年
抗体の低分子化の最前線
田中良和、津本浩平
バイオテクノロジージャーナル      2007年
抗体に代わる新たな抗原結合性タンパク質分子~Avimer
田中良和、津本浩平
バイオテクノロジージャーナル      2007年
膜タンパク質研究の新たなツール~Nanodisk
田中良和、津本浩平
バイオテクノロジージャーナル      2007年
GFPテクノロジー
津本 浩平
バイオテクノロジージャーナル      2007年
標的特異的タンパク質の創出:抗体をまね、抗体を超える
津本 浩平
バイオテクノロジージャーナル      2006年
封入体の正体は?
津本浩平
バイオテクノロジージャーナル      2006年
クロマトグラフィーにおける凝集抑制と溶媒制御
津本浩平
生物工学会誌      2006年
蛋白質折りたたみの人工制御:プロテインマニピュレーション
津本浩平
未来材料      2006年
蛋白質リフォールディングの最先端:プロテインマニピュレーション
津本浩平、江島大輔、荒川 力
化学と生物      2006年
抗原抗体相互作用における特異性・親和性創出機構の精密解析
津本浩平
生化学   78 93-109   2006年
抗体療法-最近の進歩、概論:抗体療法の進歩―臨床応用への期待
浅野竜太郎、津本浩平、熊谷 泉
医学のあゆみ      2004年
凝集蛋白質の効率的再生と分光学的フォールディング研究の接点
梅津光央,津本浩平,熊谷 泉
生物物理      2004年
[A magic agent in protein refolding: arginine].
Arakawa T, Katsuyama I, Kumagai I, Tsumoto K
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   48(16) 2310-2317   2003年12月   [査読有り]
タンパク質リフォールディングの救世主:アルギニン
荒川 力、勝山 巌、熊谷 泉、津本浩平
蛋白質核酸酵素   48 2310-2317   2003年
凝集タンパク質の再生 ~凝集抑制と巻き戻し~
津本浩平、熊谷 泉
BIOベンチャー   32-35   2003年
組換え型抗体の現状と将来
浅野竜太郎、津本浩平、熊谷 泉
BIOINDUSTRY   20 6-14   2003年
クローズアップ実験法:アルギニンを用いた変性タンパク質のリフォールディング
津本浩平、熊谷 泉、荒川 力
実験医学   21 1669-1673   2003年
Open sandwich selection Selection of human antibody fragments using the mechanism of Fv fragment stabilization in the presence of antigen
Kouhei Tsumoto, Hideki Watanabe, and Izumi Kumagai
ACS SYMPOSIUM SERIES   830 285-295   2002年
抗体医薬品開発における超高感度等温滴定型カロリメータの活用術
津本浩平,熊谷 泉
Bioベンチャー   2 116-117   2002年
ファージディスプレイとその応用
津本浩平
化学と教育   50 564-567   2002年
X-ray Crystallographic Study of hen lysozyme- HyHEL-10 Fv Mutant Complexes: II. Hydrogen Bonds via Interfacial Water Molecules
Kouhei TSUMOTO, Mitsunori SHIROISHI, Akiko YOKOTA, Yoshiyuki NISHIMIYA, Hidemasa KONDO, and Izumi KUMAGAI
Photon Factory Report   18 240   2001年
抗体系-コンビナトリアルバイオエンジニアリング
藤井郁雄、津本浩平
現代化学   369 40-45   2001年
凝集蛋白質を再生する:効果的な凝集抑制手法の開発
津本浩平,三沢 悟,熊谷 泉
蛋白質 核酸 酵素   46 1238-1246   2001年
ファージディスプレイを用いた新規バイオ分子の選択と応用
津本浩平, 熊谷 泉
BIO INDUSTRY   18 26-33   2001年
金属表面特異的ペプチドの選択-半導体と生命分子の接点
熊谷 泉, 津本浩平
化学   55 58-59   2000年
津本浩平, 三沢 悟, 熊谷 泉
生物物理   40(4) 274-276   2000年
X-RAY CRYSTALLOGRAPHIC STUDY OF HEN LYSOZYME- HYHEL-10 FV COMPLEX
Hidemasa KONDO, Mitsunori SHIROISHI, Yoshiyuki NISHIMIYA, Masaaki MATSUSHIMA, Kouhei TSUMOTO, and Izumi KUMAGAI
Photon Factory Report B   16(263)    1999年
ファージライブラリーによる抗体産生
熊谷 泉, 津本浩平
日本生理学雑誌   61 13-22   1999年
新たな免疫測定法
上田 宏, 長棟輝行, 津本浩平, 熊谷 泉
遺伝子医学   3 170-175   1999年
生体外選択系による新機能抗体分子の創製
熊谷 泉, 津本浩平
蛋白質 核酸 酵素   43 159-167   1998年
熊谷 泉, 津本浩平, 前仲勝実
生物物理   37(5) 219-222   1997年
抗体VH-VL相互作用と蛍光エネルギー移動を利用した均一系非競争的免疫測定法
化学工学   61 215-216   1997年
抗体の分子内相互作用を利用した新しい免疫測定法
上田 宏, 長棟輝行, 津本浩平, 熊谷 泉
ケミカル・エンジニアリング   41 878-882   1996年
Comparative Analysis of Amino Acid Sequences based on Rough Sets and Domain Knowledge Hierarchy
S. Tsumoto, H. Tanaka, K. Tsumoto, I. Kumagai
Proceedings of Genome Informatics Series   5(59-69)    1994年
繊維状ファージ表面における機能性蛋白質ライブラリーの構築
津本浩平, 熊谷 泉
バイオサイエンスとインダストリー   51 991-992   1993年

書籍等出版物

 
タンパク質結晶の最前線
秋葉宏樹、津本浩平 (担当:共著, 範囲:タンパク質のリフォールディング)
シーエムシー出版   2013年   
新機能抗体開発ハンドブック
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:「抗体の構造」「アフィニティの測定」「表面プラズモン共鳴分析法─原理」「カロリメトリー─原理を中心に」)
NTS   2012年   
次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:次世代抗体開発を指向した抗原抗体相互作用解析)
シーエムシー出版   2012年   
遺伝子工学
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:タンパク質工学)
化学同人   2012年   
薬系免疫学
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:「抗体が抗原を見分けるしくみ」「抗体医薬品」)
南江堂   2012年   
酵素利用技術大系
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:酵素:一般論,リフォールディング)
NTS   2010年   
たんぱく質結晶の新展開、抗体:結晶構造と熱力学が語るその緻密なアーキテクチャ
CMC出版   2008年   
たんぱく質結晶の新展開
津本浩平, 田中良和 (担当:共著, 範囲:抗体:結晶構造と熱力学が語るその緻密なアーキテクチャ.)
CMC出版   2008年   
抗体工学の最前線
津本浩平, 江島大輔, 荒川力 (担当:共著, 範囲:抗体の精製、会合凝集形成と溶媒制御.)
CMC出版   2007年   
生物物理学ハンドブック(担当部分)抗体工学
朝倉書店   2006年   
バイオプロダクション(担当部分)蛋白質のフォールディング
コロナ社   2006年   
ナノバイオ辞典(担当部分)分子認識
テクノシステム   2006年   
ナノバイオ辞典
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:分子認識.)
テクノシステム   2006年   
バイオプロダクション
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:蛋白質のフォールディング.)
コロナ社   2006年   
ゲノミクス・プロテオミクスの新展開~生物情報の解析と応用~ (担当部分) ファージディスプレイ
エヌ・ティー・エス   2005年   
生物工学ハンドブック (担当部分)変異導入法、クロマトグラフィー
コロナ社   2005年   
生物工学ハンドブック
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:変異導入法、クロマトグラフィー.)
コロナ社   2005年   
ゲノミクス・プロテオミクスの新展開~生物情報の解析と応用~
津本 浩平 (担当:共著, 範囲:ファージディスプレイ.)
エヌ・ティー・エス   2005年   
コンビナトリアルバイオエンジニアリングの展開(担当部分)ファージディスプレイの現状と今後:プロテオミクスと蛋白質工学
CMC出版   2004年   
BIOCHEMISTRY(担当部分)第8章 PROTEINS IN MOTION (動きの中の蛋白質)
西村書店   2003年   
化学フロンティア⑧ コンビナトリアル・バイオエンジニアリング(担当部分)15章 特異性と親和性を両立させた分子の人工創製を目指して
化学同人   2003年   
新タンパク質科学実験法 第3巻構造機能解析(上)(担当部分)3.3ディスプレイ法,ファージディスプレイ
東京化学同人   2002年   
Encyclopedia of Life Sciences, Antigen-antibody binding.
Macmillan Reference Ltd   2002年   
コンビナトリアルサイエンスの新展開(担当部分)Ⅲ 4.ファージディスプレイを用いた新機能分子の選択:抗体を中心に
CMC出版   2001年   
最新酵素利用技術と応用展開(担当部分)酵素工学基礎編第4章 タンパク質工学による酵素の分子改質
CMC出版   2001年   
シリーズ・ニューバイオフィジックスⅡ,第9巻『生体ナノマシンの分子設計』 (担当部分) 第2章 4 抗体の分子設計
共立出版   2001年   
脳・神経研究のための分子生物学技術講座、10 ファージライブラリーによる抗体産生
文光堂   2000年   
生命工学、第4章 抗体工学
共立出版   2000年   
Old and New Views of Protein Folding:Kinetic folding reactions and molecular dynamics simulations of alpha-lactalbumin.
Elsevier   1999年   
天然高分子研究の新展開, 4 抗体工学
CMC出版   1998年   
構造生物学,4.3 リゾチーム-酵素および抗原のモデルタンパク質として-
朝倉書店   1998年   
分子遺伝学, 7.遺伝子工学
丸善出版   1997年   

講演・口頭発表等

 
- [招待有り]
津本浩平
中国クロマトグラフィーセミナー(上海,国際)   2015年9月22日   
吉田良介
第95回日本化学会年会   2015年3月26日   日本化学
- [招待有り]
津本浩平
中国クロマトグラフィーセミナー(蘇州,国際)   2015年9月21日   
田代晋也
第37回日本分子生物学会年会   2014年11月25日   日本分子生物学会
- [招待有り]
津本浩平
創剤セミナー招待講演(熊本)   2015年9月11日   

競争的資金等の研究課題

 
生命分子の構造・機能マニピュレーション
科学技術振興調整費
研究期間: 2005年   
天然変性蛋白質の構造・機能解析と工学応用
研究期間: 2005年   
Protein Therapeutics特に抗体工学
新規産業創造型提案公募制度
研究期間: 1995年   
生命分子相互作用解析と設計
その他の研究制度
研究期間: 2005年   
蛋白質超分子構造解析と応用
受託研究
研究期間: 2005年   

特許

 
特開2015-97496A : Robo1に対する親和性を向上させた抗体及び高親和性抗体の分子設計方法
津本 浩平
特開2015-62367A : ROBO1タンパク質に対するダイアボディ型二重特異性抗体
津本 浩平
特願2013-521655 : 免疫グロブリン折りたたみ構造を持つタンパク質と、サブユニット構造となりうるタンパク質とを融合させた単量体タンパク質からなる多量体タンパク質の調製方法
津本 浩平
特開2011-513311 : 腫瘍の診断剤又は治療剤
津本 浩平
特願2011-500525 : 低免疫原性ストレプトアビジンおよびその利用
津本 浩平
特開2004-242638A : 規なダイアボディ型二重特異性抗体
津本 浩平
融合タンパク質及びその会合体並びに会合体の製造方法
特許公開2005-314293
抗インターロイキン21受容体(IL-21R)抗体および本抗体を産生するハイブリドーマ
特許公開2005-306757
機能性ポリペプチドとそれを用いた蛋白質の多量体形成法
特許公開2005-213166
可溶性IL-15レセプターα鎖の製造方法
特許公開2003-169693
活性型アルギニンデイミナーゼの製造方法
特許公開2002-45180
抗腫瘍性融合タンパク質
WO02/006486
組換え型抗体の製造方法
特許公開2000-093172
キメラ受容体を有する細胞とその作成方法、並びにその利用
特許公開平10-234372
抗原濃度測定方法
特許公開平10-078436
新規なダイアボディ型二重特異性抗体
特許公開2005-333993