小林 俊行

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/04 10:06
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
小林 俊行
 
コバヤシ トシユキ
URL
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~toshi
所属
東京大学
部署
大学院数理科学研究科
職名
教授
学位
理学博士
その他の所属
東京大学

研究分野

 
 

経歴

 
2011年6月
 - 
現在
東京大学 東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 主任研究員 (兼任)
 
2007年4月
 - 
現在
東京大学 大学院数理科学研究科 教授
 
2003年
 - 
2007年3月
京都大学数理解析研究所教授
 
2001年
 - 
2003年
京都大学数理解析研究所助教授
 
1991年
 - 
2001年
東京大学 数学 助教授
 
1987年
 - 
1991年3月
東京大学 理学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京大学  
 
 
 - 
1985年
東京大学  数学科
 

委員歴

 
2003年
 - 
2005年
日本数学会  理事
 

受賞

 
2016年11月
アメリカ数学会 フェロー
 
2015年3月
JMSJ論文賞 「ベッセル作用素による極小表現の理論」
受賞者: 共同受賞 (J.Hilgert 小林俊行, J.Moellers)
 
2014年4月
紫綬褒章 「数学研究」
 
2011年2月
井上学術賞 「無限次元の対称性の解析」
 
2008年
フンボルト賞 「数学における新しい分野の創始」
 
2007年
日本学術振興会賞 「代数・幾何・解析にまたがるリー群の無限次元表現の理論と不連続群の研究」
 
2006年
大阪科学賞 「リーマン幾何の枠組を超えた不連続群論の創始とリー群の無限次元表現における離散的分岐則の発見」
 
1999年3月
日本数学会春季賞 「ユニタリ表現論における離散的分岐則の理論」
 

Misc

 
Proper action on a homogeneous space of reductive type.
T. Kobayashi
Math. Ann.   285(2) 249-263   1989年
Discrete decomposability of the restriction of A_q(λ) with respect to reductive subgroups and its applications. I, II, III.
T. Kobayashi
Invent. Math. 117, 181-205; Annals of Math. 147, 709-729; Invent. Math. 131, 229-256      1994年
1994/1998/1998
Analysis on minimal representations of O(p,q). I, II, III.
T. Kobayashi and B. Ørsted
Adv. Math.   180 486-512; 513-550; 551-595   2003年
A necessary condition for the existence of compact Clifford-Klein forms of homogeneous spaces of reductive type.
T. Kobayashi
Duke Math. J.   67 653-664   1992年
Invariant measures on homogeneous manifolds of reductive type.
T. Kobayashi
J. Reine Angew. Math.   490 37-53   1997年

書籍等出版物

 
Conformal Symmetry Breaking Operators on Differential Forms on Spheres (球面上の微分形式における対称性破れ微分作用素)
小林 俊行
Springer-Nature   2016年11月   
数学の現在 i, π, e
小林 俊行 (担当:共編者)
東大出版会   2016年5月   
Symmetry Breaking for Representations of Rank One Orthogona Group (ローレンツ群の表現における対称性の破れ)
小林 俊行
アメリカ数学会   2015年5月   
The Schrödinger model for the minimal representation of the indefinite orthogonal group O(p, q)
小林 俊行 (担当:共著)
アメリカ数学会   2011年   
数学は役に立っているか?
小林 俊行 (担当:共編者)
丸善   2010年   
Representation Theory and Automorphic Forms
小林 俊行 (担当:分担執筆, 範囲:Multiplicity-free theorems of the restrictions of unitary highest weight modules with respect to reductive symmetric pairs)
Birkhauser   2007年   
Lie Theory: Unitary Representations and Compactifications of Symmetric Spaces (with A. Borel and L. Ji), Progress in Mathematics 229
Birkhäuser   2005年   
リー群と表現論(大島利雄氏との共著)
岩波書店   2005年   
数学の最先端 21世紀への挑戦
小林 俊行 (担当:分担執筆, 範囲:「非リーマン等質空間の不連続群論」)
Springer   2001年   
Singular Unitary Representations and Discrete Series for Indefinite Stiefel Manifolds U(p, q; F)/U(p -m, q; F), Memoirs of the Amer. Math. Soc. 462
アメリカ数学会   1992年   

競争的資金等の研究課題

 
非リーマン幾何構造の変換群による大域解析と無限次元における分岐則
新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業
非リーマン等質空間の不連続群論
新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業