曺 喜蓮

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/29 03:11
 
アバター
研究者氏名
曺 喜蓮
 
チョ ヒリョン
URL
https://sites.google.com/site/heeryoncho/
所属
Kookmin University (South Korea)
部署
School of Computer Science
職名
Researcher
学位
博士(情報学)(京都大学), 学士(政治学)(Yonsei University)

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
韓国 国民大学校 コンピュータ工学部 研究員
 
2014年9月
 - 
2015年2月
韓国 忠北大学校 経営情報学科 研究教授
 
2011年2月
 - 
2014年8月
韓国 延世大学校 国際キャンパス グローバル融合技術院 責任研究員
 
2010年3月
 - 
2010年11月
韓国 ソウル 成均館大学校 インタラクションサイエンス研究所 研究員
 
2008年10月
 - 
2009年3月
京都大学 大学院情報学研究科 Global COE 研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2009年3月
京都大学 情報学研究科 社会情報学
 
1991年3月
 - 
1995年2月
韓国 延世大学 社会科学大学 新聞放送学科
 

受賞

 
2009年
日本社会情報学会 大学院学位論文賞 博士奨励 Analysis of Cultural Differences in Pictogram Interpretations
 

論文

 
Heeryon Cho,Hyun Jung Lee
Semantic Technology - Third Joint International Conference, JIST 2013, Seoul, South Korea, November 28-30, 2013, Revised Selected Papers   364-379   2013年   [査読有り]
Kun Chang Lee,Heeryon Cho
Expert Syst. Appl.   39(5) 6116-6121   2012年   [査読有り]
Heeryon Cho,Toru Ishida
The Language Grid - Service-Oriented Collective Intelligence for Language Resource Interoperability   133-148   2011年   [査読有り]
Sunyoung Lee,Kun Chang Lee,Heeryon Cho
Advances in Information Technology - 4th International Conference, IAIT 2010, Bangkok, Thailand, November 4-5, 2010. Proceedings   73-82   2010年   [査読有り]
Kun Chang Lee,Heeryon Cho,Sunyoung Lee
Advances in Information Technology - 4th International Conference, IAIT 2010, Bangkok, Thailand, November 4-5, 2010. Proceedings   63-72   2010年   [査読有り]
Kun Chang Lee,Heeryon Cho
Future Generation Information Technology - Second International Conference, FGIT 2010, Jeju Island, Korea, December 13-15, 2010. Proceedings   294-303   2010年   [査読有り]
Satoshi Morimoto,Satoshi Sakai,Masaki Gotou,Heeryon Cho,Toru Ishida,Yohei Murakami
2009 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, WI 2009, Milan, Italy, 15-18 September 2009, Main Conference Proceedings   430-433   2009年   [査読有り]
Heeryon Cho,Toru Ishida,Toshiyuki Takasaki,Satoshi Oyama
The Semantic Web: Research and Applications, 5th European Semantic Web Conference, ESWC 2008, Tenerife, Canary Islands, Spain, June 1-5, 2008, Proceedings   65-79   2008年   [査読有り]
Heeryon Cho,Toru Ishida,Satoshi Oyama,Rieko Inaba,Toshiyuki Takasaki
IEICE Transactions   91-D(11) 2638-2646   2008年   [査読有り]
Heeryon Cho,Naomi Yamashita,Toru Ishida
Agent Computing and Multi-Agent Systems, 10th Pacific Rim International Conference on Multi-Agents, PRIMA 2007, Bangkok, Thailand, November 21-23, 2007. Revised Papers   458-463   2007年   [査読有り]

Misc

 
三原 宏一朗, 境 智史, Cho Heeryon, 石田 亨
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   108(441) 79-84   2009年2月
これまで,翻訳機能のみならず,多言語環境ならではの様々なコミュニケーション支援機能が付加されたチャットツールが数々提案されてきた.しかし,既存の多言語チャットツールは文章編集機能に乏しく,実用には不十分であった.そこで我々は,異文化コラボレーションの現場で実際に求められている機能,インタフェースについて調査した.そして,その結果を踏まえ,複数の文章入力欄を持つ新たな多言語チャットツールを設計,開発したので,ここに報告する.
森本 智史, 境 智史, 後藤 雅樹, CHO Heeryon, 石田 亨
電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理   108(441) 1-6   2009年2月
多言語サービス基盤である「言語グリッド」は様々な言語サービスを利用できるようにしているが,言語サービスをWebサービスという形で提供しているため,エンドユーザや開発者が,言語サービスをそのまま利用することは難しい.そこで,エンドユーザがWebブラウザ上で言語サービスを簡単に試し,開発者がソースコードを参照しながら言語サービスアプリケーションを開発できる「言語グリッドPlayground」というWebサイトを構築した.
絵文字解釈における人間の文化差判定
Cho Heeryon,石田亨,山下直美,稲葉利江子,高崎俊之,神田智子
ヒューマンインタフェース学会論文誌   10(4) 427-434   2008年
Cho Heeryon, 石田 亨, 稲葉 利江子, 高崎 俊行, 森 由美子, 神田 智子
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(1)    2007年3月
Heeryon Cho, 稲葉 利江子, 石田 亨, 高崎 俊之, 森 由美子
情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]   2006(110) 1-8   2006年10月
絵文字メッセージをやり取りして人間同士が意思疎通するには,コミュニケーションに参加している人間たちが同じ絵文字解釈(意味理解)を持たなければならない.絵文字コミュニケーションシステムの潜在利用者である日本と米国の子供たちが,同じ絵文字解釈を持つかを調べるために,システムで利用される120個の絵文字の意味を問うアンケート調査を行った.結果,ジェスチャー,色と性別,時間,空間,馴染みのもの,顔/表情の六つの領域に関係する19個の絵文字に対して,両国の子供が異なる解釈を持つことが分った.ここでは...

講演・口頭発表等

 
Assisting Pictogram Selection with Semantic Interpretation
The 5th European Semantic Web Conference (ESWC 2008)   2008年   
Towards Culturally-Situated Agent Which Can Detect Cultural Differences
The 10th Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents (PRIMA 2007)   2007年   
Pictogram Retrieval Based on Collective Semantics
The 12th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2007)   2007年   
Human Detection of Cultural Differences in Pictogram Interpretations
2009 ACM International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC 2009)   2009年   
Culturally-Situated Pictogram Retrieval
2007 International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC 2007)   2007年