関本 征史

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/10 01:47
 
アバター
研究者氏名
関本 征史
 
セキモト マサシ
URL
http://www.azabu-u.ac.jp/teacher/le/sekimoto_masashi.html
所属
麻布大学 生命・環境科学部
部署
環境衛生学研究室
職名
准教授
学位
博士(薬学)(静岡県立大学)
その他の所属
静岡県立大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
麻布大学 生命・環境科学部 准教授
 
2014年10月
 - 
現在
静岡県立大学 薬学部 客員准教授
 
2009年4月
 - 
2014年9月
静岡県立大学 薬学部 講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
静岡県立大学 薬学部 助教
 
2004年1月
 - 
2007年3月
静岡県立大学 薬学部 助手
 
2006年8月
 - 
2006年10月
ニューヨーク州立大学 ストーニーブルック校 訪問研究員
 
2003年1月
 - 
2003年12月
静岡県立大学 薬学部 COEプログラム研究員 
 
2001年4月
 - 
2002年12月
静岡県立大学 薬学部 客員研究員
 
1999年10月
 - 
2001年3月
バイオインダストリー協会(北海道大学遺伝子病制御研究所) 博士研究員
 
1999年4月
 - 
1999年9月
東海大学 医学部 遺伝子工学・細胞移植研究センター 博士研究員
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
静岡県立大学大学院 薬学研究科 博士後期課程
 
1994年4月
 - 
1996年6月
静岡県立大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
 
1990年4月
 - 
1994年3月
帝京大学 薬学部 生物薬学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本環境変異原学会  評議員
 
2014年1月
 - 
現在
日本毒性学会 Fund. Toxicol. Sci.  専門査読委員
 
2014年1月
 - 
現在
日本毒性学会 J. Toxicol. Sci.  専門査読委員
 
2014年1月
 - 
現在
日本毒性学会  評議員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本薬学会  ファルマシアトピックス小委員会委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本薬学会 環境衛生部会  若手活性化小委員会委員
 

受賞

 
2009年7月
日本薬学会 東海支部 学術奨励賞 化学物質の毒性発現における種差・性差の解析: CYP 分子種の発現変動を指標として
 

論文

 
Sekimoto, M.*, Sumi, H., Hosaka, T., Umemura, T., Nishikawa, A., Degawa M.
Food Chem. Toxicol.   97 256-264   2016年11月   [査読有り]
Involvement of hepatic IL-1 in the strain-dependent sex differences in serum total cholesterol levels in rats.
Kumagai, Y., Sekimoto, M.*, Okamoto, M., Kurita, R., Kojima, M. and Degawa, M.
Biol. Pharm. Bull.   37(4) 654-658   2014年   [査読有り]
Kato Y, Tamaki S, Haraguchi K, Ikushiro S, Sekimoto M, Ohta C, Endo T, Koga N, Yamada S, Degawa M
Toxicology and applied pharmacology   263(3) 323-329   2012年9月   [査読有り]
Establishment of a stable human cell line, HPL-A3, for use in reporter gene assays of cytochrome P450 3A inducers.
Sekimoto, M., Sano, S., Hosaka, T., Nemoto, K. and Degawa, M.
Biol. Pharm. Bull.   35(5) 677-685   2012年   [査読有り]
2,2’,4,5,5’-pentachlorobiphenyl-mediated decrease in serum thyroxine level between C57BL/6 and its transthyretin-deficient mice.
Kato, Y., Tamaki, S., Haraguchi, K., Ikushiro, S., Sekimoto, M., Ohta, C., Endo, T., Koga, N., Yamada, S. and Degawa, M.
Toxicol. Appl. Pharm.   263 323-329   2012年   [査読有り]
Changes in expression of hepatic cytochrome P450 subfamily enzymes during development of adjuvant-induced arthritis in rats.
Sanada, H., Sekimoto, M., Kamoshita, A. and Degawa, M.
J. Toxicol. Sci.   36(2) 181-190   2011年4月   [査読有り]
Kojima, M., Sekimoto, M. and Degawa, M.
J. Endocrinol.   207(2) 203-211   2010年11月   [査読有り]
[Sex- and species-differences on xenobiotic-induced toxicity: differences in constitutive and xenobiotic-mediated expression of cytochrome P450 1A subfamily enzymes (CYP1As)].
Sekimoto M
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   131(3) 415-422   2011年3月   [査読有り]
Kato, M., Yamamoto, T., Sekimoto, M. and Degawa, M., Toyo'oka, T.
J. Chromatogr. A.   1216(47) 8277-8282   2009年11月   [査読有り]
Hosaka T, Sekimoto M, Nemoto K, Degawa M
Cancer science   101(3) 652-657   2010年3月   [査読有り]

Misc

 
出川 雅邦, 根本 清光, 関本 征史
応用薬理   84(1)    2013年2月
関本 征史, 川曲 洋人, 梅原 薫
薬学雑誌   127(0) 120-122   2007年10月
関本 征史
ファルマシア   42(4) 366-367   2006年4月
関本征史
分子呼吸器病   4 109-116   2000年
岡本 圭一郎, 関本 征史, 根本 清光, 森川 吉博, 仙波 恵美子
Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌   14(3)    1999年12月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
化学物質の代謝活性化を基盤とした皮膚免疫毒性物質探索システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 関本 征史
食品添加物と環境化学物質の混合曝露による複合免疫毒性発現の可能性
日本食品化学研究振興財団: 日本食品化学研究振興財団平成28年度研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 関本 征史
食品添加物と環境化学物質の混合曝露による複合免疫毒性発現の可能性
日本食品化学研究振興財団: 日本食品化学研究振興財団平成27年度研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 関本 征史
医薬品による発がんリスク増加に関わる輸送担体の探索とその評価系の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 関本 征史
発がん前駆物質の遺伝毒性発現における異物-薬物相互作用の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 関本 征史