和田 真

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/03 18:45
 
アバター
研究者氏名
和田 真
 
ワダ マコト
URL
http://www.rehab.go.jp/ri/noukinou/hattatsu/
所属
国立障害者リハビリテーションセンター研究所
部署
脳機能系障害研究部
職名
発達障害研究室長
学位
博士(医学)(筑波大学)
その他の所属
順天堂大学
科研費研究者番号
20407331
ORCID ID
0000-0002-2183-5053

プロフィール

ヒトとマウスを対象に、多感覚の時空間情報処理と身体図式をテーマに、発達障害の神経基盤の解明と、それを活かした支援法の開発に取り組んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 室長
 
2009年
 - 
2013年
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 研究員
 
2007年
 - 
2009年
順天堂大学医学部 助教
 
2005年
 - 
2007年
順天堂大学医学部 助手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 分子情報・生体統御医学専攻
 
1995年4月
 - 
2001年3月
筑波大学 医学専門学群 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本生理学会  若手の会運営委員長
 
2014年4月
 - 
現在
日本生理学会  将来計画委員会委員
 
2010年
 - 
現在
日本生理学会  若手の会 運営委員
 

論文

 
Ide M, Wada M
Frontiers in Human Neuroscience   11 166   2017年3月   [査読有り]
Ide M‡, Hidaka S‡, Ikeda H, Wada M
Scientific Reports   6 37301   2016年10月   [査読有り]
Wada M, Takano K, Ora H, Ide M, Kansaku K
Journal of Neuroscience   36(43) 11133-11137   2016年10月   [査読有り]
Ora, H., Wada, M., Salat, D., Kansaku, K.
Scientific Reports   6 28105   2016年6月   [査読有り]
Ide M, Wada M
Frontiers in Integrative Neuroscience   in press    2016年   [査読有り]
Wada M, Ide M
Experimental Brain Research   234(1) 51-65   2016年   [査読有り]
Effects of aging and idiopathic Parkinson’s disease on tactile temporal order judgment
Nishikawa N§, Shimo Y§, Wada M§, Hattori N, Kitazawa S
PLOS ONE   10(3) e0118331   2015年3月   [査読有り]
Spatio-temporal processing of tactile stimuli in autistic children
Wada M, Suzuki M, Takaki A, Miyao M, Spence C, Kansaku K.
Scientific Reports   4 5985   2014年8月   [査読有り]
Neural Correlates of Tactile Temporal-Order Judgment in Humans: an fMRI Study.
Takahashi T, Kansaku K, Wada M, Shibuya S, Kitazawa S.
Cereb Cortex   23(8) 1952-1964   2013年8月   [査読有り]
Effect of the Green/Blue Flicker Matrix for P300-Based Brain-Computer Interface: An EEG-fMRI Study.
Ikegami S, Takano K, Wada M, Saeki N, Kansaku K.
Front Neurol   2012;3:113.   2012年7月   [査読有り]
Spatio-temporal updating in the left posterior parietal cortex.
Wada M, Takano K, Ikegami S, Ora H, Spence C, Kansaku K.
PLoS One   7(6) e39800   2012年6月   [査読有り]
Noninvasive bioluminescence imaging of c-fos expression in the mouse barrel cortex.
Wada M, Watanabe S, Chung U, Higo N, Taniguchi T, Kitazawa S.
Behavioural Brain Research   208(1) 158-162   2010年   [査読有り]
c-Fos expression during temporal order judgment in mice.
Wada M, Higo N, Moizumi S, Kitazawa S
PLoS One   5(5) e10483   2010年   [査読有り]
Wada M, Yoshimi K, Higo N, Ren YR, Mochizuki H, Mizuno Y, Kitazawa S.
Neurosci Res   56(1) 96-102   2006年   [査読有り]
Temporal order judgment in mice.
Wada M, Moizumi S, Kitazawa S.
Behav Brain Res   157(1) 167-175   2005年   [査読有り]
Effects of handedness on tactile temporal order judgment.
Wada M, Yamamoto S, Kitazawa S.
Neuropsychologia   42(1) 1887-1895   2004年   [査読有り]
Tominaga M, Wada M, Masu M.
Proc Natl Acad Sci U S A   98(12) 6951-6956   2001年   [査読有り]

Misc

 
神経生理学への招待(連載)
和田真, 北澤茂
Clinical Neuroscience(月刊臨床神経科学)   29(1) 6-7   2011年1月
時間順序の知覚
北澤 茂, 和田 真
生体の科学   57(1) 37-43   2006年
Reversal of subjective temporal order due to sensory and motor integrations.
Kitazawa S, Moizumi S, Okuzumi A, Saito F, Shibuya S, Takahashi T, Wada M, Yamamoto S
Attention Perform   73-97

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
マウスの身体像錯覚課題を用いた発達障害の認知神経基盤の解明
日本学術振興会: 基盤B研究
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 和田 真
発達障害者の得意・不得意のもとになる個性創発の認知神経基盤の解明
文部科学省: 新学術領域研究(「個性」創発脳)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 和田 真
「空気を読む」為の発達障害者向け視線誘導訓練の研究開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 和田 真
多感覚統合と身体感覚の発達過程とその変容
文部科学省: 新学術領域研究(構成論的発達科学)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 和田 真
マウスの身体像錯覚による発達障害モデルの解析
日本学術振興会: 若手研究(A)(→基盤(B)へ移行)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 和田 真
発達障害の為の視線と視点を訓練するゲームの研究開発
科学技術融合振興財団: 研究助成
研究期間: 2014年3月 - 2016年2月    代表者: 和田 真
自閉症のコミュニケーション障害を改善するための訓練ゲームの開発
中山隼雄科学技術文化財団: 助成研究(A-1)
研究期間: 2014年3月 - 2016年2月    代表者: 和田 真
自己と外界の関係を表現する脳内機構
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 神作憲司
脳における時間表現の研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 北澤茂
組織・病理標本の可視的解析法の開発と応用
科学技術振興機構: 産学共同シーズイノベーション化事業
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 和田 真

特許

 
特開 2011164051 : 角層細胞の重層剥離度の鑑別方法
濱口 雅則、野村 重雄、服部 文弘、岡本 暉公彦、和田 真
特許4944641 : 染色組織標本の陽性細胞の自動検出法
和田真、北澤茂、谷口達樹
特許4856569 : 染色組織標本の陽性細胞の計数方法
和田 真
特許 3958340 : 染色組織標本の陽性細胞の可視化解析方法
和田真、北澤茂

社会貢献活動

 
発達障害サイエンスカフェ〜自閉症の神経基盤〜
【パネリスト, 司会, 企画】  日本生理学会若手の会・LIUB所沢実行委員会(場所:みわい工房ショールーム) ゲスト:篠田陽(東京理科大学)・和田真(国リハ研)・五里江陽子(よつばくらぶ) 後援:日本生理学会、よつばくらぶ  2015年4月5日
Light It Up Blue所沢実行委委員
【運営参加・支援】  Light It Up Blue所沢実行委員会  YS-11ライト・イット・アップ・ブルー(世界自閉症啓発デー)  2015年4月2日
Science Cafe@三鷹天命反転住宅 時空間反転カフェ~時間と空間の脳科学~
【司会, 企画】  日本生理学会若手の会(場所:三鷹天命反転住宅)  ゲスト:山本慎也さん(産業技術総合研究所)  後援:日本生理学会, ABRF  2013年12月7日

その他

 
2008年4月
「つくばの交通によせる熱い想いー みんなで話そう!!どうなるつくばの車社会?住みよいつくばへ、こう変わる?ー」日本自動車研究所・一般公開イベント(交通バリアフリー関係市民シンポジウム)
2006年4月
「脳!-内なる不思議の世界へ」関連イベント 脳!フロアトーク-俊英と語る最先端Vol.2「脳の中の時間」科学未来館