髙岸 輝

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/10 18:10
 
アバター
研究者氏名
髙岸 輝
 
タカギシ アキラ
学位
博士(美術)(東京芸術大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京工業大学 大学院社会理工学研究科 価値システム専攻 大学院社会理工学研究科 価値システム専攻 准教授
 
2000年
 - 
2003年
:日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2001年
 - 
2002年
:プリンストン大学 美術考古学部 客員研究員
 
2004年
 - 
2005年
:財団法人大和文華館 学芸部 部員
 
2005年
 - 
2005年
:神戸大学 大学院文化学研究科 客員助教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
東京芸術大学 美術研究科 美術専攻
 

受賞

 
2006年
東工大挑戦的研究賞
 
1998年
国華賞
 
2009年
東工大教育賞優秀賞
 

Misc

 
土佐光信のコミュニケーション―絵師と画料をめぐって―
髙岸輝
文学   10(5) 174-180   2009年
室町絵巻の環境と表現―土佐行広から土佐光信・土佐光茂へ―
髙岸輝
日本文学   (58) 41-48   2009年
ミュージアムは生きている
髙岸輝
日本歴史   (728) 48-51   2009年
十五世紀絵画のパースペクティブ―土佐光信のリアリズム―
髙岸輝
文学   9(3) 99-108   2008年
「融通念仏縁起絵巻」明徳版本の成立
髙岸輝
室町時代研究   (2) 140-153   2008年

書籍等出版物

 
王朝文学と物語絵 平安文学と隣接諸学10
竹林舎   2010年   
イメージとパトロン―美術史を学ぶための23章
ブリュッケ   2009年   
お伽草子百花繚乱
笠間書院   2008年   
室町絵巻の魔力―再生と創造の中世―
吉川弘文館   2008年   ISBN:978-4-642-07906-8
Asian Art History in the Twenty-First Century
2007年   ISBN:978-0-300-12553-5

講演・口頭発表等

 
美術史の一五世紀
2007年度日本史研究会大会   2008年   
美術史の一五世紀
2007年度日本史研究会大会   2007年   

所属学協会

 
 

Works

 
書の美―古筆・手紙・墨蹟・画賛―展
芸術活動   2005年1月 - 2005年2月
神仏―信仰と造形―展
芸術活動   2005年8月 - 2005年10月
山水―東洋の理想郷―展
芸術活動   2005年5月 - 2005年7月
没後30年記念 歎美抄―矢代幸雄が選んだ美の精粋―展
芸術活動   2005年4月 - 2005年5月