牛尾収輝

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/03 16:42
 
アバター
研究者氏名
牛尾収輝
 
ウシオ シュウキ
所属
国立極地研究所
部署
国立極地研究所 研究教育系気水圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)1994年(北海道大学)

プロフィール

研究課題と活動状況: 極域のみならず、地球規模の気候形成・変動に重要な役割を果たしている海氷成長・融解過程と、それに関連する海洋構造・循環特性の変動を主な研究対象としている。特に海氷域内に形成される開水面や疎氷域であるポリニア域の実態、南極大陸周辺の沿岸定着氷や沖合流氷域の長期変動特性、南大洋高緯度域の海洋物理過程を明らかにすることを目的として、現地観測と各種データ解析を進めている。近年、南大洋インド洋区の季節海氷域における海洋物理観測として、プロファイリングフロートの展開を積極的に進めている。この観測で得られたデータと共に、衛星リモートセンシングや航海観測、気象・気候データ等を用いた解析、考察を通して、極域海洋と海氷物理に関する研究に取組んでいる。極域観測歴: (1)南極域:第31次南極地域観測隊(越冬隊)(1989-1991)、東京水産大学海鷹丸第64次航海(1996)、第41次南極地域観測隊(越冬隊)(1999-2001)、第44次南極地域観測隊(夏隊・専用観測船)(2003)、第49次南極地域観測隊(越冬隊)(2007-2009) (2)北極域:スバールバル諸島ニーオルスン周辺海洋観測(1991、1993)、グリーンランド海海洋観測(1992)、カナダ北極圏ノースウォーター海洋観測(1997)、バレンツ海海洋観測(1999)産学共同研究: 南極観測船「しらせ」における海氷厚モニタリング手法の開発に関する研究(2001、独立行政法人海上技術安全研究所)

研究分野

 
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
公益社団法人日本雪氷学会  雪氷研究大会(2016・名古屋)実行委員会委員
 
2001年
   
 
SCOR/SCAR/iAnZone(International Antarctic Zone Program:国際南大洋研究計画)国内委員(2001-2006)
 
1998年
   
 
WMO/IPAB(International Programme for Antarctic Buoys:国際南極海漂流ブイ観測計画)国内委員(1998-)および委員長(2006-2007)
 
1998年
   
 
SCAR/ASPeCt(Antarctic Sea Ice Processes and Climate:国際南極域海氷・気候研究計画)国内委員および運営委員(1998-2006)
 
 
   
 
社団法人日本雪氷学会 雪氷編集委員会(1997-1998,2005-2006)
 

論文

 
南極昭和基地沖における融解期の多年氷のマイクロ波輝度温度特性
直木和弘、長幸平、牛尾収輝
日本雪氷学会誌 雪氷   79(1) 31-42   2017年1月   [査読有り]
Sugimoto, F., T. Tamura, H. Shimoda, S. Uto, D. Shimizu, K. Tateyama, S. Hoshino, T. Ozeki, Y. Fukamachi, S. Ushio, and K. I. Ohshima
Polar Science   10 43-51   2016年   [査読有り]
Helicopter-borne observations with portable microwave radiometer in the Southern Ocean and the Sea of Okhotsk
Tamura T, Ohshima, K I, Lieser J L, Toyota T, Tateyama K, Nomura D, Nakata K, Fraser A D, Jansen P W, Newbery K B, Massom R A, Ushio S
Annals of Glaciology   56(69) 436-444   2015年10月   [査読有り]
Kitade, Y., K. Shimada, T. Tamura, G. D. Williams, S. Aoki, Y. Fukamachi, F. Roquet, M. Hindell, S. Ushio, and K. I. Ohshima
Geophysical Research Letters   41(10) 3528-3534   2014年   [査読有り]
Massom R, Reid P, Stammerjohn S, Raymond B, Fraser A, and Ushio S
PLoSONE   8(5) e64756   2013年   [査読有り]
パルスパワー砕氷における電源パラメータの影響
猪原哲,小湊佑一,福田一之,山部長兵衛,牛尾収輝
電気学会論文誌A   131(10) 846-852   2011年   [査読有り]
パルスパワー砕氷における氷中のクラック生成と進展過程の観測
猪原哲,小湊佑一,福田一之,牛尾収輝
電気学会論文誌A   131(5) 410-411   2011年   [査読有り]
Observation of sea ice thickness using ENVISAT data from Lützow-Holm Bay, East Antarctica
Nakamura, K., Wakabayashi, H., Uto, S., Ushio, S. and Nishio, F.
IEEE Geoscience and Remote Sensing Letters   vol. 6, No.2, 277-281   2009年   [査読有り]
Land-fast Ice variation during the past five decades
Ushio, S.
WCRP-SCAR Clic 'Ice and Climate News'   11, 13-14   2008年
Deep western boundary current and southern frontal systems of the Antarctic Circumpolar Current southeast of the Kerguelen Plateau
Aoki, S., Fujii, N., Ushio, S., Yoshikawa, Y., Watanabe, S., Mizuta, G., Fukamachi, Y. and Wakatsuchi, M.
J. Geophys. Res.   113, C08038, doi:10.-1029/2007JC004627   2008年   [査読有り]
A series of cyclonic eddies in the Antarctic Divergence off Adelie Coast
Aoki, S., Fukai, D., Hirawake, T., Ushio, S., Rintoul, S. R., Hasumoto, H., Ishimaru, T., Sasaki, H., Kagimoto, T., Sasai, Y., Mitsudera, H.
J. Geophys. Res.   112, C05019, doi:10.-1029/2006JC003712   2007年   [査読有り]
Breaking of ice using pulsed power
Ihara, S., C. Yamabe, and S. Ushio
Proceedings of 10th International Symposium on High Pressure Low TemperaturePlasma Chemistry   367-370   2006年
ERS-2による南極リュツォ・ホルム湾の海氷後方散乱特性
若林裕之、河村俊行、牛尾収輝、西尾文彦
日本リモートセンシング学会誌   26, 138-145   2006年   [査読有り]
過去50年間にわたる南極リュツォ・ホルム湾定着氷の変動
牛尾収輝、若林裕之、西尾文彦
雪氷   68, 4, 299-305   2006年   [査読有り]
南極リーセル・ラルセン半島沖のポリニアの水温構造
牛尾収輝
南極資料   50,132-141   2006年   [査読有り]
南大洋インド洋区およびリュツォ・ホルム湾沖の海氷消長の特徴
牛尾収輝
南極資料   50,142-151   2006年   [査読有り]
Factors affecting fast-ice break-up frequency in Lutzow-Holm Bay, Antarctica
Ushio, S.
Ann. Glaciol.   44, 177-182   2006年   [査読有り]
Characteristics of sea-ice thickness and snow-depth distributions of the summer landfast ice in Lutzow-Holm Bay, East Antarctica
Uto, S., Shimoda, H., Ushio, S.
Ann. Glaciol.   44, 281-287   2006年   [査読有り]
Growth, properties and relation to radar backscatter coefficient of sea ice in Lutzow-Holm Bay, Antarctica
Kawamura, T, Wakabayashi, H., Ushio, S.
Ann. Glaciol.   44, 163-169   2006年   [査読有り]
Estimation of thin sea-ice thickness from NOAA AVHRR data in a polynya off the Wilkes Land coast, East Antarctica
Tamura, T., Ohshima, K. I., Enomoto, H., Tateyama, K., Muto, A., Ushio, S., Massom, R. A.
Ann. Glaciol.   44, 269-274   2006年   [査読有り]

Misc

 
Oceanographic data in Lutzow-Holm Bay of Antarctic Climate Research Programme from March 1990 to January 1991 (JARE-31)
Ushio, S., Takizawa, T.
JARE Data Reports   184 (Oceanography 13)   1993年
Seasonal variations of the flow and oceanic structure under fast ice Lutzow-Holm Bay, Antarctica
Ohshima, K. I., Kawamura, T., Takizawa, T., Ushio, S.
Proc. Fourth Intl. Conf. on Southern Hemisphere Meteorol. Oceanogr.   4, 467-468   1993年
Cosmonaut Polynya region in the Antarctic
Takizawa, T., Ohshima, K. I., Ushio, S., Kawamura, T., Enomoto, H.
Proc. Intl. Sympos on ISY Polar Ice Extent   82-86   1993年
Seasonal variations of the flow and oceanic structure under fast ice in Lutzow-Holm Bay, Antarctica
Ohshima, K. I., Takizawa, T., Kawamura, T., Ushio, S.
Proc. Intl. Symp. on ISY Polar Ice Extent   87-90   1993年
Data of sea-ice cores obtained in Lutzow-Holm Bay from 1990 to 1992 (JARE-31, -32) in the period of Japanese Antarctic Climate Research
Kawamura, T., Takizawa, T., Ohshima, K. I., Ushio, S.
JARE Data Reports   204 (Glaciology 24)   1995年
Upward growth of Antarctic sea ice during summer and autumn
Kawamura, T., Takizawa, T., Ohshima, K. I., Ushio, S.
Pre. Wadati Conf. on Global Change and the Polar Climate   150-153   1995年
Seasonal cycle of the Antarctic coastal ocean: observations and a numerical experiment
Ohshima, K. I., Takizawa, T., Kawamura, T., Ushio, S.
Pre. Wadati Conference on Global Change and the Polar Climate   158-161   1995年
Oceanographic data in the Greenland Sea and around Svalbard in 1991-1993
Ushio, S., Ito, H., Ono, N.
NIPR Arctic Data Reports   3   1998年
漂流する巨大氷山誕生の謎
牛尾収輝
パリティ   13, 6-13   1998年
南大洋の海氷分布と海洋循環
牛尾収輝
月刊海洋   31, 766-771   1999年

書籍等出版物

 
極地研ライブラリー 南極観測隊のしごと 観測隊員の選考から暮らしまで
国立極地研究所南極観測センター (担当:分担執筆, 範囲:第7章)
成山堂書店   2014年3月   ISBN:978-4-425-57071-3
南極読本 隊員が語る寒冷自然と観測の日々
南極OB会編集委員会 (担当:分担執筆)
成山堂書店   2013年12月   ISBN:978-4-425-94811-6
極域海洋 南極・北極の百科事典
国立極地研究所編(分担執筆)
丸善   2004年   
第1章 海氷の分布,第10章 海氷 雪と氷の事典
日本雪氷学会監修(分担執筆)
朝倉書店   2005年   
大河は地球をめぐる―海と氷が演ずる自然のドラマ― 河川文化 河川文化を語る会講演集〈その十七〉
牛尾収輝
(社)日本河川協会   2005年   

講演・口頭発表等

 
A mechanism for the quasi-periodic breakup of multi-year landfast ice caused by limitation of thickening under heavy snow condition
牛尾収輝
The Sixth Symposium on Polar Science   2015年11月16日   
多雪域の多年氷の成長限界に起因する定着氷の凖周期的崩壊
牛尾収輝
雪氷研究大会(2015・松本)   2015年9月13日   
2011/12年夏期、南極リュツォ・ホルム湾周辺の海氷状況
牛尾収輝
雪氷研究大会(2012・福山)   2012年9月23日   
Coastal sea ice variation around East Dronning Maud Land, Antarctica, during the last five decades
Ushio, S.
2006 AGU Fall Meeting   2006年   
南極リュツォ・ホルム湾沖の海氷消長の特異性
牛尾収輝
平成18年度極域気水圏・生物圏合同シンポジウム   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
無人観測システムによる南極大陸沿岸域の海氷変動機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 牛尾収輝
南極大陸沿岸における海氷のデータベース構築と長期変動特性の抽出
財団法人住友財団: 2005年度環境研究助成
研究期間: 2005年11月 - 2007年2月    代表者: 牛尾収輝
南大洋の海洋海氷変動
科学研究費補助金
科学研究費補助金 奨励研究(A)(特):厳冬期の海氷域内に維持される開水面における氷晶生産過程(1989)  
科学研究費補助金 奨励研究(A):南極東クイーンモードランド沖における海氷分布と海洋構造の特性(1995)  

社会貢献活動

 
平成27年度兵庫県立網干高等学校教育講演会
【講師】  2016年3月10日
第12回南極教室(ふじ開館30周年記念イベント)
【講師】  名古屋海洋博物館  2015年8月22日
南極・北極科学館サイエンスカフェ
【講師】  国立極地研究所  2013年5月25日
社会活動・貢献など
【その他】
以下の講演会。科学講座「発見の教室」岐阜県郡上郡八幡町郡上八幡総合文化センター(1996.12)
社会活動・貢献など
【その他】
科学講演会姫路科学館(1997.5)

その他

 
極域海洋物理および海氷に関する研究として、次の課題に重点的に取り組む。①南大洋高緯度域で展開しているプロファイリングフロートの観測データおよび衛星・気候データを用いて、インド洋区南極発散域の海氷消長、水塊、流れの構造を解析する。海氷分布の特異性を生む海洋現象とその季節・年々変化を海洋-大気システムとして考察することにより、特に底層・深層水の挙動やポリニヤ形成・維持機構の理解を進める。②沿岸海氷域(特に多年性定着氷)としてリュツォ・ホルム湾に着目し、海氷流出現象をもとに沿岸定着氷の長期変動機構について解明する。これは国際極年2007-2008に開始されたる沿岸定着氷監視ネットワーク(Antarctic Fast-Ice Network: AFIN)にも貢献しており、国際共同研究の推進にも努めている。これら集約するデータ・情報を中心に海氷データベースを稼動させ、新たな研究課題の抽出や現地行動上の安全対策や新観測船で導入する物資輸送システムの検討・作業支援にも役立てる。③気水圏分野が担う南極観測として海氷・海洋循環変動モニタリング研究観測を継続させると共に、南極観測船「しらせ」における海氷モニタリングシステムを用いた研究観測を継続する。また、既存データのアーカイブと公開作業も進める。これらは共同研究および南極観測事業の一環として取り組む。研究の力点は南極域に置くが、両極域研究として北極域の海氷・海洋研究も注視し、地球規模の海氷・海洋変動を通した北極研究の動向把握に努める。そのために情報収集と国内外共同研究者との交流を維持する。これらは、国内の極域海洋研究コミュニティにおける共同研究の推進にも貢献するものである。