的場 澄人

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/04 18:38
 
アバター
研究者氏名
的場 澄人
 
マトバ スミト
URL
http://wwwoc.lowtem.hokudai.ac.jp/~matoba/index.html
所属
北海道大学
部署
低温科学研究所 環オホーツク観測研究センター
職名
助教
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
30391163

プロフィール

・アラスカ、カムチャツカの山岳氷河から採取されたアイスコアを用いた、北部北太平洋地域の数百年間の古気候復元

・北西グリーンランドでの積雪調査

に取り組んでいます。

アイスコアから見つかった気候イベントが、実はグリーンランドやカムチャツカの人々の伝承で語り継がれていた出来事だった、みたいな発見をしたいと、夢想しています。

更新メモ
Mar7-2016, 論文追加(Oyabu+, Polar Sci; Iizuka +, BGR; Matoba+ BGR)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 低温科学研究所 助教
 

委員歴

 
2013年5月
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会  理事
 
2013年4月
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会  北海道支部理事
 
2011年
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会  Bulletin of Glaciological Research 編集委員
 
2009年
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会  雪氷編集委員
 
2005年
 - 
2006年
日本雪氷学会  北海道支部会計担当幹事
 

受賞

 
2008年
寒地技術賞(地域振興部門)
 

論文

 
的場澄人、青木輝夫、庭野匡思、朽木勝幸、兒玉裕二、山口悟
北海道の雪氷   35 135-136   2016年9月
Oyabu, I., S. Matoba, T. Yamasaki, M. Kadota and Y. Iizuka
Polar Science   10 36-42   2016年3月   [査読有り]
Iizuka, Y., S. Matoba, T. Yamasaki, I. Oyabu, M. Kadota and T. Aoki
Bulletin of Glaciological Research      2016年   [査読有り]
野外におけるガス吸着式積雪SSA 測定装置の運用
八久保晶弘、山口悟、堀雅裕、谷川朋範、杉浦幸之助、的場澄人、庭野匡思、朽木勝幸、青木輝夫
北海道の雪氷   34 15-18   2015年9月
M. Niwano, T. Aoki, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, K. Kuchiki, and H. Motoyama
The Cryosphere   9 971-988   2015年5月   [査読有り]
Kuchiki, K., T. Aoki, M. Niwano, S. Matoba, Y. Kodama and K. Adachi
J. Geophys. Res.   120 868-882   2015年1月   [査読有り]
A. Tsushima, S. Matoba, T. Shiraiwa, S. Okamoto, H. Sasaki, D. J. Solie, and K. Yoshikawa
Climate of the Past   11 217-226   2015年2月   [査読有り]
断面観測結果を用いた積雪変質モデルの検証
平島寛行、山口悟、小杉健二、根本征樹、青木輝夫、的場澄人
雪氷   77(1) 5-16   2015年1月   [査読有り]
Pokhrel, A., K. Kawamura, K. Ono, O. Seki, P. Fu, S. Matoba, and T. Shiraiwa
Atmos. Envion.   130 105-112   2016年4月   [査読有り]
Matoba, S., H. Motoyama, K. Fujita, T. Yamasaki, M. Minowa, Y. Onuma, Y. Komuro, T. Aoki, S. Yamaguchi, S. Sugiyama and H. Enomoto
Bulletin of Glaciological Research   33 7-14   2015年11月   [査読有り]
Tanikawa, T., M. Hori, T. Aoki, A. Hachikubo, K. Kuchiki, M. Niwano, S.Matoba, S.Yamaguchi, and K. Stamnes
J. Geophys. Res. Atmos.   119 13946-13964   2014年12月   [査読有り]
Matoba, S., K. Shimbori, and T. Shiraiwa
Annals of Glaciology   55(68) 83-87   2014年11月   [査読有り]
Matoba, S., T. Yamasaki, M. Miyahara, and H. Motoyama
Bullet. Glaciol. Res.   32 79-84   2014年8月   [査読有り]
Yamaguchi, S., S. Matoba, T. Yamasaki, A. Tsushima, M. Niwano, T. Tanikawa, and T. Aoki
Bullet. Glaciol. Res.   32 95-105   2014年8月   [査読有り]
A. Hachikubo, S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, S. Matoba, M. Niwano, K. Kikuchi, and T. Aoki
Bullet. Glaciol. Res.   32 47-53   2014年8月   [査読有り]
Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, K. Kikuchi, M. Niwano, S. Yamaguchi, and S. Matoba
Bullet. Glaciol. Res.   32 33-45   2014年8月   [査読有り]
Aoki, T., S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Niwano, K. Kikuchi, K. Adachi, J. Uetake, H. Motoyama, and M. Hori
Bullet. Glaciol. Res.   32 21-31   2014年8月   [査読有り]
Aoki, T., S. Matoba, J. Uetake, N. Takeuchi, and H. Motoyama
Bulletin of Glaciological Research   32 3-20   2014年8月   [査読有り]
Osada, K., S. Ura1, M. Kagawa1, M. Mikami, T. Y. Tanaka, S. Matoba, K. Aoki, M. Shinoda, Y. Kurosaki, M. Hayashi, A. Shimizu, and M. Uematsu
Atmos. Chem. Phys.   14 1104-1121   2014年1月   [査読有り]
中国西部・七一氷河における表面の雪と氷および降水の化学組成
三宅隆之、植竹淳、的場澄人、坂井亜規子、藤田耕史、T. D. Yao、中尾正義
雪氷   76(1) 3-17   2014年1月   [査読有り]
降雨と融雪が重なって生じる融雪出水(2) —3カ年の模擬降雨散水実験の比較—
石井吉之、中坪俊一、森章一、的場澄人
北海道の雪氷   32 29-32   2014年1月
Pokhrel, A., K. Kawamura, O. Seki, S. Matoba, and T. Shiraiwa
Atmos. Environ.   100 202-209   2014年   [査読有り]
積雪の比表面積と粒径との関係
八久保晶弘、M. Schneebeli、山口悟、掘雅裕、谷川朋範、杉浦幸之助、的場澄人、庭野匡思、朽木勝幸、青木輝夫
北海道の雪氷   33 121-124   2014年
Sugiyama, S., D. Sakakibara, S. Matsuno, S. Yamaguchi, S. Matoba, and T. Aoki
Annals of Glaciology   55(66) 25-33   2014年   [査読有り]
降雨と融雪が重なって生じる融雪出水 —3カ年の模擬降雨散水実験の比較—
石井吉之、中坪俊一、森章一、的場澄人
北海道の雪氷   31 104-107   2012年9月
Fukuda, T., S. Sugiyama, S. Matoba, T. Shiraiwa
Annals of Glaciology   52(58) 138-142   2011年   [査読有り]
Matoba, S., T. Shiraiwa, A. Tsushima, H. Sasaki, Y. D. Muravyev
Annals of Glaciology   52(58) 44-50   2011年   [査読有り]
Osada, K., S. Ura, M. Kagawa, M. Mikami, Y. T. Tanaka, S. Matoba, K. Aoki, M. Shinoda, Y. Kurosaki, M. Hayashi, A. Shimizu, and M. Uematsu
SOLA   7 49-52   2011年   [査読有り]
非水溶性大気沈着物中のFe含有量を用いた鉱物質ダスト量の推定
浦 幸帆, 長田 和雄, 香川 雅子, 三上 正男, 的場 澄人, 青木 一真, 篠田 雅人, 黒崎 泰典, 林 政彦, 清水 厚, 植松 光夫
エアロゾル研究   26(3) 234-241   2011年   [査読有り]
Nomura, D., J. Nishioka, M. A. Granskoge, A. Krellf, S. Matoba, T. Toyota, H. Hattorig, and K. Shirasawa
Marine Chemistry   119(1-4) 1-8   2010年   [査読有り]
A snow algal community on the surface and ice an ice core of Rikha-Samba Glacier in Western Nepalii Himalayas
Takeuchi, N., K. Fujita, F. Nakazawa, S. Matoba, M. Nakawo, B. Rana
Bulletin of Glaciological Research   27 25-35   2009年   [査読有り]
Iizuka, Y., T. Miyake, M. Hirabayashi, T. Suzuki, S. Matoba, H. Motoyama, Y. Fujii, T. Hondoh
Journal of Glaciology   55(191) 552-562   2009年   [査読有り]
Kanamori, S., C. S. Benson, M. Truffer, S. Matoba, D. J. Solie, T. Shiraiwa
Journal of Glaciology   54(185) 273-278   2008年   [査読有り]
Glacier mass balance interpreted from biological analysis of firn cores in the Chilean lake distinct
Santibanez, P., S. Kohshima, R. Sheihing, J. Jaramillo, T. Shiraiwa, S. Matoba, D. Kanda, P. Labarca, G. Casassa
Bulletin of Glaciological Research   54 452   2008年   [査読有り]
The glaciological expedition to Mount Ichinsky, Kamchatka, Russia
Matoba, S., S. V. Ushakov, K. Shimbori, H. Sasaki, T. Yamasaki, A. A. Ovshannikov, A. G. Manevich, T. M. Zhideleeva, S. Kutuzov, Y. D. Muravyev, and T. Shiraiwa
Bulletin of Glaciological Research   24 79-85   2007年   [査読有り]
Estimation of net accumulation rate at a Patagonian glacier by ice core analyses using snow algae
Koshima, S., Takeuchi, N., Uetake, J., Shiraiwa, T., Uemura, R., Yoshida, N., Matoba, S., and Godoi, M. A.
Global and Planetary Change   (59) 236-244   2007年   [査読有り]
Meteorological observation at July 1st Glacier in northwest China from 2002 to 2005
A. Sakai, Y. Matsuda, K. Fujita, S. Matoba, J. Uetake, K. Satow, K. Duan, J. Pu, M. Nakawo and T. YAO
Bulletin of Glaciological Research   23 23-32   2006年   [査読有り]
Preliminary observations of sub-surface and shallow ice core at July 1st Glacier, China in 2002-2004
J. Uetake, A. Sakai, Y. Matsuda, K. Fujita, H. Narita, S. Matoba, K. Duan, M. Nakawo and T. Yao
Bulletin of Glaciological Research   23 85-93   2006年   [査読有り]
的場澄人、森育子、西川雅高、早狩進
エアロゾル研究   20(3) 225-230   2005年   [査読有り]
Scientific prospect of a certified reference material for study on the urban dust in China
Sun, Z., M. Nishikawa, Z. Wu, I. Mori, and S. Matoba
Proceedings of China-Japan Joint Symposium on Environmental Chemistry   170-172   2004年   [査読有り]
Comparison of atmospheric particulate pretreatment method for ICP-AES anaysis
Mori, I., Matoba, S., Sano, T., Di, Y., Quan, H. and Nishikawa, M.
Proceedings of China-Japan Joint Symposium on Environmental Chemistry   207-208   2004年   [査読有り]
Chemical characteristics in a 22-m ice core on the Belukha Glacier, Russia
Y. Iizuka, K. Fujita, S. Matoba, Y. Fujii, K. Matsuki, M. Kohno, and V.B. Aizen
Polar Meteorology and Glaciology   18 114-120   2004年   [査読有り]
Parallel testing of continuous monitoring equipment for PM2.5 and annual variation in PM2.5/SPM ratio
Matoba, S., Mori, I., Hasegawa, S., Tanabe, K. and Nishikawa, M
Proceedings of China-Japan Joint Symposium on Environmental Chemistry   310-311   2004年
A 320 k-year record of microparticles in the Dome Fuji, Antarctica ice core measured by laser-light scattering
Y. Fujii, M. Kohno, S. Matoba, H. Motoyama, and O. Watanabe
Mum. Natl. Inst. Polar Res. Spec. Issue, "Global Scale Climate and Environment Study through Polar Deep Ice Cores"   46-62   2003年   [査読有り]
An overview of the Japanese glaciological studies on Mt. Logan, Yukon Territory, Canada in 2002
K. Goto-Azuma. T, Shiraiwa, S. Matoba, T Segawa, S. Kanamori, Y, Fujii, and T. Yamasaki.
Bulletin of Glaciological Research   20 65-72   2003年   [査読有り]
Ice core drilling at King Col, Mount Logan 2002
T. Shiraiwa, K. Goto-Azuma, S. Matoba, T. Yamasaki, T. Segawa, S. Kanamori, K. Matsuoka, and Y. Fujii
Bulletin of Glaciological Research   20 57-63   2003年   [査読有り]
Anthropogenic trace metals in an ice core at Vestfonna, Svalbard, Norway
S. Matoba, H. Narita, H. Motoyama, and O. Watanabe
Chinese Journal of Polar Science   14(1) 41-47   2003年   [査読有り]
High net accumulation rates at Campo de Hielo Patagónico Sur, South America, revealed by analysis of a 45.97 m long ice core
T, Shiraiwa, S. Kohshima, R. Uemura, N. Yoshida, S. Matoba, J. Uetake, and M.A. Godoi
Annals of Glaciology   19 25-31   2002年   [査読有り]
Linear and nonlinear relations between the high-frequency-limit conductivity, AC-ECM signals and ECM signals of Dome F Antarctic ice core from a laboratory measurement
S. Fujita, N. Azuma, H. Motoyama, K. Kameda, H. Narita, S. Matoba, M. Igarashi, H. Kohno, Y. Fujii, and O. Watanabe
Annals of Glaciology   35 321-328   2002年   [査読有り]
tudies on climatic and environmental changes during the last few hundred years using ice cores from various sites in Nordaustlandet, Svalbard
O. Watanabe, H. Motoyama, M. Igarashi, K. Kamiyama, S. Matoba, K. Goto-Azuma, H. Narita, and T. Kameda
Memoirs of national Institute of Polar Researc h Special Issue, "Environmental Research in the Arctic 2000"   227-242   2002年   [査読有り]
Meteorological observation and chemical compositions of precipitation during the winter and spring season in 1997/98 at Siorapaluk, northwestern Greenland
S. Matoba, T. Yamasaki, and H. Motoyama
Bulletin of Glaciological Research   19 25-31   2002年   [査読有り]
Ice core chemistry of Vestfonna Ice Cap in Svalbard, Norway
S. Matoba, H. Narita, H. Motoyama, K. Kamiyama and O. Watanabe
Journal of Geophysical Research   doi:10.1029/2002JD002205   2002年   [査読有り]
Regional characteristics of chemical constituents in surface snow, Arctic cryosphere
H. Motoyama, O. Watanabe, K. Kamiyama, M. Igarashi, K. Goto-Azuma, Y. Fujii, Y. Iizuka, S. Matoba, H. Narita, and T. Kameda
Polar Meteorol. and Glaciol.   15 55-66   2001年   [査読有り]
Tephra layers in the Dome Fuji deep ice core, Antarctica.
Y. Fujii, M. Kohno, H. Motoyama, S. Matoba, O. Watanabe, S. Fujita, N. Azuma, T. Kikuchi, and T. Fukuoka
Annals of Glaciology   29 126-130   1999年   [査読有り]
Basic analyses of Dome Fuji deep ice core Part1: Stable oxygen and hydrogen isotope ratios, major chemical compositions and dust concentration
O. Watanabe, Y. Fujii, K. Kamiyama, H. Motoyama, T. Furukawa, M. Igarashi, M. Kohno, S. Kanamori, N. Kanamori, Y. Ageta, M. Nakawo, H. Tanaka, K. Satow, H. Shoji, K. Kawamura, S. Matoba and W. Shimada
Polar Meteorology and Glaciology   13 83-89   1999年   [査読有り]
氷コア中の微量金属元素の定量法の開発と金属元素から見たスバールバルの環境変動
的場 澄人
   1998年
Preliminary report on analysis of melted Dome Fuji ice core obtained in 1993
O. Watanabe, K. Kamiyama, H. Motoyama, M. Igarashi, S. Matoba, T. Shiraiwa, T. Yamada, H. Shoji, S. Kanamori, N. Kanamori, M. Nakawo, Y. Ageta, S. Koga and K. Satow
Proc. of the NIPR Symp. Polar Meteorol. and Glaciol.   11 14-23   1997年   [査読有り]
Characteristics of AC-ECM signals obtained by use of the Vestfonna ice core, Svalbard
K. Matsuoka, H. Narita, K. Sugiyama, S. Matoba, H. Motoyama and O. Watanabe
Proc. of the NIPR Symp. Polar Meteorol. and Glaciol   11 67-75   1997年   [査読有り]
S. Matoba, M. Nishikawa, O. Watanabe, Y. Fujii
Journal of Environmental Chemistry   8(3) 421-427   1998年   [査読有り]

Misc

 
極地フィールド研究者と犬ぞり北極探検家のフィールドノート
的場澄人・山崎哲秀
地理   60 47-51   2015年9月
グリーンランド北西部における雪氷学的研究
山口悟、青木輝夫、的場澄人
月刊地球   37 59-71   2015年2月
7th International Workshop on Ice Drilling Technology
的場 澄人
雪氷   77(1) 91-93   2015年1月

書籍等出版物

 
フィールドに入る(100万人のフィールドワーカーズシリーズ1)
的場 澄人 (担当:共著, 範囲:5.のこのこと犬ソリにのって—北極探検家と行くフィールドワーク)
古今書院   2014年5月   
身近な気象・気候調査の基礎
古今書院   2000年   
なぞの宝庫・南極大陸
技術評論社   2008年   
積雪観測ガイドブック
朝倉書店   2010年   

講演・口頭発表等

 
グリーンランド氷床の暗色化と衛星抽出積雪物理量
青木輝夫ほか
第6回極域シンポジウム   2015年12月18日   
冬季北極域で観測された海塩組成分別
原圭一郎、的場澄人、山崎哲秀
第6回極域シンポジウム   2015年12月16日   
1995-96年セベルナヤゼムリャ雪氷調査報告
高橋修平、的場澄人、高橋昭好、渡辺興亜、Lev Savatugin
第6回極域科学シンポジウム   2015年12月16日   
グリーンランド北西氷床(SIGMA-D)アイスコアを用いた過去 157年間の気候復元
門田萌、的場澄人、本山秀明、藤田耕史、山崎哲秀、 大沼友貴彦、箕輪昌紘、小室悠紀、青木輝夫
第6回極域科学シンポジウム   2015年12月16日   
海氷上のフロストフラワー形成時の化学成分の分別と濃縮
的場澄人、原圭一郎、山崎哲秀、平林幹啓
第6回極域科学シンポジウム   2015年12月16日   
グリーンランド氷床南東ドーム掘削
飯塚芳徳、的場澄人、山崎哲秀,大藪幾美、門田萌
第6回極域科学シンポジウム   2015年12月16日   
グリーンランド北西部でのエアロゾル観測
原圭一郎1、的場澄人2、山崎哲秀3 1福岡大・理・2北大低温研・3アバンナット
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
等温変態過程における積雪比表面積(SSA)減少速度の温度依存性
*八久保晶弘(北見工大)、山口悟(防災科研)、堀雅裕(JAXA)、谷川朋範(JAXA)、杉浦幸之助(富山大)、的場澄人(低温研)、庭野匡思(気象研)、朽木勝幸(気象研)、青木輝夫(気象研)
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
南極氷床における降雪量推定モデルの開発 -その1-
鈴木香寿恵(統数研)、本山秀明(極地研・総研大)、平沢尚彦(極地研・総研大) 、山内恭(極地研・総研大)、榎本浩之(極地研・総研大)、 田村岳史(極地研・総研大)、飯塚芳徳(北大低温研)、的場澄人(北大低温研)、樋口知之(統数研・総研大)
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
最近の中層掘削技術と検層について [招待有り]
本山秀明(国立極地研究所)、古崎睦(旭川工業高等専門学校)、高橋昭好((株)地球工学研究所)、田中洋一((株)ジオシステムズ)、宮原盛厚((株)アノウィ)、高田守昌(長岡技術科学大学)、澤柿教伸(北海道大学大学院地球環境科学研究院)、的場澄人(北海道大学低温科学研究所)、杉山慎(北海道大学低温科学研究所)、新堀邦夫(北海道大学低温科学研究所)、森章一(北海道大学低温科学研究所
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
グリーンランド北西部で採取されたフロストフラワーの化学成分
的場澄人(北大低温研)、原圭一郎(福岡大)、山崎哲秀(アバンナット)
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
グリーンランド北西氷床(SIGMA-D)アイスコアの解析速報
*的場澄人(北大低温研)、本山秀明(国立極地研)、藤田耕史(名古屋大)、山崎哲秀(アバンナット)、大沼友貴彦(千葉大)、箕輪昌紘(北海道大)、小室悠紀(山形大)、門田萌(北海道大)、山口悟(防災科研)、 青木輝夫(気象研)
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
グリーンランド極北域およびカナダ極北域における観測拠点設営の提唱(提言)-継続した日本の北極観測調査の推進 -
山崎哲秀(アバンナット)、小林正幸(APEROS)、*的場澄人(低温研)
極域科学シンポジウム   2014年12月2日   
積雪粒径測定手法の比較
○青木輝夫(気象研究所),山口悟・本吉弘岐(防災科学技術研究所),朽木勝幸・庭野匡思(気象研究所), 藤田耕史(名古屋大学),的場澄人(北海道大学低温科学研究所),八久保晶弘(北見工業大学),谷川朋範・ 堀雅裕(宇宙航空研究開発機構),竹内由香里(森林総合研究所),杉浦幸之助(富山大学)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   
札幌における光吸収性積雪不純物濃度の長期変動
○朽木勝幸・青木輝夫・庭野匡思(気象研究所),的場澄人(北海道大学低温科学研究所),兒玉裕二(国立極 地研究所)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   
融雪初期における積雪比表面積の深度プロファイルの経時変化
○八久保晶弘(北見工業大学),山口悟(防災科学技術研究所),堀雅裕・谷川朋範(宇宙航空研究開発機構), 杉浦幸之助(富山大学),的場澄人(北海道大学低温科学研究所),庭野匡思・朽木勝幸・青木輝夫(気象研究 所)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   
最近の浅層・中層掘削技術と検層について
○本山秀明(国立極地研究所),古崎睦(旭川工業高等専門学校),高橋昭好(株)地球工学研究所),田中洋 一(株)ジオシステムズ),宮原盛厚(株)アノウィ),新堀邦夫・的場澄人・杉山慎・森章一(北海道大学 低温科学研究所),澤柿教伸(北海道大学大学院地球環境科学研究院),高田守昌(長岡技術科学大学)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   
フィンランド積雪縦断観測-2013
○佐藤篤司(防災科学技術研究所雪氷防災研究センター),對馬あかね(北海道大学大学院環境科学院),大宮 哲・的場澄人(北海道大学低温科学研究所)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   
融雪期における雪面上への模擬降雨散水実験 − 積雪底面流出水の水同位体比とイオン濃度の時間変化 −
○石井吉之・中坪俊一・森章一・的場澄人(北海道大学低温科学研究所)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   
グリーンランド北西部でのフロストフラワーの観測 化学成分の濃縮と成分分別
○的場澄人(北海道大学低温科学研究所),原圭一郎(福岡大学理学部),山崎哲秀(アバンナット)
雪氷研究大会(2014・八戸)   2014年9月22日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
グリーンランド氷床雪氷調査(SIGMA)
2011年
クロモフ号によるオホーツク海およびブッソル海峡の海洋観測
2010年
レゾリュート沖での海氷表面霜の観測
2010年
カムチャツカ・イチンスキーアイスコアから得られた 過去50年間のオホーツク海の気温と海氷の変動
2009年
カムチャツカ・イチンスキーアイスコア中の負のδDのピークの解釈
2009年
北部北太平洋域への大気由来鉄沈着量の推定 -アイスコアとエアロゾル観測からの評価-
2009年
フェドチェンコ氷河観測
2009年
Singals of climate changes in an ice-core obtained from Mount Ichinsky, Kamchatka
2009年
ロシア・カムチャツカ州・イチンスキー氷河コアのプロファイル
2008年
ロシア・カムチャツカ州・イチンスキー氷河コアの化学解析
2008年

競争的資金等の研究課題

 
次世代積雪物理量測定技術開発と精密積雪物理モデルに基づく雪氷圏変動監視手法の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2021年3月    代表者: 山口悟
グリーンランド氷床コアに含まれる水溶性エアロゾルを用いた人為的気温変動の解読
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 飯塚芳徳
山岳氷河アイスコア解析による北太平洋地域における小氷期以降の気候・環境変動復元
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 的場澄人
北極域における積雪汚染及び雪氷微生物が急激な温暖化に及ぼす影響評価に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 青木輝夫
親潮域へ沈着する大気ダストの生物生産への影響評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年