山口 高領

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/13 02:57
 
アバター
研究者氏名
山口 高領
 
ヤマグチ タカネ
eメール
takane46gmail.com
所属
早稲田大学
部署
社会科学総合学術院 社会科学部
職名
講師(任期付)
学位
学士(法学)(早稲田大学), 学士(文学)(早稲田大学), 修士(教育学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
60386555

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
   
 
より、早稲田大学社会科学総合学術院社会科学部講師(任期付)。
 
2013年4月
   
 
より、明治大学情報コミュニケーション学部兼任講師。
 
2011年4月
   
 
より、大東文化大学文学部英米文学科非常勤講師。
 
2007年4月
   
 
から2012年3月まで、東洋大学ライフデザイン学部非常勤講師。
 
2007年10月
   
 
から2012年3月まで、早稲田大学社会科学部非常勤講師。
 

学歴

 
 
 - 
1995年
早稲田大学 法学部 
 
 
 - 
1997年
早稲田大学 第二文学部 英米文学専修学士入学
 
 
 - 
1999年
早稲田大学 教育学研究科 英語教育
 
 
 - 
2005年
早稲田大学 教育学研究科 教科教育学専攻
 

論文

 
Satisfaction des besoins psychologiques fondamentaux pour l’apprentissage d’une deuxième langue étrangère et l’auto-efficacité pour l’apprentissage de l’anglais
Shinya Hori, Takane Yamaguchi
言語教師教育 Online edition: ISSN 2188-8264 Print edition: ISSN 2188-8256   2(2) 117-126   2015年8月   [査読有り]
University Students’ Self-Efficacy Beliefs about Learning English and Their Attitudes toward Learning a Second Foreign Language
Takane Yamaguchi, Shinya Hori
言語教師教育 Online edition: ISSN 2188-8264 Print edition: ISSN 2188-8256   Vol.2 No.2 127-137   2015年8月
AKINOBU KANDA, TAKANE YAMAGUCHI, EIICHI YUBUNE, RYUJI TABUCHI
Malaysian Journal of ELT Research; An earlier version of this paper was presented at the 12th International Asia TEFL Conference and 23rd MELTA International Conference, held in Kuching, Sarawak, Malaysia in August 2014, and published in the conference pr   11(1) 67-80   2015年4月
チャンク単位の一斉音読訓練が黙読速度と読解スコアに与える影響 (Effects of Chunk-based Reading Aloud on Silent Reading Speed and Comprehension)
山口高領・神田明延(首都大学東京)・湯舟英一(東洋大学)・田淵龍二(ミント音声教育研究所)・池山和子(恵泉女学園大学)・鈴木正浩(西武文理大学)
Language Education & Technology,外国語教育メディア学会   (51) 243-266   2014年12月
学習者間評価を用いた英語グループプレゼンテーション指導 (Making Use of Peer Evaluation: A case of an EFL course)
山口高領
Dialogue   13 29-38   2015年3月

書籍等出版物

 
言語教師のポートフォリオ【現職英語教師編】
JACET教育問題研究会編 監修:神保尚武/編集:久村研,酒井志延,清田洋一
東京:桐文社   2014年3月   
言語教師のポートフォリオ【英語教職課程編】
JACET教育問題研究会編 監修:神保尚武/編集:久村研,酒井志延,髙木亜希子
東京:桐文社   2014年3月   
言語教師のポートフォリオ【英語教師教育全編】
JACET教育問題研究会編 監修:神保尚武/編集:久村研,酒井志延,髙木亜希子,清田洋一
東京:桐文社   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
英語で授業を展開する授業力の枠組みを求めて—『言語教師のポートフォリオ』(J-POSTL)を中心に—
2015年8月23日   
ワーキングメモリの時間特性に配慮した,フレーズ先導方式カラオケとTEDプレゼンを使ったチャンク音声指導
2015年6月13日   
英文フレージング能力が読解得点に与える影響(パイロットスタディー) 鈴木政浩(西武文理大学)・神田明延(首都大学東京)・湯舟英一(東洋大学)・山口高領(早稲田大学)・田淵龍二(ミント音声教育研究所)・池山和子(恵泉女学園大学)
2014年11月15日   
読解問題のリーダビリティと学習者の読みの速さ・理解度との関係, 山口高嶺、神田明延、田淵龍二、湯舟英一、鈴木政浩
2014年11月15日   

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金基盤研究C 課題番号24501196 「英文速読能力を向上させるチャンク音声提示法の研究」 分担研究者(研究代表者:神田明延) 170万円
英文速読能力を向上させるチャンク音声提示法の研究
科学研究費助成事業(首都大学東京): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))