菊地 敬夫

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/10 20:32
 
アバター
研究者氏名
菊地 敬夫
 
キクチ タカオ
所属
東日本国際大学
部署
エジプト考古学研究所
職名
客員教授
その他の所属
早稲田大学エジプト学研究所ハイデルベルク大学エジプト学研究所

論文

 
第8 次ルクソール西岸 アル=コーカ地区調査概報
近藤二郎,吉村作治,菊地敬夫,柏木裕之,河合望,高橋寿光,竹野内恵太,福田莉紗
エジプト学研究   (第22号) 113-148   2016年3月   [査読有り]
第7次ルクソール西岸アル=コーカ地区調査概報
近藤二郎、吉村作治、河合望、菊地敬夫、柏木裕之、竹野内恵太、福田莉紗
エジプト学研究   (21) 19-44   2015年3月   [査読有り]
The decoration program in the burial chamber of the royal tomb of Amenophis III
菊地 敬夫
Proceedings of the Tenth International Congress of Egyptologists   II 1709-1718   2015年   [査読有り]

Misc

 
ルクソール西岸岩窟墓〔Ⅱ〕-第318号墓と隣接する墓- (早稲田大学エジプト学研究所編)
アケト      2003年
王家の谷・西谷、アメンヘテプⅢ世王墓(WV22)付近のグラフィト(グラフィトN.3974-3982)
エジプト学研究/早稲田大学エジプト学会   4,pp.22-42    1996年
Graffiti Nr.3974-3982 aus dem Gebiet des Grabes Amenophis'Ⅲ im Westtal der Koenige
Memnonia/Association pour la Sauvegarde du Ramesseum   7,pp.163-184    1996年
Das Graffito Nr.3981a und eine aus den Late Rmesside Letters bekannte Familie der Nekropolenschreiber
Goettinger Miszellen/Seminar fuer Aegyptologie und Koptologie der Universitaet Goettingen   160,pp.51-58    1997年
Die Thebanische Nekropole der 21. Dynastie - Zum Wandel der Nekropole und zum Totenglauben der Aegypter
Mitteilungen des Deutschen Archaeologischen Instituts Abteilung Kairo   58, pp.343-371    2002年

書籍等出版物

 
エジプト王家の谷・西谷学術調査報告書[II]―KV AとアメンヘテプⅢ世王墓(KV 22)に隣接する地域―
吉村作治、菊地敬夫、瀬戸邦弘、西坂朗子、近藤二郎 (担当:共著, 範囲:「Ⅰ章:調査の経緯」5-10;15-17.「Ⅵ章:グラフィト」 101-126.)
中央公論美術出版   2011年12月   
エジプト王家の谷・西谷学術調査報告書[I]―アメンヘテプⅢ世王墓(KV 22)を中心として―
吉村作治、菊地敬夫、瀬戸邦弘、河合望、西坂朗子 (担当:共著, 範囲:「Ⅰ章:調査の経緯」5-10;15-16.「Ⅱ章:アメンヘテプⅢ世王墓」17-20;20-23;27-30;58-138;205-207.)
中央公論美術出版   2008年5月   
ルクソール西岸岩窟墓[Ⅲ]―第333号墓、A.21号墓、A.24号墓、W-4(Nr.-127-)号墓―
石橋純、菊地敬夫、永井正勝、近藤二郎、吉村作治
アケト出版   2007年2月   

競争的資金等の研究課題

 
王家の谷の王墓に記された「天井碑文」の画像史料化と公開に向けた調査研究
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 菊地 敬夫
アメンヘテプ3世王墓に描かれた「アムドゥアト書」の画像史料公開に向けた調査研究
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 菊地 敬夫
アメンヘテプ3世王墓に描かれた「アムドゥアト書」の史料化のための調査研究
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 菊地 敬夫
アメンヘテプ3世王墓に描かれた「アムドゥアト書」の史料化に向けた基礎的研究
日本学術振興会: 科研費・萌芽研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 菊地 敬夫
エジプトにおける遺跡の保存修復計画とその歴史