山本 達

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
山本 達
 
ヤマモト イタル
所属
旧所属 金沢医科大学
職名
学長
学位
博士(医学)(金沢大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本医学放射線学会  評議員
 
2001年
   
 
日本核医学会  評議員
 
1999年
   
 
日本医学教育学会  会員
 
2001年
 - 
2003年
日本磁気共鳴医学会  評議員
 
1998年
 - 
2003年
日本放射線腫瘍学会  会員
 

Misc

 
18F-FDG uptake by primary tumor as a predictor of intratumoral lymphatic vessel invasion and lymph node involvement in non-small cell lung cancer : analysis of a multicenter study
   2005年
Thyroid calcifications, Sonographic patterns and incidence of cancer
Clin Imaging      2004年
11C-acetate PET imaging of lung cancer:comparison with 18F-FDG PET and 99mTc-MIBI SPET
Eur J Nucl Med Mol Imaging      2004年
In vitro proton magnetic resonance spectroscopic lactate and choline measurements,18F-FDG uptake, and prognosis in patients with lung adenocarcinoma
J Nucl Med.      2004年
P-glycoprotein expression is associated with FDG uptake and cell differentiation in patients with untreated lung cancer
Nucl. Med. Commun.      2004年

書籍等出版物

 
Radiological imaging in hematological malignancies (Al:Guermazi) , Malignant lymphoma in Sjogren syndrome
Springer-Verlag   2004年   
Positron Emission Tomography in the Millemium (N. Tamaki, E. Tsukamoto, Y. Kuge, C. Katoh and K. Morita), FDG uptake of bronchioloalvear lung carcinoma
Elsevier Science   2001年   
(北村諭,福地義之助,石川芳樹編), FDG PETによる肺癌診断医学のあゆみ(別冊)呼吸器疾患ーState of arts 2003-2005ー
医歯薬出版   2003年   
フィルムリーディング (9)全身性疾患 (西谷 弘編), 外眼筋の腫大
医学書院   2001年   
呼吸器疾患・最新医療と21世紀への展望 (居石克夫編), FDG PETによる肺癌診断
先端医療技術研究所   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
癌の診断と治療
研究期間: 2001年